1分で車を60万円値引きする裏技

BMWの魅力とは?4つの良さをわかりやすく解説!

「BMWの車になんとなく乗りたいと思ってるんだけど、そんなにみんながいうほど良い車なの?」

「『走りがいい』とかいわれても良さがいまいちわからない。もっと具体的にどんな良さがあるのか知りたい!」

BMWの魅力というと、走行性能の良さがいちばんに挙げられます。

200km/hで高速走行したときの安定性が、他メーカー自動車とは段違いだとか。

でも、日本の道路で200km/hも出したらスピード違反で捕まりますし、ふつうに街中で乗るぶんにはぶっちゃけあんまり関係ないですよね。

そこで、もっと一般的な、街で乗るのに関係してくるBMWの良さを挙げます。

実際にBMWの車を所有しているユーザーの意見も例に出して、魅力をわかりやすく解説します。

人気高級車ブランド「BMW」の4つの魅力

BMWの黒

それではまず、BMWの魅力について1つずつ解説していきます。

有名だけど目立ちすぎない、2番手人気外国車のブランドイメージ

日本でいちばん売れている外国車はメルセデス・ベンツで、BMWは2番目に売れています。

2番手ながらも日本では50年前から販売されており、車好きじゃなくてもBMWの名前を聞けば「外国の高級車でしょ?」と誰もがわかるネームバリューがあります。

メルセデス・ベンツだと、一番人気ゆえの成金っぽさや一部の怖いひとが乗っているイメージで、悪目立ちする部分が否定できません。

ベンツの車種ベンツのイメージは悪い?!クラスごとにイメージを徹底調査!

3番手のアウディになるとネームバリューはやや下がり、車好きには有名でも、車に興味がないひとは知らなかったりします。

アウディの白アウディのイメージは悪い?!乗ってる人のイメージまで徹底調査!

その点BMWは有名な高級車ブランドでありながらやや控えめで悪目立ちせず、その絶妙な立ち位置に魅力を感じるユーザーが多いです。

なおBMWが高級車かどうかは以下の記事で詳しく考察しています。詳細が気になる方はこちらもご参照ください。

BMW Z4次期型の後ろ側BMWは高級車じゃない?大衆車?ドイツでの位置づけまで解説!

男性からも女性からも好まれる、カッコよくて可愛いデザイン

ミニクーパーの赤

BMWの車は、どの車種もフロントグリルが二つに分かれているという特徴があり、「キドニーグリル」と呼ばれます。

このキドニーグリルはまたの名を「ブタの鼻」といい、車を正面から見ると本当にブタの鼻のように見えて、どこか可愛らしさを感じます。

BMWの車はどれもスポーティなデザインで、男性好みのカッコいい車ばかりですが、この可愛らしさがあることで女性ウケもいいんです。

メルセデス・ベンツのデザインはカッコいい路線で突き抜けている反面、少し威圧的ですよね。

MINIのデザインは逆に完全に可愛い路線で、カッコいいという感じではないですよね。

BMWはそれらの中間で、カッコよさと可愛さの両方を兼ね備えているので、男性からも女性からも好まれます。

なおBMWのデザインについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

BMW車【画像】BMWのかっこいい車種ベスト10!デザインが最高なものを紹介!

豊富なラインナップのなかから、低燃費なクリーンディーゼルエンジン車が選べる

日本ではまだそこまで普及していませんが、BMWにはクリーンディーゼルエンジンを搭載した車が複数あります。

クリーンディーゼルエンジン車の燃料は軽油のため、レギュラーガソリンよりもリッター単価が約30円も安く、また燃費もガソリン車よりいいのが特徴です。

昔はディーゼル車というと黒煙を吐くイメージでしたが、BMWのクリーンディーゼルエンジン車はCO2の排出量がガソリン車と比べて約25%減少されていて、環境にもやさしい車です。(ガソリン車との違いの詳細は以下の記事をご参照ください。)

エンジン「クリーンディーゼル」vs「ガソリンエンジン」の違い8つ!燃費や維持費まで比較!

