1分で車を60万円値引きする裏技

ポルテの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

助手席側が大きなスライドドアのみという思い切った構造が特徴のポルテ。

四角い見た目通り車内も広々としており、ウォースルーもできる車内はまるでリビングのようです。

そんなポルテですが、実際の評判はどうでしょうか。

ここではポルテの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

ポルテの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(3.0)

ポルテの外装(エクステリア)の特徴

ポルテ 外装

ポルテのエクステリアはコンパクトなサイズながらもミニバンのように大きな車高と、張り出し感のないポップなデザインが特徴的です。

ポイント

ボディスタイルはコンパクトサイズでもどっしりとしたスクエアなスタイルで、ちょっと大きめな乗用車という形です。

サイドウィンドウはお椀のように丸い形状で、ベルトラインもボディに対して水平で落ち着いたデザインをしています。

これはもう車というよりは動くリビングというような非常に落ち着いたデザインを狙っているのでしょう。リアデザインも特徴はなく大きなパッソのようです。

パッソ 外装パッソの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

フロントマスクは大きなヘッドライトとアッパーグリルがないデザインが特徴的です。先代ポルテのようなデザインを色濃く残しており、ユーザーの乗り換えもすんなりと受け入れられるのではないでしょうか。

使い勝手はそのままにデザインは現代的に作られたエクステリアです。

ポルテの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

柔らかさを感じる外観

見た目はファニーな雰囲気で柔らかさを感じる外観で良いという意見があります。兄弟車のスペイドに比べて車のキャラクターにデザインが合っているという印象の人が多いです。

左右で違うドアミラー

ポルテは左右でドアの開閉方法が違うためか、ドアミラーの位置が違うので注意が必要だという意見がありました。

見え方は大きく変わらないでしょうが、死角などが若干変わってくるので注意が必要でしょう。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ブラックマイカ
2位ホワイトパールクリスタルシャイン
3位シルバーメタリック
4位ダークブラウンマイカメタリック
5位スーパーレッド

ポルテの人気カラーは上記のようになっています。トップ3は定番のブラックマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリックがきています。比較的実用車で無難に選べる車であることから無難なカラーを選ぶ人が多いようです。

4位、5位にはダークブラウンマイカメタリックやスーパーレッドといった近年はやりのカラーが来ています。落ち着いた車でありながらもスーパーレッドのような攻めたカラーが選ばれているのがめずらしいですね。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ポルテの外観は憎めないデザインだという意見があります。大きなヘッドライトと角のない丸めの外観、最近流行りの怒り顔をデザインに取り入れてないところが好評のようです。

中にはポルテのデザインが微妙だと思う人もいます。左右で違う構造を持つ完全に左右非対称なデザインやユーザーに合わせたデザイン性が気に入らないのでしょうか。

ポルテの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(4.0)

ポルテの内装(インテリア)の特徴

ポルテ インテリア

ポルテのインテリアは外観のデザインと同様に左右が非対称になるようなデザインと、使い勝手の良い工夫がされています。

運転席側は様々な操作パネルが操作しやすいような配置をなされており、使い勝手の良さそうになっていて、助手席側は広さと収納の多さなど使い勝手の良さが感じられます。

デザインも車らしいと言うよりリビングルームのインテリアといったほうが似合うようなポップな雰囲気があります。

プラスチック面が多いのでソフトパッドやモケットなど素材による質感の高さはありませんが、色の塗り分けなどでおしゃれな雰囲気がと演出されており、車のキャラクター性を際立たせます。

車内レイアウトはエアコンパネルからナビ画面、シフトノブもメーターまですべてがセンターに並んでおり情報が統一されています。

ただエアコンの位置が低かったりシフトが若干じゃまになったりともうひとつ工夫がほしいところです。

ポルテの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

チープな内装

プラスチックが多用されており、質感がチープだという意見は多くあります。とはいえもともと高級感を求めるような車ではないので、これで十分だと感じている人が多いようです。

収納が多くて良い

運転席前の小物入れやホルダー、前後におけるティッシュボックスなど収納が多く使い勝手が良いという意見も多くあります。実用性を求められるコンパクトカーとしては非常に嬉しいポイントです。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ポルテの内装は安っぽく感じてしまうとのことです。大型のスライドドアや多くの収納スペースなど使い勝手が考えられている分、質感へのコストが掛けられないのかもしれませんね。

