1分で車を60万円値引きする裏技

デイズの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

スタイリッシュなボディと優れた安全装備で人気のある日産デイズ。

燃費不正問題もありましたが、軽自動車のなかでも上質なインテリアや優れた価格設定で人気を盛り返しています。

そんなデイズですが、実際の評判はどうでしょうか。ここではデイズの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

デイズの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(4.0)

デイズの外装(エクステリア)の特徴

デイズ 外装

デイズのエクステリアは居住性の高さが外観からも見て取れる大きなキャビンを、サイドに刻まれたプレスラインがスタイリッシュに見せているのが特徴です。

ポイント

ボディスタイルはハイトワゴンらしく広々としたキャビンと小さなボンネットで軽自動車のスタンダードと言ったスタイルです。

Cピラーで跳ね上がるようなベルトラインで躍動感を出し、ボディサイドの特徴的なプレスラインで、ボディの張り出し部分を下に持ってくることで重心を下げたデザインにし、躍動感を感じさせるスポーティなスタイリングで車らしいデザインです。

リアデザインもテールランプでギュッと締められてくびれがあるデザインで、スタイリッシュです。

基準車のフロントマスクは、グリルを中心に丸みを帯びたヘッドライトが左右に広がるようなデザインで、柔らかさのある日産車らしいデザインです。

ハイウェイスターは同社のエルグランドやセレナなどに見られるようなデザインで、太めの横格子状のメッキグリルを大々的に作り込み、ヘッドライトもグリルの一部であるかのようなデザインになっていて迫力があります。

エルグランド 外装エルグランドの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!セレナ 外装セレナ(e-power)の口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

アンダーグリルは両車両ともフォグランプガーニッシュが左右に広がっていて重心感のあるデザインですが、ハイウェイスターは角ばったデザインで張り出し感があります。

ルーフスポイラーやサイドスカートなどで両者ともしっかりキャラクター付がされており、同じ車でも違う雰囲気が感じられる様になっています。

デイズの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

セレナを小さくしたようなデザイン

普通車のセレナをそのまま軽自動車にしたようなデザインで、高級感が感じられると言う意見がありました。外観デザインに関しては概ね好評な意見が多いです。

やんちゃすぎなくて良い

ギラギラしたやんちゃなデザインの軽自動車が多い中、ちょうどよい感じでかっこ良いという意見がありました。やりすぎ感のないスポーティさを感じられるデザインで良いとのことです。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位アッシュブラウン
2位ホワイトパール
3位スパークリングレッド
4位スターリングシルバー
5位ブラック

デイズの人気カラーは上記のようになっています。

スタイリッシュさや高級感を感じさせるボディは、アッシュブラウンやスパークリングレッドなどといったお洒落なカラーが似合うからか、人気の上位に入っています。車体を大きく見せるホワイトパールも人気です。

シルバーやブラックもランキングに入っていますが珍しく下の方で、デイズのカラー人気が伺えます。

デイズユーザーの実際の口コミ

デイズは後期型になってヘッドライト下のデイライトやリアのLEDランプなど、さまざまな部分が進化しています。ハイビームアシストなど機能面でも大きく進化しています。

OEMであるEKワゴンとの違いは見た目がメインですが、日産エンブレムが付いているか三菱エンブレムが付いているかを気にする人もいます。

デイズの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

デイズの内装(インテリア)の特徴

デイズ インテリア

デイズのインテリアは複雑さのないシンプルな造形で、柔らかい雰囲気の印象をしています。

センターパネルを中心にシンメトリカルにまとめられており、複雑なディテールはなく曲面でシンプルにつくられた機能的なデザインです。そのセンターパネルはピアノブラックやシルバー加飾で存在感を放っており、大型液晶で状態がわかりやすいタッチパネル式のエアコンパネルです。

軽自動車とは一線を画する質感のインパネやシートの質感など、コンパクトカーにも負けないおしゃれな質感をしています。ソフトパッドなどは使われていませんが、実用的でおしゃれなインテリアです。

車内レイアウトはパネルシフトなのでレバーが邪魔でエアコン操作がしにくく、タッチパネル式なので賛否が分かれそうです。

それ以外はそれぞれが独立していて邪魔することもないので操作しやすく、ナビパネルやメーターも見やすくなっておりドライバーにしっかり配慮しています。

デイズの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

全体的に質感は高い

エアコンパネルタッチパネル式であったり、パネルの質感が高いなど軽自動車としては質感が高いという意見があります。競合他社よりもよくできており、高級感を感じるという意見があるくらいです。

