「プリウスを買おうと思ってるけど、ガソリンってレギュラーとハイオクどっちを入れるべき?」

「ハイオクを入れるとなにかメリットがあるの? さらに燃費が良くなったりしないのかな?」

プリウスは、国産車のなかでもとくに燃費がいいことで知られています。

ですが、ハイオクを入れなければいけないとなると、結局ガソリン代がかさんでしまいますよね。

プリウスに入れるべきなのはレギュラー? それともハイオク?

月々のガソリン代はいくらぐらい?

そんなプリウスのガソリンに関する疑問を、わかりやすく解決します。

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

プリウスのガソリンの種類はレギュラー

プリウスのガソリンはレギュラーです。下の表を見てください。

車種 グレード ガソリンの種類
プリウス Aプレミアム すべてレギュラーガソリン
Aプレミアムツーリング
セレクション
A
Aツーリングセレクション
S
Sツーリングセレクション
E
プリウス
α
G
Gツーリングセレクション
S
Sツーリングセレクション
Lセレクション
プリウスPHV Aプレミアム
A
Aレザーパッケージ
S
Sナビパッケージ

まずハイブリッド車のプリウスとプリウスαは、レギュラー仕様車なのでレギュラーガソリンを入れておけば間違いありません。

プラグインハイブリッドという電気で走る特別仕様のプリウスPHVも、電気だけでなくレギュラーガソリンをつかって走ることができます。

プリウスには7種類、プリウスαには5種類、プリウスPHVには5種類のグレードがありますが、すべてレギュラーガソリン仕様でつくられています。

プリウスにハイオクを入れても効果なし

ハイオク・レギュラーガソリン

そんなレギュラーガソリン仕様のプリウスに、ハイオクを入れるとどんな効果があるんでしょうか?

答えは「なんの効果もない」です。

ハイオクは値段が高いのでレギュラーより高性能だと思われがちですが、ハイオクが高いのは添加物が多く入っているからであって、高性能だからではないんです。

レギュラーガソリン仕様車のプリウスは、レギュラーを入れたときにもっとも効率よく走るようにつくられています。

プリウスのエンジンは高性能なので、ハイオクを入れてもレギュラーを入れた場合とおなじように内部で自動調整して、正常に走ってくれます。

ただ、あくまでレギュラーを入れたときと「おなじように」走ってくれるだけで、燃費が良くなったりパワーが上がったりというような特別な効果は、なにもありません。

プリウス各車種の月々のガソリン代

では、プリウスのガソリン代は月にいくらぐらいかかるんでしょうか?

プリウス・プリウスα・プリウスPHVについて、レギュラーを入れて乗った場合とハイオクを入れて乗った場合でそれぞれ計算して、具体的な金額を解説します。

ちなみにガソリン代を気にするよりも、購入時の値引きのやり方を気にした方が経済的です。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

プリウスEグレードの場合

プリウスEグレード

まずはプリウスからです。最低燃費をほこるEグレードを例にして、以下の条件で計算します。

  • 車種はプリウスEグレード
  • 燃料消費率は40.8km/l
  • 年間走行距離は10,000km
  • レギュラー代は1リッター125
  • ハイオク代は1リッター137

10,000÷40.8=245 なので、年間245リッターのガソリンを消費することになります。

レギュラー

125×245=30,625 となって、レギュラーを入れた場合の年間のガソリン代は30,625円。

30,625÷12=2,552 になるので、1ヶ月あたりのレギュラーガソリン代は2,552円です。

ハイオク

137×245=33,565 となって、ハイオクを入れた場合の年間のガソリン代は33,565円。

33,565÷12=2,797 になるので、1ヶ月あたりのハイオクガソリン代は2,797円です。

プリウスEグレード以外の場合

プリウスAプレミアム

Eグレード以外のプリウスは少しだけ燃費が悪くなります。以下の条件で計算します。

  •  車種はプリウス(Eグレード以外)
  • 燃料消費率は37.2km/l
  • 年間走行距離は10,000km
  • レギュラー代は1リッター125
  • ハイオク代は1リッター137

