1分で車を60万円値引きする裏技

ヴォクシーの5ナンバーと3ナンバーの違い!税金の事情まで詳しく解説!

ヴォクシーといえば、5ナンバーサイズのミニバンというイメージですが、最近では3ナンバーのクルマをよく見かけます。

両車とも大きさも含め、見た目にほとんど違いは感じられませんが、どこに違いがあるのでしょうか?

それでは、ヴォクシーの5ナンバーと3ナンバーの違いを、詳しく解説していきます。

同じヴォクシーなのに5ナンバーと3ナンバーがある理由

トヨタ ヴォクシー

パッと見ではボディサイズの違いはほとんどわかりませんが、何かが違うという事は間違いありません。

ではその違いについて解説していきましょう。

国産車における5ナンバーと3ナンバーの違い

まずは、5ナンバーと3ナンバーの違いについて、以下の表にまとめてみました。

排気量全長×全幅×全高
5ナンバー
規格
661cc以上
2,000cc以下
4,700mm×1,700mm×2,000mm以下
3ナンバー
規格
2,001cc以上上記サイズのいずれかを超えるもの

上記の表を見ても分かる通り、両者は排気量とボディサイズによって区別されます。

排気量・全長・全幅・全高のいずれか1つでも、5ナンバー規格を超えたら3ナンバーとなります。

ヴォクシーに搭載されるエンジンは2種類

まずは、エンジンの排気量から検証してみましょう。ヴォクシーに搭載されるエンジンは以下の2種類です。

ハイブリッド車1,800ccガソリンエンジン+モーター
標準車2,000ccガソリンエンジン

どちらのエンジンも排気量は5ナンバー規格内に収まっているので、エンジンの排気量は関係無いという事が分かります。

ガソリンエンジンについては、以下の記事で詳細を解説しています。エンジンに興味のある方は、こちらもぜひご覧ください。

ガソリンエンジンガソリンエンジンのメリット3つとデメリット5つ!仕組みと将来性の特徴を解説!

3ナンバーボディでも、室内の広さは同じ

ということは、ボディサイズが3ナンバー規格のグレードがある、という結論になります。

では3ナンバー車の方が室内も広いのか?というと、そうではありません。以下はヴォクシー全グレード共通の室内寸法の表です。

室内長室内幅室内高
2,930mm1,540mm1,400mm

このことからヴォクシーのフレーム(骨格)は、全グレード共通であるというのが判明しました。

ちなみにヴォクシーの広さは、キャンプやトランポとしても役に立つくらい広いです。詳細は以下の記事をご覧ください。

キャンプ中のヴォクシートヨタ ヴォクシー/ノアがキャンプに最適な理由4つ ノアの室内トヨタ ノア/ヴォクシーはトランポとしてどう?使い心地まで解説!

エアロパーツによりワイドボディに!ZSのみ3ナンバー規格

ヴォクシーZS

実は、ZSグレードのみ前後エアロバンパー&サイドシルプロテクターが装着されており、若干ワイド&ロング・サイズになっています。

以下が、ZSとその他のグレードのボディサイズの比較表です。

グレード名全長全幅全高
ZS4,710mm1,735mm1,825mm
V・X4,695mm1,695mm1,825mm

全高のみ同じで、全長15mm、全幅40mmほど大きくなります。どちらも5ナンバー規格を超えるので、3ナンバーとなります。

ここまでの検証の結果、ZSのみエアロパーツが装着された影響で、5ナンバー規格を超えてしまったというのが、3ナンバーのヴォクシーが存在する理由です。

3ナンバーのZSと、5ナンバーのX・Vの違い

ヴォクシーZSとX

ボディサイズの違いについては既に説明しましたので、ここからはその他のさまざまな違いについて解説していきます。

ただしXにつきましては、ヴォクシーの中で最も価格の安いエントリーモデルとなり、どうしても装備に差が出ますので、価格の近いZSとVを比較していきます。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、装備の差も気にせず買うことができますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

外観上の違い

先述しました通り、ZSには大型の専用デザインされた前後バンパー、サイドシルプロテクターが標準装備されており、更にリアスポイラーも装着されています。

前席ドアガラスの違い

ZSは、UVカット機能付きグリーンガラスですが、Vは、更にIRカットと撥水機能が追加されたガラスが標準装備されます。

ホイールの違い

ZSは、16インチのアルミホイール(ハイブリッド車・ガソリン車で異なるデザイン)になりますが、Vは、15インチのアルミホイール(ハイブリッド車・ガソリン車とも同一デザイン)になります。

