1分で車を60万円値引きする裏技

アルトワークスの口コミ/評判!価格から外装や走行性能まで全てチェック!

ワークス系軽自動車といえばアルトワークス。

先代アルトワークスの消滅から15年ぶりにモデルチェンジをして登場しました。

最新の技術で武装しつつも非常に軽い車体に仕上げられており、走行性能の高さは驚かされるばかりです。

そんなアルトワークスですが、実際の評判はどうでしょうか。

ここではアルトワークスの評判や口コミをあらゆる角度から解説していきます。

目次

アルトワークスの外装(エクステリア)の口コミ/評判

評価
外装(エクステリア)
(3.0)

アルトワークスの外装(エクステリア)の特徴

アルトワークス 外装

アルトワークスのエクステリアはベースのアルトを大きく変えることない外観で、落ち着いた大人の方も楽しめる外観です。

ポイント

ボディスタイルは軽ハッチバックらしいボディで、車内の広さも感じられるスタイルです。サイドウィンドウ下端のベルトラインは高い位置にありますが、少し下のあたりにボディの張り出しを作り出すことで、寸胴な雰囲気をうまく消しています。

そしてCピラーで跳ね上がるようになっており躍動感を出すデザインです。

リアはコンビネーションランプをバンパー側につけることでバックドアの間口を大きく確保しており使い勝手がよい実用車らしいデザインです。それでもバンパー下端をブラック・アウトするなどスポーティな雰囲気を出しています。

フロントマスクはヘッドライトを大きく囲むメッキが特徴的で、メガネを掛けたようなデザインです。フロントバンパーも基準者に比べて張り出し感のあるスポーティなデザインになっており、特別感が感じられます。

スポイラーやメッキなどで装飾した、いかにもスポーツグレードですといわんデザインではなく、もとのスタイリングを大事に、要所々々だけを変更して特別感を出しており、大人な雰囲気が感じられます。

アルトワークスの外装(エクステリア)に対する口コミ/評判の傾向

アルトRSのほうが良かった

アルトRSは赤い差し色などが入っていてファッショナブルに感じたが、アルトワークスは色使いが渋く、普通の軽自動車にしか見えないという意見がありました。

市場としてはスポーツカーらしくわかりやすい派手さがある方が好まれるようです。

安っぽく感じる

もともと安い自動車のボディなので、メッキでの装飾が逆に安っぽく写ってしまうという意見がありました。確かにフロントマスクは銀縁メガネみたいで違和感があります。

人気のカラーランキング

順位色/カラー
1位ブルーイッシュブラックパール
2位スチールシルバーメタリック
3位ピュアホワイトパール
4位ブリスクブルーメタリック

アルトワークスの人気カラーは上記のようになっています。もともと4色しか設定がないのですべてランクインしています。

中でも意外なのはブルーイッシュブラックパールが一番人気なことです。ブラックは重厚感や高級感を感じさせるカラーなので、あまりキャラクターにあいません。

2位以降にはスポーティさのあるスチールシルバーメタリックやブリスクブルーが入っています。続けて3位にはこちらも定番のピュアホワイトパールとなっています。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

アルトワークスの外観が子供っぽいとのことです。少なめの装飾ですがメッキの入れ方などでやりすぎな感じがあるようです。

アルトワークスは見た目がそっけないほうがしびれるようです。実は速いんですよって言う方がアルトワークスらしさが感じられますね。

アルトワークスの内装(インテリア)の口コミ/評判

評価
内装(インテリア)
(3.0)

アルトワークスの内装(インテリア)の特徴

アルトワークス インテリア

アルトワークスのインテリアはアルトらしく地味ながらもスポーティなテイストをしっかり取り入れた分かる人にはわかるデザインです。

ベースが非常に安い車なのでデザインはまさに商用車のような地味な造形です。躍動感やまとまりのあるデザインとは無縁ですが、アルミの3ペダルや白い面に赤の針が入ったスピードメーターなど、見る人が見るとニヤッとしてしまうインテリアです。

