1分で車を60万円値引きする裏技

ムーヴの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

発売から20年以上の歴史を持つダイハツムーヴ。

取り回しの良い車体サイズと広い車内が特徴的でワゴン軽自動車のスタンダードな存在です。

マイナーチェンジで安全装備も充実し、非常に魅力的になっています。

そんなムーヴですが、実際の評判はどうでしょうか。

ここではムーヴの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

ムーヴの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

ムーヴの外装(エクステリア)の特徴

基準車

ムーヴ 外観

ムーヴのエクステリアは軽ワゴン車らしい広々としたキャビンが感じられるボディスタイルと、まるで後ろに引っ張られているかのようなデザインが印象的です。

ポイント

ボディデザインは軽自動車らしい高めのベルトラインで、Cピラーで上に上がるデザインで躍動感を出しています。

ただドアパネルの張り出しの一番高い部分もベルトラインのすぐ下にあるためか、腰高でのっぺりしたデザインです。

ホイールアーチを模したプレスラインで張り出し感を出していますが、こちらはちょうどテールランプの下側、腰のあたりでくびれるようになっているので後ろから見たときに効果的です。

リアデザインはサイドのプレスラインがリアつなぐようにデザインされていて、下半分はどっしりとした雰囲気を、上半分は縦長のテールランプなどでスリムさを見せています。

フロントマスクはムーヴらしい釣り上がった大きめのヘッドライトと、グリルを強調した最近のデザインの流行りを取り入れたフロントマスクです。

アンダーグリルは歴代ムーヴらしく上下に小さく開けた控えめなグリルです。落ち着いたジェンダーレスなデザインにちょっと流行りを追加した、バランスの良いデザインです。

カスタムカー

ムーヴ カスタム 外観

ムーヴの外観にはスポーティに仕上げたムーヴカスタムがあります。

ボディは張り出し感の強い専用バンパーやスポイラーでスポーティに、テールランプはクリアテールにLEDを取り入れた先進感のあるデザインでスタイリッシュにきまっています。

フロントマスクは2段に分かれたヘッドライトや、左右にぐっと張り出したデザインのバンパーにLEDライトで装飾されており、存在感と迫力を感じさせますす。

まるでトヨタのヴォクシーのような雰囲気が感じられるデザインです。

ヴォクシーのフロントヴォクシーの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ムーヴの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

シンプルで無難なデザイン

基準車においてはシンプルなデザインで落ち着いており、無難に乗れるデザインだという意見が多くあります。カスタムじゃなくても十分に主張があり、ちょうどよいデザインのようです。

実物は意外と落ち着いている

カスタムはカタログデザインからとても派手でどぎついイメージだったが、実際に見ると意外と落ち着きがあるデザインだったという意見があります。

光り物が多いフロントマスクなのでどぎついイメージがありますが、実際に見ると意外に落ち着きがあるように感じられるようです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位パールホワイト
2位ブラックマイカメタリック
3位ブライトシルバーメタリック
4位ディープブルークリスタルマイカ
5位プラムブラウンクリスタルマイカ

ムーヴの人気カラーは上記のようになっています。上位には定番カラーのパールホワイトやブラックマイカメタリック、ブライトシルバーメタリックなどシャープなデザインが引き立つカラーが選ばれています。

そして4位、5位にはディープブルークリスタルマイカやプラムブラウンクリスタルマイカなど、暗めの落ち着いたカラーが選ばれています。これらは高級感を感じさせるカラーなので、ムーヴの堂々としたデザインからこういったカラーが選ばれているのだと思われます。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

車にそんなに興味がない人でも、ムーヴとムーヴカスタムの外観の違いはわかります。ムーヴを選択する際にいちばん重要なポイントとなるのではないでしょうか。

ムーヴは2017年にマイナーチェンジを迎えています。前期型と後期型ではヘッドライトの形状など大きく違いますので、好みが分かれるようです。前期型が気になる人は中古車などで探してみましょう。

ムーヴの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(5.0)

