ダイハツ ウェイクはダイハツの販売する軽自動車のトールワゴンで、そのカテゴリの中でももっとも大きな軽スーパーハイトールワゴンという車種です。

「デッカク使おう!」の謳い文句通り軽自動車最大のサイズをもって使い勝手も高い車として登場しましたが、なぜか売れ行きは芳しくなくライバルに比べてあまり販売台数が延びないのです。

今回はダイハツ ウェイクが売れない理由についてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ウェイクは売れてないのか?

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイクの登場は2014年11月で、当時軽トールワゴンとして大人気だったホンダN-BOXに対抗する目的で作られました。

さらに同じダイハツの軽トールワゴンであるタントとは競合しないよう、デザインの面で大きく差別化が図られています。

このようにダイハツの軽トールワゴンの巻き返し役として登場したウェイクは、期待に反して販売台数は延びず、次の表のようにN-BOXやタントには遠く及ばない車になってしまいました。

ウェイク ホンダ
N-BOX
ダイハツ
タント(タント
カスタム含む)
2014年11月 7,256台 12,271台 17,077台
12月 9,354台 12,045台 15,875台
2015年 50,711台 156,857台 157,753台
2016年 32,828台 169,944台 155,999台
2017年(1月~10月) 24,903台 169,913台 123,356台

N-BOXもタントも軽自動車としても販売台数は毎回1位と2位を争う車であり、販売台数は月間12,000~15,000台とかなりの台数を誇ります。

年間販売台数もほぼ拮抗しており、2016年までは両者とも大きく差はありません。

それに対してウェイクは登場した2014年こそ結構な台数が売れたものの、その後は年を追うごとに販売台数は減り続けています。

現在では月々2,000台程度の低空飛行で、軽自動車全体から見ても上から13番目の販売台数と非常に苦戦しているのがわかります。

軽自動車として最大のボディサイズという大きなメリットを持ちながら販売台数が不振なのにはきちんとした理由がありますので、次はその辺りをご説明します。

ウェイクが売れてない理由

ウェイクはとにかく軽自動車最大の荷室を確保すべく開発された車で、全高をこれまでの軽自動車より高くしています。

これまで軽自動車はスーパーハイトールワゴンとはいっても車高は枠に対して余裕があり、デザインや走行安定性などから1,800mm 前後に抑えられてきました。

そこをウェイクでは1,835mmまで拡大させることでより広い室内空間を実現し、もはや車高だけはミニバンに匹敵するほどです。

室内高は1,445mmとミニバンのステップワゴンよりも50mmも高く、当然軽トールワゴンの中では最大です。

この車高の高さこそウェイク最大の特徴であり売りなのですが、その点が逆に売れない理由にも繋がってしまっています。

まずはウェイクと、競合車であるホンダ N-BOX、ダイハツ タントのスペックを比較し、その後にウェイクが売れていない理由をご説明していきましょう。

ウェイク ホンダ N-BOX
ダイハツ タント
乗車定員 4人
駆動方式 FF/4WD
エンジン ・KF-VE型 658cc
直3 DOHC DVVT

・KF-VET型 658cc
直3 DOHC DVVT
インタークーラーターボ

S07B型
・NA:658cc
直3 DOHC

・ターボ:658cc
直3 DOHCターボ付き

・KF-VE型 658cc
直3 DOHC DVVT

・KF-DET型 658cc
直3 DOHC ICターボ

最高出力 ・KF-VE型:38kw
[52PS]/6,800rpm

・KF-VET型:47kw
[64PS]/6,400rpm

・NA:43kw
[58ps]/7,300rpm

・ターボ:47kw
[64ps]/6,000rpm

・KF-VE型:38kw
[52PS]/6,800rpm

・KF-DET型:47kw
[64PS]/6,400rpm

最大トルク ・KF-VE型:60N・m
[6.1kg・m]/5,200rpm

・KF-VET型:92N・m
[9.4kg・m]/3,200rpm

・NA:65N・m
[6.6kg・m]/4,800rpm

・ターボ:104N・m
[10.6kg・m]/2,600rpm

・KF-VE型:60N・m
[6.1kg・m]/5,200rpm

・KF-DET型:92N・m
[9.4kg・m]/3,200rpm

変速機 CVT
全長
(軽自動車枠:
3,400mm)
3,395mm
全幅
(軽自動車枠:
1,480mm)
1,475mm
全高
(軽自動車枠:
2,000mm)
1,835mm 1,790-1,815mm 1,750mm
ホイールベース 2,455mm 2,520mm 2,455mm
車両重量 990-1,060kg 890-1,020kg 920-1,010kg

