1分で車を60万円値引きする裏技

スペーシアの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ハイブリッドシステムを搭載し、より一層の低燃費化が図られたスペーシア。

車内の広さやデュアルセンサーブレーキサポートもより良くなり一歩先行くライバルたちを追い詰めてきています。

そんなスペーシアですが実際の評判はどうでしょうか。

ここではスペーシアの評判や口コミについてあらゆる角度から解説していきます。

目次

スペーシアの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外観(エクステリア)
(3.0)

スペーシアの外装(エクステリア)の特徴

スペーシアのフロント
スペーシアは背の高い軽ハイトワゴンですが、スクエアなスタイルながら角のない丸いデザインで、ポップな雰囲気の漂う車です。キャビンの大きさもそうですが、フロントマスクが面長な印象があります。

ボディにはくぼみのような特徴的なプレスラインや角の取れた丸みのあるデザインがなされており、まるでスーツケースのような雰囲気をしています。

軽自動車という限られた規格の中で最大の大きさでボディを作られているハイトワゴンは、デザインに制限が多いです。それを逆手に取ってツールらしさを出し、うまく利用されています。

フロントフェイスは大きめのヘッドライトや角が立たない丸みを帯びたデザインで柔らかい印象です。

ギラついた過度なメッキの装飾もなく落ち着いた雰囲気なので、子育て世代の女性だけでなく男性や高齢の夫婦など、老若男女問わずさまざまな人に似合います。

スペーシアの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

可愛すぎないデザインが良い

女性ウケを狙った可愛いデザインが多い中、こちらはまさしく万人受けを狙ったフレンドリーなデザイだという意見が多くありました。

ターゲットがきっちりと絞られてないところが選ばれやすいデザインなのかもしれません。

先代デザインのほうが良かった

万人受けデザインだという評判もありますが、それと同じくらいに先代デザインのほうが良かったという意見もあります。

現行モデルの方は車らしさを捨てて、道具というスタンスを強く感じるためクルマ好きな方には不評なのかもしれませんね。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ピュアホワイトパール
2位ブルーイッシュブラックパール
3位シルキーシルバーメタリック
4位ツールグリーンパールメタリック
5位ブリスクブルーメタリック

スペーシアの人気カラーはこのようになりました。万人受けのデザインということもあり、1~3位はやはり定番の白黒シルバーという事になりました。

4位、5位には原色に近いツールグリーンパールメタリック、ブリスクブルーメタリックなどがラインナップされています。

可愛らしいというイメージより道具のようなカラーリングで、ツールとして販売されているスペーシアらしさを感じさせますね。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

スペーシアの四角くコンパクトなところが可愛くてお気に入りのようです。性能がどんぐりの背比べのようになってきているいま、見た目は非常に大事な要素ですね。

実はスペーシアにはスペーシアギアというSUV風のグレードが登場するようです。硬派なスタイリングながらもポップな雰囲気の感じられるデザインでとてもおもしろい車になります。

スペーシアの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

スペーシアの内装(インテリア)の特徴

スペーシアコンセプトのナビ周り

スペーシアの内装はハイトワゴンらしく非常に広く視界の良いのが特徴です。

デザインも躍動感があるなどと言うよりも、ツールとしてのイメージをしっかり全面に打ち出した、コンセプトがわかりやすくいいデザインです。

コストの厳しい軽自動車だけにソフトパットや布地を使った質感の良さなどは潔いくらいにありません。

スペーシアコンセプトのインテリア

しかし色の塗り分けやスーツケースのようなパネル、奥行きのあるデザインで広さを感じさせるなど質感の低さをデザインでしっかりカバーしており、十分に満足できるインテリアに仕上がっています。

配置も非常によく、操作しやすいナビやエアコンパネル、視界を邪魔しないメーターパネルなどドライバーに優しい配置です。

スペーシアの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

独創性があるインテリア

コストカットのあとはしっかりあるが、スーツケース風のデザインなど独創性があるデザインでオリジナリティを出しているのが好感が持てるという意見が多くあります。

安っぽさは感じるものの、デザインでしっかり満足されているようです。

ヘッドアップディスプレイがかっこいい

軽自動車なのにヘッドアップディスプレイがついていて、とてもかっこいいという意見もありました。視界を安定させる非常に便利なオプションですが、人によっては視界の妨げになると感じるようです。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