ムーヴの内装(インテリア)の特徴

ムーヴ インテリア

ムーヴのインテリアは高めのダッシュパネルが包まれ感を演出する落ち着いた雰囲気が感じられます。

シンプルな曲線で動きのあるダッシュパネルが作り込まれており、軽自動車とは思えないスタイルの良さです。

さらにカスタムのインテリアであれば、艶のある塗り分けられたガーニッシュが質感を感じさせます。

ドアパネルにつなげて広がりを見せるデザインは軽自動車という限られた規格の中ではとても素晴らしいです。

造形へのこだわりだけでなくシルバーのモールや幾何学模様を使い、あえて安っぽい木目調パネルを避けたガーニッシュなどディテールへのこだわりも感じられます。ソフトパッドなどは使われていませんが、軽自動車では上質さを感じさせるインテリアです。

レイアウトも高い位置にあるナビパネルや見やすいメーターパネルなど、視線移動の少ないドライバーに配慮されたものになっています。

ただインパネシフトによってエアコンパネルがじゃまになったり、大きすぎるナビパネルが若干気になる人もいるでしょう。

ムーヴの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

上質さはないが使いやすい

ベージュとブラックのパネルはプラスチック感をしっかりと感じさせるので上質さはありませんが、それぞれ操作パネルなどが十分な距離にあるためとても使いやすいという意見がありました。

基準車を選ぶときには、オプションで選べるブラックインテリアを選んだほうが質感は良くなるという意見もあります。

軽自動車の域を超えた質感

インパネ周りの質感が高く高級感があり、軽自動車の質感ではないという意見がありました。下手なコンパクトカーを選ぶよりも質感が高いなど、カスタムのインテリアの評判は非常に良いです。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

こちらの方はムーヴカスタムのインテリアの質感の高さに惚れて、この車に決定されたようです。最近の軽自動車の中では非常に良い質感です。

ライバルのワゴンRと比べ物にならないという意見もあります。ムーヴのような質感の高さは、今のスズキの車ではかなわないでしょう。

MEMO

もしムーヴを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ムーヴの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)

ムーヴの走行性能(走破性・安全性)の特徴

ムーヴ サイド

自然吸気(NA)とターボエンジン

ムーヴにはNAエンジンのモデルとターボエンジンのモデルと2つのパワートレインがあります。

レクサス エンジンNAエンジン(自然吸気エンジン)とは?メリット5つ!音が最強の魅力?!ゴルフ ターボエンジンターボエンジンとは?仕組み/構造は?メリット2つとデメリット4つ!

NAモデルの方は車重に対して十分な排気量で、平地であればさほど苦労なく走れるでしょう。そして坂道などパワーが必要なシーンではハンドルにあるパワーボタンを押すことで、パワートレインの制御をトルクフルにしてくれるので軽快に走れます。

ターボエンジンであればほぼ全域でトルクフルな走りなので、不満は出ないでしょう。街乗りから高速まで、不満なく走りたいならばターボモデルをおすすめします。

悪路走破性

ムーヴの4WDはビスカスカップリングを使ったスタンバイ式の4WDが採用されています。

基本は前輪駆動で全身のスリップを検知すると後輪に駆動がかかる方式で、平常時の燃費が良いことが特徴的です。4WDに入るときは多少のタイムラグがあるので苦手な人は注意が必要です。

最低地上高は4WDで145mmと一般的な乗用車程度の高さをしているので、日常の積雪や未舗装路程度であれば十分な走破性が期待できます。

先進安全装備

ムーヴは近年のマイナーチェンジでスマートアシストⅢ(SAⅢ)が標準で採用されました。

ステレオカメラで前方の確認しており、前方の車両や歩行者そしてや車線などを認識して状況に合わせて警報をならし、危険な場合にはブレーキ操作などで運転に介入し安全を確保します。

もちろん踏み間違い防止アシストの装着、カスタムであればハイビームアシストなどもあります。カーテンエアバッグはターボモデルであればオプションで選択することができるようになっています。

ムーヴの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

ターボじゃなくても十分

NAモデルは普段はかったるい走りしかしませんが、パワーモードに入れることでとてもパワフルな走りになるので、ターボは必要ないという意見があります。

価格の上昇などもありますし、よほどのことがなければNAモデルで十分かもしれません。

ターボはスムーズで静か

3気筒プラスターボは非常に静かでスムーズに加速していき、技術の進歩を感じるという意見がありました。

NAエンジンでも余裕の走りですので、ターボであれば静粛性も高くCVTでスマートな加速をしていくそうです。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

