「トヨタのタンクって、乗り心地はどんな感じ? 走行性能とか車内の広さは?」

「タンクを買おうか迷ってるんだけど、実際に乗ったひとの意見が聞きたい!」

車を購入するかどうか決めるときに、すでにその車に乗っているひとの意見を参考にしたいですよね。

そこで、トヨタ・タンクの試乗をしてきました。

実際に乗ってみた感想から、タンクの乗り心地や走行性能について、写真つきでわかりやすく解説します。

タンクのフロント

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に50万円以上の損をするかもしれませんよ。

営業マンに騙されずに、最大限まで値引きをしてもらうには、このやり方を知っておく必要があります。

詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

タンクの乗り心地

それではさっそく、タンクの車内空間について解説していきます。

運転席は上に向かって細長く広い

まずは運転席に乗ってみます。

タンクの乗車

入り口は前後の広さはあまりないですが、天井がものすごく高いため、乗り降りしやすいです。

身長177cmの私でも、あまり頭を下げなくても運転席にすわれます。

タンクの運転席

運転席にすわると、天井が高いので小さな車体に反して広く感じます。やはり前後の広さはあまりなく、「上に向かって細長い車」という印象です。

タンクのハンドル

足元は足になにかが当たるようなこともなく、広々としています。

後部座席はリクライニングシートで非常に快適

つづいて後部座席に乗ってみます。

タンクのスライドドア

後部座席ドアはスライドドアです。

タンクの後部座席への乗車

少し頭をかがめて歩いて乗り込みます。やはりここも天井が高いのと、足元が広々としているので非常に乗り込みやすいです。

タンクの後部座席

運転席は私にちょうどいい位置にしたままですが、ヒザから運転席までかなりのスペースがあります。

頭から天井までのスペースにも余裕があり、せまさはまったく感じません。

タンクの後部座席のリクライニングシート

後部座席はリクライニングシートになっていて、背中への圧迫感もなく、非常に快適です。

ただ、前後上下はこのように広いんですが、幅はあまりありません。

タンクの乗車定員は5人なので、後部座席には3人乗ることになります。大人2人であれば快適ですが、3人乗るとなると幅的にきついです。

子供3人、もしくは大人1人と子供2人であれば余裕ですわれます。

車体の大きさ

タンクの車体の大きさは、以下のようになっています。

  • 全長3,700mm(グレードによっては3,715mm)
  • 全幅1,670mm
  • 全高1,735mm
  • 乗車定員5人

実際に乗ってみると、車体の長さと車幅がかなりみじかく感じます。

運転席のところでも解説しましたが、「上に向かって細長い車」という印象で、小回りが利いて急カーブやクランクでも運転がかんたんです。

車高がかなり高いですが運転席の位置自体は高くなく、運転するときの視界も上から見下ろす形ではありません。

乗車定員である5人乗る場合は大人5人ではせまく、せまい理由が幅なので、シートの位置調整ではどうにもできない部分です。

大人4人で乗るぶんには快適です。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

軽くて速い。タンクに乗った感想

それでは、タンクに試乗した感想を解説していきます。

タンクへの乗車

(※先ほどとボディーカラーが違いますが、おなじタンクです)

