1分で車を60万円値引きする裏技

N-BOXの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

日本で一番売れてる軽自動車、N-BOX。

軽自動車とは思えない車内空間の広さや魅力満点の装備で圧倒的な人気を誇る車です。

最近は特別仕様車のカッパーブラウンも登場しさらなる人気を後押ししています。

そんなN-BOXですが、評判はどうでしょうか。

ここではN-BOXの実際の評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

N-BOXの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

N-BOXの外装(エクステリア)の特徴

N-BOX 外装

N-BOXは背が高い箱型のボディで、一見軽自動車とは思えないくらい大きな車体をしています。信号待ちなどで後ろに並んだときは、ミドルクラスのミニバンじゃないかと感じるほどの大きさです。

ボディのプレスラインなどにもしっかり気を配られており、ボディサイドにはヘッドライトから一直線に入ったラインやホイールアーチをかたどったプレスラインなど、車らしいデザインがしっかり施されています。

リアデザインもこういった軽自動車にありがちなデザインの単調さがなく、テープLEDのリアコンビネーションランプなど先進的で堂々としたデザインです。

フロントマスクは先代からのN-BOXらしさをしっかりと受け継ぎながら、特徴的なエンジェルライトやシンプルなディティールでデザインの洗練さをしっかり感じさせてくれます。

N-BOXの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

カスタムの顔が嫌

カスタムの顔がいかにも迫力がありますよというような雰囲気がいやでノーマルを購入したという意見が多くあります。ノーマルでも十分に洗練されているので満足度は高いようです。

誰が乗っても大丈夫

誰が乗っても違和感のないスタイルと言う意見もありました。丸いヘッドライトが程よくオシャレ感を出しており、ダサくもなく飛ばしすぎておらずちょうどよいとのことです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位プレミアムホワイト・パール
2位モーニングミストブルー・メタリック
3位クリスタルブラックパール
4位ルナシルバー・メタリック
5位プレミアムピンク・パール

N-BOXの人気カラーはこの様になっています。トップは定番のプレミアムホワイト・パールです。可愛らしいボディとホワイトが相まってとてもおしゃれですね。

そしてモーニングミストブルーやプレミアムピンク・パールなどパステルカラーがランクインしており、N-BOXユーザーのおしゃれな雰囲気が伝わってくるようです。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

N-BOXはヘッドライトのエンジェルリングが非常に印象的ですね。ヘッドライトに合わせて光らせてあげるととてもおしゃれです。

N-BOXの外観が嫌いな人もいます。ダサいと感じているようですが車の性能に関してはしっかり評価されており、内装も良いそうです。

N-BOXの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

N-BOXの内装(インテリア)の特徴

N-BOX 内装

N-BOXのインテリアは軽自動車のインテリアとは思えない良いデザインです。

近年流行の広がりや動きのあるダイナミックなデザインとは違いますが、どこかクラシカルな雰囲気を感じさせる大人なデザインをしています。

ソフトパットなど素材の使い分けといった高級感の演出は全くありませんが、色使いや樹脂の質感の魅せ方、そしてデザイン力でしっかりとおしゃれな空間を作り出しています。

メーターも見やすい位置に配置されており、ナビやエアコンパネルなども見やすくて操作のしやすい位置にレイアウトされており、非常に扱いやすいインテリアです。

N-BOXの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

メーターが見やすい

センターメーターが非常に見やすく、情報がわかりやすいので使いやすいという意見が多くありました。

インテリアの質感やデザインも大事ですが、こういった車の情報を得やすいというのも非常に大事な部分ですね。

コンパクトカーにも負けない内装

色使いやデザインが非常に良くまとまっており、最近のコンパクトカーにも負けないくらいのインテリアだと感じられるようです。収納なども多いので実用性も評価されています。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

車内インテリアが非常に好評なようです。ただハンドルスイッチがカチカチ言うのでちょっと安っぽく感じてしまうようです。

なんとバーバパパとのコラボレーションまであります。これはとてもおしゃれですね。

MEMO

もしN-BOXを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

N-BOXの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(3.0)

N-BOXの走行性能(走破性・安全性)の特徴

N-BOX 運転

2種類のパワートレイン

N-BOXはターボとNA(自然吸気エンジン)の2種類のパワートレインがあります。

ゴルフ ターボエンジンターボエンジンとは?仕組み/構造は?メリット2つとデメリット4つ! レクサス エンジンNAエンジン(自然吸気エンジン)とは?メリット5つ!音が最強の魅力?!