見方によっては塗り分けなどがとても可愛らしさが感じられるので、ポルテのインテリアは可愛く感じます。

ティッシュなどの収納も多く安全装備もしっかりしているところが、お子様連れの方には響くようですね。

MEMO

もしポルテを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ポルテの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(3.0)

ポルテの走行性能(走破性・安全性)の特徴

ポルテ ライト

必要十分なパワートレイン

ポルテには1,500ccのパワートレインが用意されています。ミラーサイクルが導入された1,500ccのエンジンは非常に効率の良い燃焼で十分な走行性能と燃費性能を持っています。

さらにCVTやアイドリングストップ機構によって無駄のない走りで、まさに実用性の塊のような車です。

悪路走破性

ポルテには全グレードに4WD設定があります。アクティブトルクコントロール4WDは電子カップリングを用いた4WDで、普段は前輪駆動で走り前輪のスリップを検知したときに後輪に駆動をかけるスタンバイ方式の4WDです。

燃費の良さと走破性の両方を備えていますし、コンピューター制御で十分なトラクション制御もなされているので日常生活では十分な走破性をしています。

ただ最低地上高は130mm程度と一般的な乗用車よりも低めなので、あまり無理な走行はできないでしょう。

先進安全装備

ポルテは単眼カメラとレーザーレーダーで前方の状況を確認するトヨタセーフティセンスが採用されています。

前方の車両や車線などを認識して状況に合わせて警報をならし、危険な場合にはブレーキ操作で運転に介入し安全を確保します。その他にはハイビームアシストなどで運転手の安全をサポートします。

搭乗者保護のカーテンエアバッグは全車でオプション設定されており、どうするかは購入者の判断に任されています。

ポルテの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

思ってた以上にスムーズ

1.5Lエンジンなのでエンジン性能の高さはそれほど期待していませんでしたが、思っていた以上にスムーズに加速するので十分だったという意見がありました。

人によっては遅いと感じるようですが、乗用車としては十分な性能だと感じる人が多いようです。

1.3Lモデルはとても遅い

1.3Lエンジンは非常に加速が悪く、フルアクセルでも時速100km程度しか出なくて閉口したという意見がありました。

マイナーチェンジ前には1.3Lエンジンのラインナップがあったそうですが評判は良くないようですので、中古車で購入される場合は注意して選びましょう。

ポルテユーザーの実際の口コミ

レガシイなどと比べるとやはり加速の悪さは目立つようです。ポルテは走行性能を諦めた人が乗ると満足する車だという意見もありますので動力性能はそこまで期待してはいけませんね。

スバル レガシィレガシィB4は速いのか?加速性能から0-100km/h加速タイムまで解説!

ポルテも乗る人によっては十分な加速性能で、重量のおかげで安定した走りをするので安心感があるようです。コンパクトカーで一番いいのではないかという意見もあります。

ポルテの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(3.0)

ポルテの燃費の特徴

ポルテは特別変わったパワートレインということはありませんが、アイドリングストップやミラーサイクルなど燃費性能をしっかり磨き上げた実用的なパワートレインです。

カタログ燃費はJC08モード燃費で22.2km/Lという数値です。

ポルテの燃費に対する口コミ/評判の傾向

ユーザー燃費

ではポルテのユーザー燃費をみていきます。ポルテユーザーの燃費を集約するとおおよそ13~16km/Lというような数値となっています。

カタログ燃費の6割を達成するという結果で、ガソリン車としてはもう一歩頑張りがほしい数値です。

思っていたほど燃費は良くない

ポルテの燃費は思っていたほど良くないという意見が多くありました。カタログ値が22.2km/Lと歌っているだけに11とか12という数値の人も多く、納得がいかないようです。

ポルテユーザーの実際の口コミ

こちらの方は約18.5km/Lという数値を出しています。代車で運転されていてとのことですが、ポルテの運転に慣れていない人でもこれぐらいの燃費を出せるので、ポテンシャルはあるようです。

こちらの方も18.9km/Lという非常によい燃費性能を見せてくれています。高速道路を走る機会が多いほうがこちらも燃費は伸びやすいようですね。

なおポルテの燃費については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ ポルテポルテの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

ポルテの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(4.0)

ポルテの乗り心地の特徴

ポルテはピラーが立っており圧迫感もないですし、遮るものも少ないので見晴らしは良いです。ただピラーが太く斜め方向への死角が多いので注意は必要です。

ドライビングポジションは上下の調整のみのチルトステアリングですが、シートリフターがありますのでコンパクトカーらしい標準的なポジショニングができます。ただシートのホールド性は良くなく、長時間のドライブでは疲れがあるかもしれません。