走行性能もガソリン車と変わらず、高速道路の合流や追い越しでも難なく走行できます。

現在BMWのクリーンディーゼルエンジン車は12車種49グレード用意されており、ハッチバック・ミニバン・ステーションワゴン・セダン・SUVといった豊富なラインナップのなかから選べます。

最新ラインナップは下の表のとおりです。

車種グレード燃費
1シリーズ118d Sport22.2km/l
118d Style22.2km/l
118d M Sport22.2km/l
2シリーズ
アクティブツアラー
218d Active Tourer22.2km/l
218d Active Tourer Luxury22.2km/l
218d Active Tourer M Sport22.2km/l
218d xDrive Active Tourer20.0km/l
218d xDrive Active Tourer Luxury20.0km/l
218d xDrive Active Tourer M Sport20.0km/l
2シリーズ
グランツアラー
218d Gran Tourer21.3km/l
218d Gran Tourer Luxury21.3km/l
218d Gran Tourer M Sport21.3km/l
218d xDrive Gran Tourer20.0km/l
218d xDrive Gran Tourer Luxury20.0km/l
218d xDrive Gran Tourer M Sport20.0km/l
3シリーズ
セダン
320d21.4km/l
320d Sport21.4km/l
320d Luxury21.4km/l
320d M Sport21.4km/l
3シリーズ
ツーリング
320d ツーリング21.4km/l
320d ツーリング Sport21.4km/l
320d ツーリングLuxury21.4km/l
320d ツーリング M Sport21.4km/l
3シリーズ
グランツーリスモ
320d Gran Turismo Luxury19.4km/l
320d Gran Turismo M Sport19.4km/l
320d xDrive Gran Turismo Luxury17.4km/l
320d xDrive Gran Turismo M Sport17.4km/l
5シリーズ
セダン
523d21.5km/l
523d Luxury21.5km/l
523d M Sport21.5km/l
5シリーズ
ツーリング
523d Touring19.4km/l
523d Touring Luxury19.4km/l
523d Touring M Sport19.4km/l
7シリーズ740d xDrive Executive15.4km/l
740d xDrive Excellence15.4km/l
740d xDrive M Sport15.4km/l
740Ld xDrive Executive15.4km/l
740Ld xDrive Excellence15.4km/l
740Ld xDrive M Sport15.4km/l
X1X1 xDrive18d19.6km/l
X1 xDrive 18d xLine19.6km/l
X1 xDrive 18d M Sport19.6km/l
X3X3 xDrive 20d17.0km/l
X3 xDrive 20d xLine17.0km/l
X3 xDrive 20d M Sport17.0km/l
X5X5 xDrive 35d SE14.0km/l
X5 xDrive 35d14.0km/l
X5 xDrive 35d xLine14.0km/l
X5 xDrive 35d M Sport14.0km/l

燃費を見ると、半分以上の車種・グレードが20km/lを超える低燃費。

7シリーズとX5はそこまで良くないように見えますが、7シリーズのガソリンエンジン車の燃費は7.6km/l~12.2km/lで、X5のガソリンエンジン車は8.6km/l~10.3km/lなので、同車種で比較するとやはり低燃費です。

ディーゼル車のデメリットとして挙げられる騒音や振動も、BMWの最新のクリーンディーゼルエンジン車では解消されており、ディーゼル車であることをまったく感じさせないつくりになっています。

エンジンの性能の高さに定評のあるBMWには、このような選択肢があることも魅力のひとつです。

なおクリーンディーゼル車の燃費については、以下の記事でも詳しく解説しています。詳細が気になる方はこちらもあわせてご参照ください。

ベンツCクラス ディーゼルエンジンクリーンディーゼル車は燃費が悪い?低燃費車を比較してランキングで紹介!

中古で買えば意外と安い

BMWの白

BMWは、新車で買うともっとも安い1シリーズでも車両本体価格だけで3,000,000円を超えるので、お世辞にも安いとはいえません。(新車価格の詳細は以下の記事をご参照ください。)

BMWBMWが高い理由2つ!価格が高額な車種ランキングとともに解説!

しかし、中古車であれば3,000,000円を切るどころか、1,000,000円台で購入できるものもあるんです。下の表を見てください。

車種タイプ中古車市場で
もっとも安い価格例
1シリーズハッチバック1,050,000円~
(新車価格3,170,000円~)
2シリーズ
アクティブツアラー
ハッチバック1,760,000円~
(新車価格3,630,000円~)
2シリーズ
グランツアラー
ミニバン2,780,000円~
(新車価格3,930,000円~)
2シリーズ
クーペ
クーペ2,300,000円~
(新車価格5,030,000円~)
3シリーズセダン1,870,000円~
(新車価格4,190,000円~)
3シリーズ
ツーリング
ステーションワゴン2,110,000円~
(新車価格4,410,000円~)
3シリーズ
グランツーリスモ
ハッチバック2,120,000円~
(新車価格6,450,000円~)
4シリーズ
クーペ
クーペ2,520,000円~
(新車価格5,800,000円~)
i3ハッチバック2,090,000円~
(新車価格5,090,000円~)

