ボルボといえば世界的にも安全性や環境性能に力を入れている自動車メーカーです。

今では運転手が必ずしているシートベルト、あれはボルボが開発したものですし、近年では一般的になってきた緊急ブレーキもボルボが日本で最初に認可をとっています。

その他にも今ではほぼすべての車についている排気ガス中の酸素量を測るO2センサーを開発するなど、環境負荷対策にも常に前を進んでいるメーカーです。

そんな高い安全性や環境性能を誇るボルボですが、その車のデザインはかっこいいのでしょうか。

ボルボのデザインについてここでは解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ボルボのデザインの特徴

ボルボ

ボルボは北欧の国、スウェーデンでスタートした自動車メーカーです。近年北欧のオシャレな雰囲気を模倣したハウスメーカーや家具なども多く見かけるようになりました。

おしゃれな雰囲気が漂うボルボですがそのデザインは車としての頑丈な作りと、北欧のスカンディナビアなスタイルから生まれたものでした。

ではボルボのデザインについて解説していきます。

信頼の安全と環境

ボルボは開発当初から丈夫で安全な車をコンセプトに開発されてきました。

というのもボルボが創設された当時、スウェーデンではまだその変化の激しい気候や路面状態に、しっかりと耐えられる車がありませんでした。

そこでボルボの創設者であるアッサール・ガブリエルソンとグスタフ・ラーソンはそれらに耐えられる丈夫さと、人をしっかり守る安全な車を作るというコンセプトのもと開発が始まりました。

それ以来ボルボは質実剛健な車を開発し、世界一安全なファミリーカートまで言われるようになりました。

そしてその車は車らしい角ばったボディを持ちながらもどこかモダンな雰囲気を醸し出すデザインを作り出していきました。

さらにボルボは近年フォードグループから離脱したことによりプラットフォームなどを一新し、デザインを大きく変えました。

そのため最近のボルボは雰囲気が変わりデザイン性もさらに向上しています。

アイアンマーク

ボルボ エンブレム

ボルボのロゴマークには安全性を重んじるボルボの思いが反映されています。

ロゴマークは円に右斜め上にむけて矢印が出ている、いわゆるオスのようなマークの中にVOLVOという名前が入っています。これはアイアンマークといって鉄を意味しています。

当時からボルボは頑丈な車を作るために、非常に優れた鋼鉄を車に使用していました。その丈夫な車のアイデンティティとしてアイアンのマークを自社のロゴに入れているのです。

スカンディナビアンスタイル

スウェーデンのメーカーであるボルボは、デザインのコンセプトにスカンディナビアのスタイルを取り入れています。

スカンディナビアンスタイルとは自然の素材活かしたシンプルで洗練されたデザインを持ちつつ遊び心を取り入れたデザインです。

一例を上げると、ボルボの車は安心・安全をコンセプトの持っており、角ばったボディをもつ車らしいシンプルなスタイルの車です。

しかしそこには必ずフロントグリルに一直線の車線とアイアンマークが入っており、ボディのサイドにはフロントからリアパネルまで一直線のラインが、時にはシルバーメッキ、ときにはプレスラインを使ったりと何らかの形で入っています。

車らしいシンプルなスタイルを持ちつつもどこかに遊びの入ったデザインは正に北欧のボルボらしいデザインです。

デザインの変化

フォードグループから離脱したボルボは、フォードとプラットフォームを共通化する必要がなくなり、独自のスタイルを持つことができるようになりました。それはもちろんデザインにも反映されています。

ボルボというとこれまで角ばったシンプルなスタイルが特徴的でしたが、そこに柔らかな曲線をデザインに取り入れることで、柔らかでモダンな雰囲気を作り出しています。

そしてヘッドライトにはTの字型のLEDアイラインが埋め込まれています。

これは北欧神話の雷神であるトールが持つハンマーを表しています。北欧の自動車メーカーであることを北欧の神話をデザインに取り入れることでしっかり伝えています。

縦格子のグリルに斜め一直線に入るラインと真ん中に入るアイアンマークはボルボの歴史を、そしてT型のアイラインをあしらったヘッドライトと曲線を取り入れたデザインは北欧のボルボらしい新しいデザインを表しています。

近年のボルボのスタイルは従来のボルボらしいスタイルに新しい技術手法を加えることで他のメーカーにない唯一無二なモダンスタイルな車だと言えるでしょう。

北欧のインテリア

ボルボの場合はそのインテリアにもデザインの特徴が現れています。ドイツ車などによく見られる重厚なデザインではなく、一見シンプルなデザインです。

しかしそこには柔らかな曲線や色使い、そして素材の使い分けることでシンプルなのに質感の高い作り込まれたデザインが見られます。

ここにも北欧らしいスカンディナビアンスタイルが取り入れられています。

そしてセンターパネルも実はドライバーの方に向いており、ナビやエアコン操作を視線の切り替えを最小限にしてできるようになっているなど、ここにもドライバーを中心に考えたデザインが生きています。