助手席側は3段も収納があり、非常に便利そうです。収納は多ければ多いほど便利ですからね。

スペーシアの内装デザインが落ち着いた雰囲気でおしゃれに感じるようです。いままでのいかにも車の内装といった雰囲気を大きく変えており、おしゃれな雰囲気が感じられますね。

なお内装デザインの詳細は以下の記事で解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スペーシアのフロントスペーシア/スペーシアカスタムのフルモデルチェンジ!新型の内装や画像を公開【東京モーターショー2017】

スペーシアの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(3.0)

スペーシアの走行性能(走破性・安全性)の特徴

スペーシア 走り

軽ハイトワゴン唯一のハイブリッド

スペーシアのエンジンはロングストロークで力の強いトルク型のエンジンにCVTを組み合わせたパワートレインです。

もともと加速を重視しているエンジンですが、現行モデルからはそこにモーターアシストがついたことで、さらに力強い加速をしてくれます。

低速時にはモーターのみで10秒ほどのクリープ走行が可能になっており、パワーだけでなく低燃費にも貢献するパワートレインです。

走破性は平均的

スペーシアには4WD設定がしっかりあります。従来からあるスタンバイ方式の4WDを採用しているので通常の積雪路や多少の荒れた道などでは走ることは可能ですが、本格的な悪路を走り抜けていくのは難しいでしょう。

最低地上高も150mm確保しており、走破性は乗用車としては平均的なところです。

幅広くカバーする安全装備

スペーシアの安全装備はJncapでASV++という高い評価を得ています。前には単眼カメラとレーザーレーダー後ろにはソナーで周囲の状況を把握しており、車や歩行者への衝突回避だけでなく前後への踏み間違い防止も採用されています。

その他にも車線逸脱防止警報やハイビームアシストなど予防安全装備は満載です。

しかしサイドカーテンエアバッグシステムなどといった、最低限以外のものは設定されていないなど、万全とは言い難いのが現状です。

スペーシアの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

平地は余裕

平地では思ったより良い加速をしてくれるという意見が多くありました。ただ坂道など傾斜がつくととたんに加速が悪くなるようです。軽自動車からこちらに乗り換える人には加速よく感じるかもしれません。

アイドリングストップからの復帰が良い

アイドリングストップからの復帰するときにセルモーターの音がしないので、それだけでも満足感が高いという声がありました。

アイドリングストップはたしかに良いですが、そのたびセルモーターの音がするのってなんだかかっこ悪いですもんね。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

実際にEV走行やモーターアシストを体感すると軽自動車の進化に驚いてしまいますね。セルモーターの音がないのも感動です。

残念ながらカーテンエアバッグの設定がないということはこういう風に安全に対する意識が低いと見られます。つけるつけないは別としてせめてオプション設定でユーザーに選択を委ねてほしいものです。

MEMO

もしスペーシアを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

スペーシアの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(4.0)

スペーシアの燃費の特徴

スペーシアのカタログ燃費は30.0km/Lとハイトワゴンの中ではトップの燃費性能です。

ハイブリッド技術や車体の軽量化など、さまざまな技術で燃費性能の向上が図られています。

スペーシアの燃費に対する口コミ/評判の傾向

スペーシアユーザーの実際の燃費は17~19km/L前後という意見がおおくありました。

燃費は走り方や車両状況によって大きく変化しますが、実燃費はカタログ燃費の6~7割と言われています。スペーシアの燃費達成率は約6割という数値なので、ハイブリッドモデルということも考慮すると十分な燃費性能です。

実際の数値としてもこのハイトワゴンの中ではトップの数値になることが多く、燃費性能で決めるならスペーシアが一番でしょう。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

実は先代モデルは32km/Lと現行モデルより燃費性能は高くなっていました。今回はハイブリッドの採用や軽量化などさまざまな燃費改善技術が込められていますが、それでも燃費は落ちています。

CVTの変更が大きな影響を与えているのかもしれませんね。

燃費性能は落ちたといえど、こちらの方は23km/Lという非常に高い燃費数値を出しています。燃費は間違いなく良いようです。

なおスペーシアの燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スペーシアのサイドスペーシアの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

スペーシアの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(4.0)