収納が少ない

大きなセンターパネルなど意外と邪魔で、収納が少なくケータイなどが置けないという意見がありました。

後期モデルからはセンターパネル下に小さな収納ができたので底に入れることができそうです。

デイズユーザーの実際の口コミ

他車のコンパクトミニバンの内装よりも質感が高い印象をもつほど、デイズのインテリアは評価が高いようです。ただそれ以外で不満が多いようですね。

インテリアの質感は非常に良くできており、キューブぐらいの車格があるように感じられるとのことです。軽自動車の進化はすごいですね。

MEMO

もしデイズを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

デイズの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(2.0)

デイズの走行性能(走破性・安全性)の特徴

デイズ サイド

自然吸気(NA)エンジンとターボエンジン

デイズにはNAエンジンとターボエンジンと2つのパワートレインがあります。

レクサス エンジンNAエンジン(自然吸気エンジン)とは?メリット5つ!音が最強の魅力?!ゴルフ ターボエンジンターボエンジンとは?仕組み/構造は?メリット2つとデメリット4つ!

NAエンジンはまさにパワー不足です。CVTによる効率の良い走りをしても全く追いつかない加速フィーリングです。

最近の車にしては珍しいスクエアストロークのエンジンは、低回転でのトルクがとても細いので、軽いアクセルワークだと全く進まないのではないかと思うくらいです。

本命はターボエンジンです。本来ターボエンジンとして作られているエンジンなので、こちらはしっかりした走行性能です。ただCVTの制御が甘いのかギクシャクした感じがあり、乗り心地はよくありません。

悪路走破性

デイズの4WDにはビスカスカップリングを使ったスタンバイ式の4WDが採用されています。

雪道などで前輪スリップを感知すると、後輪へ駆動をかける方式なので人によっては若干のタイムラグを感じたりするでしょう。ただ平常時には負荷が少なく、燃費への影響が少ないのも特徴です。

最低地上高は4WDで150mmと一般的な乗用車程度の高さをしているので、日常的に使っている分には十分な走破性が期待できます。

先進安全装備

デイズは近年の仕様向上で登録車と同じタイプのエマージェンシーブレーキが採用されました。

単眼カメラで前方の状況を確認し、車両や歩行者そしてや車線などを認識して状況に合わせて警報をならし、危険な場合にはブレーキ操作で運転に介入し安全を確保します。

ただカーテンエアバッグなど搭乗者保護装置はついておらず、安全性は不安な部分があります。

デイズの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

最悪な走り

デイズの加速性能に関して良い意見はほとんどありません。エンジン回転ばかり上がって前に進まない、エアコンを入れると走らない、出足が悪く右折が怖いなど散々な言われようです。

ターボモデルでも遅い

なかにはターボモデルでも走りが鈍いという意見もありました。CVT制御の悪さもあると思いますので、確実に試乗して納得してから購入することが必須でしょう。

デイズユーザーの実際の口コミ

アクセルを踏んでも音だけで全く加速しないとのことです。安全運転にはちょうどよいかもしれませんが、それでイライラして事故しては元も子もないですね。

加速が非常に悪いデイズですが、スピードにのってしまえばとりあえず問題はないようです。出足の悪さだけが問題のようですね。

デイズの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(2.0)

デイズの燃費の特徴

デイズは燃費不正で一度問題になっており、以前の数値よりカタログ値は落ちています。カタログ値はNAモデルであれば25.8km/L、ターボモデルでは23.2km/Lとなっています。

アイドリングストップやバッテリーアシストなど様々な部分で燃費改善機構を取り入れていますが、他車と比較してしまうと2世代ほど古いのではないかと思わせる数値です。

デイズの燃費に対する口コミ/評判の傾向

ではデイズのユーザー燃費を見ていきます。

NAモデルは15~18km/L、ターボモデルでは14~18km/Lで、両モデルともにカタログ燃費を6割程度しか達成しておらず、ガソリン車としてはまずまずな燃費性能です。

ゆっくり発進しないと燃費が落ちる

デイズは街乗りではゆっくり発進しないと燃費が非常に悪くなるという意見があります。同じ走り方をしても確実に他社のほうが燃費良く走るので、とても不満だとのことです。

デイズユーザーの実際の口コミ

外観やカラーがお気に入りとのことですが、燃費の数値は13km/L程度と悪いようです。せめて燃費か走行性能かどちらかがほしいですね。

燃費は悪いかとおもいきや28km/Lとハイブリッド並みの数値を出している人もいます。走り方や走る場所次第ではここまで燃費が変わってくるようです。

なおデイズの燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

日産 デイズデイズの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

デイズの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(4.0)