NAエンジンにはホンダの専売特許技術であるVTECが軽自動車で初採用されています。

VTECエンジンVTECエンジンとは?仕組み/構造は?搭載車はバイクにもあり?!

この機構により低回転から高回転まで非常に効率の良い燃焼でパワーをしっかり使い切ります。そのためNAエンジンでもパワー不足などの不満がなかなか聞かれません。

もちろんターボエンジンであればさらにパワーはあります。今回は電動アクチュエーターの採用で細かいブーストの制御ができるため、効率の良い走行が可能になっています。

ホンダのN-BOXへの気合がしっかり感じられるパワートレインです。

悪路走破性

N-BOXの4WDはビスカスカップリングを用いたスタンバイ式の4WDが使われています。

前輪のスリップを検知してから後輪にも駆動がかかるシステムで、軽自動車からフィットクラスまで幅広く使われている仕組みです。(フィットの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ホンダ フィットフィットの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

最低地上高は4WDで145mm程度あり、雪道や簡単な未舗装路などを走る生活四駆としては十分な性能があります。

先進安全装備

N-BOXにはなんと軽自動車ながらもホンダセンシングが採用されています。単眼カメラやミリ波レーダー、そしてソナーによって周囲の状況を認識し、安全対策を取ります。

レーダーによって車を、単眼カメラによって前方の歩行者や白線を検知し、異常があった場合警報をならします。それでも運転手が無視する場合はブレーキなどで安全を確保します。

N-BOXの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

NAエンジンでも十分な走破性

ターボエンジンでなくても十分に走ってくれるという意見が結構あります。N-BOXの加速性能については非常に好評ですね。

意外と高い走破性

意外と雪道ではN-BOXの走破性が発揮されて、安定した走りをしてくれるという意見が多くありました。

あまり4WDの評価が高くないホンダですが、N-BOXに関しては評価が高かったです。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

VTECといえば昔は加速が非常に良いというのがウリでしたが、現在では燃費をよく走るために付いているものなのであまり実感はありませんね。

N-BOXのターボモデルは非常に加速が良いようです。ただ高さや重量があるのでスピードの出しすぎには気をつけましょう。

車高やタイヤの細さがあるので轍にはかないませんが、意外と優秀な走破性を見せるのがN-BOXです。

N-BOXの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(3.0)

N-BOXの燃費の特徴

N-BOXのカタログ燃費は自然吸気エンジンで27.0km/L、ターボエンジンで25.6km/Lと比較的優秀な燃費性能です。

燃費改善の機能としてはアイドリングストップやECONモードなどがあり、自然に燃費が良くなる制御がされます。

なおターボエンジンの燃費の仕組みについては、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

メーターターボエンジン車は燃費が悪い?燃費向上は走り方次第で可能?!

N-BOXの燃費に対する口コミ/評判の傾向

N-BOXの実燃費は、自然吸気エンジンで15~18km/Lという意見が多く、ターボエンジンで14~17km/Lです。自然吸気とターボではそこまで大きな燃費の差はありません。

燃費は走り方や車両状況によって大きく変化しますが、実燃費はカタログ燃費の6~7割と言われています。N-BOXの燃費達成率は6割ほどの数値がでているので、十分な燃費性能であると言えるでしょう。

ハイトワゴン系の実燃費はこのあたりの数値がトップクラスとされており、燃費が悪いということではないようです。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

何と平均燃費で22.2km/Lという数値が出ています。代車で乗ってこんな燃費性能を出されると欲しくなってしまいますね。

なんと26.6km/Lとカタログ値に匹敵するような数値を出しています。丁寧な走り方を極めるとここまで燃費が伸びるようです。

N-BOXの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(4.0)

N-BOXの乗り心地の特徴

N-BOX 運転

N-BOXはミニバン並みの視界の高さで見晴らしが良く、ガラス面のも広いので周囲の状況を把握しやすいです。

ハンドリングもハイトワゴンでありながらも意外とロールも少なく素直で、エンジンのパワーも思ったよりしっかりしており非常に運転がしやすく、良い乗り心地をしています。

静粛性も軽自動車の中では高く、乗り心地という面でも非常に良くできています。

N-BOXの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

カーブの安定性に驚いた

こういったハイトワゴン系の軽自動車はロールや横揺れが非常に甘いのですが、N-BOXの安定した足回りには非常に驚いたという意見が多くありました。

さすがに普通車のように走ると無理が来ますがライバル車から比べると驚く方が多いようです。

静粛性が高い

N-BOXの静粛性の高さに驚かれている方も多々いました。内装を見た人によると、防音対策がしっかりされており、トランクルームの鉄板むき出しなのだけがもったいないとのことでした。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