かっこいいボルボ

頑丈で安全な車というコンセプトや北欧という土地柄が大きくデザインに反映されているボルボ。

ではボルボのカーラインナップから実際に車を見ていきましょう。

V40

ボルボ V40

V40はボルボのエントリークラスのステーションワゴンです。そのコンパクトな車体にもしっかりとボルボのデザインが表現されています。

共通する縦格子のグリルとT字のアイライン、そして窓の下を流れる一本のラインはまさしくボルボのDNAです。

近年は燃費などの観点から空気抵抗の低いボディにするために流線型のスタイルが増えてきましたが、ボルボはそれでも面のデザインを残しつつ、そこに曲線を取り入れることでスタイリッシュなボディを作り上げています。

後ろから見るとボルボだと一発でわかるデザインは流石だと言えるでしょう。

VC60

ボルボ VC60

VC60はボルボのミドルクラスSUVです。V40と同じくひと目でボルボと分かるスタイルを持っていますがV40のちょっとポップなデザインと違い、どこか重厚感のあるスタイルからは上級感が伝わってきます。

この車は北欧の人たちがアクティブに出かけていくときに使う車をイメージして作られており、北欧の荒れた路面でも臆することなく進める頑丈なボディと走破性の高いシャシーがデザインから汲み取れるようにできています。

こんな車で休日のアウトドアを過ごしているととてもオシャレですね。

S90

ボルボ S90

ボルボの中でも非常に美しいスタイルを持っているのがセダンのS90です。車体は高級セダンらしいスタイリッシュなボディとメッキで囲まれたサイドウィンドウやシャークフィンアンテナをもち上級なセダンだということが伝わってきます。

そしてフロントフェンダーからテールランプまで一直線に続くラインとその特徴的なフロントマスクはひと目でボルボと分かるスタイリングです。

さらに後ろにぐっと張り出したリアバンパーがボルボの角ばったスタイルを強調しており高級感と重厚感の共存したボルボの高級車らしいスタイルです。

ボルボはかっこいいのか?

柔らかなデザインと重厚なデザインという一見アンマッチなデザインをキレイに調和させて一大の車に仕上げているボルボ。ではそんなボルボの車を世間ではどうみているのでしょうか。

ここではツイッターからボルボがどう見られているかをピックアップしてご紹介していきます。

ボルボが好きな人はやはりあのカクカクなボディに心惹かれる人が多いようです。私もボルボといえば、あのカク張ったなボディをイメージすることが多いです。

ボルボはSUVも好評です。ボルボも最近の車らしいデザインにはなってきていますが、根本が意外とシンプルなデザインなので飽きにくいデザインのようです。

シンプルなデザインというのはそこがまた強みです。

T字アイラインは近年はやりのヘッドライトを二段に別つデザインとアイラインLEDを同時にこなしてしまう画期的なデザインです。

内装も白を貴重としたシンプルな色使いの中にソファのようなスタイルの生地がおしゃれな雰囲気をさらに強めています。かっこいいですし、オシャレですね。

ボルボのカスタムはかっこいいか?

世間からはなかなか飽きのこないかっこいいスタイルと評判のボルボですが、ではカスタムを施すとどうなるのでしょうか。

ここではインスタグラムからボルボの車をカスタムした画像をピックアップしご紹介していきます。

 

kazuさん(@kazu_t4)がシェアした投稿 -

ホワイトのボディにスポーツストライプ、そしてインチアップされたグロスブラックホイールが特徴的なボルボV40です。

一見ポップなデザインを持つV40もこうやってカスタムしていくとスポーティな一面が強調され、とてもかっこよくなります。

 

ブルーのボディがとてもかっこいいV60です。インチアップされたホイールとフロントリップスポイラーがスポーティさを際立たせています。

ライトなカスタムですが、張り出し感の強いボディにスポイラーでさらに強調されており力強い走りを見せてくれそうな車です。

 

CODE 855さん(@code855)がシェアした投稿 -

スクウェアが特徴的なスタイルのボルボ850です。そのクラシカルなスタイルとローダウン、インチアップされたカスタムがキレイにまとまっています。

そのほかにもスポイラーなどで張り出し感も強調していますが、スポーティというよりモダンなかっこよさをもっています。

ボルボはかっこいいよりおしゃれな車

ボルボは安全で頑丈な車というコンセプトを持っており、それが強くボディデザインにも反映されておりとても重厚感のあるデザインになっています。

そこにさらに北欧のスカンディナヴィアンスタイルが反映されており、柔らかさや清潔感のあるオシャレなスタイルとなっています。

車で威圧感を出したりステータスを誇示したい、というより自分のライフスタイルを持つおしゃれな人こそ、ボルボが似合うと言えるでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

田中慎二
田中慎二
小さい頃に初めて買ったスカイラインGT-Rのラジコンでスカイラインに一目惚れ。その影響から某自動車ディーラーに営業職で就職し、新人賞や2級販売士資格などを獲得するまでに成長。車の知識では社内では一目置かれる存在だった。現在の愛車は電気自動車の日産リーフ。