快適温熱シート

ZSは、ハイブリッド車のみの設定になりますが、Vは、どちらにも標準装備されます。

空調(エアコン)の違い

ZSはフロントはオートエアコン、リアはクーラーの設定のみですが、Vは、フロントオートエアコンにナノイー機能がプラスされ、ハイブリッド車のみ、リアもオートエアコンになります。

内装色とシートの違い

ZSは、ブラックとブラッドオレンジ&ブラックの2パターンの内装色が選べますが、Vはブラックのみの設定です。

シートデザインも、ZSはスポーティなエアロ専用ファブリックで、Vは高級感あるハイグレード・ファブリックとなります。

ZSとVの装備比較一覧表

文章だと分かりづらいかもしれませんので、下に一覧表でまとめてみました。ぜひ参考にして下さい。

ZS(HV車)ZSV(HV車)V
外観専用エアロ標準
前席ドア
ガラス
UVカット機能← + IRカット&撥水機能
アルミ
ホイール
16インチ
(HV専用デザイン)
←(切削光輝+
ダークグレー
メタリック)
15インチ
快適温熱
シート
エアコンフロントフルオート+リアクーラー← + ナノイー機能+
リアオートエアコン
フロントフルオート
+リアクーラー
内装色ブラックorブラッドオレンジ&ブラックブラック
シートエアロ専用ファブリックハイグレード・ファブリック

3ナンバーのZS・5ナンバーのV、どちらを選ぶかは好み次第

私はよく年配の方から、「3ナンバーだと、税金高いやろ?」と言われた経験があります。昔は3ナンバー車だと、5ナンバー車よりも自動車税が高かったからです。

現在では、自動車税の金額はエンジンの排気量で決まります。極端に言えば、3ナンバー規格のボディに、1,000ccのエンジンを搭載した場合、パッソなどのコンパクトカーと同じ税率が適用されるのです。

ですので、ヴォクシーのZSは3ナンバーだから、5ナンバーのVより自動車税が高くなることも無いので、維持費の面では、全く違いはありません。

そうなると、あとはヴォクシーの何を重要視するかによって決まります。

外観重視で、見た目のカッコ良さを最優先に考えるなら、断然ZS!

ヴォクシーZSのエクステリア

ヴォクシーのようなミニバンは、家族で乗るファミリーカーのイメージが強いですが、ZSのようにエアロパーツを身に纏う事で、かなり雰囲気が変わります。

アルミホイールも16インチと、標準より1インチアップされており、さらに非常にスタイリッシュなデザインが施されています。

内装色も、ブラッドオレンジ&ブラックのような派手な色使いも選べるので、若い方や派手好きな方には、たまらないでしょう。

ファミリーカーとしてではなく、独身の方が乗っても似合うクルマです。とにかく見た目重視!というならば、ZSをおススメします。

ファミリーカーとして、快適装備を最優先に考えるならV

ヴォクシーVのエクステリア

ミニバンに見た目がどうこうは関係ない、とにかく家族で快適に使用したい、というのでしたら、やはりVを選ぶと良いでしょう。

フロントフルオートエアコンには、女性には嬉しいナノイー機能が追加されていますので、奥様などには喜ばれること間違いなしです。

当然、小さなお子様にも優しい機能ですので、とにかく女性には好評を得られます。

更には、ZSですとハイブリッド車のみの快適温熱シートが、Vではガソリン車にも標準装備されます。

冬場などの寒い時期には、かなり重宝する快適装備です。女性は冷え性の方が多いですから、こちらも好評を得るのは間違いありません。

女性といえば、日焼けを気にする方が多いので、UV+IRカットガラスも嬉しい装備の一つでしょう。さらに撥水効果もあるので、雨の日でも視界良好です。

最終的には、クルマの魅力を感じる方を選びましょう

ここまでの説明でも、お分かりかと思いますが、ZSもVも一長一短あり、どちらが良いとは言い難いのです。

ですので、己の直感で決めて良いと思います。かなり古いですが「ビビッと来た♪」方を選べば良いと思います。

好みは個人によって違いますので、ディーラーで現車を見て、触って、試乗してみるのが一番ですよ。

試乗レポートもございますので、こちらもぜひあわせてご覧ください。

ヴォクシーのフロントヴォクシーの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!

なおヴォクシーと同じタイプのノアについても同様の記事がございます。

ノアのエクステリアノアの3ナンバーと5ナンバーの違いとは。どっちにすればいい?