スペーシアの乗り心地の特徴

スペーシアはハイトワゴン軽自動車なので天井がたかく、ガラス面も広いので視界もよく軽自動車とは思えない開放感があります。

ハンドリング性能もハイトワゴンにしてはロールがうまく抑え込まれており、かっちりした足回りで安定しています。

軽自動車にしては静粛性も高く、ロードノイズが気になる程度なのでコンフォートタイヤに交換することで改善が満足できるでしょう。

スペーシアの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

硬めの足回り

他社と比べると足回りが硬めのセッティングで凹凸は拾いやすいが、乗り心地は悪いわけではないという意見が多くありました。

比較によく出るのがN-BOXなのですが、N-BOXに比べるとスペーシアのほうが硬いと感じる人が多いようです。

ホンダ N-BOXN-BOXの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

静粛性は高い

先代から比べると静粛性は向上しているという意見も多くありました。軽自動車といえばうるさいという常識もなくなりつつあります。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

緊急回避の時など、急ハンドルをきるときにハンドル性能の高さが感じられますね。一昔前のハイトワゴンなら怖くてできません。

普通車のスイフトと比べると走行性能では圧倒的に劣りますが、車内の広さや使い勝手で同乗者にとっては乗り心地が良いようです。ドライバーとしては悩ましいところですね。

なおスイフトの走行性能については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スズキ スイフトスポーツスイフトの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

スペーシアの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(5.0)

スペーシアの広さ・居住性の特徴

スペーシアコンセプトの後部座席

広々とした車内空間

スペーシアは軽自動車なので乗員定数は4人です。車内は4人が広々とくつろぐことのできる非常に広い空間をしています。

全席とも大柄な男性が座っても余裕の頭上空間、足元の空間があり窮屈とは無縁です。天井に設置されたサーキュレーターで空調も快適ですし、カップホルダーも各席用にひとつずつ配置されており快適な居住性となっています。

ひと工夫で快適な車中泊ができる

スペーシアでの車中泊は、シートアレンジによって空間を確保することは非常に簡単です。

後席をダイブダウンさせることである程度の広さの空間を確保することが可能ですし、助手席を格納してつなげることで2,000mmもの長さのある空間を作り出すことも可能です。

あとは傾斜や段差などをマットなどでうまく解消し、上に睡眠用のマットなどを引くことで、快適な車中泊が可能です。

スペーシアの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

広くて便利

スペーシアは広いという意見がとても多くありました。その他のハイトワゴンもありますが、車内高はクラストップです。収納も多くあるので使いやすくて居住性が良いという評判が多いです。

車中泊は余裕でできる

シートアレンジによってマットでガッツリ寝ることもできますし、リラックスモードで仮眠のような形で休むこともできるのでさまざまな使い勝手があって便利だという意見が多くありました。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

人によってはライバル車よりも後席の空間が広いと感じる人もいるようです。いままでハイトワゴンで一人負けしていましたが、これだけ使い勝手が良くなると逆転もあり得るかもしれませんね。

後席もゆったり座れ、荷物もしっかり積める。これだけの広さと高い燃費性能を両立する上、維持費の安い軽自動車というのが日本車のすごいところですね。

スペーシアの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(5.0)

スペーシアの実用性の特徴

スペーシア ラゲッジ

スペーシアはラゲッジルームの地上高が510mmと非常に低い設計になっており、荷物の載せ降ろしが楽にできるのが特徴です。

後席を倒せば長さ1,500mm、幅1,100mmのラゲッジスペースができるので自転車なども乗せることが可能です。さらに助手席を格納することで2,000mmもの長さまで確保できるので、ボードや竿など長いものを積載することも可能です。

車内高は1,410mmとクラストップの高さがあるので、高さのあるものを乗せることもできますし、小学校低学年のお子様であれば中で着替えたりもできます。

その他にも細かい収納やユーティリティフックで荷室をアレンジすることもできるので使い勝手は抜群です。

両側スライドドアも採用されているので間口も大きく開き、人の乗り降りも非常に楽ですし、チャイルドシートに乗せるときなども非常に楽になるようになっています。

スペーシアの実用性に対する口コミ/評判の傾向

ちゃんとフラットになってほしかった

荷室が広いのは非常に助かるという意見が多くありますが、後席を倒しても少し傾斜ができるなどフルフラットにならないことへの不満が多少あるようです。

2段階の格納ではなくなり使い勝手は良くなりましたが、やはり障壁は多少出てくるようですね。

高齢の親御さんも乗り降りが楽

スライドドアで乗り降りも楽なので、高齢の親御さんも喜んでくれているという意見がありました。

スライドドアは運転席から自動開閉もできるので目が離せないようなお子様でも安心して乗せられますね。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