表に載せている価格例は2017年11月現在中古車市場でもっとも安く売られているもので、ほとんどが新車価格の半額以下で出回っています。

新車価格との差が比較的小さい2シリーズグランツアラーでも、諸費用込みで2,780,000円から購入できます。

1シリーズに至っては諸費用込みで1,050,000円と、国産の中古車並みの価格です。

ちなみに上の表で載せたのはすべて最新モデルの中古車ですが、「最新モデルじゃなくてもいいからBMWの車に乗りたい!」ということであれば、さらに安く購入できます。下の表を見てください。

車種タイプ中古車市場で
もっとも安い価格帯
1シリーズハッチバック280,000円~400,000円
3シリーズセダン330,000円~400,000円
3シリーズ
ツーリング
ステーションワゴン440,000円~530,000円
3シリーズ
クーペ
クーペ750,000円~870,000円
5シリーズセダン400,000円~600,000円
5シリーズ
ツーリング
ステーションワゴン640,000円~820,000円
7シリーズセダン400,000円~700,000円
X3SUV620,000円~780,000円
Z4オープンカー600,000円~690,000円

新車で買うと10,000,000円を超える7シリーズセダンでも、2世代前のモデルなら700,000円を切ります。

5シリーズセダン・5シリーズツーリング・X3も2世代前のモデルの価格ですが、800,000円を下回っています。

BMWのなかでは比較的安い1シリーズや3シリーズセダンは、1世代前のモデルで400,000円以下です。

そのほか諸費用込みで1,000,000円を切っている中古車がたくさんあり、高級車でありながら意外と手軽に手に入るのも、BMWの魅力のひとつです。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、BMWでももう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

BMWに良さを感じているユーザーの声

それでは、実際にBMWの車に乗っているユーザーは、BMWの良さをどのように感じているんでしょうか。例を挙げて解説していきます。

 クリーンディーゼルエンジン車はプリウスより燃料代がかからない

クリーンディーゼルエンジン車を選べることをBMWの魅力の一つとして挙げましたが、実際にえらんで乗っているひとのツイッターを見ると、以下のようなツイートがあります。

無事帰宅\(^^)/
ガソリン入れてから470キロ走行しての残量がこれ。
クリーンディーゼルのコスパはプリウスよりいいかなと満足してます。
ただプリウスにしろBMWのディーゼルにしろ高速域の伸びがないのが唯一不満なとこ(´・ ・`)

やはりその燃費性能はすさまじく、満タン給油時は1,000km以上の走行が可能です。

軽油の価格が安いことも手伝って、世界トップの燃費性能を誇るプリウスよりも燃料代がかからない、と評価されています。(プリウスの燃費の詳細は以下の記事をご参照ください。)

プリウス サイドプリウスの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

「高速域の伸びがない」という不満も挙げられていますが、プリウスと同等の不満として挙げられているので、国産のハイブリッドカーに乗っていて不満がなければ致命的な欠点にはなりません。

燃費を重視して車を選ぶなら、BMWのクリーンディーゼルエンジン車は有効な選択肢の一つです。

車に詳しくなくても、乗れば勝手に親近感が湧く車

上で挙げてきた魅力のほかに、BMWといえば「運転していて楽しい車」とよくいわれますが、実際にBMWの車を運転しているユーザーはどう感じているんでしょうか?

ツイッターを見ると、以下のようなツイートがあります。

「BMWの車に乗ってから初めて『走る楽しさ』を味わった」というようなツイートはほかにも複数あり、今まで他メーカーの車にたくさん乗ってきたひとほど、その違いが大きく感じられるようです。

また、なぜ運転が楽しいと感じるのか、具体的な理由を説明している以下のツイートもあります。

車の走行性能とはまた違った部分ですが、このような細かい配慮が、なんとなく体感できるレベルで運転に影響してきます。

BMWの説明でよくある、「エンジンの違い」や「車両重量バランスの違い」などといった専門的なことがわからなくても、運転席に座って運転してみれば、理屈抜きでわかる魅力がBMWの車にはあるんです。

BMWの良さを手っ取り早く知るために、まずは試乗してみましょう。

ここまで書いてきましたが、もしBMWの車が欲しいと思ったら上で挙げたように安く手に入れる方法もありますので、検討してみてくださいね。

この記事を読んだことで、BMWの魅力を理解していただければ幸いです。

BMWについては以下の記事でも取り上げているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

BMW Z4次期型のホイールBMWは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!BMW 直6エンジンBMWの直6モデルの車種一覧!おすすめ最高傑作の車種はこれだ!