足回りは特にこれといったこともなく柔らかい足回りで、カーブなどではそれなりにロールしますしふわふわしたトヨタ車らしい足回りだと言えるでしょう。

静粛性もエンジンの加速音は大々的に入ってきますがロードノイズなどはある程度抑えられており、標準的な乗り心地です。

ポルテの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

見切りが良くて運転しやすい

ガラス面が多く全方位で見切りが良いので運転しやすいという意見がありました。ミニバンに苦手意識がある人でも、コンパクトで視界の広いポルテなら大丈夫かもしれませんね。

ふわふわした乗り心地

乗り心地はトヨタ車らしくふわふわしていて普通によいという意見がありました。引き締まった感じはありませんが一般道ではちょうど良さそうです。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ユーティリティ優先の車であるポルテは、乗り心地が犠牲になっているという意見があります。乗り心地の悪さは酷評したくなるほどとのことなので、人によっては全く合わないという人もいるようです。

とはいえアイポイントが高く、視界が気持ちいいという意見もあります。視界がひらけて運転しやすいので乗り心地の良いポイントにもなっているようです。

ポルテの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(5.0)

ポルテの広さ・居住性の特徴

ポルテ シート

クラス以上の広さの車内空間

ポルテの車内空間はミニバンのような広さを感じる空間をしています。5人乗車の車内ですが全員が広々と乗れる広さです。

前席の広さはもちろん余裕の広さですが、ポルテは後席の空間も非常に広いです。

スクエアな形状はそのまま車内の広さにつながっており、頭上空間には余裕があります。足元も170cmの身長の人でも余裕で足が組める広さで乗員全員が快適にのることができるでしょう。

車中泊は工夫が必要

ポルテは広い車内なので車中泊も余裕な感じがしますが実はとても難しいです。横になるためにフラットな空間を作るにはシートとラゲッジの段差が大きく、後席足元の空間も埋める必要もあります。

ただしなんとか段差を埋めることができれば2,000mmもの奥行きができるので、車中泊も余裕です。

ポルテの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

後席は使い勝手が良くない

助手席のスライドドアからの後部座席への乗り降りは、助手席を使用しているかどうかで全然違うという意見があります。

助手席も使いたいしスライドドアを使って後部座席に乗り降りしたいという方は、必ず試乗で問題ないか確認したほうが良いでしょう。

車中泊には向かないシートレイアウト

ポルテはフルフラットにできるシートアレンジがないので、一筋縄では車中泊はできないという意見がありました。専用のマットや段差を埋める板や箱など、事前の準備がしっかり必要です。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ポルテは一見コンパクトカーサイズなのでそこまで大きさは感じませんが、中にはいると天井の高さや内装の感じでやけに広く感じます。ここがポルテの不思議な魅力ですね。

後部座席を倒してもフラットにはならない上に段差が大きいので、気軽な車中泊には向いていません。ベッドキット組むぐらいの本格的な作業が必要でしょう。

ポルテの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(5.0)

ポルテの実用性の特徴

ポルテ スペース

ポルテの積載性能力は非常に面白いです。ラゲッジルームは正直コンパクトカー程度で積載性は良いとは言えません。

床面も高く乗せ降ろしも大変です。シートを倒せば積載性は上がりますが段差が大きく使い勝手はよくありません。

しかし逆に後席の足元のスペースは非常に使い勝手が良いです。

助手席を前に出せば自転車を載せられるくらいのスペースはありますし、座面をチルトアップすることが可能なのでさまざまな使い勝手があります。後席を倒して助手席も倒せば長ものを乗せられる奥行きが確保できます。

乗り降りに関してはドアの間口は広く、ちょうどよいシートの高さなので乗り降りはしやすいです。ただ助手席の位置によってはスライドドアから後席は乗り込みづらいようなので注意が必要です。

もちろんチャイルドシートなどお子様の乗せ降ろしもラクにできますし、子育て世代の方にも非常に便利に使える実用性があります。

ポルテの実用性に対する口コミ/評判の傾向

ラゲッジスペースは狭い

ラゲッジスペースは意外と狭く、スーツケースなどを乗せると手荷物は乗せられないという意見がありました。後席に乗せることになってしまいますが、それでも車内は広いので特に不満は出ないとのことです。

