トヨタの販売する高級SUVのハリアー。

近年ひと回り小さくなって運転しやすくなったり、ハイブリッドやダウンサイジングターボなどさまざまな選択肢が増え、とても親しみやすい車になっています。

しかしハリアーに乗ってオラついている人が多いせいか、ハリアーといえばめんどくさい輩が乗っているということで、イメージが悪いということも根強くあるのも事実です。

ではハリアーはどのようなイメージなのでしょうか。さまざまな方面から解説していきます。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

ハリアーのコンセプト

トヨタ ハリアー

ハリアーは高級車と言われたり大衆車と言われたり、オラついた車だと言われるなど、見る人によってイメージが大きく異なる車です。

しかしメーカーにとっては、もととなるコンセプトやターゲットがいるはずです。

ではここではトヨタのハリアーに対する3つのコンセプトを解説していきます。

高級サルーンとSUVの融合

初代ハリアーは高級セダンとSUVの快適性を組み合わせた高級クロスオーバーSUVというコンセプトで販売されました。

現在でもトヨタのホームページにも書いてあるとおりで、高級・洗練・先進がこの車のモットーとなっています。

それまでは国内ではSUVといえばパジェロやランクルと言った、どちらかというと走破性を追求したアウトドアなイメージが強い車ばかりでしたが、ハリアーは街なかでのってもオシャレなSUVとしてこれまでの常識を打ち破った車です。

外装は都会的な洗練されたスタイルで、内装はマークⅡなどのような高級感を持っており、なおかつSUVのように乗りやすく使い勝手が良い。まさに高級サルーンとSUVのクロスオーバーを体現した車だったのです。

少し背伸びすると買える高級車

ハリアーは高級感があり、とてもおしゃれな車です。そのため非常に高価なイメージがありますが、実は約300万円で購入できるのです。

ハリアーは”少し頑張れば手に入る高級車”という立ち位置で売り出されているのもトヨタの売りです。

それは実際にターゲットにも現れていて、20~30代の独身若しくは30代のファッションにこだわる女性となっている。

20~30代では基本的に給料もそんなに高くなく、レクサスやクラウンのような高級車までは手が出ないけど、少し頑張ればハリアーなら手に入るという絶妙な立ち位置を作り出しています。

今ではトヨタの上位ブランドにレクサスが存在しているので高所得者はレクサスのRXへ、若年層へは高級車としてハリアーを提供するという風に、”いつかはクラウン”というトヨタの昔ながらの出世魚のような戦略を体現しています。

国内専用パッケージ

2代目まででハリアーは高級SUVとしてのブランドを確立し、レクサスモデルのRXへと昇格してしまいました。

高級SUVとして売り出したためセルシオなどと同じように消えてしまうかと思われましたがそこでトヨタは大きく方向転換し、ハリアーを日本専売のモデルへと消化させてしまいました。

一回りほど車体は小さくなり、狭い道路の多い日本の国内では非常に運転のしやすい車になりました。これにより運転が苦手な人や、女性も運転がしやすくなりトヨタのターゲットとも合致します。

トヨタは20~30代の男性だけでなくおしゃれな女性をターゲットに、ちょっと頑張れば手に入る運転のしやすい高級車としてハリアーを作り上げていることがわかります。

ハリアーのイメージはどうなのか

ハリアー 乗り降り

トヨタは若年層のオシャレなユーザーをターゲットに、ちょっと頑張れば手に入る高級車としてハリアーを開発したことがわかりました。

しかし世間的なイメージとトヨタの狙いは必ずしも合致するとは限りません。

ここではハリアーは一般的にどのようなイメージを持たれているかを解説していきます。

ちいさくなっても高級車

ハリアーはもともとは高級大型SUVとして発売されました。

ただ元祖ハリアーは今ではレクサスに移管されてしまったため、現在は日本未発売のRAV4をベースに新しいプラットフォームで開発されています。そのため車のランクがダウンしていると感じる人が多いのも事実です。

しかしハリアーブランドは根強く、高級なイメージが続いており今でも高級車として考えられています。

なにをもって高級なのかという話になってしまいますが、走行性能やパワートレインがとても平凡であっても、高級な雰囲気とスタイリッシュな外観と先進装備を持っているため、見た目や機能で十分な人は高級と感じていますし、走りで納得する人はそこをついて大衆車といいます。

どちらにせよ高級車というイメージがあるため批判もあるということですし、高級車というイメージはしっかりとついています。

ちょうどいいサイズ

日本専売モデルとしてサイズダウンされた今モデルは、大きすぎないボディとちょうどよい車高の高さにより、日本の国内では運転しやすくちょうどいいサイズの車というイメージがあります。

これもクラウンのように、欧米で販売するために開発された車を日本で持ってくるのではなく、日本で売るために専売モデルとして開発した功績です。

これにより運転しやすい車としてさらに日本人ユーザーに受け入れられています。

存在感がある

SUVはそのボディの大きさから存在感の強さがあげられます。

ハリアークラスになると車体の大きさもさることながら、スタイルやデザインも目を引きますし、さらにハリアーブランドも根強くありますので非常に目立つというか存在感があります。