もちろんソフトパッドやモケットなどの素材の違いによる質感を見せるということはありませんが、それがまたワークスらしさを感じさせるいい雰囲気です。

メーターやナビパネルも最近の車らしい配置で、特に違和感もありません。5AGS車はシフトレバーがエアコン操作の邪魔になりますが、この車はMTが魅力なのでほとんど問題ないでしょう。

ただワークスであることで値段が跳ね上がっているので、質感が価格相応ではないという批判がありそうなインテリアです。

アルトワークスの内装(インテリア)に対する口コミ/評判の傾向

シンプルなのに無駄がなく良い

インテリアの質感はとても安っぽいが、シンプルなのに無駄がなくかっこいいという意見がありました。競合になるようなスポーツカーと比べて、変な造形がないところが良いようですね。

やっつけ仕事

ワークスの全身であるRSをそのまま流用しており、シフトノブの穴も塞ぐとことのないやっつけ仕事なインテリアだという意見もあります。価格上昇がある分質感の向上とは言わないものの、それなりの進化が欲しかったですね。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

アルトワークスはペダル類だけでなく、シートにもレカロが入る本気仕様です。インテリア意外にも作り込みがしっかり感じられる、まさにスポーツチューンですね。

アルトワークスのレカロシートですが、人によってはオーバースペックだという意見もあります。リクライニングなどがしづらく、車内が使いにくくなるので不便かもしれませんね。

MEMO

もしアルトワークスを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

アルトワークスの走行性能(走破性・安全性)の口コミ/評判

評価
走行性能(走破性・安全性)
(5.0)

アルトワークスの走行性能(走破性・安全性)の特徴

アルトワークス インテリア

パワフルなターボエンジン

アルトワークスには3,000回転から最大トルクが発生するターボエンジンが搭載されています。

ゴルフ ターボエンジンターボエンジンとは?仕組み/構造は?メリット2つとデメリット4つ!

馬力は自主規制の64馬力で、変速比もクロス気味のMTなので最大速度の伸びはそれほどでもありませんが、80km/hまでであれば非常に軽快な走行が楽しめます。

悪路走破性

アルトワークスにはカップリングタイプのスタンバイ式4WDが採用されています。

前輪が滑り出すと後輪に駆動が掛かる仕組みなので、燃費の良い走りが特徴です。ただ後輪と前輪でライムラグが発生しやすいので苦手な人は苦手でしょう。

最低地上高は155mmとスポーツタイプの車にしては高めなので、一般的な舗装路での悪路走破性は十分です。

先進安全装備

アルトワークスには5AGSモデルのみにデュアルセンサーブレーキサポートが採用されています。

これは単眼カメラとレーザーレーダーで前方の状況を確認しており、前方の車両や歩行者そしてや車線などを認識して状況に合わせて警報をならし、危険な場合にはブレーキ操作で運転に介入し安全を確保します。

その他にもソナーでも周囲を認識しており、必要に応じてハイビームアシストや踏み間違え防止アシストなどでドライバーを補助します。ただカーテンエアバッグは採用されていませんので安全装備重視の人は注意が必要です。

アルトワークスの走行性能(走破性・安全性)に対する口コミ/評判の傾向

MTは反応が良くて気持ち良い

アクセルを踏めば即反応してくれるエンジン性能で、非常に気持の良い走りだという意見がありました。

ECUなどでカスタムするとエンジンの特性がさらに伸ばせるので、走りの良さを求める人にはカスタムという手段もありでしょう。

5AGSの変速が違和感あり

5AGSは変速のたびにイライラしたという意見があります。

マニュアルの運転になれてない人は変速のショックなどで違和感があるでしょうし、普段からマニュアルの人には変速で違和感がありありでイライラするでしょう。特にキックダウンが最悪だとのことです。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

アルトワークスは軽自動車の枠を超える加速やコーナリング性能があるとのことです。なにはともあれ納車したその日に300kmも走ってしまうような楽しい走りがすべてを物語っていますね。

エンジン性能が高いのでまだアクセルの全開を試したことがないそうです。軽い車体とトルクの太さが加速の良さを想像させます。

なお加速については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スズキ アルトワークスアルトワークスの加速性能を解説!0-100km/h加速タイムはどのくらい?

