Robin Larssonさん(@robinlarssonn)がシェアした投稿 -

オレンジカラーにオールペイントされた240セダンです。

外装にはビス留めオーバーフェンダーが装着され、トランクには社外スポイラーが追加されています。

ホイールはブラックカラーの10本スポークデザインのものをチョイスして、オーバーフェンダーの恩恵を受けて、よりワイドなサイズが履かせられています。

また、グリルがブラック化され、さらにヘッドライトにアイラインが装着されたことにより、ノーマルに比べてシャープな印象の顔つきとなっています。

 

Lasse Nybakkさん(@nybakkern99)がシェアした投稿 -

ブルー系シルバーの240セダンです。

外装はほぼノーマルのまま、ホイールの変更と車高のローダウンのみというシンプルなカスタム内容になっています。

ホイールはシルバーカラーのメッシュタイプで、無難に仕上げています。

車高はほどよくローダウンといったレベルですが、リアタイヤは若干フェンダーに隠れてしまっています。

なぜか、トランクフードパネルがマットブラックカラーに変更されています。どちらかというと、ルーフに施した方が良かったのではないでしょうか?少し中途半端な印象を受けます。

 

爽やかなスカイブルーカラーにオールペイントされた240の2ドアセダンです。

外装は基本的にはノーエアロですが、社外のトランクスポイラーが装着されていて、スポーティーな雰囲気を失わないように配慮されています。

ホイールはシルバーの5本スポークタイプをセレクトしています。少し控え目な存在感のホイールですが、その分、ボディーデザインが引き立てられているとも言えるので、これはこれで有りなのかもしれません。

よく見ると、ブレーキキャリパーが赤く塗られています。

 

丸目のヘッドライトが特徴的な240の2ドアセダンです。

抹茶系グリーンにオールペイントされたボディーカラーに、ピカピカのBBS スーパーRSを組み合わせています。

車高は大幅にローダウンされており、前後のタイヤは完全にフェンダーの内側に入り込んでしまっています。まさに、スタンス仕様といった仕上がりになっていると思います。

よく見ると、フロントのウインカーレンズがクリアタイプへと交換され、すっきりとした印象のフロントマスクになっています。

 

Titiさん(@dledmv)がシェアした投稿 -

かつてのグループA時代のツーリングカーを彷彿とさせるルックスの240 2ドアセダンです。

基本的にはエアロレスですが、ホワイトのエクステリアカラーをベースに、デカールやステッカーが貼られ、レーシーな外観になっています。

ホイールは15インチ相当サイズのメッシュホイールで、角ばったクラシカルなボディーデザインによく似合っています。

フロントガラスにはトップシェードが貼られ、さらに室内を見てみると、ドンガラの内装にバケットシートが一脚のみ装着され、さらにロールバーが張り巡らされているなど、この車がサーキット走行専用車であることを物語っています。

 

Danne Engbergさん(@engbergsgarage)がシェアした投稿 -

ブルーカラーにオールペイントされた240 4ドアセダンです。

トランクスポイラー以外は、ノーエアロのエクステリアとなっています。

ホイールはシルバーカラーのメッシュ系をセレクトしていますが、ツライチや鬼キャンと言った、攻めたセッティングは施されておらず、タイヤとフェンダーの隙間も広くあいてしまっています。

フロントバンパー下には、LEDデイライトが装着され、古い車を新しく見せる工夫がされています。

また、フロントフェンダーにはダクトが追加され、さりげなく違いをアピールしています。

 

MRfotoさん(@mrcarphoto)がシェアした投稿 -

丸目ヘッドライトの真っ赤な240 4ドアセダンです。

クラシカルなルックスでありつつも、車高は着地しそうなくらいローダウンされた、スタンス仕様です。

ホイールもかなり個性的なディスクデザインで、80'sの雰囲気が漂っていて、この車のエクステリアによく似合っています。

ドアミラーもメッキタイプへと交換されて、とてもオシャレです。

反り立ったフェンダーアンテナや、リアガラスに取り付けられたシェードなど、こだわりのアイテムが散りばめられています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

KT4 Performanceさん(@kt4performance)がシェアした投稿 -

ただならぬ雰囲気が漂う240 4ドアセダンです。

丸目のヘッドライトに変更されていますが、フロントウインカーレンズのスモーク化や、グリルのブラック化で、少し悪そうな顔つきになっています。

左右にダクトが設けられた、フロントアンダースポイラーが追加されているのも、ノーマルとは大きく異なる点です。

フェンダーは前後ともオーバーフェンダー化され、コンケーブ形状のホワイトカラーのホイールがセットされています。

ドアミラーはメッキのクラシカルなタイプが装着されて、クラシカルな雰囲気を演出しています。

 