人の乗り降りにはとても便利

積載性はそこまで高くないが、スライドドアによって人の乗り降りが非常に便利で十分な広さがあるので便利だという意見があります。積載性と言うよりは人を乗せるための車だという印象があるようです。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ポルテは中が広く、後部座席には荷物もたくさん詰めますしスライドドアでの乗り降りもラクラクなので最高だとのことです。安全運転でゆっくり走りましょう。

ポルテのラゲッジスペースは床面が高いので意外と荷物の載せ降ろしが大変です。後席の足元スペースは便利ですが、ラゲッジスペースは使い勝手がよくありません。

ポルテの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

ポルテの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

ポルテの整備性

ポルテはこれと言って特別な整備はありません。ウォッシャー液の補充などといった日常整備や定期的なエンジンオイルの交換で十分です。車重も軽くタイヤ交換などもユーザー自身で行うことが可能です。

大型のスライドドアは故障しやすいので、ワイヤーに定期的にシリコンオイルを吹くなどすると故障を防げる場合があります。

ポルテの故障のしやすさ

ポルテは自身の特徴である助手席の大型スライドドアが最大の故障の原因です。

後席にも乗り降りできるような大型のスライドドアなので非常に重く、部品への負担が大きいです。そのためワイヤーやモーターなどの故障がみられます。

その他には気候や状況によっては緊急ブレーキのカメラが正常に作動しなくなるトラブルがあるようです。

大抵は車体が温まったり原因がなくなれば問題なく動きますので問題ありませんが、解消されない場合はディーラーで相談しましょう。

ポルテの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

スライドドアの修理で7万円

ポルテの持病であるスライドドアの故障でディーラーに持っていくと、修理で7万円かかったという意見がありました。やはり大きな部分なので修理には大きなお金がかかります。

ギシギシ音がする

ポルテは長く乗っているとギシギシと音がしてくるという意見がありました。

広々としたキャビンと重量級のスライドドアというバランスの悪い車体なので、使っているうちに車体に負担がかかっているようです。

ポルテユーザーの実際の口コミ

スライドドア、エアコンコンプレッサーはポルテの故障原因の大部分を締めます。さらにドアロックやATまでとなると別の車が買えてしまうような価格になるので、買い替えたほうが良いかもしれませんね。

ポルテの大型スライドドアは助手席側から乗り込む唯一の手段です。なのでここが故障してしまうと助手席側から乗り込むことができなくなってしまいます。

なおトヨタ車の故障については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

プリウス エンブレムトヨタは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!

ポルテの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(2.0)

ポルテの価格・値段

グレード価格
X182.8万円
Y189.0万円
F187.9万円
G197.7万円
FRaffine197.9万円

ポルテはベースグレードが182万円からとちょっと高めの価格設定です。

しかし予防安全装備が標準でついていたり、自慢の大型スライドドアなどもありますので値段相応の装備はついています。上級グレードでは197万円と15万円ほどの価格差があります。

歴代ポルテの中古相場

初代ポルテは2004年に登場し15年が経ちます。そのため価格は非常に安くなっており、安いものでは1万円から高いものだと85万円ほどとなっています。相場は15万円から40万円ほどのものが多く出回っています。

現行モデルは2012年に発売されました。発売から7年でちょうど3回目の車検のタイミングなので中古車も多く出回っています。

下は約25万円から高いものはウェルキャブ仕様が225万円という価格です。相場としては60万円から140万円ほどのものが多く出回っています。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くポルテを購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

ポルテの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

妥当な価格設定

希少な助手席スライドドアを搭載したパッケージングで、妥当な価格設定だという意見がありました。装備が貧弱で割高感はありますが、唯一無二のパッケージが価格を押し上げているようです。

中古価格は安い

中古価格は意外と安く、セカンドカー購入の予算に収まってよかったという意見がありました。中古車価格が安いのは嬉しいですが、逆に新車で買ったときのリセールを考えると不安になります。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ポルテは価格を見ると意外といい値段なので驚きます。しかし1.5Lエンジンで安全装備もついており、大型スライドドアまであるので意外と納得の値段なのです。

ポルテは変わったレイアウトでありながらも価格は抑えられている印象があるようです。こういった特別な形の車は価格が高くなる傾向がありますが、しっかりと購入しやすい価格になっていますね。

ポルテの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(4.0)

