トヨタが販売する主力車種である中型ミニバン3兄弟。

その中で高級部門を担当しているのがエスクァイアです。

高級感のあるエクステリアとインテリアが特徴のエスクァイアは、ノア・ヴォクシーより上級で3ナンバーの車のようなイメージがあります。

しかし実際には街なかを走っているエスクァイアは5ナンバーの車を多く見ます。

そのなかに稀に3ナンバーのエスクァイアがいたりします。

5ナンバーと3ナンバーのエスクワイアは一体何が違うのでしょうか。

それはエスクァイアの構造と持ち主の3ナンバーへのこだわりがちがったのです。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

エスクァイアは3ナンバーか5ナンバーのどちらか

トヨタ エクステリア

エスクァイアはその上級なイメージから3ナンバーではないのかと思われがちですが、結論からお話するとエスクァイアは5ナンバーの車なのです。

これは5ナンバーサイズである以下の2つの条件を満たしているからなのです。

車両のサイズが5ナンバー枠で収まっている

エスクァイアを始め、同サイズのノア・ヴォクシーの一般グレードは基本的には5ナンバーサイズで収まっています。

5ナンバーのサイズとは小型自動車枠であり、車幅1700mm以下、全長4700mm以下、全高2000mm以下という基準があります。

それらをひとつでも超えると3ナンバーとなり普通乗用車ということになります。

近年はやっている小型SUVのCH-Rなどは、コンパクトなサイズに見えますが全幅が1795mmと5ナンバー枠の1700mmを大きく超えているため3ナンバーなのです。

ちなみにエスクァイアは小型ミニバンという性質上、車内が大きく広いのを売りにするために全幅1695mm、全高1825mm、全長4695mmとなっており、小型車の枠のなかで、精一杯広げたサイズとなっています。

排気量が2000cc以下

実は排気量にも決まりがあります。小型車である5ナンバーの排気量は、ガソリン車の場合2000cc以下でなくてはなりません。

エスクァイアのガソリン車は1986ccと小型車枠の限界まで排気量があり、ハイブリッドは1797ccとちょっと抑えめになっています。そのため5ナンバーに収まる仕様になっています。

そのためちょっと特殊な例えですが、日産のNV350キャラバンワゴンは全幅1695mm、全長4695、全高1990mmという小型車枠に入りますが、排気量が2488ccのガソリン車のため3ナンバーの車となります。

ちなみにディーゼル車の場合は、この排気量制限はありません。

つまりナンバーの違いは高級感や走行性能と言った分類ではなく、サイズや排気量で決まっていたのです。

上記2つの条件で小型枠に収まっているためエスクァイアは5ナンバーの車種となります。

エスクァイアの3ナンバーが作られない理由

兄弟車のノア・ヴォクシーはエスクァイアとまったく同じサイズのミニバンなのに3ナンバーのグレードがあります。

なぜエスクァイアにはそのような設定はないのでしょうか?

そこにはトヨタのイメージ戦略と、併売車種との差別化、販売戦略がありました。

もともとの5ナンバーで高級感を出す

トヨタのミニバン3兄弟は基本設計が5ナンバーの車です。しかしノア・ヴォクシーはけっこう息の長い車種で、幅広い年齢層から支持のある車です。

そのため、落ち着いたスタイルから迫力のあるエアロスタイルまで幅広い人気があり、3ナンバーのミニバンというイメージをもつひとも多いと思います。

そんななかエスクァイアは比較的最近発売された車種です。メーカーとしては、もともとの5ナンバーのサイズで落ち着いた高級感のあるミニバンを作りたいというトヨタ独自の考えがあったのです。

そのためにもエスクァイアは5ナンバーの高級ミニバンというイメージを作らなくてはいけませんでした。

しかしエアロパーツをつけることで、どうしても迫力という面が出てしまい、高級で落ち着いた雰囲気が少なからずなくなってしまいます。

もちろん迫力が悪いわけではなく、エアロが欲しかったり他のエスクァイアユーザーと差別化したい場合は専用のスポイラーが設定されているため、それをつけることで自分好みの車に仕上げることができるようになっています。

販売会社の他車の存在

トヨタ アイシス

エスクァイアが販売されているトヨタのチャンネルにはトヨタ・トヨペット店があります。

そこには現在すでに廃盤となっているアイシスという車高の低いミニバンがありました。アイシスは当時すでにモデル末期であったためにトヨタはアイシスユーザーの代替需要をエスクァイアに取り込もうとしていました。

そのためにはアイシスユーザーにとって3ナンバーサイズの車は、大きく乗りにくいというイメージが多く有るため、エスクァイアに3ナンバーのイメージを付けてしまうと代替需要を呼び込むのが難しくなります。そのため5ナンバー仕様で売り出したのです。

その他にもエスティマユーザーからのダウンサイジングの代替えにも対応するためにも5ナンバーというイメージは必須であったと思われます。

上級車との差別化

トヨタ アルファード

昔は3ナンバーの車には高級車が多かったり税金が高いなど、高級なイメージがありました。

それが税制が変わりコンパクトな3ナンバーの車種が増えた現在でも、そういうイメージをもっている人が多くいます。

エスクァイアの販売会社にはエスクァイアの上級ミニバンであるアルファードがあります。

エスクァイアが3ナンバーなってしまうことで、3ナンバー=上級車と思っている人たちのアルファードのイメージが下がってしまいます。

それを避けるためにも明確な差別化をつけるために、小型で5ナンバーのエスクァイアと上級で3ナンバーのアルファードという売り分けをしているのではないかとわたしは考えています。