NAエンジンでもパワーボタンを押せば先代ムーヴのターボモデル並みの加速力があるようです。ターボが必須だという人も、NAエンジンを一度試乗したほうが良いでしょう。

軽自動車の中でも性能の高いSAⅢが標準で装備されているムーヴ。自分からの事故は大きく減らせそうですね。

ムーヴの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(3.0)

ムーヴの燃費の特徴

ムーヴは燃費性能も優れています。カタログ値はNAモデルであれば31.0km/L、ターボモデルでは27.4km/Lとなっています。

クールドi-EGRの採用やパワーモードによる低燃費な制御など、基本的に低燃費な走行ができるようになっています。必要に応じてパワーモードに切り替えればパワフルな走行も可能です。

ムーヴの燃費に対する口コミ/評判の傾向

ユーザー燃費

ではムーヴのユーザー燃費を見ていきます。

NAモデルは16~19km/L、ターボモデルでは15~18km/Lで、NAモデルはカタログ燃費の5割超、ターボモデルで6割程度と一般的な達成率から比べると低い数値となっています。

郊外では伸びる

街なかで乗ることが多いと16km/L程度の燃費が多いが、郊外や高速であれば20km/L程度の燃費がでるという意見があります。ストップアンドゴーが多い町中ではどうしても燃費は伸びにくいようですね。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

こちらの方はなんと28.5km/Lという数値を出しています。ユーザーの平均燃費を大きく超える数値です。走り方や環境次第でここまで数値は変わります。

ただ実際問題カタログ数値の半分程度の数値しか出ないというユーザーも非常に多いです。31km/Lという数値に過剰な期待は禁物です。

なおムーヴの燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ダイハツ ムーヴムーヴの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

ムーヴの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(4.0)

ムーヴの乗り心地の特徴

ムーヴは軽ワゴンらしく車内が広々しており、ガラス面も多いので視界は悪くありません。

ドライビングポジションに関しても、アクセルペダルのオフセットを可能な限り最適にしているとの触れ込み通りになっており、シートもホールド性が高くて疲れにくいポジションが取れるようになっています。

足回りはムーヴらしく落ち着いた足回りで、若干ロールが強い感じはありますが軽自動車にしては不快な突き上げが少ない印象です。

エンジンノイズもうまく抑えられており、乗り心地は軽自動車の中ではとても落ち着いた印象です。

ムーヴの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

よくできた足回り

不快な揺れや振動は少なく、よくできた足回りだという意見があります。路面が良い状況では非常に静かにスムーズに走ってくれるとのことです。

ブレーキが不安

車の重心が高いせいかブレーキの作動具合がゆるく、坂道などでは不安だという意見がありました。

最近の軽自動車は車重は増えていますがブレーキ性能は大きく変わっていないので、不安はありますね。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

最新のムーヴは乗り心地がよく、今まで乗っていた車との違いが感じられるようです。乗り心地は非常に評判が良いですね。

てか代車が購入候補に入ってたMOVE(グレードは違う)だったんだけど、割と乗り心地良かった👌🏻シルバーはダサいけど…w

代車で乗ったムーヴの乗り心地が良かったようです。実際に乗って車の乗り心地が確認できたのは良いですが、色まではなかなか納得できなかったようですね。

ムーヴの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(4.0)

ムーヴの広さ・居住性の特徴

ムーヴ シート

広々とした車内空間

ムーヴの車内空間は規格が決まっている軽ハイトワゴンとは思えないほど広さを感じる空間です。4人乗りですが十分な広さが取られており、快適に移動ができるでしょう。

ムーヴの後席は高さも十分にありますし足元も非常に広く、170cmの身長の人も余裕で足が組める広さで、頭上空間もたっぷりあります。

乗員全員が快適に乗ることができる居住性といえるでしょう。

車中泊は我慢が必要

ムーヴは軽自動車なので車内が狭く、車中泊スペースは限られています。

後席を倒して空間を作る場合は前席を前に出して隙間を埋める必要がありますが、これでは1,500mm程度の空間しか取れませんので我慢が必要ですし面倒です。

そこで前席を最前面に出してリクライニングし、後席とつなげてしまいましょう。これでもおおよそ1,500mm程度の空間は取れますので、どうせ狭いならこちらのほうがシートアレンジは楽です。

