「車の納車待ちが長すぎて耐えられないんだけど、代車って貸してもらえないの?」

「何か月も車なしじゃ生活できないしなぁ。代車がないんだったら車買うのためらっちゃうよ」

車を買うときの納車待ち、長いですよね。

すぐに車が必要だから買おうとしてるのに、2ヶ月待ちといわれてしまったら、2ヶ月間どうしたらいいんでしょう?

代車を借りたいところですが、貸してくれる店と貸してくれない店があります。

そんな車購入時の代車について、貸してくれない場合はどうしたらいいのか、貸してくれる場合は保険はどうなっているのかもふくめて、わかりやすく解説します。

あわせて読みたい

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

納車待ちのあいだ、購入する店で代車は無料で貸してくれるのか?

納車をしているところ

代車は車購入にかならずついてくるサービスではないので、購入契約する前にあらかじめたのんでおく必要があります。まずは営業のひとに用意できるか聞いてみましょう。

それでは解説していきます。 

新車購入の場合、ディーラーで貸してくれることもある

ディーラーで新車を購入する場合、無料で代車を用意してくれることがあります。

ただしどこの店舗でもかならず用意してくれるわけではなく、期間も納車日までではありません。貸してくれたとしてもせいぜい2週間程度です。

新車は人気のある車種だと納車までに数か月かかることもあるので、代車をかえす時期になっても納車されないなら、このあと紹介する対処法でしのぐことになります。

中古車購入の場合、販売店で貸してくれることもある

中古車販売店やディーラーで中古車を購入する場合でも、無料で代車を用意してくれることがあります。

大手の販売店なら代車があることが多いですが、台数に限りがあるのでかならず貸してくれるとは限りません。また、期間も長くて2週間程度です。

中小規模の販売店だとなおさら代車の台数に限りがあるので、必要なときにつごうよく用意してもらえる可能性は大手より低くなります。

もし車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方も合わせて覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

代車を貸してもらえない場合の3つの対処法

代車のためのカーシェアリング

購入する店で代車を貸してもらえない場合や、貸してくれたけどかえす時期になっても納車されない場合は、以下の方法で納車までしのぎましょう。 

レンタカーを借りる

代車はないけど納車日まで車が必要、となれば、レンタカーを借りることになります。

ディーラーで車を購入する場合、たとえばトヨタやホンダ、日産はレンタカー事業もやっているので、希望すれば系列店からレンタカーを借りてきてくれます。

レンタカーの利用料金は、もちろん有料です。たとえばトヨタレンタカーでヴィッツやパッソといったいちばん安いコンパクトカーを借りると、 例えば以下の金額がかかります。

  • 1日(24時間)で7,020
  • 1ヶ月(30日)借りると、179,280
  • 2ヶ月(60日)借りると、357,480

借りつづけるとかなりの額になってしまいますが、どうしても必要なときは利用するといいでしょう。

カーシェアリングを利用する

「車はつかうけど、レンタカーを借りるほど毎日車が必要なわけではない」場合、カーシェアリングを利用しましょう。

カーシェアリングはネット予約だけで24時間いつでも車を借りられるサービスで、たとえば30分だけといった「分単位」の利用ができます。つかいかたの流れは以下のとおりです。

ネットで入会手続きして会員カードが送られてくる

乗りたいときにパソコンやスマホで車をネット予約

予約した時間に停めてあるところに車を取りに行く

会員カードでドアが開き、車内にあるカギでエンジンをかけ、ドライブスタート

用がすんだら停めてあった場所にかえす

終了(乗った時間分だけ後日精算)

料金ですが、タイムズカープラスという会社を例にあげると、月額料金1030+利用料金が15206円です。たとえば月10回、30分ずつ乗ったとしたら、1ヶ月で4,120円かかります(割引込み)。

公式HPではかんたんに料金シミュレーションできるので、参考にしてください。レンタカーとちがって短時間だけ車で出かけたいときに便利です。 

買取専門店に代車を用意してもらう

もし車購入と同時にいま持っている車を売るつもりなら、買取専門店に代車を用意してもらうこともできます。

 いま持っている車を査定に出すときに、「新しく車を買うので納車日まで代車がいるんです」というふうに、売却の条件として提示しましょう。業者によっては納車日までの期間、代車を貸してくれます。

たとえば新車の納車まで1ヶ月かかる場合、ディーラーの代車を2週間借りて、のこりの2週間だけ買取専門店の代車を借りる、というやりかたもできます。

あたりまえですが、売る車がなければこの方法はつかえません。

あわせて読みたい

借りる前に補償内容を要確認! 代車の保険について

保険の交渉をしている人

代車にはたいてい、対人・対物保険はかかっていますが、車両保険がかけられていません。なので、車両保険をかけたければ自分の加入している自動車保険をつかうことになります。

具体的に解説します。 

現在自分が入っている保険の「他車運転特約」をつかう

自分の入っている自動車保険のなかに、車両保険がついている場合。「他車運転特約」を契約していれば、代車で事故を起こしたとき、自分の車とおなじように車両保険がおります。

逆に、車両保険がついていても、他車運転特約を契約していなければ代車にはつかえません。代車を借りる前に自分の自動車保険に他車運転特約がふくまれているか、契約内容をよく確認してください。確認方法は以下の3つです。

  • 契約時にもらった保険証券を見る
  • 保険会社のHPで確認する
  • 保険会社に電話で問い合わせる

契約したときに保険証券を紙ではなくWebで確認する方式を選んでいる場合は、HPか電話で確認することになります。

自分が保険に入っていないなら、車両保険をつけてくれるようにたのんでみる

自分の入っている自動車保険のなかに、車両保険がついていない、もしくは自動車保険そのものに入っていない場合。車屋がその代車にかけている自動車保険に、一時的に車両保険をプラスしてもらえないか聞いてみましょう。

もしやってくれるとしたら、補償の範囲を広げることでお金が発生するので、そのぶんは自分で負担することになります。できませんと言われてしまったら、車両保険なしで代車に乗ることになります。 

ここまで書いてきましたが、代車を用意してくれないからダメな店、というわけではありません。おなじ店でもタイミングによって、用意できるときと用意できないときがあるんです。

この記事を読んだことで、納車待ちのあいだも車が途切れない手助けになれれば幸いです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。