WAGON CARTELさん(@wagoncartel)がシェアした投稿 -

オシャレなブルーイッシュシルバーカラーの240ワゴンです。

サイドミラーフェンダーに移設され、丸いメッキタイプがセレクトされています。

ホイールは、シルバーカラーのボディーに映えるような、ゴールドのスポークとポリッシュのリムを組み合わせたタイプを選んでいます。

車高は大幅にローダウンされ、ハンドルが切れないくらいフェンダーに被さってしまっています。

ルーフに設置されたメッキの社外キャリアも240ワゴンの雰囲気によく似合っています。

 

wagonrealityさん(@wagonreality)がシェアした投稿 -

ビーチがよく似合う仕様の240ワゴンです。

ホワイトカラーのエクステリアに、赤い5本スポークの小径ホイールが最高に似合っています。

240本来の角ばったデザインを最大限に活かすため、外装はエアロレス状態になっています。

しかし、ボンネットにはノーズブラを追加することで、アメリカンな雰囲気を出すと同時に、単調でつまらない見た目にならぬよう、アクセントの役割も担わせています。

社外のルーフキャリアに積まれた、サーフボードがいい味出していますね。

 

Jonathan .Bさん(@thebrickblog)がシェアした投稿 -

こちらもブルーイッシュシルバーカラーの240ワゴンです。

グリルはちょっと珍しいメッシュタイプへと交換され、フロントアンダースポイラーが追加されて、個性をアピールしています。

しかし、あえてなのか、フロントアンダースポイラーが未塗装なのが気になります。ここはボディー同色にした方が統一感が高められて、よりカッコよくなるのではないかと思います。

ホイールは15インチクラスのメッシュタイプがチョイスされ、タイヤのレタリングをホワイト化することで、足元が賑やかな印象になっています。

 

bricksquadvolvoさん(@bricksquadvolvo)がシェアした投稿 -

角目4灯ヘッドライト仕様になった240ワゴンです。

フロントには社外のアンダースポイラーが追加され、4灯ヘッドライトとあいまって、ノーマルとは大きく異なる印象になっています。

ホイールはメッシュタイプがセレクトされ、足元に軽快な雰囲気を漂わせています。

さらに、ルーフには社外のメッキキャリア追加して、さりげなくアクセントを加えています。

また、車高もきっちりローダウンされ、タイヤは前後ともに、ぎりぎりフェンダーに被せられています。

 

Justin Fletcherさん(@jtfletch_ls3)がシェアした投稿 -

パンダのように白黒に塗り分けられた仕様の240 4ドアセダンです。

フロントバンパー下に社外のアンダースポイラーを装着してさりげなくドレスアップしています。

ホイールは、240ではちょっと珍しい組み合わせの、ガンメタカラーのスポーティーなデザインのものが装着されています。

さらに、ヘッドライトはインナーがブラック塗装された社外品へ交換され、フロントウインカーレンズのスモーク化、グリルブラック化により、白と黒のメリハリが効いた仕様になっています。

 

Refined car clubさん(@refined_car_club)がシェアした投稿 -

派手なイエローカラーにオールペイントされた240 4ドアセダンです。

240では珍しい、社外のフルエアロをまとった仕様です。

フロントフェンダーに追加されたダクトが、ジャンクションプロデュースのサメエラダクトを彷彿とさせます。

ホイールはポリッシュ系のメッシュスポークで、軽快な雰囲気が漂っていて、イエローのカラーリングにもマッチしています、

また、フロントグリル、ドアノブ、メッキモール類をブラック塗装したことで、車全体に引き締まった印象を与えています。

 

ドリフトが似合いそうな競技仕様の240 2ドアセダンです。

外装はエアロレスで、トランクスポイラーのみ追加されています。

前後共に社外のオーバーフェンダーが装着され、ワイドボディー化。

組み合わされるホイールは、RSワタナベのRタイプで、深リムサイズがセレクトされています。角ばったクラシカルなボディーデザインに、よく似合っています。

向かって左側のヘッドライトが取れてしまっているのか、あえて外されているのかはわかりませんが、いずれにしてもボディーの無数に貼られたステッカーとあいまって、ワイルドな雰囲気が出ています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。