ムーヴでこれ以上の空間を取ることは難しいです。

ムーヴの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

十分な広さ

軽自動車なので広さに期待していませんでしたが、男性二人で座っても肩が当たることもなく、頭上空間も広いので十分な広ささという意見がありました。

どうしても幅は軽自動車なりというところはありますが、十分な広さと言えるでしょう。

仮眠程度ならいける

前席をリクライニングさせたフルフラットにしかならず、後席は背もたれがあるので仮眠程度の用途にしか使えないという意見がありました。

やはり限られた空間の軽自動車なので、快適な車中泊ができる車種は限られるようです。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

古めのコンパクトカーに乗っていると、最近のムーヴの広さに驚くそうです。軽自動車規格でありながらも車内空間は目一杯取られているので、コンパクトカーよりも広いですよ。

ロングソファーモードであれば車中泊も割といけるという方もいます。ある程度の妥協ができれば寝ることができる広さでしょう。

ムーヴの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(4.0)

ムーヴの実用性の特徴

ムーヴ ラゲッジ

ムーヴのラゲッジスペースは意外と広さがあります。ラゲッジにはアンダーボックスがあるので縦に荷物を積むことができますし、240mmほどスライドしますので4人乗車でもある程度スペースは確保できます。小さめのスーツケースなら2つほど乗ります。

後席を倒せば荷室長は1,250mm程度ありますし、高さも十分にありますので積載性は意外とあります。ゴルフバッグなら2つ、大きめのスーツケースでも十分に載せられるスペースです。

乗り降りに関してはドアの間口は広くてちょうどよい高さのシートなので乗り降りはしやすいです。

足元も広いので車内に乗り込んでからチャイルドシートなどお子様の乗せ降ろしもできるので便利です。子育て世代の方でも便利に使える実用性があります。

ムーヴの実用性に対する口コミ/評判の傾向

荷室がフラットではない

後席を倒してもラゲッジスペースがフラットにならず、荷物が傾いて不便だという意見がありました。

人によってはラゲッジスペースをフラットにする部品を作ってフラットにしている人もいました。

歴代より進化している

歴代のムーヴに比べ積載性が良くなっているという意見もあります。広さが向上しているということもありますが、縦開きになったことに使い勝手の良さを感じている人もいました。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

これまで横開き仕様だったムーヴも、現行モデルからは縦開きになっています。どちらの方が便利とは言い切れませんが、縦開き仕様を喜ぶ声は多いです。

積載性は良くなっているとは言われていますが、引っ越しなどで荷物を運ぶにはやはり不足なようです。こればかりは用途の問題ですね。

ムーヴの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

ムーヴの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

ムーヴの整備性

ムーヴは軽自動車ですが、これと言って特別な整備はありません。ウォッシャー液の補充など日常点検や定期的なエンジンオイルの交換で十分運用できます。

車体もとても軽いのでジャッキアップなどもしやすく、ご自身でタイヤ交換なども可能でしょう。

ただグレードやオプションによってはヘッドライトにはLEDを採用するなど、消耗品も減ってきておりユーザー自身が触れる部分は少なくなってきています。

ムーヴの故障のしやすさ

ムーヴはエンジンマウントの劣化が比較的早いです。そのため使用していくうちにエンジンの振動が大きくなる症状があります。

こちらは特に問題が起こるということはありませんが、不快な振動であることが多いのでマウントを交換することで解消できます。

その他には気候や状況によっては緊急ブレーキなどのセンサーやカメラ類が正常に作動しなくなるトラブルがあります。

大抵は原因がなくなれば問題なく動きますが、それでもだめな場合はディーラーで相談しましょう。

ムーヴの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

スマートアシストのトラブル

突然スマートアシストの警告灯が点灯し、エンジンの警告灯が点灯するトラブルが合ったとのことです。マフラーの熱による誤検知やカプラーの不良などいろいろな問題が起こっているようです。

アイドリングストップから再始動しない

アイドリングストップが作動したっきりエンジンが再始動しないというトラブルに見舞われた方がいました。

バッテリー交換をしても再び同様の現象が起こったとのことなので、なんらかの構造的な問題がありそうです。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

ムーヴのハンドルロックがかからないという現象が起こっているようです。運転には特に問題ありませんが、盗難防止にはちょっと不安があります。

ルームランプが片方しかつかないという現象が起こっています。暑さによって変形して接触不良でも起こっているのでしょうか。

ムーヴの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(3.0)