ポルテの維持費・税金の特徴

車 維持費

ポルテの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として14万円

ポルテの税金区分は排気量1500cc未満、重量1.5トン未満のサイズです。自動車税、重量税、自賠責などかかる税金を年計算でだしてみると毎年59,715円が税金として請求されます。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険を計算すると266,200円ほどになります。

先程の税金と合わせると年間維持費は325,915円です。ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。Fグレードは60回ローンだと月々約40,100円となっています。

ですから維持費と合わせると月々が約67,300円で維持することが可能です。

ポルテの維持費はコンパクトカーの中でも標準的な値段です。特別燃費が悪いということもなく使い勝手も良いので、維持費に悩むということもないでしょう。

ポルテの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

軽自動車かポルテか悩む

維持費を気にして軽自動車を選ぶか、普通車で使い勝手の良いポルテを選ぶか迷うという人が多くいました。

ポルテは車というより移動の道具としてみられているため、少しでも維持費の安い軽自動車と比較されることが多いようです。

リセールバリューが不安

ポルテは中古車市場では価格が安いので、リセールバリューが不安という声もありました。トヨタ車は比較的リセールバリューが安定していますが、ポルテは確かに低い傾向があります。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ミニバンほど大きい車は必要ないけどスライドドアがほしいという人には、ポルテは維持費も安くすむので良いとのことです。ミニバンに比べ排気量も少なく重量も軽いので税金が安く済むのが良いですね。

ポルテはあまり燃費が良くないので維持費が安くないという印象があるそうです。コンパクトカーなので排気量が小さく燃費が良い印象がありますが、ここはしっかり確認が必要です。

ポルテのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

ポルテのグレード・仕様の特徴

ポルテ グレード

ポルテはシンプルなパワートレインと豊富なグレード構成です。外観はどのグレードもほぼ一緒ですが、シートレイアウトや4WDなど中身で違いがあります。

MEMO

まずはベースグレードのXです。こちらは大型電動スライドドアというポルテのベーシックな魅力や安全装備がしっかり詰まったモデルです。

そして量販グレードのYとFです。こちらは天井スピーカーやインテリアの質感の向上など、乗用車らしい装備がついたグレードになっています。ちなみにYグレードは前席がベンチシートになります。

そして上級グレードのGです。オートエアコンや本革巻きハンドル、IRカットガラスなど上級モデルらしい装備でたくさんの魅力があるグレードです。

特別仕様車のF”Raffine”はクロムシルバー塗装のホイールキャップやドアハンドル、ブラックカラーのインテリアなどオトナな雰囲気をまとったグレードです。

それぞれ4WDの設定もありますので、お気に入りのグレードを見つけることができるでしょう。

ポルテのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

ポルテのもっとも人気のあるグレードはFです。量販グレードらしく質感や装備もしっかりしており、さらにオプションも豊富で自分好みに仕上げやすいところが人気の理由になります。

次に人気なのがGです。オプションなどを考えなくとも最初から十分に装備がついているので悩む必要もないところが人気なのでしょう。

ポルテユーザーの実際の口コミ

ポルテには介護などにも便利なウェルキャブ仕様があります。広い車内と相まって非常に使いやすい車です。

ポルテにはこういった遊び心が満載な特別仕様車もありました。今となっては廃盤ですが、中古車市場にはまだあるかもしれませんね。

総評

ここでポルテの総評をしていきます。

ポルテの評価
外装(エクステリア)
(3.0)
内装(インテリア)
(4.0)
走行性能(走破性・安全性)
(3.0)
燃費
(3.0)
乗り心地
(4.0)
広さ・居住性
(5.0)
実用性
(5.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(2.0)
維持費・税金
(4.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(4.0)

ポルテは広々としたキャビンに助手席にある大型のスライドドアという意外なパッケージングと、車内のさまざまなシートレイアウトでとても使いやすい車です。

ポイント

ポップなインテリアで気持ちも上がりますし、維持費もコンパクトカーらしい価格なのでミニバンまではいらないという人にはぴったりでしょう。

ただ値段がなんだかんだで高めの設定ですし、片側だけが大型のスライドドアというアンバランスな車体なので、車体剛性や可動部の不具合等長期の使用に不安もあります。

エンジン性能の高さを求める人やずっと長く一台の車を使っていきたいという人にはポルテはあまりおすすめできません。

しかし快適に移動するための道具としてミニバンまで必要ないけどスライドドアの車がほしいという人にはちょうどよいサイズで、維持費も安いのでおすすめできる車です。

なおポルテについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

トヨタ ポルテポルテの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!