1分で車を60万円値引きする裏技

中古車の「保証継承」とは?費用や手続きの方法もわかりやすく解説!

「中古車を買おうと思ってるんだけど、保証継承ってどういう意味?」

「保証継承の手続きってめんどくさいのかな。費用はいくらかかる?」

中古車のなかには、保証継承できるものとできないものがあります。

そもそも中古車の保証継承とはなんでしょうか? 

また、保証継承するための条件はどんなものでしょうか?

手続きのしかたや費用もふくめて、わかりやすく解説します。

保証継承とは、新車の保証を引き継げるシステム

中古車の保証継承とは、その車が新車として登録されたときについていたメーカー保証を、有効期間内であれば手続きをすることで前のオーナーから引き継げるシステムです。

たとえばメーカー保証が5年ついている新車を3年しか乗らずに手放した場合、あと2年の保証期間がのこっていますよね。 

その車を中古車として2年以内に購入し、保証継承の手続きをすれば、のこりの期間ぶんメーカー保証がついた状態で乗ることができるんです。

図で書くと以下のようになります。 

Aさん あなた あなた
メーカー保証
5年つきの新車
を購入した
3年で
売った
その車を中古車
として購入した
ディーラーで
保証継承手続き
する
新車登録から
5年経つまで
メーカー保証が
有効になる

メーカー保証には「一般保証」と「特別保証」があり、それぞれ保証期間がちがいます。

国内メーカーの保証期間は、以下のようになっています。 

<一般保証>

  • 新車登録から3年間または走行距離60,000kmのどちらか早いほうまで
<特別保証>
  • 新車登録から5年間または走行距離100,000kmのどちらか早いほうまで
つまり、新車登録から3年以内、もしくは5年以内の中古車を購入するときは保証継承のチャンスです。

保証継承するには定期点検記録簿が必要なので、ちゃんと記録簿がのこっているか、そしてメーカー保証の有効期間内かどうか購入前に確認しましょう。

保証継承の手続きはディーラーでする

ディーラー

保証継承手続きをするには、購入した中古車をディーラーに持っていき、法定12ヶ月点検とおなじ内容の点検を受けます。

点検を受けて異常がなければ、その場で保証継承手続きしてもらえます。

点検自体は1時間程度ですみますが、店が混雑している場合はもっとかかるか、予約をとって後日あらためて行くことになるかもしれません。

購入した中古車販売店によっては、保証継承手続きを代行してくれるところもあります。

ただその場合、とうぜん代行費用がかかるので、自分でディーラーに持っていくことをおすすめします。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

保証継承の費用は約15,000

私が過去にディーラーで受けた法定12ヶ月点検では、とくにパーツ交換はありませんでしたが、14,200円の点検代がかかりました。

これに保証継承費が加わるので、保証継承にかかる費用のトータルは15,000円を超える程度だと思ってください。 

点検を受けたときに「パーツ交換が必要です」といわれれば、そのぶんだけ費用が増えます。

また、外国車だともう少し高くなり、20,000円を超えます。なかには30,000円かかったという例もありますが、保証継承費用の相場としては高いほうです。

ディーラーに行ったらまず点検に出す前に、いくらかかるのか見積もりを出してもらいましょう。

保証継承はできるならするべき!

保証継承は、できるならするべきです。保証継承の必要性について解説します。

保証をつけるなら販売店保証よりも保証継承したほうが得

安心

おなじ保証でも、中古車販売店の保証は上限金額が決まっていて、おまけに修理のたびに10,000円~15,000円の追加料金を取られます。

対して、メーカー保証は上限金額無制限で、期間内であれば何回でも無償修理してくれます。

15,000円程度の継承費用がかかるとはいえ、どこか1箇所でも故障したら中古車販売店でもおなじ料金がかかるわけです。

その継承費用もほぼディーラーの点検代なので、修理料金とちがってまったくの無駄というわけではありません。

本来、高い代金をはらって新車を買ったひとにだけついてくる、手厚い保証をつけられるわけですから、販売店保証をつけるよりも保証継承することをおすすめします。

 保証をつけないよりも保証継承したほうが得

「保証のついていない中古車を購入して後悔した」という事例はたくさんありますが、「保証なんてつけなければよかった」と後悔している事例は聞いたことがありません。

中古車購入でトラブルにあわないための第一歩は、保証つきの中古車を買うことです。

故障している箇所があるのを知っててかくして売りつけてくる、悪質な中古車販売店はたくさんあります。

もしその故障箇所がエンジンで、納車後に異常に気付いたとしたら、買ったばかりなのに修理費用に1,000,000円かかることもあります。

中古車はそうかんたんに買い替えられるものではなく、精神的ショックも大きいので、「保証なんてつけなくても大丈夫」と思わずに、保証継承できるならしたほうが安全です。

ここまで書いてきましたが、中古車販売店のほうからは保証継承について教えてくれないので、その中古車が保証継承できるかどうか、自分から聞いてみてください。

この記事を読んだことで、知らずに損をしてしまうことを避ける手助けになれれば幸いです。