ムーヴの価格・値段

基準車

グレード価格
L111.2万円
L SAⅢ117.7万円
X120.9万円
XSAⅢ127.4万円
XリミテッドSAⅢ128.5万円
XターボSAⅢ135.0万円

ムーヴは走行に十分な装備だけのベースグレードが、117万円からあります。LとXは6万円ほどの差額でSAⅢという安全装備がついてきます。

それ以外はフル装備でついていますし、ターボモデルも135万円という価格で用意されており非常にお買い得です。

カスタム

グレード価格
X137.1万円
XリミテッドSAⅢ149.0万円
XリミテッドⅡSAⅢ149.0万円
RSハイパーSAⅢ162.5万円
RSハイパリミテッドSAⅢ162.5万円

ムーヴのカスタムグレードは137万円と基準車に比べちょっと高めの価格設定です。上級グレードになると162万とコンパクトカー並みの価格設定です。

歴代ムーヴの中古相場

ムーヴの歴史は24年間もの長い歴史があります。さまざまな車種がありますが、市場に多く出回っているものをここでは紹介していきます。

初代ムーヴは1995年に登場し24年以上経ちます。価格は非常に安くなっており、下は1万円からで高いものでも40万円ほどとなっています。相場は5万円から25万円ほどのものが多く出回っています。

2代目ムーヴは軽規格が変更された1998年に登場し、21年が経っています。こちらも価格は安く、安いものでは1円から高いものでも60万円ほどと非常に安くなっています。相場は1万から30万円の個体が多く取引されています。

3代目ムーヴは2002年に登場し、17年ほど経つモデルです。リアのナンバー位置が基準車とカスタムで位置が違うのは、このモデルから始まっています。下は1万円からで高いものでも70万円ほどとです。こちらは相場として5万から30万で取引されています。

4代目ムーヴは卵型のフォルムとなり2006年に発売されました。スタイリッシュなデザインと居住性を高めたボディが特徴的です。価格は下は約1万円から高いものでは95万円程となっています。流通量が多い価格は15万円から40万円ほどです。

5代目ムーヴの発売は2010年で、9年が経っています。このモデルは全車にCVTを採用し、アイドリングストップを強化したエンジンなど燃費性能が大きく向上したモデルです。価格は10万円から高いものでは140万円ほどと地味に高い値段設定です。相場は25万から100万円の個体が多く取引されています。

現行モデルは2014年に発売されました。発売から5年程度で中古車市場にも多く出回っており、下は約40万円から高いものは178万円ほどです。一般的な中古車から試乗車上がり、未使用車までさまざまな中古車から選ぶことができるでしょう。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くムーヴを購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ムーヴの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

価格は高いが妥当

軽自動車にしては非常に価格が高いが、車格感や安全装備を考えると妥当な金額設定だという意見がありました。

カスタムモデルを購入した人のほうが基準車を購入した人より、価格に対するの満足度は高いようです。

スライドドアがいらないならおすすめ

タントなどに比べて価格は安いので、スライドドアが必要ないのであればこちらがおすすめという意見がありました。

乗り心地などもハイトワゴンの方がバランスが良いので乗り心地もよく、コストパフォーマンスは高いでしょう。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

ムーヴカスタムを見積もりするとなんと176万円になったとのことです。クレジットの金利も入れると190万円ほどと、もはや軽自動車とは言い難い価格ですね。

販売サイドの意見でしょうか。ターボモデルのほうが価格はたしかに高いですが、快適性や走行性能などを考えると満足度が高いので、こちらのほうがコスパは良い印象があるようです。

ムーヴの維持費・税金の口コミ/評判

評価
[維持費・税金/value]

ムーヴの維持費・税金の特徴

車 維持費

ムーヴの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として12万円

ムーヴは軽自動車なので、自動車税、自賠責、重量税を計算すると、年間で26,635円が必ずかかる費用です。

税金以外でかかる費用にはガソリン代や高速代、整備費そして任意保険があります。これらを計算すると約202,840円ほどになります。先程の税金と合わせると年間の維持費は229,475円です。

ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。カスタムXは60回ローンで支払いをすると月々おおよそ30,000円です。

ですから維持費と合わせると月々が約49,200円で維持することが可能です。

ムーヴは軽自動車として平均的な車両価格と燃費性能なので、維持費は比較的安いです。サイズ感もちょうどよく使い勝手も良いので、コストパフォーマンスに非常に優れた車です。