加速は充分、軽くて速い

タンクの加速

加速はすごく良いです。排気量は1,000ccと少ないですが、ふつうに走行するぶんには申し分ないパワーがあります。

ちなみに試乗したのはターボエンジンが搭載されたモデルです。

感覚としては軽くて速く、アクセルをべた踏みしなくてもグングン加速していきます。

ステアリングはものすごく軽い

タンクのステアリング

ステアリングはものすごく軽いです。ハンドル自体も細いので、回していて取れてしまうんじゃないかと不安になるほどの軽さです。

加速の良さとプラスして、タンクは運転していてとても軽く感じます。良くいえば「運転しやすい」、悪くいえば「重厚感がない(薄っぺらい)」です。

個人的には、ハンドルのさわり心地がザラザラしているのもマイナスポイントでした。

ウィンカーレバーがハンドルを切る前に戻ってくる

タンクのウィンカーレバー

タンクに試乗していて悪い意味で特徴的だと思ったのは、ウィンカーレバーです。ふつうの車とは以下のような違いがあります。

  • ふつうの車…レバーを下げたら下がりっぱなしで、ハンドルを切って曲がり終わると自動的に戻ってくる。
  • タンク…レバーを下げてもその場で戻ってくる。二段階式になっていて、軽く操作すると3回点滅したあとに消える。強めに操作するとレバー自体はすぐ戻ってくるけど、ウィンカーは点滅しつづけて、ハンドルを切って曲がり終わると消える。

たぶん、「車線変更では軽く操作すると消し忘れを防げて便利だよ」という理由でこうなっているんじゃないかと思うんですが、操作していて違和感がすごいので、この機能は必要ありません。

せめて強めに操作した場合だけでもレバーが下がりっぱなしになっていて欲しかったです。

静粛性は特別良くも悪くもない

静粛性は特別良くもなく悪くもなくといった印象で、ガソリンエンジン車なのでエンジン音や振動はありますが、うるさくて気になるということはまったくありませんでした。

でこぼこ道を走行した際も揺れはしたものの、運転していて気にならない程度です。

アイドリングストップ機能がしっかり作動する

タンクにはアイドリングストップ機能がついています。停車するとエンジンが自動的に一時停止し、ブレーキを離すと再始動しますが、一瞬の間があってすごく違和感があります。

この機能はキャンセルスイッチを押せば作動しなくなりますが、エンジンスイッチを切ると自動的にオンになってしまうため、邪魔に感じるようであれば毎回押さなければいけません。

タンクのキャンセルスイッチ

A OFFと書いてあるのがキャンセルスイッチです。エンジンスイッチの下についています。

タンクのアイドリングストップ機能は、ブレーキを深く踏んでも軽く踏んでもしっかり作動します。

実燃費は5.5km/l

15分程度の試乗でしたが、実燃費は5.5km/lでした。

今回試乗したタンクの燃費はメーカー発表で21.8km/lなので、実際は25%程度しか走れていないことになります。

エアコンを3番目に強い風量でつけていたので、春や秋でエアコンなしで走行すればもう少し良くなる可能性はあります。

一時停止や信号待ちもあり、20km/h~40km/h程度で走行した実燃費です。一般道路に近い条件での数値なので、参考にしてください。

内装が安っぽい

タンクのオーディオ操作パネル

これは個人の好みですが、タンクの内装は安っぽいと感じました。とくにこの写真のオーディオ操作パネルやシフトレバーが安っぽく、まるで軽自動車のようです。

運転しているときの軽い印象がこの内装と合わさって、より軽自動車っぽさを印象強くしてしまっています。

タンクの価格は高い

さて、タンクは価格に見合った車なんでしょうか? それぞれのグレードの価格は下の表のようになっています。 

  グレード 価格
タンク カスタムG-T 1,965,600
カスタムG”S”

/カスタムG

1,771,200
G-T 1,803,600
G”S”G 1,620,000
X”S”X 1,463,400

タンクはすべてのグレードがガソリンエンジン車で、カスタムG-TとG-Tにはターボエンジンが搭載されています。私が試乗したのは2番目に高いG-Tです。

1,803,600円という価格ですが、乗ってみた印象としては高いかな、と思います。

やはり内装が安っぽいせいで、どうしても1,000,000円台前半で買えそうな安い車のように感じてしまいます。

ただ、走行性能は悪くないので、「小回りが利いて運転しやすい車が欲しいけど、軽自動車では加速や車内の広さが物足りない」という場合は購入検討する価値のある車です。

とくに後部座席の広さは誰もが満足するところだと思いますので、ためしにすわってみてください。

ここまで書いてきましたが、内装のデザインさえもう少しなんとかなれば、印象はガラッと変わっていたと思います。

これはあくまで私が試乗した感想なので、おなじ感想を持つかどうか、購入前に試乗してみてくださいね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

パワーボム
パワーボム
元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。