ヴェルファイアはその広い車内空間と大型で威圧感のあるフロントデザインが特徴的な、トヨタのネッツ店のフラッグシップミニバンです。

現在のヴェルファイアで2代目となり、その姿はさらに大きく威圧的なデザインに変わりました。

そんなヴェルファイアが2017年12月にマイナーチェンジを迎え、デザインをまた大きく変えました。

ヴェルファイアは非常に人気のあるミニバンであるため、下手に変更を加えて失敗したくないというのが心情です。

しかしそこをどう変えてきたのでしょうか。

前期と後期のデザインや機能の違いに注目してきます。

今回のマイナーチェンジのテーマは安全と高級感です。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ヴェルファイアの前期と後期の違い

トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイアの今回の変更はグレードの整理、外観・内装のそれぞれのキャラクターの差別化と高級感の向上、そして先進安全装備の進化です。

では、8つの視点からヴェルファイアの変化を解説していきます。

グレード体系変更

飛行機のファーストクラスのような室内で好評だったエグゼクティブラウンジ。そのエグゼクティブラウンジにエアロスタイルをベースにしたエグゼクティブラウンジZが新設定されました。

その他にもハイブリッドにZグレードが追加されるなど細かいグレード整理が行われており、グレードが選びやすくなりました。

ちなみにこのタイミングで、前期型にあった特別仕様車のゴールデンアイは廃止されています。

フロントビュー

ヴェルファイアのフェイス

今回のマイナーチェンジでよく話題に挙げられるのが、大きく変わったフロントデザインです。前期型でもメッキパーツを大胆に使い、張り出し感のあるデザインで威圧感を出していました。

それがさらにメッキを大胆に使い派手にし、裾広がりのデザインを盛り込むことでデザインの重心を下げ、重厚感のあるフロントマスクになりました。

バンパーの中で二手に分かれ大きく開いたアンダーグリルのデザインは、トヨタの水素自動車ミライのバンパーのようなデザインで先進感が演出されています。

リアビュー

ヴェルファイアのリア

リアはフロントに比べると大きな変化はありませんが、大きなランプユニットを左右においていた前期型と比べ、真ん中にメッキのラインを入れ2段に分け、ランプユニットを少し下に広げたことによりこちらも全体的に低く見えるようにデザインが変更されています。

今回の変更によってデザインの重心が全体的に下がり、重厚感が増すようになっています。

さらにDCMが標準装備になったことによりシャークフィンアンテナが標準装備になり、デザイン性を上げています。

しかしスクエアデザインのヴェルファイアにシャークフィンアンテナは、取ってつけたような見た目になってしまうので、正直スタイリッシュとは言いがたいのが本音です。

ヘッドライトとウィンカー

ヘッドライトのデザインもフロントマスクの変更に合わせて変更され、さらに今回3眼式のヘッドライトも導入されました。

ちなみに3眼識のヘッドライトはアダプティブハイビームシステムというヘッドライトの配光を随時切り替えるシステムなので、3つが同時に点灯することはほぼ無いようです。

そして近年海外メーカーの車に多く採用されている流れるウィンカー、シーケンシャルウィンカーも採用されました。

ただのLEDウィンカーと違い、流れて動くそのさまはまさに高級車のようで非常にかっこよくなりました。

こういったデザイン性の高いクルマに採用されている、3眼LEDランプとシーケンシャルウィンカーの採用により、高級感を演出しています。

ちなみに、シーケンシャルウィンカーは3眼LEDランプとセットオプションだけでなく、ウィンカー単体でのオプションもありますので、必要に応じて選ぶことができます。

車体色の追加

車体色も一部入れ替えがありました。グレイッシュブルマイカメタリックとシルバーメタリックとグレーメタリックが廃止され、最近流行りの赤色のカラーダークレッドマイカメタリック、重厚感のあるグラファイトメタリック、柔らかいカラーのスティールブロンドメタリックと3色の入れ替えがありました。

着実に流行を捉えながら、しっかりとヴェルファイアのキャラクターを確立していくように変化を加えていくトヨタの指向性は本当に脱帽です。

メーター加飾

ヴェルファイアのメーター

後期仕様になってから、従来ハイブリッドとガソリン仕様の2種類だったメーターが、車の仕様に合わせて装着される4タイプのメーターとなりました。

それぞれエグゼクティブラウンジ用にゴールドの加飾をあしらった高級な雰囲気のもの、ガソリン車のエアロタイプ用に赤がスポーティなメーター、ハイブリッド用の先進性のあるイメージの青色、そして通常仕様のメーターと、車に合わせて最適なメーターになっています。

内装の変更

ヴェルファイアのシート

高級感を求め続けるヴェルファイアですが、さらに内装の仕様も変わっています。

エアロタイプのエグゼクティブラウンジZの追加に合わせ、新色の内装色ブラックアンドホワイトの専用シートが選択できるようになりました。

さらにエグゼクティブラウンジのシートはシートカラー以外にも革自体にも変更がかかっています。実はエグゼクティブラウンジのシート地は通常の本革シートとは違い、ナッパレザーという柔らかさを向上させた等級の高い革を使っています。

