Speed Carsさん(@speedcars00)がシェアした投稿 -

真っ赤にオールペイントされた、初代X3のE83です。

SUVである事を忘れさせてしまうくらい車高が低いです。

エアロも社外が装着されていたり、本来樹脂である部分がボディー同色に塗られていたりと、ノーマルとはかなり印象が変わっています。

ホイールも20インチくらいありそうな大口径サイズのコンケーブ形状のデザインのものを履かせています。

ホイールが前後ツライチの状態になっているのも圧巻です。しかもリアは、SUVでは見たことがないくらいのネガティブキャンバー角がついていますね!

 

@innovativeautohausがシェアした投稿 -

一見するとノーマル仕様に思える、ダークブルーのE83です。

しかし、よく見るとノーマルとは異なるポイントがあります。

まずはホイールです。BMW純正である事には違いないのですが、E83の物ではなく、E53 X5 純正の19インチへと変更されています。

さらにタイヤもノーマルのサイズよりもあえて小さいサイズをチョイスすることで、タイヤショルダーを寝かせ、ホイールのリムをより大きく見せている事も見逃せません。

その他、ノーマルからの変更点としては、フロントバンパーに付けられた、グリルガードが挙げられます。

 

ちょっと渋い感じでカスタムされた、E83です。

リアバンパーパネルなど、樹脂カラーの部分を極力無くし、シルバーカラーで外装を統一させています。

エアロとしては、サイドステップとリアバンパーハーフスポイラーなどが装着されています。

ホイールは20インチクラスのスポーティーなメッシュタイプがセレクトされている他、テールランプがスモーク化されています。

この車も、ファミリー感が強く漂うノーマルから、かなりスポーティーな雰囲気へとカスタムされています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

こちらは2代目X3のF25です。

この黒いF25はアルピナ仕様になっている事が一番のポイントです。

F25用アルピナエアロは、フロントに関しては、リップスポイラータイプではなく、フルバンパータイプを採用している事が最大の特徴です。しかし、派手なデザインではなく、Mスポーツのような、スポーティーながらもシンプルな見た目に留めています。

ホイールもアルピナの20インチが履かされていて、上品に印象です。

決して過激なカスタム車ではありませんが、普段乗りもこなせる、オシャレ仕様と言えると思います。

 

ガンメタカラーのF25 Mスポーツです。

ホイールはブルーのTE37のような6本スポークのデザインをチョイスしています。

ブルーといっても、派手な明るさの色ではなく、ボディーカラーを損なわないような色味ですので、全体的にバランスが取れた外観に仕上がっています。

Mスポーツパッケージとホイールのおかげで、スポーティーな見た目になっているにもかかわらず、あえてルーフキャリアを装着することで、少しだけ意外性のあるアクセントを加えています。

 

さりげない、シンプルカスタムが施されたF25です。

外装は通常のMスポーツパッケージですが、フロントはグリルブラック化とナンバープレートレス仕様になっていて、スッキリとした印象になっています。

さらに純正USヘッドライトはオレンジマーカーを残しつつスモーク化されています。よく見るとフォグランプもさりげなくスモーク化されていますね。

ホイールはシンプルなシルバーカラーの5本スポーク仕様ですが、スポーク側面がブラック塗装され、足元が引き締まって見える工夫が施されています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。