スバル XVはクロスオーバーSUVの1車種で、スバルのラインナップでは最小のSUVになります。

SUVといえばアウトドアのイメージが強いですが、このXVはアウトドア、特にキャンプなどに便利に使えるのでしょうか。

今回はスバル XVがキャンプに向いているかどうかについてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

XVはキャンプに向いているのか

スバル XVに荷物を積む人

XVは2017年5月にフルモデルチェンジが行われた比較的新しい車種で、スバル最新プラットフォームであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)をSUVで初採用しています。

このプラットフォームはスバルの次世代を見据えて開発された革新的なもので、特にボディの剛性とそれによる走行性能の向上に焦点を当てて開発されています。

この特徴はキャンプ場までの山道を走る際に遺憾なく発揮され、それ以外の特徴も合わせてXVはキャンプに使える車といえます。

そんなXVの特徴を一つづつご説明しましょう。

山道走行でわかる車の安定感

XVがフルモデルチェンジで得た最大の特徴はSGPの採用による走行安定性です。

SGPは前述したように車体剛性の強化が行われており、前型車と比較すると70%~100%もの向上がなされています。

車体剛性は車の走行性能にダイレクトに影響するもので、これによりXVは走る、止まる、曲がるのすべての性能が向上しています。

XVのようなSUVは車高の高さから来る重心の高さと、それに伴うロール性能の悪化、回頭性の悪さなどがありますが、SGPでは低重心化も重要な要素であり、XVの走行安定性はすぐに感じられるほど改善しています。

また足回りの設置感も増しており、よりダイレクトな操作感が得られて安定感をより体感できます。

これらの特徴は山道の左右に振られるような路面状況で顕著にあらわれており、キャン場に行くまでの行程はかなり快適に感じられるでしょう。

スバル最新技術が織り込まれたXVならではのメリットですね。

アウトドアにピッタリのデザイン

スバル XV

XVはいわゆるクロスオーバーSUVという車種で、ステーションワゴン風のボディにSUVならではの大きなタイヤが特徴です。

他社のSUVが押し出しの強いデザインが多い中、XVは都会的なスマートなデザインでキャンプ場にぴったりなカッコよさが特徴です。

XVは先行していたスバル インプレッサとデザイン的な共通点が多く、コンパクトハッチバックのインプレッサのカッコよさを受け継いでいます。

近年クロスオーバーSUVがどんどんマッシブになり車のサイズも大型化していくなかで、XVはキープコンセプトで適度なサイズとデザインがスマートなキャンプにあっているのです。

SUVのかっこよさは力強さだけではないので、XVはそういった魅力を発見させてくれる車です。

必要十分なラゲッジスペース

スバル XVの荷室

XVはコンパクトSUV~中型SUVの間のサイズなのでラゲッジスペースは大きいわけではありませんが、3人分ぐらいのキャンプ用品は十分搭載できる広さがあります。

XVの荷室寸法を表にまとめましたが、ワンランク上のミドルサイズSUVに匹敵する広さがあるのがわかります。

XV フォレスター マツダ CX-5
荷室幅 1,090mm 1,073mm 1,040mm
荷室高 777mm 785mm 820mm
荷室長 2列目最後端 820mm 840mm 940mm
2列目格納 1,631mm 1,760mm 1,830mm

同じスバルのフォレスターもマツダCX-5もそこまで大きなSUVではないですが、それでもキャンプ用品をしっかりのせられるキャパシティがある車です。

その2車種と比べてXVの荷室幅、荷室高さはひけをとっておらず、コンパクトSUVながらなかなかの広さです。

車の全長が短い分2列目格納時の荷室長は多少短いですが、1.6mもあればテントなどの長い荷物も載るでしょう。

XVは5人乗りですがキャンプ用品を載せるとなると後部座席を倒す必要が出てきます。

後部座席は6:4の分割可倒式なので、短い方を畳めば4人乗車ができますが、その分荷物が載るかは大きさ次第となります。

XV1台でせいぜい3人のキャンプがちょうどいいでしょう。

ルーフコンテナ付きでもスタイルは良し

もしXVの荷室に荷物が乗りきらない場合には、ルーフコンテナを利用するのが便利です。

ルーフコンテナは屋根の上に搭載するコンテナで、SUVに装着することが多い装備です。

XVにも標準でルーフレールが装着できるので、そこを起点としてルーフコンテナやもっと簡易的なルーフキャリアも使えます。

長物のテントやタープなど大きな荷物をここに載せれば車内は広く使え、5人フル乗車でもキャンプが可能でしょう。

ルーフコンテナやルーフキャリアはXVのオプションパーツとして準備がされており、新車購入時から装着が可能です。

またルーフレールだけでも装着しておけば、あとから社外品のルーフコンテナの装着は楽になりますので、そこまで高いものでもないですしルーフレールだけは装着しておくのをオススメします。