ムーヴの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

とても扱いやすい維持費

ムーヴは燃費もよく税金も安いので学生から年金ぐらしのご高齢の方、セカンドカーとしても維持のしやすい車だという意見がありました。広さもちょうどよく運転もしやすいのでぴったりですね。

リセールバリューも良い

ムーヴは人気のある軽自動車なのでリセールバリューもよく、手放すときもお得だという意見がありました。

次々と乗り換えを考えている方にはリセールバリューのお得さも非常に重要なポイントですね。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

ムーヴは車内広々で運転もしやすく高速も走れる、そしてなにより維持費が安いのが良いですね。非常に優れたコストパフォーマンスです。

軽自動車はコンパクトカーと車体価格が変わらないと言われますが、結局維持費を考えると軽自動車のほうが安上がりです。維持費最優先の方はこれ以外ないのではないでしょうか。

ムーヴのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(4.0)

ムーヴのグレード・仕様の特徴

ムーヴ グレード

ムーヴは基準車とスポーツタイプのカスタムと2種類の外観があります。それぞれターボエンジンの仕様も選べますので選択肢が広いのも特徴です。

MEMO

ベースグレードはマニュアルエアコンやキーレスリモコンなどが標準で、快適装備を削って求めやすい価格にしたLグレードです。そこに安全装備であるSAⅢをつけたLSAⅢがあります。

その上級グレードがオートエアコンなどの快適装備を付けたXです。こちらにはSAⅢを付けたXSAⅢやターボエンジンを搭載したXターボSAⅢがあります。

スポーツタイプは最初からオートエアコンなど快適装備がついて、スポイラーでスポーティにしたXがベースです。

そこに安全装備や専用ホイールを装着したのがXリミテッドSAⅢです。さらにターボエンジンや専用内装で質感を向上させたRSハイパーリミテッドSAⅢがあります。

XリミテッドとRSリミテッドには値段が据え置きで、全方位カメラを装着したリミテッドⅡSAⅢという特別仕様車もエントリーされています。

4WDはすべてのグレードに設定があるので、自分好みの使いやすい仕様を選ぶことが可能です。

ムーヴのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

ムーヴの人気グレードはXSAⅢです。使い勝手がよく広い車体と安全装備などといった、ムーヴの魅力が十分に採用されつつも価格お手頃なのが人気の理由になっています。

次に人気なのがカスタムXリミテッドSAⅢです。スポーティなタイプを選ぶ人は、最初から十分な装備の付いているこちらを選ばれるようですね。

ムーヴユーザーの実際の口コミ

特別仕様車のXリミテッドSAⅢです。安全装備やバックカメラなどが標準でついていながらも非常にお手頃な価格で、人気のあるモデルですね

カスタムモデルには専用色のディープブルークリスタルマイカがあります。角ばったボディに光の反射などで非常に綺麗に見える、カスタムモデルを選ぶなら一度は気になるカラーです。

総評

ここでムーヴの総評をしていきます。

ムーヴの評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(5.0)
走行性能(走破性・安全性)
(4.0)
燃費
(3.0)
乗り心地
(4.0)
広さ・居住性
(4.0)
実用性
(4.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(3.0)
維持費・税金
(4.0)
グレード・仕様
(4.0)
総合評価
(4.0)

ムーヴは車内インテリアが良くできており、特にカスタムモデルの内装質感も高く非常に魅力のある車です。

その他にもエクステリアや使い勝手、車内空間の広さなども軽自動車の中では高い次元で作り込まれており、満足度は高いでしょう。

ポイント

ただ燃費性能はくせがあるのかなかなか伸びにくかったり、車自体のトラブルなどもよく聞かれるなど、維持していくにはちょっと不安な要素もあります。

ハイトワゴン系を狙っていて燃費性能の高さや、故障しないことが第一のユーザーにはあまりおすすめできません。

しかしダイハツらしい上質感の漂うインテリアが輝り、その他も非常によく作られているので、コストパフォーマンスの高い軽自動車を狙っている人には非常に良い車だと言えるでしょう。

なお同じムーヴの名のつくムーヴキャンバスについては以下の記事で取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ムーヴキャンバス 外装ムーヴキャンバスの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!ダイハツ ムーヴキャンバスムーヴキャンバスの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!