アルトワークスの燃費の口コミ/評判

評価
燃費
(4.0)

アルトワークスの燃費の特徴

アルトワークスは660ccターボエンジンに、マニュアルミッション(MT)と5速オートギアシフト(5AGS)との組み合わせで、二種類のパワートレインがあります。

カタログ燃費はJC08モードでMTモデルが23.0km/L、5AGSモデルが23.6km/Lとスポーツタイプの車にしては非常に優れた燃費性能です。

5AGSモデルであればアイドリングストップ、そしてマニュアルミッションのような高い伝達性能が活きています。

なおターボエンジンの燃費については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

メーターターボエンジン車は燃費が悪い?燃費向上は走り方次第で可能?!

アルトワークスの燃費に対する口コミ/評判の傾向

ユーザー燃費

ではアルトワークスのユーザー燃費を見ていきます。MTモデルで16~19km/L、5AGSモデルでは17~20km/Lとそれほど変わりませんが、オートマチックミッションの5AGSのほうが実燃費が優れているという結果です。

これはカタログ燃費の7割を超えて8割近い数値を達成するという結果になり、JC08モード燃費で8割近くを達成するのは素晴らしいですね。

非常に優秀

スポーツタイプの車でありながらコンスタントに20km/Lという数値を出すので、非常に優秀な燃費性能だという意見があります。これなら通勤にもお休みの日のドライブにも両方使えますね。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

エコを心がけて走ると月間平均でも20.8km/Lという高い燃費性能を示します。カタログ値に非常に近い数字を示しており、アルトワークスの燃費性能の高さを表しています。

なんとこちらの方は長距離運転で23.6km/Lとカタログ値を超えてしまいました。燃費性能が優れていると燃料代がそれほど気にならないので、どこまでもドライブできそうですね。

なお燃費については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スズキ アルトワークスアルトワークスの燃費は悪い?街乗りや高速の実燃費は?改善し向上させる方法まで解説!

アルトワークスの乗り心地の口コミ/評判

評価
乗り心地
(3.0)

アルトワークスの乗り心地の特徴

アルトワークスはピラーの立った圧迫感のないキャビンで、後方視界も開けていて十分に見晴らしがよいです。

ドライビングポジションはチルト機構のハンドルとシートリフターのついたシートなので、ある程度は合わせやすくシートもレカロが入っているので、長時間の運転や体を揺さぶられるようなドライブにも万全の体制ができます。

足回りは突き上げがありますが、しっかり踏ん張りも見せてくれる足回りです。中低速でカーブの多い道をガンガン走るのには気持ち良いでしょう。

静粛性はロードノイズやエンジンノイズはそれなりに入ってくるので良いとは言えません。3気筒特有の振動などはやはり気になります。

アルトワークスの乗り心地に対する口コミ/評判の傾向

突き上げが気になる

カーブでの踏ん張りなどは良いが、マンホールや道路の悪い場所での突き上げが気になるという意見があります。こればかりはスポーツタイプ軽自動車なのでそこまでは求められませんね。

高速での巡航がつらい

クロス化されたミッションは100km/h巡航時には回転数が4,000にもなり、速度の維持や騒音が辛いという意見がありました。軽自動車なので仕方がないといえばそこまでですが、軽快な走りとのトレードオフですね。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

アルトワークスの乗り心地はちょっとこだわり過ぎなようです。街乗りの乗り心地にちょっと足回り固めました程度が好まれるようです。

足回りは硬めですが、ハンドリングは微妙と言われています。微妙にもたつくという意見も多くありますので、ハンドリング性能は試してみたほうが良さそうです。

アルトワークスの広さ・居住性の口コミ/評判

評価
広さ・居住性
(3.0)