さすがに時速80kmを超えると安定性がなくなってくるように感じるようです。ここはトレッドやホイールベースが短い軽自動車の弱点ですね。

静粛性の高さには定評がありますが、天井は防音が甘いらしく雨の日の音はひどいようです。悩ましいポイントですね。

普通車と比べるとN-BOXほどの車でも安定感のなさや非力さを感じてしまうようです。N-BOXに満足できない人は軽自動車はやめたほうが良いかもしれません。

N-BOXの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(5.0)

N-BOXの広さ・居住性の特徴

軽自動車最大級の車内空間

N-BOXは軽自動車なので乗車定員は4人ですが、車内空間は軽自動車の中では最大級の大きさです。大人が4人乗っても足元にも頭上空間にも十分な広さがあり、まさに余裕綽々です。

シートアレンジも助手席を大きく使えるロングスライドタイプとベンチシートタイプがあり、ライフスタイルによって選ぶことが可能です。

なおこのように車内空間が広く使い勝手がいいので、N-BOXはキャンプなどのレジャーにも使えます。(キャンプの適性の詳細は以下の記事をご参照ください。)

N-BOXの荷室ホンダN-BOXがキャンプに最適な理由5つ

車中泊はちょっと厳しいかも

N-BOXは後席を倒すことである程度の空間を作ることができますが、前席のリクライニングと合わせてフラットにすることができないため、寝っ転がって寝るのは難しいです。

前席をリクライニングさせ、後席とつなげることである程度のスペースができますが、背もたれがあるため、仮眠は可能ですが余裕のある車中泊は難しいでしょう。

N-BOXの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

スーパースライドは心地よい

助手席にあるスーパーロングスライドは、後ろに目一杯下げると非常に足元が広く快適。さらにリクライニングさせるととても広い空間でリラックスできるという意見がありました。

N-BOXだけに設定されている装備なので他社にはない魅力ですね。

車中泊には向いていない

N-BOXは後席を倒しても十分な空間を取ることができず、シートアレンジをしても十分な空間を得ることができないので快適な車中泊は難しいとの意見があります。

先代モデルのように後席をリクライニングし切ることも難しいので、あまり快適には寝れないようです。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

居住性の高さや走行性能も含めるとN-BOXの立ち位置は不動のようです。なぜか他社に比べても広く感じますね。

ひろさは十分ですが、後部座席の座り心地などは今一つなようです。ここは軽自動車の限界として諦めるしか無いでしょうか。

なんと車中泊仕様に作り上げています。しかし後部座席を倒しただけなので大人が睡眠を取るには広さが足りないように感じますね。

N-BOXの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(5.0)

N-BOXの実用性の特徴

通常時のN-BOXのラゲッジスペースは非常に狭いです。4人フル乗車した場合、多少は荷物を乗せることができますが十分な広さとは言えません。しかしシートアレンジにより非常に優れた空間の使い方ができます。

シートをスライドすることである程度荷室を拡大することができますし、座席を倒すことで中学生が乗るような自転車を乗せることができます。

後部座席を倒さない状態ではフィットなどのように座面をおこすことができ、高さ1,400mmの荷物を乗せることができます。小さなお子様の着替えにも使うますし、さらにベビーカーをそのまま乗せることもできます。

もちろんスライドドアなので乗り降りも非常に楽ですし、子育て世代の方に使っていただける十分な実用性があります。

N-BOXの実用性に対する口コミ/評判の傾向

コンパクトカーよりも積める

N-BOXのラゲッジはコンパクトカーなどに引けを取らない空間なので、コンパクトカーよりも多くのものを積載できて便利という意見があります。

幅はさすがにかないませんが、高さがあるので積載性はかなり高いですね。

チャイルドシートに乗せやすい

車内高が高くスライドドアで大きく開くため、子供をチャイルドシートに乗せるときにかがんだりする必要もなく非常に使いやすいという意見が多くあります。

これはハイトワゴン軽自動車のメリットではありますが、N-BOXはとくに車内高が高いので便利なのでしょう。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