意外と安い

トヨタの狙いどおりで、少し頑張れば手に入る高級車というイメージもあります。

エントリーグレードとなると300万円をきる価格で手にすることができるため若年層でも頑張れば購入できます。

ただそれだけでなく、ハイブリッドなど上級グレードは500万円近い価格であり高級車たる価格帯でもありますし、高所得者層のセカンドカーなどとして活躍しています。

上級グレードで高級車イメージをしっかり保ちながらも、エントリーモデルは価格が安く手に入れやすいというイメージもあるようです。

概ねメーカーが狙っていたイメージ通りに、ユーザーもハリアーに対して同様なイメージを持っているようです。

しかしこれは商売のうまいトヨタが、ハリアーの長い歴史とともにユーザーの声をフィードバックしながら開発し、ハリアーを作り上げてきたからこそ、こうやって受け入れやすい車に仕上がっているのだと言えます。

ハリアーのイメージは実際どうなのか

ハリアーの一般的なイメージを解説してきましたが、ここでは実際にユーザーがハリアーに対してどのようなイメージを持っているのか、ツイッターからピックアップしてご紹介していきます。

走りはやはりそこまで期待できませんが、エクステリアやインテリアの高級感は非常によくできており、乗り心地もよく、優越感に浸れるということでハリアーは所有欲を満たしてくれるようです。

やはり高級なイメージなようです。

実際にのせてもらった人も高級車だと感じるようです。さらに社外の専用ナビまで発売されているなど、アフターマーケットもハリアーの可能性を盛り上げています。

装備の充実だけでなく、シートの質感などからも高級感が感じられるそうです。乗り心地も抜群のようで、感動されています。

ハリアーは乗り心地もよく内装も上質なため、高級感があり所有欲も満たしてくれる、とても優秀な車だというイメージがあるようです。

ハリアーが人気があって街なかでよく見かけるのも頷けます。

ハリアーの乗ってる人のイメージ

ハリアーは高級感があり、所有欲を満たしてくれる車だというイメージが有りました。ではハリアーユーザーはどういうふうに見られているのでしょうか。

同様にツイッターからピックアップしていきます。

ハリアーユーザーに対して運転が荒い人が多く印象が悪いようです。ハリアーは先程の通り高級車イメージがあり、人目を引くので荒い運転をすると”あのハリアー運転マナー悪!”となります。

加えて人気があり、出回っている台数が非常に多いため、どんな車にもマナーが悪いユーザーが一定数いることを考えると、こればかりはどうしようもないかもしれません。

ハリアーユーザーに対して好感をもっているようです。ハリアーに乗っている=男前なのでしょうか?男前だからハリアーを選ぶのでしょうか?

そしてハリアーにのってる女性も魅力的に映るようです。これらはハリアー補正とでも言うべきでしょうか?

どちらにせよハリアーに乗ってる人はよかっこよく思われているようです。

というわけでまとめるとこういうことになります。一般的にはハリアーユーザーは魅力的に移る傾向がありますが、とても目立つ車ですのでユーザー次第でがっつり評判が落ちてしまいます。

やはりツイッター上でも良い印象よりも悪い印象のほうが多く見られました。

ハリアーの女性からのイメージ

ツイッター上ではどちらかというと運転が荒いハリアーユーザーが多いような印象が多くありつつも、やはりかっこいいと言う声もありました。

では女性でしぼってみるとどういった印象があるのでしょうか。

さすがに極端な感じはしますが、女性からはこういった意見もあるようです。なかなか女性と縁のない殿方、ハリアーなどいかがでしょうか?

ただし、ハリアーから降りた後はどうなるかわかりません。

名だたる外車を抑えて女性に人気のあるハリアー。ただ車に興味のない女性という部分もありますのでご注意を。

ここまで悪い印象が一切ありません。しかものってるだけで3割増しにみられるとか、恐ろしいモテ車ですね

もはや国内最強のモテ車として認定されても良いのではないでしょうか。基本女性陣から悪い印象はなく、むしろ3割増しに見られるようです。

ハリアーは最強のデートカー

ハリアーは高級車というイメージが強くありますが、意外とお手頃な値段から手にすることのできる車です。

それに車両のサイズも必要十分な大きさで運転もしやすく、SUVなので走破性も期待できるため使い勝手も非常に良いです。

そして女性からの受けが非常に良いのも特徴的です。ハリアーというだけで魅力的に写ってくれるそうですので、デートカーとして非常に有能です。

ただし、調子に乗って荒い運転していると悪目立ちしやすく、ハリアーユーザーの印象が悪くなってしまいますので節度を持った運転をしましょう。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

田中慎二
田中慎二
小さい頃に初めて買ったスカイラインGT-Rのラジコンでスカイラインに一目惚れ。その影響から某自動車ディーラーに営業職で就職し、新人賞や2級販売士資格などを獲得するまでに成長。車の知識では社内では一目置かれる存在だった。現在の愛車は電気自動車の日産リーフ。