1分で車を60万円値引きする裏技

フリードの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

車格を超えた広さと最新の予防安全装備で使い勝手が非常にいいフリード。

ミドルミニバンほど大きくもないため、運転もしやすいため運転が苦手な人も助かります。

そんなフリードですが、燃費は良いのでしょうか。

走り方によってどう変わるのでしょうか。

ここではフリードの燃費について解説していきます。

フリードの燃費・実燃費

ホンダ フリード

まずはカタログ燃費と実燃費の差をチェックしていきます。

フリードにはハイブリッドモデルとガソリンエンジンの2つのモデルがあるのでそれぞれの数値を検証です。

ハイブリッドモデルの燃費・実燃費

ハイブリッドモデルはカタログ燃費は27.2km/Lです。ただメーカーオプションなどでサイドカーテンエアバッグがつくと26.6km/Lとなります。

では実燃費はどうでしょうか。実際に乗っている人の燃費を確認してみます。

燃費の種類数値
カタログ燃費27.2km/L
街乗り燃費18~21km/L
高速燃費19~22km/L

平均すると上の表のような燃費となりました。

カタログ数値に対する達成率はおおよそ7割ほどなので悪くはない数字です。

ガソリンモデルの燃費・実燃費

ガソリンモデルはカタログ数値は19.0km/Lです。では同じく実燃費を見てみましょう。

燃費の種類数値
カタログ燃費19.0km/L
街乗り燃費11~14km/L
高速燃費14~17km/L

ハイブリッドと同じくカタログ燃費の達成率を見てみると、街乗りではおよそ6.5割ほどとなり、7割を切る形です。しかし高速燃費は8割近い数字が出ています。

ハイブリッド・ガソリンともにカタログ値の6割をしっかりと超えています。一般的に実燃費はカタログ値の6~7割ほどと言われているので十分な数値がでています。

近年の1500ccのコンパクトカーとして考えると燃費は可もなく不可もなくという数字です。しかし7人乗車できるミニバンとして考えると、フリードの燃費は優秀だといえます。

フリードの燃費の口コミ

ではフリードの燃費についてユーザーはどう感じているのでしょうか。

ここではツイッターからフリードユーザーの実際の声を紹介していきます。

フリードの燃費が非常に良いと評価するユーザーです。

燃費達成率も高いので乗り方などが気になりますね。こうして実際に燃費に関してはしっかり満足されている方もいます。

逆に燃費の悪い方々です。カタログ燃費達成率が6割を切ると車がどこか悪いんではないかと心配になってきます。

ましてやロードスターのようなスポーツカーよりも燃費が悪いとなると実用者としての立場が危うくなってしまいますね。

フリードの歴代の燃費・実燃費

 

View this post on Instagram

 