デイズの乗り心地の特徴

デイズは車内が広くガラス面も広いので視界は悪くありません。小柄なサイズですし取り回しはしやすいです。

ドライビングポジションは太めのセンターコンソールのせいで左足が狭いですが、ベンチシートながら座面が大きく、ホールド感があるなど疲れにくく工夫されています。

足回りは軽自動車にしては突き上げなどが少なくて良くできています。ハンドリングも軽く、乗り心地は良い方でしょう。

静粛性に関しても優秀です。軽自動車なりのうるささはありますが、しっかり対策された静粛性が感じられます。

デイズの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

シートが良い

シートの硬さがちょうどよく質感も良いので、軽自動車にしては座り心地が良いという意見がありました。

なかにはランバーサポートが体に合わないという人もいたので、気に入った座り心地かどうか見極める必要はあります。

静粛性が良い

意外と静粛性がよく驚いたという意見がありました。どうやらハイギアに入りやすい設定なので回転数が比較的早めに抑えられるので、静かなのではないかと言われています。

デイズユーザーの実際の口コミ

デイズは乗り心地には一定の評価があります。外観と乗り心地に惚れたのであれば、デイズはありな車です。

試乗体験でデイスの乗り心地や静粛性を体感されたそうです。好きな車がもてるとしたらデイズがほしいと言えるほど、乗り心地は満足されたようですね。

デイズの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(3.0)

デイズの広さ・居住性の特徴

デイズ シート

クラス以上の広さの車内空間

デイズの車内空間は軽ハイトワゴンらしい広々とした空間をしています。4人乗車の車内ですが全員が広々と乗れる広さです。

ただデイズはエンジンの設計上センターコンソールに大きな出っ張りがあるため、前席の足元が若干窮屈です。

後席は邪魔なものもほとんどなくて天井も高いので、170cmほどの身長の人でも余裕で足が組める広さですし頭上空間もたっぷりあります。乗員全員が快適に乗ることができる居住性です。

シートを倒せば車中泊ができる

デイズは軽自動車ですが、シートアレンジ次第で車中泊ができます。

後部座席を倒すことで1,250mmの室内長を確保することができ、前席との隙間を板などで埋めることで1,550mm程度の奥行きが確保できます。

小柄な人ならなんとかなるかもしれませんが身長がある程度ある人は難しいです。あとは前席をかがませて少しでも空間を確保するか、丸まって寝る以外に方法はないでしょう。車中泊をするならこれが限界です。

デイズの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

後席座り心地は抜群

後部座席は足元が広くて170cmの人でも足が組めるほどの広さがあり、シートの質感が良いので座り心地は抜群だという意見がありました。デイズの売りの一つがこの居住性ですね。

限界に挑戦する車中泊

どうがんばっても十分な広さが確保できないので、ある程度妥協して車中泊をする必要があるとのことです。

前席をリクライニングさせて後席とつなげたり、後席を倒すシートアレンジなど様々な状態を試して限界に挑戦です。

デイズユーザーの実際の口コミ

デイズを初めてみた人はその広さに感動したようです。スタイリッシュなボディながら意外と広さがあるのが良いですね。

デイズの広くて使いやすい車内を余すことなく説明してくれています。実は収納や乗り心地など、これほどこだわりが感じられるのです。

デイズでの車中泊に挑戦しています。こちらのかたは前席をリクライニングさせて後席とつなげることで、車中泊の空間を確保しています。

デイズの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(3.0)