しっかりとイメージを作り上げて販売戦略を展開していくところが、さすがは販売のトヨタと言えるところでしょう。

今後の展開

ノア・ヴォクシーは販売車種の中にエアロタイプがついた3ナンバーのグレードがあります。

これらも最初のうちは通常グレードにスポイラーを後付する仕組みから始まり、結果的に通常販売のラインナップに加わりました。

そのため今後の販売の展開次第では、それと同様にエアロタイプの3ナンバーの迫力のあるエスクァイアが販売される可能性はあります。

もしエスクァイアの購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。
あわせて読みたい

3ナンバーとの違い

ここまでエスクァイアは5ナンバーの車だという説明をしてきました。

しかし街なかを見てみると稀に3ナンバーのエスクァイアが走っていたりします。なにがちがうのでしょうか?

実はエスクァイアは新車登録時に3ナンバー登録することも可能なのです。

ノア・ヴォクシーとの違い

Kouichirou_Tさん(@juma_usa)がシェアした投稿 -

新車を陸運局に登録するときにはメーカーから出ている書類を元にナンバー登録を行い、車の持ち込みを免除されています。

ノア・ヴォクシーのエアロタイプはメーカー出荷時からエアロスタイルで配車されているので、そのサイズでナンバー登録が行われます。

その場合書類上もエアロの分サイズが大きくなり全長が4715mm、全幅が1730となるため3ナンバー登録になります。

しかし5ナンバーサイズのモデルしかないエスクァイアはエアロパーツをつけたとしても、書類上は5ナンバーで登録してからエアロの取り付けになるためサイズ変更をなさない限りそのままでいきます。

そのため、中古車を買う場合などエアロパーツがついているエスクァイアを購入した場合は登録の際に陸運局に持ち込みとなり3ナンバーへの変更が必要になる場合があります。

持ち込み登録

先程持ち込みした場合3ナンバーになるとの話しをしましたが、エスクァイアはエアロパーツをつけてからナンバーの登録をすると実は3ナンバーサイズになってしまいます。

一般的な車の場合、オーバーフェンダーなど片側10mmまでの追加は見逃してもらえます。

しかしエスクァイアのエアロは、サイドスカートの装着により両端で30mmほど出てしまう大きさであり、その他にもフロントスポイラーなども5ナンバーギリギリで設計されているため、装着すると5ナンバーサイズをオーバーしてしまいます。

持ち込み登録をした場合はほぼ、3ナンバーに構造変更という形になります。

それを利用して3ナンバーにこだわっているエスクァイアユーザーは、新車発注の際にフルエアロを装着し、持ち込み登録を頼むことによって3ナンバーのエスクァイアを作っているわけです。

車検時の問題

ここで一つの問題があります。それに気づいた方は車に詳しい方だと思います。

持ち込み登録で構造変更が可能だということをご説明しましたが、ということは5ナンバー登録の状態でエアロを付けて行動を走行した場合、違法改造になってしまうのではないでしょうか?

これはかなり黒に近いグレーです。こればかりは試してみないとわかりませんが、基本的にはエスクァイアはエアロが付いた時点で5ナンバーサイズをオーバーしてしまうため、構造変更が必要になる場合が多いです。

エスクァイアはエアロを付けることで5ナンバー枠を超えてしまうため、その状態で陸運局への持ち込み登録を行うことで3ナンバーにすることができたのです。

これがエスクァイアの3ナンバーと5ナンバーとの違いでした。

3ナンバー登録による問題

自動車保険

3ナンバー5ナンバーの違いはわかりましたが、実は3ナンバーにするには2つの問題点があります。

それは大切な自動車保険と購入時の費用でした。

任意保険上の問題

自動車の任意保険は事故が起こった場合に賠償をしてくれる保険です。その仕組み上構造変更されている車はどうしても改造車とみなされやすく、通常通りの保険に加入させてくれない場合があります。

エスクァイアもエアロの装着によって構造変更がなされた場合、改造車とみなされてしまい任意保険の加入が難しくなる事例が実際に出ています。

もし3ナンバーのエスクァイアにしたいと思っている場合は、保険会社にも相談の上構造変更をなされたほうが良いでしょう。

別途持ち込み費用がかかることも

新車登録をする際にはディーラーは書類だけでナンバー登録をすることが可能だというお話をしました。

しかし3ナンバー登録をする際には陸運局に持ち込んで登録する必要があるため、ディーラーによっては別途費用がかかってくる可能性があります。

エスクァイアを3ナンバー登録したい方は、商談の際にしっかり確認しておく必要があります。

3ナンバーのエスクァイアは高級感にこだわりのある証拠

エスクァイアは基本的には小型サイズの高級5ナンバーミニバンです。

しかし新車時にエアロを付けて持ち込み登録をすることで3ナンバーのミニバンにすることができます。

3ナンバーにすることで特別感を出すこともできますし、自分の満足感を満たすこともできるでしょう。

その際には事前に任意保険や登録費用など、しっかりと確認しておいてください。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。