1分で車を60万円値引きする裏技

車の二台持ちの維持費を大公開!年収は550万円くらいあれば余裕です!

機能の違う2台の車を使い分けるのはとても便利なことですが、一方で2台持ちは費用が多くかかるイメージがあります。

でもどのぐらいの費用がかかるかは詳しく分からないですよね。

今回は車の2台持ちにかかる費用についてご説明します。

車の二台持ちの維持費の相場

車二台の維持費

車を2台持つ場合に多いパターンは、人や荷物がたくさん乗るミニバンと、維持費や燃費の安い軽自動車の組み合わせでしょう。

子供のいる家庭などはこういうパターンが結構見られますので、今回はこの組合せで維持費の計算をしてみましょう。

※維持費の計算のやり方自体は以下の記事で解説しているので、詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。

車とコスト車の維持費のシミュレーションのやり方!計算方法を実演します!!

車の組み合わせ

今回の例では次の2台の車を例にとって考えてみます。

1台目日産 エルグランド排気量:2500㏄
重量:1,900㎏~2,000kg
燃費:10.8㎞/l
2台目スズキ ワゴンR排気量:660㏄
重量:770㎏~820㎏
燃費:33.2km/l

この2台をベースにして、維持費を計算してみましょう。

ミニバン+軽自動車の維持費計算

維持費の中には2年ごとの車検も入ってくるので、2年間で計算し、最終的に1年単位に計算します。

以下の条件で計算します。

  • 走行距離は月500㎞(年6,000㎞)
  • 駐車場代はどちらも月5,000円
  • 燃料代は120円/l

それぞれの維持費を計算したものが次の表となります。車検で2年ごとにかかる費用は1年分で計算しています。

種類維持費の内訳ミニバン軽自動車
月々の維持費燃料代5555円1807円
駐車場代5,000円5,000円
1年間
維持費合計
126,660円81,686円
税金関係自動車税45,000円29,500円
自動車重量税
(1年分)
7,500円5,000円
その他の
維持費
任意保険50,000円~
70,000円
30,000円~
50,000円
12か月点検10,000円~
15,000円
10,000円~
15,000円
車検費用
(1年分)
7,500円~
10,000円
5,000円~
6,000円
自賠責保険料
(1年分)
17,975円17,410円
1年間
維持費合計
264,575円~
292,075円
178,596円~
204,596円

計算の結果、ミニバンの方は250,000円~300,000円、軽自動車は180,000円~205,000がそれぞれ年間にかかりますので、2台持ちでの毎月の維持費は次の通りです。

2台持ち年間維持費:443,171円~496,671円

2台の維持費だけで500,000円もの支出があり、いくら便利な2台持ちだとは言っても金銭的には結構大変なものがあります。

MEMO

なお維持費を気にするより、車購入時の値引き交渉を気にした方がよっぽど経済的ですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

車の二台持ちの維持費はどれくらいか「体験談」

私も過去に2台持ちをしていた時期があり、やはり費用的には結構大変でした。そんな私の体験談を維持費の観点からご説明しましょう。

私が2台持ちしていたのは次の2台ですが、もともと持っていたスカイラインに加えて、介護などのためにボンゴを買ったので、こういう2台体制となりました。

  • 日産 スカイラインR33
  • マツダ ボンゴフレンディ

どちらも中古で買った車だったので、車両価格としては新車の1/3から1/5ぐらいとそこまで新しい車ではありませんでした。

しかし維持費は古くても新しくてもかわりませんので、次の様な維持費が毎年かかっていました。

種類維持費の内訳スカイラインボンゴフレンデイ
月々の維持費燃料代8,000円6,000円
駐車場代5,000円5,000円
1年間
維持費合計
156,000円132,000円
税金関係自動車税45,000円39,500円
自動車重量税
(1年分)
24,600円24,600円
その他の
維持費
任意保険70,000円60,000円
12か月点検15,000円15,000円
車検費用
(1年分)
15,000円15,000円
自賠責保険料
(1年分)
17,975円17,975円
1年間
維持費合計
343,575円304,075円

経済性のための2台持ちではなかったので費用面では結構な負担となりましたが、当時はこの2台持ちでなくてはうまく回らず、結果的に良い選択だったと思います。

とくにスカイラインでは大きな荷物も運べませんし、介護の送り迎えには不向きだったので、ワゴン系の車はどうしても必要でした。

スカイラインは普段の買い物などにも使いましたが、たまのドライブでストレス発散にもなっていたので、こちらも大事な1台です。

費用面では負担の大きい2台持ちですが、介護で大変な時期に多目的に動けるのでとても重宝した覚えがあります。

なお維持費の安い車種については以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

ダイハツ タントタントの月、年間の維持費を計算!高いのか安いのか比較して解説! トヨタ シエンタシエンタの月、年間の維持費を計算!高いのか安いのか比較して解説!

車の二台持ちする場合の年収

大量の給料

さて車を2台持ちする場合の維持費を考えると、ある程度の年収が無ければ成り立たないのが道理です。

忘れてはならないのは、車に掛けるお金は維持費だけではなく、そもそも車を買ったときのローンなどもあることです。

車ごとの値段や支払い回数のこともありますが、毎月1台の車に支払うローンの金額は30,000円~50,000円ぐらいが相場でしょう。

そう考えると、ミニバンと軽自動車の2台持ちでの車への1年間の支払金額は次のようになるでしょう。

項目ミニバン軽自動車
ローン支払い50,000円×12
=600,000円
30,000円×12か月
=360,000円
年間維持費250,000円180,000円
合計850,000円540,000円
総額1,390,000円

自動車を買う際の年収に対するローンの比率は25%程度が適正とされていますので、上記の場合で車を2台持ちする場合の年収は¨5,560,000円¨以上、となります。

若者の一人暮らしだと25%の比率では少々年収は厳しくなりますが、他の生活費を切り詰めて比率をあげることで2台持ちは可能です。

また一般的なサラリーマン世帯であれば、共働きをしている家族の年収ならまかなえるレベルでしょう。

共働きだと何かと2台ないと不便なこともありますので、年収5,000,000円程度の世帯であれば2台持ちは現実的なプランでしょう。

2台持ちについては以下の記事でも解説しているので、検討している方はこちらも参考にしてみてください。

スポーツカーのロードスター車を二台持ちする4つのメリットと2つのデメリット!