デイズの実用性の特徴

デイズ ラゲッジ

デイズのラゲッジスペースは見た目通り狭いです。通常の状態では250mm程度の荷室長しかありません。

しかし後席のスライド機構をつかえば最大で400mmを超える荷室長があるので、旅行の際にはスーツケース2つ分程は乗せられます。

後席を倒せば荷室長は1,250mmと非常に広く、高さも十分にありますので積載性は抜群です。ゴルフバッグ程度の大きさのものなら、のせることもできます。

乗り降りに関してもドアの間口は広く、ちょうどよいシートの高さなので乗り降りはしやすいです。

もちろんチャイルドシートなどお子様の乗せ降ろしもラクにできますし、子育て世代の方にも便利に使える実用性があります。

デイズの実用性に対する口コミ/評判の傾向

2名乗車なら後席を倒す

荷室はそんなに広くないので、2名乗車で荷物を乗せるときはほとんど後席を倒すという意見がありました。通常の状態では積載性は良くないという認識が多いです。

意外と自転車が乗せられる

積載性の高さは感じられませんが、実は自転車をそのまま乗せることができるという意見がありました。

実はOEM車であるEKワゴンではカタログでは自転車が乗せられると謳っているそうなので、デイズでも可能なようです。

デイズユーザーの実際の口コミ

デイズは荷室がほぼありませんが、その分後席の空間はとても広くて街乗りに最適だとのことです。

デイズはシートスライドで荷室の床が広がるようになっており、ちゃんと荷室を作り出すこともできるので、実は使い勝手が良いのです。

他メーカーでは途切れてしまったり、くぼんでいたりと使い勝手は良くないようです。

デイズの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(2.0)

デイズの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

デイズの整備性

デイズはこれと言って特別な整備はありません。定期的にエンジンオイルの交換やウォッシャー液の交換といった日常整備で十分です。車体も軽いのでジャッキアップもしやすく、ユーザーでの整備も意外としやすいでしょう。

ターボモデルを選んだ場合はオイル交換を怠るとタービンの焼付きなどが起こりやすいので、オイル交換はシビアに行ったほうが良いです。

オイル交換ターボ車のエンジンオイルの交換時期は?おすすめのオイルはこれ!

デイズの故障のしやすさ

デイズはエンジンの特性なのか、ちょい乗りが多い環境ではプラグかぶりが起こってしまいエンジンがかからなくなってしまう現象があります。

その他にも多くのリコールが発生していますので、中古車での購入を検討されている方はリコールが施工されているかしっかり確認しましょう。

その他には気候や状況によりチェックランプが点灯し、緊急ブレーキなどのセンサーやカメラ類が正常に作動しなくなるトラブルがあります。

大抵は車体が温まったり原因がなくなれば問題なく動きますが、よくわからない場合はディーラーで相談しましょう。

デイズの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

ドアミラーがグラグラする

ドアミラーがグラグラするようになったり、開閉が行われなくなったりとドラミラーに関するトラブルが聞かれます。キーロックのたびに動く仕組みのためか、故障しやすいようです。

後期型は安心

前期型はトラブルやリコールなどが頻繁に聞かれるが、後期型であればトラブルが少なく安心だという意見がありました。

前期型であらかたトラブルは解消しきっているようで、後期モデルならば安心して購入できるでしょう。

デイズユーザーの実際の口コミ

最近の車はいろいろな機能があります。アイドリングストップなども、説明を受けなければ突然エンジンが止まるという故障のように勘違いしてしまうかもしれませんね。

デイズはリコールの届け出が比較的多い車です。面倒ですが早めに施工しないと、それに起因するトラブルが発生する場合がありますので、余計にめんどくさくなります。

デイズの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(3.0)

デイズの価格・値段

グレード価格
J115.7万円
S131.8万円
X130.6万円
ハイウェイスターX144.2万円
ハイウェイスターG150.9万円
ハイウェイスターGターボ152.0万円

デイズはベースグレードが115万円からとなっています。デイズの価格で特徴的なのは、ターボモデルがNAに比べて1万円ほどの差額で選べるという点です。

上級グレードのハイウェイスターGを購入する場合は、ターボモデルを購入するほうが満足度は高いです。

ちなみにSグレードがXより高い価格になっているのは、Sは4WD設定のみとなっているためです。

デイズの中古相場

デイズは2013年に発売されてから6年ほど経っています。乗り換えの増える二回目の車検を終えてちょうど変え頃の車なので、市場にある台数も多くて価格も手頃です。

下は約18万円から高いものとなると160万円程になります。流通量が多いのは50万円から140万円となっています。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くデイズを購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

デイズの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

価格は高め

他車の軽自動車に比べてちょっと値段が高めという印象があるようです。内外装が質感が多少高いのがそこで相殺されているという印象。

リセールは絶望的

燃費偽装などの問題もあり、リセールバリューは非常に悪いという意見がありました。購入価格は高くてリセールバリューが悪いとなると、なかなか購入の対象にはなりにくいですね。

デイズユーザーの実際の口コミ

今の軽自動車は広さや機能などさまざまな点で良くなっていますが、その分車両価格も上がっています。もはや軽自動車じゃなくてもよいのではないかと思えるほどの車両価格です。

