1分で車を60万円値引きする裏技

お金がないけど車が欲しい!我慢せず買ってもいい人の5つの条件!

「車を買いたいけどお金がぜんぜんない。ローン組んで買っちゃおうかなー」

「お金がなかったら我慢しなきゃダメかな? でもどうしてもいますぐ車が欲しい!」

車はかっこいいし便利だし、とても魅力的ですよね。

手に入れるためには高いお金がかかるのも事実ですが、ちょっとがんばれば、まったく買えないほどの額ではありません。

欲しいのにお金がないからといって我慢していると、貴重な時間がどんどん過ぎていってしまいます。

そこで、これから5つの条件を挙げます。これらの条件にすべてあてはまるなら、ちょっとがんばって車を買いましょう。

お金がなくてもこれなら買うべき! 我慢せずに車を買ってもいい5つの条件

それではさっそく挙げていきます。

購入後の維持費を払えるだけの収入がある

車の維持費

車は購入して終わりではありません。毎月、毎年払わなければいけない維持費があります。

たとえば、こんな費用がかかります。

  • ガソリン代
  • 自動車保険代(月に1回)
  • 駐車場代(月に1回)
  • 自動車税(年に1回)
  • 車検代(2年に1回)

それぞれいくらかかるかは車種や乗りかたによって変わってきますが、参考までに、私の実際にはらっている金額を載せます。

 費用項目払っている金額
ガソリン代毎月5,700円
自動車保険代毎月6,600円
駐車場代毎月7,000円
定期点検代半年に1回10,000円
自動車税毎年39,500円
車検代2年に1回90,000円

自動車保険代は新規だと毎月10,000円以上かかります。私は加入してから数年経過しているので、少し値下がりして6,600円です。

定期点検は絶対にしなきゃいけないわけではありませんが、私は心配性なので半年に1回ディーラーの点検に出しています。

ガソリン代はだいたいの金額です。1つめの条件は、購入後のこれらの維持費をはらっても生活にこまらないことです。

維持費については以下の記事でも詳しく解説しているので、こちらの記事も参考にしてみてください。

車の維持費車の維持費は月、年間で平均相場いくら?内訳一覧をもとに解説!

軽自動車で満足できる

私が払っている維持費の実例を紹介しましたが、こんなに払うのがキツければ、うんと安くする方法があります。

それは軽自動車を買うことです。軽自動車といえば、例えばハスラーやジムニー、タントなどのことです。

軽自動車にかかる自動車税は毎年たったの7,200円。車検代も2年に1回70,000円程度。

普通車にくらべて車両価格も安く、また、燃費もいいものが多いので、乗るペースによってはガソリン代ももう少し安くすむ可能性があります。

2つめの条件は、軽自動車でも満足して乗れることです。

なおハスラー、ジムニーについては以下の記事もございますので、興味のある方はこちらもぜひご覧ください。

悪路を走るジムニージムニーの魅力とは?6つの良さをわかりやすく解説! 走るハスラーハスラーの走破性を徹底解剖!クロカン・オフロード性能はいかに?!

新車にこだわらない

軽自動車であっても、新車で買うと1,000,000円を超えます。お金がない状態で買うのはむずかしいです。

もし新車に乗りたいというこだわりがあるなら、出費をおさえるために、そのこだわりはいったん捨てましょう。

中古の軽自動車なら総価格300,000円を下回るものがたくさん売られています。

総価格300,000円を下回っているような車は、安いだけあって、走行距離がかなりの数値だったり、なかには修復歴があるものもあります。

個人的にはあまりおすすめしませんが、質にこだわらなければそれくらいの値段で乗れる車もあるということです。

少し値段が高めのものなら安心して買えるので、少し頑張って安心できる車を買うのもありでしょう。

ただ中古車は選び方が重要です。一般的な選び方が分からない方は、こちらの記事もご覧ください。

中古車選び初心者が絶対意識すべき中古車の選び方の5つのポイント・コツ!

3つめの条件は、とりあえず今はそういう車でつないで、お金をためて数年後にいい車を買う、というような考えかたができることです。

ほかに借金がない

支払い

安い車でも、現金一括払いできるほどの手持ちのお金がないなら、ローンを組んで買うことになります。

そうなると維持費にくわえて、車の代金も毎月払わなければいけません。

ローンを組むことは借金をしているのとおなじです。ほかに借金があるのにローンを組むと、二重に返済しなければいけなくなり、かなりの負担になります。

支払いができないことが原因で、せっかく買った車をすぐに手放すことになったら非常にもったいないです。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば普通よりも安い価格で購入できるので、ある程度なら借金があっても大丈夫ですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

4つめの条件は、現在ほかに借金がない(ローンを組んでいない)ことです。

車を使う目的がはっきりしている

なんのために車を買うのか、さまざまな理由があります。その理由は、我慢せずに買ったほうがいいものと、我慢したほうがいいものの2つに分かれます。

たとえば以下の理由です。

  • 通勤でつかいたいから
  • 友達を乗せてみんなで遊びにいきたいから
  • 好きな女性をドライブにさそいたいから
  • 車がないとどこへも出かけられないところに住んでいるから
これらはぜんぶ、「我慢せずに買ったほうがいい理由」です。我慢すると生活に支障が出るか、あとで一生後悔する可能性があります。

それとはべつに、以下のような理由もあります。

  • なんとなくかっこいいから
  • どんなものかためしに乗ってみたいから
  • まわりに買ったほうがいいといわれたから
これらは「我慢したほうがいい理由」です。今は欲しいような気がしていても、買ってからすぐに飽きていらなくなる可能性が高いです。

最後の条件は、買ってからの車を使う目的をよく考えて、自分のなかで使い道がはっきりしていることです。

ここまで書いてきましたが、どうしても欲しいという気持ちがあるなら、その気持ちを大事にしてください。

車はかかるお金が大きいぶん、得るものも多いです。この記事を読んだことで、我慢するかしないかという悩みを解決する手助けになれることを願っています。

これから車を買おうと思っている方は、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。購入の参考になりますよ。

貯金したお金車を買いたい!買うためには貯金はいくら必要? 車とお金車は「一括現金」?それとも「分割払い」?どっちがいいのか解説!