車としても使いやすく、収納など道具としても使いやすいN-BOXは間違いなく実用性の高い車だと言えるでしょう。

やはり立ったままお子様を乗せおろしできるのは非常に便利です。子育て世代には是非オススメしたい車ですね。

使い勝手の高さもさることながら、レーダークルーズコントロールで高速走行も非常に楽です。もはや至れり尽くせりの車なのではないでしょうか。

N-BOXの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

N-BOXの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

N-BOXの整備性

N-BOXのはエンジンルームが非常に狭く、そのなかでセンサーやエンジンなどが詰まっているため非常に整備性が悪い車です。

しかし各種電球にLEDを採用してあるなど、ユーザー自身でできるような消耗品の交換は非常に少なくなっています。

ターボ車であればオイル交換はシビアに見る必要がありますが、それ以外は特別な整備などは必要なく、扱いやすい車だと言えるでしょう。

なおターボ車のオイル交換については以下の記事で詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

オイル交換ターボ車のエンジンオイルの交換時期は?おすすめのオイルはこれ!

N-BOXの故障のしやすさ

N-BOXいくつか弱点があります。まず電動スライドドアです。これは結構故障が多く、経年劣化によりその周辺が故障する可能性は高いです。

そしてタイヤの消耗は早い傾向があります。軽自動車規格の細くて小さなタイヤで普通車並みの車重の車を動かしているため、タイヤへの負担は非常に大きいです。

その他にも緊急ブレーキのセンサーやカメラ類が正常に作動せず、警告灯がつくなどトラブルがでることもあります。

これらは気候や状況により誤作動する場合もありますのでよくわからない場合はディーラーで相談しましょう。

N-BOXの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

ワイパーの音がうるさい

ワイパーの作動音がうるさいという意見が多くありました。すでに対策品などもあるようなのでこちらはホンダにすぐに問い合わせて対応してもらいましょう。

クルーズコントロールが設定できなくなる

走行中にクルーズコントロールを設定しようとすると、設定できないことがあるという意見も意外とありました。

こちらは原因は不明ですが、エンジンをかけ直すことで解消されるようです。最新の装備を採用しているだけに、誤作動が起こると困りますね。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

N-BOXはなんと雨漏りする場合があるようです。こちらはリコールが出ているそうなので早急に対応してもらいましょう。

走行中に動かなくなってしまったそうです。どうやら原因はミッションの故障のようですが、交差点のど真ん中は最悪ですね。

N-BOXの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(3.0)

N-BOXの価格・値段

グレード価格
G138.5万円
G・L149.9万円
G・Lカッパーブラウン169.5万円
G・Lターボ168.9万円
G・Lターボカッパーブラウン178.9万円
G・EX159.6万円
G・EXカッパーブラウン174.9万円
G・EXターボ174.9万円
G・EXターボカッパーブラウン184.8万円

N-BOXはエントリーグレードのGであれば138万円からあります。10万ほど高いその上級グレードのLであれば内装が良くなり、スライドドアがついてきて非常に便利です。更に10万円程高いEXグレードは助手席ロングスライドも付いてきます。

ターボモデルはエンジンの強化だけでなく両側オートスライドドアなどもついてくるため、価格は高くなりますが多少お得感があります。

特別仕様車のカッパーブラウンは個性的な外観だけでなく、装備も充実しておりおしゃれなデザインなので非常におすすめです。

歴代N-BOXの中古相場

初代N-BOXは発売が2011年で、登場から7年の車です。ちょうど3回目の車検を受けた辺りの個体も出てくるので、中古価格もリーズナブルになってくる頃です。

安いものであれば30万円くらいからですが、高いものでは未使用車で160万円という個体もあります。市場の相場は60万~100万円が多く存在しています。

現行モデルは2017年に発売され、発売からわずか1年しか経過していません。ですので価格はしっかりしており安くても約90万円ぐらいから、高いものは180万円程で新古車がほとんどです。流通量が多い価格は100万円から140万円程度となっています。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くN-BOXを購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

N-BOXの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

最初はびっくりした

軽自動車の見積もりだと思って見積もりすると目が出るほどびっくりするようです。実際に乗っていると使い勝手や装備などの充実を感じられるので最終的には納得できるようです。

中古でも高い

N-BOXは人気の高い車のためか、中古相場も非常に高いという意見があります。販売台数が多い分在庫も豊富そうですが人気があるためすぐはけてしまうようですね。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

走りや使い勝手、装備などを考えると高価な価格も納得してしまう出来とのことです。価格は確かに高いですが、これは軽自動車だからできる価格設定だというところもありますね。

いわゆるスポーツカーというものと同じような価格帯にまで価格が上がってきています。装備を考えれば安いとは言えど、これは実際に高く感じます。

N-BOXの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(5.0)

