「車を買いたいんだけど、お金があんまりない。貯金はいくらぐらい必要?」 

「そもそも車っていくらするの? 無茶な買い物はできないけど、でも欲しい!」

車を買いたいと思っても、かかるお金のことを考えると不安ですよね。

食料品や服を買うのとちがって、購入価格だけではなく、買ったあとのことも考える必要があります。

では、車を買うためには、いくらくらい貯金があればいいんでしょうか?

車を買うのに必要なお金について、わかりやすく解説します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

そもそも車はいくらで買えるのか? 新車と中古車それぞれの価格の目安

スペーシアカスタムコンセプト

まずは車がいくらで売られているかについて解説します。安すぎる車でも、ものすごい高級車でもなく、一般的にいま人気で売れている車の価格を紹介します。

レクサスなどの高級車については、下記のページで紹介しているので、詳しく知りたい方はご覧ください。

あわせて読みたい

新車は1,300,000円~2,700,000円程度

まずは新車です。いま人気の車種を新車で買うといくらするのか、表にしたのでご覧ください。 

車種 メーカー タイプ グレード 価格(消費税込み)
アクア トヨタ コンパクト S 1,887,055
フィット ホンダ コンパクト HYBRID 1,690,000
ノート 日産 コンパクト X DIG-S 1,738,800
シエンタ トヨタ ミニバン X ”Vパッケージ 1,689,709
ステップワゴン ホンダ ミニバン G 2,610,000
プリウス トヨタ セダン S 2,479,091
N-BOX ホンダ 軽自動車 GLパッケージ 1,370,000
ハスラー スズキ 軽自動車

SUV

G2WD

CVT

1,273,320

おなじ車種でもグレードというものがいくつかあり、グレードによって価格が1,000,000円近く変わることもあります。

この表で載せているのは、いちばん安いわけでも高いわけでもない、平均的でなおかつ人気のあるグレードの価格です。

コンパクトカーはどれも2,000,000円でおつりがくる程度。シエンタはミニバンのなかでは安いほうで、コンパクトカーとおなじような価格で買えます。

いまいちばん売れているプリウスは2,500,000円程度と、このなかでは少し高めですが、車の価格としてはそこまで高いほうではありません。

軽自動車は普通車より安く、N-BOXやハスラーといった人気車種でも1,400,000円以下で買えます。

あわせて読みたい

中古車は新車より1,000,000円以上安く買える可能性が高い

つづいて中古車です。さきほど挙げた8つの人気車種は、中古車市場では下の表のように出回っています。

車種 中古車市場で

もっとも多い価格

アクア 900,000

1,400,000

フィット

(最新モデル)

1,000,000

1,800,000

フィット

(旧モデル)

300,000

500,000

ノート

(最新モデル)

700,000

900,000

ノート

(旧モデル)

100,000

600,000

シエンタ

(最新モデル)

1,900,000円~
シエンタ

(旧モデル)

200,000

300,000

ステップワゴン

(最新モデル)

2,000,000円~
ステップワゴン

(旧モデル)

2,000,000円~
プリウス

(最新モデル)

2,200,000円~
プリウス

(旧モデル)

800,000

1,000,000

N-BOX 900,000

1,500,000

ハスラー 1,100,000

1,500,000

上の表を見てわかることは、「中古の旧モデルは最新モデルよりかなり安く買える」ということです。

ステップワゴンのようにあまり価格が落ちていない例外もありますが、それ以外の車種では、最新モデルと旧モデルで800,000円~1,600,000円もの差がついています

逆に、最新モデルの中古車の価格は、新車とほぼ変わりません。シエンタなんかは新車より高い価格で出回っています。

(ちなみにアクア・N-BOX・ハスラーはモデルチェンジしておらず、旧モデルというのが20175月現在存在しません)

旧モデルでもよければ、中古車は新車のおなじ車種より1,000,000円以上安く買える可能性が高いです。

さらに値引き交渉を正しくやることで数十万円安く購入できます。値引き交渉の正しいやり方は下記のページでご覧ください。

あわせて読みたい

車を買うのにいくら貯金が必要か?

貯金したお金

それでは仮に1,000,000円の車を買いたいとして、最低いくら貯金しておけばいいか、また余裕を持つならいくらあればいいか、解説します。

現金一括払いなら最低でも車の購入価格+350,000円以上

1,000,000円の車を貯金が1,000,000円しかないのに現金一括払いで買ってしまうと、残金がゼロになり、その後の維持費がはらえなくなってしまいます。

大雑把に考えると車の購入後は以下のような項目に、月に約20,000円程度はかかります。

  • ガソリン代
  • 自動車保険代
  • 駐車場代

毎月収入があるとしても、最低でもその3つの費用1年分は持っておきたいので、まず車の購入価格+250,000円は貯金しておきたいところです。

また、新車の車検は購入から3年後ですが、買ったのが中古車で次の車検が近いなら、車検代として100,000円程度用意しておく必要があります。

これらの費用をあわせると、車の購入価格1,000,000+350,000円で1,350,000円。

余裕を持つなら倍の+700,000円にして、合計1,700,000円貯金しておくと安心です。

あわせて読みたい

ローンを組むなら最低でも頭金+ローン代1年分+350,000円以上

ローンを組んで1,000,000円の車を買うなら、まず頭金をいくらにするか決めます。

仮に頭金が500,000円で毎月10,000円ずつはらうとするなら、頭金とあわせてローン代も1年分は用意しておきたいところです。

そうなると貯金するのは、以下のようなお金です。

  • 頭金500,000
  • ガソリン代と自動車保険代、駐車場代あわせた1年分の250,000
  • 車検代100,000円(中古車の場合)
  • ローン代1年分120,000 

あわせて970,000円は最低でも必要です。余裕を持つなら1,500,000円貯金しておきましょう。 

私が車を買ったときの貯金は購入価格+1,000,000

ここからは私の体験談です。

私が車を買ったときの貯金額は、車の購入価格+1,000,000円でした。

貯金を一気につかってしまうのがいやで、最初はローンを組もうとしましたが、収入自体は多くなかったので審査にとおりませんでした。

「頭金を増やせばとおるかも?」とも思いましたが、そうすると結局貯金は一気に減ってしまいます。

だったら余計な利息のかからない現金一括払いにしよう、と考えて、1,000,000円の貯金をのこして現金一括払いで車を購入しました。

さきほど挙げた維持費のほかに、任意点検の費用が10,000円かかったり、タイヤ交換で60,000円かかってしまうこともありましたが、これぐらい貯金があればお金にこまってすぐに手放すようなことはありませんでした。

ここまで書いてきましたが、車はどこかが故障したら修理費用がかかります。とくに保証のついていない車を買った場合は無償修理してくれないので、貯金に余裕を持っておいてください。

この記事を読んだことで、車購入計画の手助けになれることを願っています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。