スバル レガシィアウトバック(以下アウトバック)はスバルの最上級モデルのSUVで、レガシィツーリングワゴンの後継車でもあります。

大きな車体としっかりした走行性能をもつこの車ですが、荷物の多いキャンプでの使い勝手はどうなのでしょうか?

今回はスバル アウトバックがキャンプに向いているかについてご説明します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

アウトバックはキャンプに向いているのか

アウトバック

アウトバックはいわゆるクロスオーバーSUVで、乗用車風のデザインとSUVの大きなタイヤが特徴的です。

もともとアウトバックは北米向けの車を日本に逆輸入した車種で、それまで併売されていたレガシィツーリングワゴンと並んでスバルの看板車種でした。

それが現行のアウトバックになってからはレガシィツーリングワゴンが無くなり、後継車として大きな車体のアウトバックと、コンパクトなステーションワゴンのレヴォーグが国内市場の柱になっています。

そのためアウトバックはSUVながらステーションワゴン的な面もあり、キャンプにも使い勝手のよい面がいくつもあります。

まずはアウトバックがキャンプに向いている点についてご説明しましょう。

アウトドアにピッタリのデザイン

アウトバックはキャンプにマッチしたデザインのクロスオーバーSUVで、レガシィ譲りのスタイリッシュなボディと力強い大径ホイールがアウトドアにピッタリです。

キャンプ向きの車は荷物のたくさん積めるミニバンもありますが、やはりりアウトドアというフィールドに合うのはSUVです。

それでいてアウトバックは都会的なデザインなので泥臭くなく、オシャレな男性のみならず女性にも好評です。

キャンプというとどうしても泥臭いイメージがありますが、近年のキャンプはもっとスマートですので、アウトバックという車のデザインは現代のキャンプにぴったりマッチしています。

ワゴンに負けない室内サイズ

アウトバック 荷室

キャンプに乗っていきたい車といえばアウトドアに似合ったSUVですが、本格的なSUVは車体も大きく、そのわりに積載量はイマイチだったりします。

しかしアウトバックはレガシィ譲りのステーションワゴン的な面もあり、室内サイズはワゴン以上で積載量も多めです。

次の表に代表的なステーションワゴンの室内寸法および容量をまとめてみました。

アウトバック スバル
レヴォーグ
マツダ
アテンザ
ワゴン
メルセデス・
ベンツ
Eクラス
ステーション
ワゴン
レガシィ
ツーリング
ワゴン
全長 4,820mm 4,690mm 4,805mm 4,940mm 4,790mm
全幅 1,840mm 1,780mm 1,840mm 1,850mm 1,780mm
全高 1,605mm 1,485mm 1,480mm 1,465mm 1,535mm
室内長 2,030mm 2,005mm 1,930mm 1,970mm 1,840mm
室内幅 1,545mm 1,490mm 1,550mm 1,520mm 1,445mm
室内高 1,240mm 1,205mm 1,170mm 1,210mm 1,190mm
室内容量 3,889L 3,600L 3,500L 3,623L 3,164L

こうして比較してみるとアウトバックのサイズの広さが際立っており、ステーションワゴンを越える室内寸法を確保しています。

どの車も5人乗りで車体サイズはアウトバックが少々大きめですが、それでもほぼ変わりません。

とくに非常に大型の印象のあるメルセデス・ベンツ Eクラスのステーションワゴンよりも室内が広いというのは驚きで、全長ではアウトバックのほうが小さいにも関わらず室内長は長くなっています。

