スバル レヴォーグはスバルの大人気車レガシィツーリングワゴンの後継者として登場し、スタイルのよさや走行性能などが好評な車です。

そんなレヴォーグですが、実際のユーザーの方はいろいろと不満も感じているようです。

今回はレヴォーグの不満点についてご説明しましょう。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

レヴォーグの不満点

レヴォーグ サイド

レヴォーグユーザーの方々は車の評価をにTwitterに色々投稿されており、今回はその中から不満点をピックアップしてみました。

アイポイントがちょっと高め

この方の不満点はアイポイントの高さということで、レヴォーグのスポーティーな外観からしたら意外な点かもしれません。

ステーションワゴンはアイポイントの低いセダンをベースにワゴン化している車であり、便利でありながらセダンやクーペなどと同じ運転感覚なのが魅力です。

レヴォーグはレガシィ後継とはいえセダンモデルはなく、ステーションワゴン専用の車種として誕生しました。

そのためアイポイントは見切りや運転のしやすさを考えて高めに設定したのだと思いますが、低いアイポイントを期待していた人には不満に感じてしまう点でしょう。

重視するのが便利さかスポーティーさかは難しいところですが、レヴォーグは便利さを重視しているようです。

シートのランバーサポートが擦れる

こちらの方の不満はシートの擦れが目立ってきたことで、ランバーサポートという腰をサポートするシートの背もたれ部分のことです。

レヴォーグのシートは結構ホールド性の高い形状のシートになっており、運転席への乗り降りではランバーサポートは確かにこすれやすい場所ではあります。

しかしレヴォーグのシート、とくに本皮シートでは擦れのあとが割りと早い時期から目立ってくるようで、そのまま擦れが進行すると一部剥離することもあるようです。

この件は口コミなどでも何件も報告されており、レヴォーグのシートの泣き所となっています。

シートの補修には高額の修理費がかかってしまいますので、気になる方は別の生地を当てたりクッションを使ったりした方がよいでしょう。

CVTの違和感はスポーツリアトロニックのせい?

レヴォーグはトランスミッションが全車CVTとなっており使い勝手がよい車ですが、この方はCVTの変速フィールに不満があったようです。

これはスバルのCVTだけに搭載されているスポーツリニアトロニックというシステムの影響かも知れず、一般的なCVTに慣れた方には少々違和感があるかもしれません。

CVTは無段変速機という名前のとおり、変速の繋ぎ目のないスムーズな変速が特徴です。

それに対してスポーツリニアトロニックはマニュアルシフトの変速フィールをCVTで出そうと試みた意欲作で、MT車の持つスポーティな走行感覚を取り入れようとしたものです。

そのため機構はCVTであるものの、制御面であえて8段階に分けて変速させるようにしてあり、普通のCVTとは変速フィールが違います。

そのあたりがユーザーさんの違和感の原因となっているのでしょう。

ボディの組み合わせがズレている

こちらの方のレヴォーグはボディの組み合わせがあちこちずれており、いわゆる「パネルの合い」が悪い車が納車されたようです。

ボディパネル同士やバンパーなどとの合いは設計の段階ではぴったりあっているものの、部品自体のばらつきや組み立てのズレなどによってわずかにずれてしまうことがあります。

組み立ての段階でこういった部分にチェックが行き届いていれば修正されるのですが、スバルではあまり対策できていないようですね。

写真で見るとわずかなズレに思えますが、ユーザーさんからしてみれば完成度の低い車だとわかってしまう点で、一度気になるといつまでも気になってしまうものです。

完璧に修正するのもなかなか大変な部分なので、これは車やメーカーに対する大きな不満となるでしょう。

燃費があまり良くない

レヴォーグの不満点としてたくさんの人が挙げている点に燃費の悪さがあります。

レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継の中型のステーションワゴンです。

そこに組み合わされるエンジン2種類あり、1.6Lと2.0Lの水平対向エンジンが搭載されています。

車重が1.5tを超えていることもあり、燃費は次のとおり確かに低めにとどまっています。

エンジン カタログ燃費 平均実燃費
1.6ℓ DOHC
直噴ターボ“DIT”
16.0km/L 9km/L~13.0km/L
2.0ℓ DOHC
直噴ターボ“DIT”
13.2km/L 8km/L~11.0km/L

カタログ燃費が最近の車よりあまり延びていないのはレヴォーグの車重もありますが、ハイブリッドなどの低燃費技術が入っていないせいもあり、どうしてもレヴォーグの燃費に不満を持つ方が多いのもわかります。

デザインが良いだけに経済性が悪いのは残念ですよね。

ただ燃費を気にするより車購入時の値引き交渉を気にした方がいいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

レヴォーグはすこし窮屈

レガシィツーリングワゴンは車内の広さと使い勝手のよさが好評を博した車でしたが、それと比較してしまうとレヴォーグはどうしてもすこしせまい印象があるようです。

そもそもレヴォーグは代を重ねるごとに大型化するレガシィが日本に合わなくなってきた為に作られた車で、レガシィより多少小型化されています。

サイズ感は昔のレガシィに近くステーションワゴンとしての使い勝手は十分にあるのですが、それでスバル車としてはどうしてもレガシィツーリングワゴンと比較してしまい狭く感じてしまうでしょう。

レヴォーグは運転や取り回しはしやすくなっているはずなのですが、室内広さではレガシィより不満が出てしまうのはしかたないでしょう。

収納が少ない

レヴォーグの不満点で以外なのが、室内の収納が少なく不便というところです。

ステーションワゴンは利便性が高く収納も多いイメージがありますが、レヴォーグの運転席廻りの収納スペースは少な目で、他の車で使っていたのと同じ感じでは使えない部分があります。

センターコンソール廻りにはあまり大きい収納スペースはなく、小物入れぐらいだけです。

またドア下のサイドポケットも少々小さめであまり使い勝手はよくありません。あとドリンクホルダーが少ないのも不満なようですね。

レヴォーグはレガシィツーリングワゴンよりコンパクトになったのですが、その弊害がこういった部分に現れています。

アイサイトにもちょっとした不満あり

近年のスバル車にはアイサイトと呼ばれる衝突安全システム、および走行支援システムが標準装備されるようになり、レヴォーグにも全車標準装備となっています。

このアイサイトについてこの方はクルーズコントロールの自動追尾に制限があるのが不満だそうで、使うには慣れが必要とおっしゃっています。

最新の便利な機能ではありますが、まだまだすべての不満を解消してくれるというわけではないようです。

レヴォーグは買いか

レヴォーグには燃費を初めとしたさまざまな不満点があるのは確かですが、クルマの走行性能や利便性といった点では高いレベルにある車でもあります。

ステーションワゴンという便利な車ですし、エンジンも足回りもスポーツカー並みの完成度の高さを誇っています。

レヴォーグのこれらのメリットを見込んで買う人も多くその後に不満点に気づくこともあるのでしょうが、車としての満足度は決して低いものにはならないでしょう。

レヴォーグはスバル車としてはかなり完成度の高い車のひとつです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。