あとからルーフレールをつけるのは結構大変なのです。

AWDで悪路もこなす

XVはAWDに定評のあるスバルらしく全者とも全輪駆動になっています。

SUVというと悪路に強いイメージがありAWDが当然と思われているかもしれませんが、近年増えつつあるクロスオーバーSUVの場合はそうとも言えません。

クロスオーバーSUVはあくまでクロカン風乗用車を目指して作られているので走破性がそこまで高くない車も多く、全輪駆動ではない車も数多くあります。

コンパクトクロスオーバーSUVではそもそも2WDしかない車や、必要な時だけ4WDになる簡易的なシステムのこともあるのです。

しかしXVは常に4輪駆動のAWDであり、悪路走破性はクロスオーバーSUVの中では高いほうです。

あまり本格的なオフロードには対応できませんが、キャンプ場までの林道や泥道、雪道程度ならしっかりした走破性を発揮してくれます。

また最低地上高も200mm確保してあり、クロカンSUVには及びませんがSUVとしてしっかり設計されている証です。

XVにルーフテント?!

SUBARU XV Fun Adventure Concept

後程説明しますが、XVは車内の寸法がいまいちで車中泊には向きません。

しかしそんな時に便利に使えそうなのが、ルーフテントです。

ルーフテントはルーフコンテナの一種であり、折り畳み式のテントキットを屋根の上に装着する装備です。

2017年の東京モーターショウにてスバルから発表された「XV Fun Adventure Concept」にそのルーフテントが採用されており、広々としたテントが屋根の上に出現しているのがわかります。

このコンセプトカーは発売予定はありませんが、ルーフテント自体はカスタムパーツメーカーから何種類か発売されており、装着は可能です。

XVはデザイン的に車高が高く見えないのでルーフテントなどの大きなものをのせてもバランスがよく、デザイン的にも優秀です。

テントが不要で荷物も減らせるルーフテントですので、XVを車中泊用に考えている人にオススメです。

もしXVの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

キャンプに向いていない点

スバル XVのシートアレンジ

ここまでご説明したようにXVはキャンプに向いている車なのですが、一点、車中泊だけは厳しい車です。

最近は車のなかで宿泊する車中泊が全国的に人気で、車中泊向けの車やグッズまで出るようになってきました。

しかし車中泊をするためには少なくとも1.7m程度の長さをもつフラットな空間が必要で、それ以下だと成人男性には窮屈だったり足を伸ばせなかったりします。

XVはどうかというと、2列目シートを倒すとラゲッジスペースと合わせてフルフラットになるのですが、その全長は1,631mmしかありません。

この寸法だと女性ならともかく男性は足を伸ばして寝るのは厳しく、車中泊をするにしてもかなり窮屈になってしまいます。

車中泊は不可能というわけではありませんが、そこまでするならきちんとしたテントを持っていった方が良いキャンプが過ごせるでしょう。

コンパクトさが売りのXVですので、1台でなんでもこなすのはちょっと厳しいのです。

XVの評判

XVのキャンプでの評判はTwitterに色々な意見が投稿されています。

今回はその中から3つご紹介しましょう。

力強いデザインのXV

スマートなイメージの強いXVですが、カラーリングと装着するパーツによってはこの方の車のようにかなりワイルドに変身します。

この車はデザートカーキというボディカラーで、このカラーはあるコンテストのグランプリに選ばれるほどXVでは人気色です。

派手さはないのですがデザインがスマートなXVにはよく似合っており、非常に引き締まったカッコよさがあります。

さらにルーフキャリアとフロントについた4連フォグランプがSUVらしさを際立たせており、かなり素敵な1台になっていますね。

ぜひキャンプにはこの車で行きたいものです。

アウトドアスポーツも一緒は大変

この方はいろいろなアウトドアスポーツ用の荷物を載せていかれる方のようですが、XVではそれらを積み込むと座席がどんどんなくなってしまって、最終的には2人のりぐらいまでになってしまうそうです。

しかしXVには自転車が載るほどのラゲッジスペースがあり、その分を人の乗れる空間にすれば3人乗りぐらいまでは快適にキャンプができそうです。

車中泊には工夫が必要

この方はXVで車中泊を過ごされたそうですが、後席とラゲッジスペースのフラットスペースは使わずに、運転席と助手席を後ろに倒して寝られたそうです。

マットなどは使わず寝袋だそうですが、快適な車中泊の為にはこの方法も良いかもしれません。

しかしシートではどうしても凸凹がありますので慣れていないとぐっすり眠れませんし、分厚いマットなどを敷くなど工夫が必要ですね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。