デイズは一昔前の普通車並みの価格と装備をしているという印象があるようです。軽自動車らしい割安感はないということですかね。

デイズの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(3.0)

デイズの維持費・税金の特徴

車 維持費

デイズの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として12万円

デイズは軽自動車なので、自動車税、自賠責、重量税を計算すると、年間で26,635円が必ずかかる費用です。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険です。これらを計算すると207,74000円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は234,375円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。ハイウェイスターXは60回ローンで支払いをすると月々おおよそ32,000円となります。

ですから維持費と合わせると月々が約51,500円で維持することが可能です。

車両価格と燃費の悪さから若干維持費は高い傾向があります。しかし軽自動車らしく税金は安いですし、上質な質感と使い勝手も良さでいい車です。

デイズの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

維持費は安い

本当は普通車が欲しかったけど、維持費が安くてスタイルの良いデイズにしたという意見がありました。

デイズならデザインに妥協せずに維持費の安い軽自動車に乗れる、最適な軽自動車かもしれません。

燃料代が気になる

他のメーカーの軽四に比べて燃費が悪いので、燃料代が気になるという意見があります。買い替えしても燃費がほとんど変わらないので、残念だったという意見もありました。

デイズユーザーの実際の口コミ

普通車からデイズに乗り換えて、車にかかる維持費を抑えることにしたようです。ローンの返済はありますが将来的には、維持費は安くなるようです。

車両価格や燃料代などを顧慮すると、1.0Lから1.3L程度の普通車と維持費はそんなに変わらないという意見もあります。

最近は軽自動車より燃費の良い普通車が多いので、維持費はそんなに変わらないという意見もあるようです。

デイズのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

デイズのグレード・仕様の特徴

デイズ グレード

デイズは基準車とスポーツグレードの2つの仕様があります。スポーツグレードであればターボエンジンを選択することも可能です。

MEMO

ベースグレードのJは緊急ブレーキなどの安全装備が採用されており、必要十分な装備を乗せたグレードです。

量販モデルのXはアイドリングストップやスマートキー、内装の質感の向上など乗用として必要十分な装備を整えているグレードです。

ハイウェイスターXは安全装備も質感も十分にあり、価格も抑えられており一番バランスが取れたモデルです。

その上にハイウェイスターGという15インチホイールや6スピーカーを装着した上級モデルがあります。

そしてハイウェイスターGに1万円のプラスで、ターボエンジンとクルーズコントロールがついてきます。

4WDはすべてのグレードに設定があるので、自分好みの使いやすい仕様を選ぶことが可能です。

デイズのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

デイズの人気グレードはハイウェイスターXです。スポーティなデイズの魅力が感じられる仕様ながらも価格も適正なのが人気の理由のようです。

次に人気なのが基準車Xです。こちらはデイズらしい魅力と装備がお手頃な価格で手に入るということで非常に売りやすく、買い手側もとりあえずで購入しやすいグレードであるためでしょう。

デイズユーザーの実際の口コミ

デイズの特別仕様車のボレロです。メッシュ状のグリルにメッキを施した、クラシカルなデザインが特徴的なモデルですが、現在は販売が終了しています。

自動ブレーキをデイズは全グレードで標準装備しています。こういった仕様が多くの車で広がって、事故が少しでも減ると良いですね。

総評

ここでデイズの総評をしていきます。

デイズの評価
外装(エクステリア)
(4.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(2.0)
燃費
(2.0)
乗り心地
(4.0)
広さ・居住性
(3.0)
実用性
(3.0)
故障・メンテナンス
(2.0)
価格・値段
(3.0)
維持費・税金
(3.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(3.0)

デイズは軽自動車をワンランクあげたようなスタイリッシュな外観や上質なインテリアが魅力的な車です。シートもしっかりしていますし足回りも上々で、乗り心地も良くできています。

ただエンジン性能などの動力性能が現代の車とは思えないほどできが悪く、二昔前の軽自動車ぐらいの感覚で乗らなければなりません。

ポイント

燃費もそこまで良くなく、故障やトラブルといったものも多くありますので、悩ましいです。

軽自動車から軽自動車に乗り継いでいる人は走行性能の低さに落胆するでしょうし、走行性能をある程度期待する人にはおすすめできません。

しかし登録車並みの予防安全装備の性能や軽自動車らしくないデザイン性の高さは、非常によくできているのでそういった部分を求めている人にはおすすめできます。

なおデイズと同じ名のつくデイズルークスについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

日産 デイズルークスデイズルークスの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!デイズルークス 外装デイズルークスの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!