大きく重く、走行性能がいまいち

ウェイクの最大のメリットである車室内の高さは、そのまま車の高さUPに繋がり、結局車が大きく、重くなるので走行性能に悪影響があります。

まず軽自動車は馬力は最大でも64PSに制限されているので重量増加分はそのまま車の加速や坂の登坂性にはねかえります。

ターボエンジンでもトルクも競合車と大差はないのですが、車両重量が50kg〜100kgも違うのではウェイクの走行性能が低くなるのは仕方ありません。

とはいえウェイクも現代の軽自動車の平均レベルの走行性能はありますが、競合車より悪いのは確かなのでウェイクの人気のでない理由のひとつになっているのです。

重心が高く乗り心地が悪い

車高が高く重量も重たいとなると車両の重心位置は必然的に高くなり、車の乗り心地を悪化させることになります。

車高の高さはとくに左右旋回時のロール性能に悪影響をあたえてしまい、旋回時に車が横振れして乗り心地が悪くなります。

また車両重量はサスペンションとダンパーにも影響して、車の上下振動も大きくなります。

一応ウェイクの設計上で可能な限り改善はしてあるようですが、そもそもの基本性能がよくないので競合車より劣ってしまうのはしかたありません。

ウェイクの使い勝手のよさの代償は走りの部分に顕著にあらわれてしまい、競合車に及ばない部分になってしまっています。

ゴツゴツしたデザイン

ウェイクの後ろから

ウェイクのデザインは同じダイハツのタントがどちらかというと女性向けなので、そこと競合しないよう男性向けのデザインになっています。

しかし男性向けで力強いデザインにしようとした結果、ゴツゴツした塊感の高い車となりました。

ダイハツのもくろみではウェイクはタントがカバーしきれないアウトドア層へのアピールを目指していたようですが、それにしても必要以上にゴツい見た目となってしまっているのが人気がいまいちな理由になってしまいました。

男性層はウェイクよりもスタイリッシュでミニバン風のタントカスタムに流れ、アウトドア派はダイハツ キャストや後述するスズキ ハスラーに流れ、ウェイクの万人受けしないデザインはそこまで受け入れられていません。

競合車のN-BOXがオーソドックスなデザインで台数を伸ばす中、コンセプトを絞ったウェイクが不利になるのは当然と言えば当然です。

※N-BOXと比べて大きな違いはデザインなので、デザインがあまり気にならなければ、不人気で値引きしやすいウェイクの方がコスパはいいです。

正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

荷物の積み下ろしはN-BOXが有利

ウェイクとN-BOXのフロア高さ

ウェイクの室内の広さは軽乗用車一でありこの広さに匹敵する軽自動車はありませんが、実は地上から荷室までの高さはホンダ N-BOXのほうが低く積み降ろしが楽なのです。

ホンダにはセンタータンクレイアウトによる低床・低重心技術があり、ホンダ車のほとんどは車内の床面高さが他社より低い特徴があります。

N-BOXも例に漏れず床面位置が低く、荷室の高さが低いので荷物が積み降ろししやすいのです。

ウェイクとN-BOXの荷室の床面位置は高さは、ウェイクは595mmに対しN-BOXでは470mmと低く、100mm以上ウェイクのほうが高いのです。荷物を載せ下ろしするときに10cmも持ち上げる高さが変われば、かなり負担は減りますよね。

それでも室内の高さ自体はウェイクが上回っているので大きな荷物はウェイクのほうが得意なのですが、日常的な使い勝手のよさという点ではN-BOXのほうが勝っており、ウェイクのイマイチな点が浮き彫りになってしまっています。

スズキ ハスラーに対抗しきれていない

ハスラーでアウトドア

ウェイクはCMを見ていてもアウトドアにも焦点を当てていることがわかりますが、そのカテゴリーには現在スズキ ハスラーという強力なライバルがおり、ウェイクではなかなか対抗できていません。

ウェイクのアウトドア性は、その室内の広さから来る積載性と利便性に焦点を当ててあり、室内で着替えができるなどのアピールをCMで見かけます。

アンダーラゲッジなどもしっかりした長さがあって、確かにアウトドアには使いやすい車です。

しかし今人気があるスズキ ハスラーはデザインでアウトドア性をアピールしている車であり、クロスオーバーSUV風の外観がかなり受けています。

ウェイクがこのハスラーに対抗するならデザイン性も高いものが必要ですが、いかにもトールワゴンといった出で立ちのウェイクではちょっと厳しいものがあります。

一言で言えばウェイクはある意味中途半端な車であり、トールワゴンとアウトドア性という2つの要素がうまく融合できていないのが不人気となった理由でもあるでしょう。

ウェイクが買うべきでないのか

ウェイクは室内の広いトールワゴンとしてなら便利な車で、大きな荷物を載せるならN-BOXやタント以上の価値がある車です。

しかしその反面、走行性能やデザインがイマイチで実用性一辺倒という商用車のような車になってしまっているのも事実です。

結局軽自動車になにを求めるかでウェイクの価値は決まるのですが、実用性こそ第一でなければウェイクで満足する人は少ないでしょう。

ウェイクの最大積載量を活用するのは本当に限られた場面でしょうから、日常使いやデザイン、走行性能も気になるなら、素直に競合車にすることをおすすめします。

なおウェイクには商用車モデルの「ハイゼットキャディ」という派生モデルがあり、こちらはデザインがおとなしめになっています。

後席がなくなり2名乗車になってしまいますが、その分積載性はウェイクよりもかなりアップしており、実用性でウェイクを選ぶ人には選択肢のひとつとして考えられるでしょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。