10,000÷37.2=268 なので、年間268リッターのガソリンを消費することになります。

レギュラー

125×268=33,500 となって、レギュラーを入れた場合の年間のガソリン代は33,500円。

33,500÷12=2,791 になるので、1ヶ月あたりのレギュラーガソリン代は2,791円です。

ハイオク

137×268=36,716 となって、ハイオクを入れた場合の年間のガソリン代は36,716円。

36,716÷12=3,059 になるので、1ヶ月あたりのハイオクガソリン代は3,059円です。

プリウスαの場合

プリウスα

つづいてプリウスαですが、プリウスαはどのグレードでも燃費はおなじです。以下の条件で計算します。

  •  車種はプリウスα
  • 燃料消費率は26.2km/l
  • 年間走行距離は10,000km
  • レギュラー代は1リッター125
  • ハイオク代は1リッター137

10,000÷26.2=381 なので、年間381リッターのガソリンを消費することになります。

レギュラー

125×381=47,625 となって、レギュラーを入れた場合の年間のガソリン代は47,625円。

47,625÷12=3,968 になるので、1ヶ月あたりのレギュラーガソリン代は3,968円です。

ハイオク

137×381=52,197 となって、ハイオクを入れた場合の年間のガソリン代は52,197円。

52,197÷12=4,349 になるので、1ヶ月あたりのハイオクガソリン代は4,349円です。

プリウスPHVの場合

プリウスPHV

プリウスPHVは、自宅に充電設備を設置すれば毎日充電できて、ガソリンをほぼつかわずに電気だけで乗りつづけることが可能です。

しかし、自宅に充電設備を設置できない場合はトヨタのディーラーやショッピングモールで充電しなければならず、毎日充電しにいくのは困難なので、ガソリンと併用して乗ることになります。

ということで、月に3回充電しにいくと仮定して、以下の条件で月々のガソリン代を計算します。

ちなみにプリウスPHVも、どのグレードとも燃費はおなじです。

  • 車種はプリウスPHV
  • 月に380%まで充電(自宅以外では1回に80%までしか充電できないため)
  • 80%充電で電気での走行距離54.56km
  • 燃料消費率は37.2km/l
  • 年間走行距離は10,000km
  • レギュラー代は1リッター125
  • ハイオク代は1リッター137

54.56×3=163 で、月に3回充電すると電気で走れるのは163kmです。

163×12=1,956 12ヶ月分にすると1,956km

10,000-1,956=8,044 それを10,000kmから差し引くと、ガソリンで走るのは年間8,044kmです。

8,044÷37.2=216 なので、年間216リッターのガソリンを消費することになります。

レギュラー

125×216=27,000 となって、レギュラーを入れた場合の年間のガソリン代は27,000円。

27,000÷12=2,250 になるので、1ヶ月あたりのレギュラーガソリン代は2,250円です。

ハイオク

137×216=29,592 となって、ハイオクを入れた場合の年間のガソリン代は29,592円。

29,592÷12=2,466 になるので、1ヶ月あたりのハイオクガソリン代は2,466円です。

プリウスには素直にレギュラーを入れるべき(私の意見)

ここからは私の意見です。プリウスには、レギュラーガソリンを入れるべきです。

上でも挙げたように、ハイオクを入れても値段が高いだけで、なんのメリットもありません。

ハイオク仕様車にはハイオクガソリンが、レギュラー仕様車にはレギュラーガソリンが適合するようにできています。

ハイオクを入れたからといって車が壊れたり調子が悪くなることはないですが、調子が良くなることも決してないんです。

せっかく燃費のいいプリウスを買うわけですから、素直にレギュラーを入れるようにして、ガソリン代をどんどん浮かせましょう。

ここまで書いてきましたが、あらためてガソリン代を計算すると、あまりにも安くてびっくりしますね。

この記事で挙げた計算例を見て、プリウス購入後の維持費の計算に役立てていただければ幸いです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。