N-BOXの維持費・税金の特徴

N-BOXの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として12万円

N-BOXは軽自動車なので、自動車税、自賠責、重量税を計算すると、年間で26,635円が強制的にかかる費用になります。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険です。これらを計算すると207,700円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は234,335円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。G・EXグレードは60回ローンで支払いをすると月々おおよそ34,700円となります。

ですから維持費と合わせると月々が約54,200円で維持することが可能です。

非常に広い車内空間と自動運転のようなホンダセンシング、さまざまなものがつまってさらに維持費は軽自動車。こんなすべてが揃ったような車はなかなかありません。

N-BOXの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

普通車の存在を脅かす

これだけの装備がついて車内も広く、維持費は軽自動車。こんな車がいるとコンパクトカーのような普通車は脅威となるだろう、という意見があります。

まさに早い・安い・うまいの三拍子が揃ったような車です。

リセールも非常に強い

人気のある車だから下取りも高いので維持費や車体の金額はそれほど気にならないという意見もあります。

これこそ人気のある車の強みですね。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

軽自動車の維持費の安さは魅力です。普通車を一台減車して軽自動車をメインにすることで維持費はとてもうきます。

普通車が平気で買える価格帯のN-BOX。しかし税金や高速代など安くなる部分が多くなるので、普通車より有利ですね。

N-BOXのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(4.0)

N-BOXのグレード・仕様の特徴

ホンダ N-BOX

N-BOXはベンチシートタイプと助手席がロングスライド仕様のセパレートタイプの2つがあります。

それぞれにちゃんとターボモデルも4WD設定もあるので、カスタムでなくても自分の好みの仕様を選ぶことができます。

ポイント

エントリーモデルはGグレード。ベンチシートタイプでハイトワゴンで必要な装備と安全装備のホンダセンシングが搭載されており、十分に使いやすいモデルです。

そして量販グレードのG・Lです。こちらはインパネの質感向上や左側オートスライドドアの採用など、乗用として使いやすくなったモデルです。

そしてロングスライドを採用したG・EXグレードです。助手席のロングスライドだけでなく、サイドカーテンエアバッグの採用など使い勝手や安全性に関しても高められているモデルです。

現在は特別仕様車としてカッパーブラウンというグレードが存在しています。こちらはカッパーブラウンのルーフやドアミラー、特別内装など個性的なデザインが特徴的なグレードです。オートスライドドアも両側に採用され、使い勝手も向上しています。

N-BOXのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

N-BOXの人気グレードはG・Lグレードです。装備と価格のバランスが良いところが魅力のようです。

続いてG・EXグレードと続きます。もともと高額な軽自動車のN-BOX。どうせ買うならということで使い勝手の良いG・EXグレードまで上げてしまうということでしょうか。

意外にもベースグレードはあまり人気がないようです。内装や装備に魅力が少ないのでしょうか。

N-BOXユーザーの実際の口コミ

N-BOXはクルーズコントロールからコーナリングセンサーなどホンダセンシングならではの非常に魅力的な装備がついています。普通車顔負けですね。

N-BOXのグレードによる違いを細かく乗せてくれています。プラズマクラスターエアコンやアレルクリンシートなど地味に嬉しい装備もグレードによって異なります。

総評

ではこれまでのN-BOXの評価をまとめます。

N-BOXの評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(3.0)
燃費
(3.0)
乗り心地
(4.0)
広さ・居住性
(5.0)
実用性
(5.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(3.0)
維持費・税金
(5.0)
グレード・仕様
(4.0)
総合評価
(4.0)

N-BOXは軽自動車とは思えない圧倒的な車内空間を持ち、居住性もよく実用性も高い使い勝手の良い軽自動車です。

税金なども安く、維持もしやすいですし、デザインもパッと見でN-BOXだとわかる個性的なデザインで非常に良くできた車です。

ただ軽規格ギリギリの大きな車体は、重くて安定性がないので燃費性能や走行性能は犠牲になってしまっています。

しかしライバル車に比べるとそういったの性能はよくできており、弱点が少ないです。

軽自動車という利点をしっかり活かしつつ、非常に使い勝手の良いオールラウンドな車なので、どんな人にもおすすめできる車だと言えるでしょう。

なおN-BOXについては以下の記事でも取り上げているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ホンダ N-BOXN-BOXの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説! N-BOXの荷室ホンダN-BOXがキャンプに最適な理由5つ