Alif Alstaqif 🇮🇩さん(@alifalstaqif)がシェアした投稿


ミニバンとしては優秀な燃費のフリードですが、歴代のフリードの燃費はどうだったのでしょうか。

ここでは歴代フリードの燃費を確認してみます。

GB3型の燃費・実燃費

初代フリードのガソリンモデルです。初代フリードのカタログ燃費は16.6km/Lです。

実燃費は街乗りで10~12km/L、高速走行で13~15km/Lと言われています。

燃費の種類数値
カタログ燃費16.6km/L
街乗り燃費10~12km/L
高速燃費13~15km/L

GP3型の燃費・実燃費

こちらは初代フリードのハイブリッドモデルです。カタログ燃費は21.6km/Lです。

こちらは街乗りで15~17km/L、高速走行で17~20km/L程です。

燃費の種類数値
カタログ燃費21.6km/L
街乗り燃費15~17km/L
高速燃費17~20km/L

初代のモデルが10年ほど前のモデルであることを考えると非常に優秀な燃費であるといえます。

それでも現行モデルは初代のモデルに比べて1割近い燃費の改善がなされています。

フリードの燃費の理由

フリードの燃費は初代に比べると大きく向上しています。

カタログ達成率も7割前後とそれなりの数値を出していますが、中にはとても燃費が悪いと憤慨されている方もいらっしゃいます。

ではフリードの燃費良い理由、悪い理由を解説します。まずは燃費が良い理由を解説します。

無駄のないエンジン機構

フリード エンジン

フリードのエンジンはエンジンのパワーを無駄なく使い切る、アトキンソンサイクルという機構を採用しています。

ガソリンエンジンはピストンの圧縮比によって燃焼室の長さは決まっています。

しかし爆発のエネルギーはとても大きく、一般的な長さでは爆発のエネルギーは使い切ることができていませんでした。

そこでピストンの長さを圧縮時の長さよりも爆発時の長さを大きくする機構によって、爆発のエネルギーを使い切る事ができる機構を採用しています。

これによって小さいエンジンながらも、とてもパワフルなエンジンに仕上がっているのです。

効率の良い変速

ハイブリッドモデルに採用されている7速ATはデュアルクラッチトランスミッションといいます。

これは多段のギアを使用しているので、エンジンの効率のいい部分をうまく使いながら変速します。

さらに変速したときにはすでに次のギアが準備されている仕組みなので、すばやく変速することができ、ATらしいダイレクト感がある燃費の良い走りをしてくれます。

では次は燃費が悪い原因を見てみます。

エンジン制御

1つ目はフリードのエンジン制御の問題です。

ホンダの車はダイレクト感のある発進ができ、気持ちよく走ることができる制御になっています。その反面、発進時は大きく燃料を消費する形になるのです。

止まっている状態から前へ進ませるときが一番エネルギーを使います。そのときに大きくエンジンを回しても、そのエネルギーが無駄になりやすいので燃費が悪くなりがちです。

重量に対するエンジンパワー

フリードのエンジンはフィットなどといった1トンほどの車を動かすためのエンジンです。

ですからフィットよりも300から400kgほど重い車体では燃料の消費が大きくなります。

とくにストップ・アンド・ゴーの多い街なかではこの影響が顕著に出ますので、フリードの燃費は伸びにくく感じられます。

荷物乗せっぱなしではないですか

フリードはラゲッジスペースが大きいため、荷物を置きっぱなしにしていても通常通り運転することができます。

しかし荷物の重量は燃費に対して影響を大きく与えます。燃費が気になるときは荷物を一度確認してみましょう。

フリードの燃費改善・向上方法

アクセルペダル

フリードの燃費の良し悪しの理由を解説してきましたが、今度は燃費良く走るための方法を解説していきます。

特に急アクセルをしない

フリードのエンジン制御は出だしが気持ちいいかわりに燃料を多く使ってしまう制御だというお話をしました。

そこで燃費を優先する走りをフリードでしたいのならば、まずは出だしのアクセルをふんわりと進めるようにすることが必要です。

出だしは速度とは裏腹にエンジンの回転があがり、無駄に燃料を消費してしまいます。ですからタコメーターで2000回転程度を目安に出しましょう。

発進したあとは適切にアクセルを開けて目的の速度まで加速します。ここでたらたら加速するとポンピングロスで無駄が出ますし、渋滞など周囲にもよくありません。

ワンペダル走法

フリードには、ワンペダル走法と言われるアクセルワーク技術があります。

といってもアクセルのオンオフだけで減速や加速を行い、エンジンの始動をできるだけしないというふつうのことです。

減速時にブレーキペダルを頻繁に踏んでばかりの運転をすると、ハイブリッドの回生充電が働きにくく燃費が落ちる原因になってしまいます。

ただこれは周囲の道路状況をしっかりと把握し、予測運転も踏まえながら運転することになります。どこででもできる方法ではありませんが、これをすることで2割ほどの燃費の改善が見込めるそうです。

フリードの燃費を他の車と比較

フリードの燃費はなかなか優秀です。ではフリードのライバル車たちの燃費はどうでしょうか。

ここでは比較に上がりやすい日産のキューブ、スズキのソリオ、トヨタのシエンタと比較していきます。

日産 キューブ

日産 キューブ

キューブは日産のコンパクトカーで、四角い形のボディで車内空間を広くとってある車です。発売から10年経つロングセラーなモデルです。

燃費性能は18km/Lとガソリン車のフリードに匹敵するような燃費をしています。ですがフリードのようなスライドドアや大きな荷室などと言った、ミニバン的な使い勝手のないキューブでは単純比較しにくいところではあります。

ではキューブの実燃費をご紹介します。

燃費の種類数値
カタログ燃費18.0km/L
街乗り燃費12~14km/L
高速燃費14~18km/L

キューブの燃費は上の表の通りで、ガソリン車のフリードとほぼ同じような燃費です。

前述の通り車内の使い勝手の良さや、予防安全装備などと言った装備はキューブには採用されておらず、単純比較するとフリードのほうが燃費・使い勝手の面では勝っています。

スズキ ソリオ

スズキ ソリオ

ソリオは両側スライドドアを持つ5人乗りのコンパクトミニバンです。ストロングハイブリッドやマイルドハイブリッドなど機能性だけでなくパワートレインも非常に多彩な車です。

燃費性能はハイブリッドモデルで32km/L、モーターアシストで27.8km/Lと優秀な数字になっています。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費32.0km/L27.8km/L
街乗り燃費17~21km/L16~18km/L
高速燃費21~23km/L18~20km/L

実燃費はハイブリッドが21km/L前後、モーターアシストが18km/L前後とカタログ数値とは大きく離れた数字になっています。

フリードと比べると燃費は良くなっていますが、ソリオのほうがサイズも排気量も小さく、乗員数も少ないです。

その割に燃費の差がそこまで大きくありませんし、ミニバンとしてつかうことを考えるとフリードのほうが優秀です。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

シエンタはトヨタの販売するコンパクトミニバンで、フリードと非常に似たパッケージングなので直接のライバルとなる車です。

カタログ燃費はハイブリッドモデルで28.8km/L、ガソリン車で20.2km/Lとフリードよりも若干勝るような数字になっています。では実燃費をご紹介します。

燃費の種類ハイブリッドガソリン
カタログ燃費27.2km/L16.6km/L
街乗り燃費16~19km/L12~14km/L
高速燃費18~21km/L16~18km/L

実燃費でみるとハイブリッドで16~19km/L、ガソリン車で12~14km/Lとフリードとほとんど変わらない数字になっています。

カタログ数値はシエンタのほうが優秀ですが、実燃費に関してはフリードと大きく変わりません。

比較されるのが価格と安全装備の充実が多いので、価格優先ならシエンタ、安全優先ならフリードと言ったところです。

フリードの燃費はミニバンとしては優秀

フリードの燃費は現代のコンパクトカーとしては普通な数字です。

しかしこれだけ大きなスペースや7人乗車ができる車として考えると非常に優秀な燃費です。

そして車に合わせた走り方をすることによって燃費は大きく変わってきます。

こちらで紹介した方法などを参考にして、燃費の良い走りを研究してみてください。