後部座席を最大限の広さで使うとどうしても荷室が狭くなってしまいます。ここは軽自動車規格を最大限に活用しているハイトワゴンの泣き所ですね。

スライドドアなのでチャイルドシートの乗せ降ろしが楽だとのことです。車内高もあるので、雨の日などは車内に入ってゆったり乗せることもできるのでとても便利ですよ。

スペーシアの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(4.0)

スペーシアの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

スペーシアの整備性

スペーシアはもともと軽自動車規格である上に車内空間を広くとっているため、エンジンルームは非常に狭く、整備性はよくありません。電球の交換やオイル交換などといった整備はとても大変です。

ただハイブリッドモデルとはいえどガソリン車と消耗品は大きく変わらないですし、最近はその消耗品も非常に減ってきているので普通の車とほとんど変わらず、特別な整備というものはありません。

スペーシアの故障のしやすさ

スペーシアは電動スライドドアを採用しているので、長く使うことでワイヤーやモーターなどが故障する可能性は高いです。

そしてハイトワゴンであるため重量が重くて4バランスが良くないので、タイヤへの負担が大きくなります。走り方によってはタイヤの消耗も早い傾向があるので気をつけましょう。

その他にはチェックランプが付いて緊急ブレーキなどのセンサーやカメラ類が正常に作動しなくなるトラブルもあります。これは逆光や結露などといった気候や状況によって作動を止めたり誤作動したという場合もありますので、説明書を確認してみましょう。

それでもチェックランプが全く消えない場合はディーラーで見てもらうことが大事です。

スペーシアの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

ノッキングすることがある

エンジンからカリカリと音がしたり加速が悪かったりする場合があるという意見がありました。どうやらCVT側の不具合らしいのでディーラーで見てもらうしかありません。

初期症状であれば一部の部品交換ですむかもしれませんが、ひどい場合はCVTそのものを交換しなくてはいけない場合もあるので早めに診断に行きましょう。

燃費が悪くなった

エネチャージで充電しているバッテリーの劣化によって燃費が下がることがあるようです。こちらはリチウムイオンバッテリーの交換で直るようです。

エネチャージエネチャージとは?燃費効果がある仕組み/構造とは?搭載車種まで解説!

しかしアイドリングストップやモーターアシストによる燃費改善がなくなるだけなので、もしそこまで気にならないようでしたらそのままでも良いかもしれません。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

5万キロ走っても不具合0とのことです。スペーシアには故障という話があまり出てきませんね。

荷物が多く重い場合にノッキングを起こすことがあるようです。

ミッションやエンジンを痛める原因になるので必ずディーラーに見せに行きましょう。診断履歴を残しておかないとあとあとトラブルになる可能性もあります。

スペーシアの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(4.0)

スペーシアの価格・値段

グレード価格
ハイブリッドG127.4万円
DCBS付き133.3万円
ハイブリッドX146.8万円

スペーシアは3グレードという非常にシンプルでわかりやすい値段設定で、緊急ブレーキの搭載されていないGグレードが127万円から、上級グレードのXで146万円となっています。

様々な装備で値段が上がっているこのカテゴリですが、ベースが127万円というのはハイトワゴンの中ではかなり安いほうです。

それぞれ4WDにすると12万円ほどの上乗せになります。

歴代スペーシアの中古相場

初代スペーシアは発売が2013年です。まだ5年程度しか経っておらず中古相場でもしっかりした値段をしています。

安いものであれば30万円、高いものでも120万円ほどとなっています。相場として60万~100万円の個体が多く取引されているようです。

現行モデルは2017年に発売されたばかりの車です。なので市場にあるのは新古車ばかりで、下は約95万円ぐらいから高いものは160万円となっています。流通量が多い価格は100万円から160万円程度となっています。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、スペーシアは上記の価格よりも大幅に安く購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

スペーシアの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

納得の価格

ほとんどの方は安くはない値段ですが、装備を考えると納得する価格という意見でした。スライドドアや緊急ブレーキ、ヘッドアップディスプレイなどを考えると納得かもしれませんね。

200万円を超える

ナビやオプションなどをつけていくと最終的に200万年を超えるという人が多くいました。値引きなどによって200万円をなんとか切ったという人が多いので、200万円は覚悟しておかないといけないようです。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

ハイトワゴンは車両本体がなかなかいい値段がするので、スポーツタイプの車の中古車が狙えるようです。広いくて燃費のいい車を選ぶか、走って楽しいコンパクトを選ぶかは難しいポイントですね。

