1分で車を60万円値引きする裏技

レクサスとはブランド?メーカー?本社は?疑問を解消しましょう!

「レクサスの車を買おうかな、となんとなく思ってるんだけど、レクサスってどんな車?」

「レクサスってメーカーの名前なの? レクサスの本社はどこにあるの?」

国産の高級車の代表格、レクサス。質がいいことで知られているので、車を買おうと思ったら気になりますよね。

レクサスとはなんの名前で、どんな車なんでしょうか?

そんなよくある疑問を解消するために、レクサスについてわかりやすく解説します。

 レクサスとはなにか? 本社はどこにある?

それではまず、レクサスとはなにか? というところから解説していきます。

レクサスはトヨタの高級車ブランド

レクサスとは、トヨタ自動車がアメリカで車を売るために生み出した、高級車ブランドの名前です。

レクサスの車は1989年からアメリカで売られ始め、2005年から日本でも売られるようになりました。 

あくまでトヨタ自動車のなかのブランドであって、レクサスという名のメーカーや独立した会社ではありません。

トヨタ自動車の工場でつくった車を、「トヨタの車」としてではなく、「レクサスの車」として売っているんです。図にすると下のようになります。 

アクアやプリウス
(トヨタブランドの車)
LSGS
(レクサスブランドの車)
トヨタの工場で生産されるトヨタの工場で生産される
トヨタ・トヨペット・トヨタ
カローラ・ネッツトヨタで
トヨタの車として売られる
レクサスの販売店で
レクサスの車として売られる

トヨタの車もレクサスの車も、メーカー(車をつくっている会社)は同じトヨタ自動車です。

高級車としてほかのトヨタの車と差別化したいので、別物扱いにして販売しているというわけです。 

 レクサスの本社(運営している会社)は店舗によってちがう

レクサス青山

レクサスの販売店を運営しているのは、「東京トヨペット」や「神奈川トヨタ」といったような各地域のトヨタ系販売会社です。

ちょっと複雑ですが、トヨタ系の販売会社は同じトヨタでも名前がちがったり、店舗を運営している会社もたくさんあるんです。

そのため、「レクサスの本社」というものは存在せず、各地域のトヨタ系販売会社の本社(東京トヨペットの本社や神奈川トヨタの本社)がレクサスの各販売店舗の本社にあたります。

表で見るとわかりやすいので、下の表を見てください。

レクサスの販売店舗本社
・レクサス晴海
・レクサス高輪
・レクサス青山
・レクサス雪谷
・レクサス用賀
・レクサス荻窪
・レクサス深川
・レクサスときわ台
・レクサス足立
・レクサス三鷹
・レクサス府中
・レクサス町田
・レクサスCPO世田谷
・レクサスCPO足立
東京トヨペット本社
・レクサス東大和
・レクサスCPO東大和
ネッツトヨタ多摩本社
・レクサス都筑見花山
・レクサス港北大倉山
・レクサス藤沢
神奈川トヨタ本社
・レクサスセンター北
・レクサス港南台
・レクサス山下公園
・レクサス東名川崎
横浜トヨペット本社

同じ都道府県内でも店舗によって本社がちがうのがわかりますよね。

東京と神奈川の一部を例に挙げましたが、レクサスの販売店はこれ以外にもあるので、上の表にのせた以外にもそれぞれの本社が全国に存在します。 

レクサスはトヨタ自動車の最高品質車

レクサスMUSTs

レクサスは、トヨタ自動車のつくる車のなかで最高品質の車です。

 レクサスには「レクサスMUSTs」と呼ばれる500項目の達成基準が設定されていて、そのなかには以下のルールがふくまれています。

「最新技術は基本的にレクサスから先行投入する」

 「レクサス専用部品はほかのトヨタ車では使用禁止」 

このように、作っているのは同じトヨタ自動車でも、ほかのトヨタブランドの車とは徹底的に差別化して開発されているんです。

世界ではBMW、メルセデス・ベンツ、アウディに次ぐ高級車ブランドとして定着し、日本国内でも2016年は年間52,149台の販売実績をあげ、4年連続で過去最高の売り上げを達成しました。

質が高いだけあって、いちばん安い車種・グレードでも新車価格3,662,000円以上と、ほかの国産車とくらべて値段が高いのも特徴です。

ただ正しい値引き交渉をすれば普通より数十万円も安く買えるので、レクサスでも手が届きやすくなるでしょう。

正しい交渉の方法を詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

レクサスは国産の高級車に乗りたいひとにおすすめ

レクサスがおすすめなのは、「高級車に乗りたいけど外国車には興味ない」というひとです。

高級車は部品が高く、たとえばタイヤ交換だけで200,000円かかるといったように、故障した場合に法外なお金がかかるデメリットがあります。

しかしレクサスの車は、さきほど挙げた達成基準で部品の11つにもっとも良いものをつかって作られているので、部品の劣化や故障がしにくくなっています。

もともと国産車は壊れにくいですが、ほかの国産車とくらべてもレクサスの車はとくに故障しにくいんです。

もし故障しても、交換する部品は国内にすべてそろっているので、海外から取り寄せる外国車よりも修理費用が安く済みます。

外国車にあこがれやこだわりがなく、乗り心地のいい高級車に安心して長く乗り続けたいなら、レクサスの車がおすすめです。

ここまで書いてきましたが、レクサスについての疑問は解消されましたでしょうか。

国産車の安心感と、外国車のような高級感をあわせもつのがレクサスです。

この記事を読んだことで、レクサスの車を購入する後押しになれれば幸いです。