つまり見た目だけでなく、手触り、座り心地も大きく向上しています。

そして内装にあしらわれている木目調のパネルも、専用のシルバー木目調のパネルが採用され、スタイリッシュな内装となりました。

これにより落ち着いた雰囲気の通常外装のエグゼクティブラウンジ、スポーティながら高級感の漂うスタイルのエグゼクティブラウンジZというキャラクター分けがはっきりとしました。

その他にも、従来人工皮革とファブリック組み合わせだったシートは、ファブリック部分を人工皮革に統一することでさらに高級感のある内装になりました。

内装の雰囲気も大きく向上し、高級な雰囲気が非常に漂っています。

先進安全装備

ヴェルファイアの安全装備

従来のレーダー式のプリクラッシュセーフティに単眼カメラが追加され、前方を走る車だけでなく歩行者なども検知できるようになり、予防安全装備が進化しました。

さらにその単眼カメラを利用してレーダークルーズコントロールには、白線を認識し、はみ出さないように走るレーンキープアシストがつきさらに便利になりました。

そして自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシストは全車標準ですが、さらにアダプティブハイビームシステムが追加されました。

アダプティブハイビームシステムとは3眼のLEDを自在に操作し、光の当たる場所を自動で決めることによりハイビームで走っている状態を少しでも長く維持し、良好な視界を作るシステムです。

近年ハイビームの重要性が大きな声で言われている中で、自動的に最適な配光に切り替えてくれるこの装備は、車体が大きく運転がしやすいとは言いにくいヴェルファイアには非常に便利な装備です。

さらに安全装備としてデジタルインナミラーが追加されました。これはリアガラスの中にカメラを埋め込み、その映像でルームミラーに映像を映し出し、ルームミラーの代わりにしてしまおうという新しい形のミラーです。

ミニバンのように大人数が乗ったり、多くの荷物を積んだりすることの多い車は後方の視界が悪くなりがちです。それをこの装備によって障害物のないクリアな視界が確保できるため、ヴェルファイアのようなミニバンには非常に便利な装備です。

新型V6エンジン&8速AT

なんと3.5lエンジンは今回の変更で出力の向上が図られ300馬力を超え、さらに8速ATが組み合わされることにより、出力向上と燃費の向上が図られました。

この変更により2t以上あるヴェルファイアのボディが軽々と加速していくパワーと、8速ATによりエンジンの回転数も抑えられ、非常に快適な室内と低燃費を実現しています。

もしヴェルファイアの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

ヴェルファイアの前期と後期の共通点

ぼけないんさん(@bokenain)がシェアした投稿 -

デザインや先進安全装備など多くの変更点があったヴェルファイアですが、前期と後期の変わらないところはどこなのでしょうか?

そう、マイナーチェンジではさすがに車体の基本は大きくかわりませんでした。

もしそこで自分の必要なポイントが変わってないなら前期型でも十分ですよね。

ボディサイズ・スタイル

ボディサイズはほぼ一緒です。フロントマスクの関係で数値上は若干伸びてはいますが、横から見たデザイン、そして車内の広さは全く一緒です。

この大型サイズのミニバンがほしいという場合は、大きさの変わらない前期型でも十分だと言えます。

2.5lエンジンとハイブリッド

ヴェルファイアのパワートレインは2.5l+CVTの組み合わせとハイブリッドは後期型も共通です。

走りにそれほどのこだわりがなければ新型の3.5lエンジンはいりませんし、約半数以上のヴェルファイアユーザーが選んでいる2.5lエンジンでも十分だと言えます。

車の基本はそんなに変わっていない

後期型になったことによってデザインと先進安全装備は大きく変わりましたが車自体の大きな変化はありません。

単眼カメラが追加された先進安全装備、出力の向上された3.5lエンジン&8速AT、エアロスタイルのエグゼクティブラウンジZの3つが必要なければ、あとはデザインの違いになってくるため前期型でも十分と感じられるでしょう。

前期と後期をどっち買えばいいか

もちろん後期のほうが車の性能や質感においては向上しています。

しかしエンジン性能やシートの形状、中の広さは変わらないため、外観や内装がどうしても後期型じゃないと嫌というわけでなければ前期型で十分でしょう。

ただ、前期型で十分というだけで後期型のほうが確実に進化しています。

後期型のヴェルファイアはエアロスタイルと通常グレードのキャラクター性の差別化が図られ、選ぶ楽しみが増え、内装もメーターやシート地なども向上し、パワートレインも先進安全装備も進化しているため、最新のフラッグシップカーといえます。

予算やデザインなどの問題がない場合は後期型を購入するほうが間違いない選択です。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。