1分で車を60万円値引きする裏技

ワゴンRにヤンキーが乗る4つの理由!なぜ乗るのか分析!

「ワゴンRってヤンキーがよく乗ってるよね?」

「いかにもヤンキーっぽい改造してあるワゴンRをよく見るけど、なんでワゴンRなの?」

ワゴンRに乗っているヤンキー、よく見かけますよね。

彼らはなぜみんなそろってワゴンRに乗るんでしょうか?

そもそもほんとうにイメージ通りにヤンキーはワゴンRが好きなんでしょうか?

ワゴンRに乗ったヤンキーの目撃情報を元に、わかりやすく解説します。

ワゴンRに乗るヤンキーはほんとうに多い

ヤンキー

まずは、ほんとうにヤンキーがワゴンRに乗りがちなのかどうかについてです。ツイッターを見ると、以下のような目撃情報があります。

「いかにもヤンキーっぽいワゴンRの運転者を見ると、本当にヤンキーが乗っていた」という報告は少なくありません。

ヤンキーが乗るワゴンRは車高がやたら低かったり、タイヤの向きが八の字型に曲げられていたりと、わかりやすく改造してあることが多いです。

また、周囲の運転者にガンを飛ばしている姿も多く見られ、駐車場で「なんだかヤンキーっぽいワゴンRが来たな」と思ってなんとなく見ていると、運悪く絡まれてしまうこともあるようです。

とくに田舎のほうでの目撃情報が多いヤンキーの乗ったワゴンRですが、以下のようなツイートもあります。

昔に比べてワゴンRに乗るヤンキーを見かける頻度が減ってきた、という意見です。

ヤンキーの世界にも流行りすたりというものがあり、今の10代20代のヤンキーにとってはワゴンRよりも魅力的な車種が別にあるのかもしれません。

とはいえ完全に見かけなくなったわけではなく、「ワゴンR=ヤンキー」という一種の流行が消えるのは、まだまだ先です。

なおヤンキーに人気な車種は以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ホンダ オデッセイオデッセイがDQN・ヤンキーに人気がある理由を徹底深掘り! ヴェルファイアのフロントヴェルファイア/アルファードになぜヤンキーは乗るのか?乗れるのか?理由を徹底的に分析してみた!

安くて改造しやすい。ヤンキーがワゴンRに乗る4つの理由

では、なぜヤンキーはワゴンRが好きなんでしょうか? 4つの理由を解説します。

価格が安いから

ワゴンR

ヤンキーがワゴンRに乗る理由の1つは、価格が安いからです。下の表を見てください。

種類グレード新車価格
ワゴンRFA1,078,920円~
HYBRID FX1,177,200円~
HYBRID FZ1,350,000円~
ワゴンR
スティングレー
L1,293,840円~
HYBRID X1,488,240円~
HYBRID T1,658,880円~

ワゴンRはもっとも安いグレードなら、新車で購入しても1,100,000円でおつりが来ます。 

スティングレーになるとやや高くなりますが、それでも1,300,000円以内で購入できるので、車の相場としてはかなり安いほうです。

これが中古車になるとさらに安くなります。下の表は中古車市場でもっとも安い価格例です。

 モデル中古車市場でもっとも安い価格例
ワゴンR(最新モデル)960,000円~
ワゴンR(旧モデル)290,000円~
ワゴンRスティングレー
(最新モデル)
1,220,000円~
ワゴンRスティングレー
(旧モデル)
530,000円~

表を見ると、最新モデルは新車とあまり変わらないように見えますが、これには理由があります。

ワゴンRとワゴンRスティングレーは2017年2月にフルモデルチェンジしたばかりなので、「最新モデル」と書いている中古車は、まだ1,000kmも走っていないような新車同然の中古車なんです。

1つ前のモデルになるとワゴンRで300,000円未満、ワゴンRスティングレーは600,000円未満で購入できます。

若いヤンキーはそれほど収入が高いわけではないので、ワゴンRの価格の安さは購入する大きな理由のひとつです。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、ワゴンRをもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

維持費が安いから

ワゴンRは維持費も安く、購入価格とあわせて若いヤンキーが購入するのを後押ししています。

維持にかかるのは、たとえば以下のような費用です。

 費用項目ワゴンRにかかる金額
軽自動車税
(年に1回)
7,200円(2015年4月以降に
新規取得した車は10,800円)
車検代(2年に1回)約70,000円

自動車税は普通車の場合はいちばん安い車種でも27,000円かかるので、ワゴンRの7,200円はかなり安い金額です。

車検代は国産の普通車だと80,000円~100,000円程度かかり、ワゴンRの70,000円は少し安い金額になっています。

燃費も旧モデルで25.0km/l~28.8km/l、最新モデルで23.4km/l~33.4km/lと、低燃費です。

ヤンキーは収入があまり多くないこともそうですが、上で挙げた目撃情報にもあったように、車の改造にたくさんのお金をかけます。

そのため、税金や車検代にまで大金を支払う余裕はあまりなく、これらの費用を安く済ませられるワゴンRは、目的に合った車です。

「あのひとはヤンキーだ」と認識されたいから

ヤンキーは、「ヤンキーらしい行動を取ること」がひとつの義務になっています。

ヤンキーらしい車に乗り、ヤンキーらしく改造し、ヤンキーらしいマナーの悪い運転をすることで周りから「あのひとはヤンキーだ」と認識してもらえるんです。

これが逆に、ノーマルな状態のファミリーカーに乗り、交通ルールを順守し、歩行者や対向車に積極的に道を譲っていたら、誰もそれがヤンキーだとは認識してくれません。

ヤンキーは自分がヤンキーであることを周りにアピールしたい生き物なので、ヤンキーだと認識されないとカッコがつかないと考えています。

そのため、ヤンキーらしい車として一般的に定着しているワゴンRは、自身をアピールできる恰好の材料であり、好んで乗り回すヤンキーが多いです。

改造パーツの種類が豊富だから

nonpri555さん(@nonpri555)がシェアした投稿

ワゴンRをヤンキーが買うのに、重要なメリットがひとつあります。それは、改造するためのパーツの種類が豊富なことです。

パーツ専門通販サイトを見ると、ワゴンR用の改造パーツはエアロパーツだけで28種類もあります。

昔からヤンキーが好んで乗っているだけあって、ヤンキーらしい見た目にカスタムできるパーツがえらび放題です。

車種によっては改造パーツ自体がほとんど用意されていなかったり、パーツはあってもヤンキーらしいデザインではないものもあります。

「ヤンキーらしいデザインにしないとカッコがつかない」ので、種類もデザインもばっちり用意されているワゴンRは、車両価格や税金、車検代で浮かせたお金をつぎ込むのにもってこいな車なんです。

ここまで書いてきましたが、ヤンキーでも一般人でも出費を安く抑えたい気持ちは同じで、浮いたお金をなにに使うかが大きな違いです。

この記事を読んだことで、ヤンキーがワゴンRに乗る理由について知っていただければ幸いです。

なおヤンキーに人気な車種は以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

クラウンアスリートクラウンはヤン車?なぜヤンキーは乗るのか理由を徹底的に分析! レクサス GSレクサスになぜヤンキーは乗るのか?乗れるのか?理由を徹底的に分析してみた!