SUVなので車高が少し高めですが、それでもここまでゆとりを持った室内空間を実現できているのであればキャンプにはピッタリです。

荷物を載せるにも、車内でいろいろ楽しむにも活用できますね。

北米譲りのゆとりある動力性能

アウトバックはスバルの上級車種なのでエンジンもパワーのあるものが搭載されています。

しかし味付けは北米で好まれるゆとりのある走りで、無理のないドライブができます。

アウトバックのエンジンはスバル伝統の2.5L 水平対向4気筒エンジンで、トルクが24.0kgf・mと太く扱いやすいエンジンとなっています。

馬力は175PSとこのクラスにしては控えめですが、ゆったりロングドライブをするにはひとまず十分です。

車重の重さもあってパワフルな走りまではいきませんが、不満を抱くほどでもありません。

キャンプというゆったりしたレジャーにはアウトバックのような性格の車もよいでしょう。

もしアウトバックの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

キャンプに向いていない点

アウトバックはキャンプにピッタリな点がある一方で、ミニバンほど大きい車でもないため不向きな点が少なからずあります。

積載量がほしいならルーフレールは必須

アウトバック シートアレンジ

アウトバックの積載量はステーションワゴンとしては大きめで、それなりに長物も積めますが、ミニバンやハイエースなどのキャブオーバーバンには及びません。

アウトバックの荷室寸法は次の通りで、2列目シートを折り畳まない状態では奥行きが1m程度です。

荷室奥行 2列目あり 1,062mm
2列目折り畳み 1,930mm
荷室幅 1,080mm
荷室高さ 824mm

2人~3人乗車で片方だけでも後席を倒せば長物も楽にのるのですが、4名~5名乗車の場合は奥行きが少々不安です。

キャンプ用品は年々回を重ねるごとに質も量もあがっていくもので、去年まで車に詰め込めていたのに今年はどうしよう…ということもよくあります。

とくにテントは快適性を求めると長く大きくなるので積むのが大変な物のひとつで、そういう場合にアウトバックにルーフレールを装着すると便利です。

車中泊には天井が低め

アウトバックは前述したとおり荷室はシートアレンジで1,930mmにもなり、しかもフルフラットになるので車中泊が可能です。

しかし荷室の高さがあまり高くないので、少々窮屈な車中泊になってしまうでしょう。

最近キャンプの一形態として車中泊が人気で、大きなテントを持っていかなくてもよいのが利点です。

車中泊に向いている車は天井の高いミニバンや、一部トールサイズの軽自動車でも可能ですが、アウトバックでは天井の低さがネックです。

車中泊では車内で寝るだけでなく快適な空間を作りたいものなので、狭苦しいのはちょっと大変です。

アウトバックで車中泊をするなら、本当に寝るだけの空間として使いましょう。

本格的なオフロード走行には向かない

アウトバックはオフロード走行が出来るSUVですが、本格的な悪路や泥道などのヘビーなオフロードでは少々荷が重いです。

アウトバックは駆動系式が4WDであり、最低地上高もSUVらしく高いです。

しかしトランスミッションがCVTオンリーで、本格的なオフロードを走ろうとすると性能が足りません。

トルクの必要な悪路を走るとCVTは駆動に使う油温が上がりがちになり、あまりに負荷が大きいと車を保護するために駆動力を下げる制御が入ります。

泥道などでスタックしたときにこの現象が起こるとにっちもさっちもいかなくなるので、アウトバックがSUVだといってもあまりヘビーな路面には立ち入らないほうが賢明でしょう。

アンダーラゲッジは改造必須?

アウトバック 荷室下収納

アウトバックには荷室のカーペットの下にアンダーラゲッジがあるのですが、このアンダーラゲッジには小物入れのような仕切りがついており、キャンプの大きな荷物をいれるには邪魔です。

そこでアウトバックでキャンプをする人たちは独自にアンダーラゲッジを改造する人もいて、発泡スチロール製の間仕切りをなくして大きなスペースを確保しています。

そうするとスペアタイヤ一本分くらいの大きなスペースが出来るので、結構な大きさの荷物を積み込めます。

改造はあくまで自己責任で多少知識も必要ですが、ネットをみながらやれば結構誰でもできそうです。せっかくのアンダーラゲッジなので、便利に使いたいですよね。

アウトバックの評判

アウトバックをキャンプに活用している人たちの投稿がTwitterにあり、さまざまな意見がみられます。今回はその中から3件ご紹介しましょう。

アウトバックはカッコいい

アウトバックがキャンプに向いている点は積載量でもなく、なによりそのスタイルのよさにあるでしょう。

キャンプに使う車はスタイルにも気を使いたい人は多く、いくら便利でもファミリー感の強いミニバンではちょっと、と感じます。

その点アウトバックなら山やキャンプにベストマッチなスタイリングですよね。

キャンプ用品満載

実際にアウトバックにキャンプ用品を積んだ写真ですが、一応必要なものはすべて載ったのですがギチギチですね。

アウトバックの荷室は高さがあまりないので、荷物を積み上げようにもスペースが少ないのです。

これぐらいの荷物ならやはりミニバンがほしくなりますが、前述したルーフレールを装着するなどすればアウトバックでもまだまだいけますよ。

レガシィよりアウトバックがよかった

こちらはレガシィツーリングワゴンでキャンプにいっている人の投稿ですが、実際に使ってみるとアウトバックのほうがよかったとおっしゃってます。

レガシィツーリングワゴンもアウトバックもスタイルは結構似ているのですが、前述したように室内空間の広さは圧倒的にアウトバックが上です。

キャンプでの使い勝手はいちどやってみないとわからないとはいえ、アウトバックなら満足なキャンプが過ごせたことでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。