中古の価格帯は非常に高いです。10万ほど追い銭すれば新車で購入が可能な価格帯なので、保証や気持ちを考えると新車という選択肢もありですよ。

スペーシアの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(5.0)

スペーシアの維持費・税金の特徴

車 維持費

スペーシアの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として12万円

スペーシアは軽自動車なので、自動車税、自賠責、重量税を計算すると、年間で26,635円が必ずかかる費用です。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険です。これらを計算すると200,740円ほどになります。先程の税金と合わせると年間維持費は227,375円です。

ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。ハイブリッドXは60回ローンで支払いをすると月々おおよそ32,000円となります。

ですから維持費と合わせると月々が約51,000円で維持することが可能です。

とても広い車内と使い勝手の良さ、そして燃費もよくさらに軽自動車の維持費なのでとてもお財布に優しい車です。安全装備もしっかりしており安心感もあるので満足度は高いでしょう。

スペーシアの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

燃料代が安く済む

燃費性能が良いので燃料代が助かるという意見が多くありました。どうやらライバル車よりも燃費性能は頭一つ抜けているようです。

これ一台で良くなった

普通車一台と軽自動車一台の所有だったが、スペーシアの使い勝手が良いのでこれ一台にし、車の維持費が大きく下がったという意見がありました。

走りもそれなりで使い勝手も良いので十分にファーストカーになりえる性能を持っていますね。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

奥様の車をスペーシアに変えたら使いやすさと維持費の安さで普通車をあまり乗らなくなってしまったようです。スペーシアの維持費の安さは助かります。

これだけ効率の良い車を超える維持費の安い車はなかなかありません。頑張って低燃費走行を心がけましょう。

スペーシアのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

スペーシアのグレード・仕様の特徴

スペーシア グレード

スペーシアはハイブリッドGとハイブリッドGにデュアルセンサーブレーキサポートがついたグレード、そして上級グレードのハイブリッドXの3つのグレード展開となっています。

Gグレードはスペーシアの車内の広さや使い勝手が手軽に使えるグレードで、ハイトワゴンが必要で余計なものが必要ないという人におすすめできます。

Xには後席のロールサンシェードやステアリングハンドルのチルト機構など、快適に車を運転するために必要な機構が多々採用されています。

どのグレードであっても4WD設定はありますので、どんな環境の人でも好きな仕様を選ぶことができます。

スペーシアのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

スペーシアの人気グレードはハイブリッドXです。スペーシアを購入するユーザーのほとんどがこのグレードを選んでいるようです。

デュアルセンサーブレーキサポートや快適に車を使う装備がしっかりと付いているので、人気がこのグレードに集中しているようです。

スペーシアユーザーの実際の口コミ

12月にギアという新しいグレードが追加されるようです。ハスラーのように新しい人気ジャンルとなるでしょうか。気になります。

スペーシアのカスタムとなると7速パドルシフトやクルーズコントロールなども採用されています。強面がお好みであったりこういった装備が欲しい人はこちらを選ぶのも良いかもしれません。

総評

ではこれまでのスペーシアの評価をまとめます。

スペーシアの評価
外装(エクステリア)
(3.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(3.0)
燃費
(4.0)
乗り心地
(4.0)
広さ・居住性
(5.0)
実用性
(5.0)
故障・メンテナンス
(4.0)
価格・値段
(4.0)
維持費・税金
(4.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(4.0)

スペーシアは軽自動車とは思えないほど広い車内空間で実用性と居住性を併せ持つ軽自動車です。税金も安く維持もしやすいうえ、燃費も良いのでとても使いやすい車です。

デザイン性もよく、外観は万人受けデザインで個性的ではありませんが、インテリアは非常によく作ってあります。

しかし車重の重さがあったりターボエンジンの設定がなかったりと、走行性能に関してはもう一声ほしいところがあります。

そのためスピードをよく出す人や走行性能を追求する人には絶対におすすめできません。しかし維持費を安く済ませたい、車内は広くて使い勝手が良いものが良いという人にはおすすめできる車です。外観も攻撃的なデザインではないので老若男女選ばない車です。

なおスペーシアについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スペーシアのフロントスペーシア/スペーシアカスタムのフルモデルチェンジ!新型の内装や画像を公開【東京モーターショー2017】スペーシアのサイドスペーシアの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!