アルトワークスの広さ・居住性の特徴

アルトワークス シート

必要十分な広さ

アルトワークスはこのサイズなのでそれなりの広さです。乗車定員は4人ですが余裕を持って乗るなら2人での乗車が良いでしょう。

前席は着座位置が高く、背の高い人は天井が気になってしまうかもしれません。後席の空間は言わずもがなで狭いです。

意外と足元は170cmの身長の人でも座れる広さですが、背もたれの角度が結構きついので、緊急用と考えるのが良いでしょう。

車中泊はちょっとつらい

アルトワークスはレカロシートなので座席での仮眠もつらく、シートを倒すのもダイヤルなので大変です。

後部座席を倒せばフラットな空間ができます。しかし奥行きが1,350mm程度とお子様レベルです。ただこれ以上空間を確保するのは難しいので、この状態で寝られるように工夫するしかありません。

アルトワークスの広さ・居住性に対する口コミ/評判の傾向

シートポジションが悪い

アルトワークスは着座位置が高く、さらにハンドルまでの距離が遠いのでシートポジションが悪いという意見がありました。

170cmほどの身長では天井にあまり余裕が無く、ハンドルもチルト機構のみなので足が狭いかハンドルが遠いかのどちらかで、あまりよろしくないようです。

ベッドキットを自作

アルトワークスで車中泊をしている人のほとんどがベッドキットを自作しています。

レカロを最大限リクライニングした状態で上におけるベッドキットを自作するなど、フラットな空間を作るために工夫している人が多いです。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

こちらの方はアルトワークスの車内の広さに驚いています。体感的にはムーヴよりも広いと感じるようです。シンプルなインテリアなので圧迫感が少ないのかもしれませんね。

なんとアルトワークスの車内で車中泊どころか鍋まで始めちゃっています。アルトワークスを操る人はどこまでストイックなのでしょうか。

アルトワークスの実用性の口コミ/評判

評価
実用性
(3.0)

アルトワークスの実用性の特徴

アルトワークス ラゲッジ

アルトワークスのラゲッジルームは軽自動車なりの広さです。奥行きは400mm程度なのでSサイズのスーツケースならひとつのりますが、荷室幅はないのでゴルフバッグなど長いものを横積みで積むことはできません。

後席を倒せば1,350mmほどの奥行きができるので、この状態であればゴルフバッグなどの荷物も積むことができます。このサイズの軽自動車なので積載性は期待してはいけません。

乗り降りに関してはドアの間口は広く、ちょうどよいシートの高さなので乗り降りはしやすいです。もちろんチャイルドシートなどお子様の乗せ降ろしもラクにできますので、子育て世代の方でも十分使える実用性があります。

アルトワークスの実用性に対する口コミ/評判の傾向

実用性のあるスポーツ

アルトワークスはコペンやS660のようなピュアな走り専用マシンとは違い、実用性のあるスポーツカーでとても便利だとのことです。

荷物も詰めて人も乗せられる実用性ながらも、ピュアなスポーツカー並の走行性能があるのはアルトワークスだけです。

後席を倒せば十分

通常はそんなに広い荷室ではありませんが、後席を倒す前提であれば間口もスクエアで意外と乗せやすくて使いやすいという意見がありました。タイヤも4本乗るスペースがあるので十分なようです。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

普通に乗るだけでも楽しくなる仕様に、後部座席の広さやラゲッジの広さで実用性もある非常に優れた車です。足りないところはアフターパーツで補いましょう。

アルトワークスにはなんと自転車まで詰めるそうです。趣味にも使えるとなると、走り好きなら一台抑えておきたい車といえるでしょう。

アルトワークスの故障・メンテナンスの口コミ/評判

評価
故障・メンテナンス
(3.0)

アルトワークスの故障・メンテナンスの特徴

メンテナンス

アルトワークスの整備性

アルトワークスはターボエンジンにMTもしくは5AGSというシンプルなパワートレインなので、これと言って特別な整備はありません。

ウォッシャー液の補充などといった日常整備や定期的なエンジンオイルの交換で十分です。エンジンにはターボを使っているのでオイル交換の頻度はシビアに見る必要があります。

さらに車体も非常に軽いのでジャッキアップもしやすく、タイヤ交換などといった整備もユーザー自身で行えるでしょう。

なおターボエンジンのオイル交換については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

オイル交換ターボ車のエンジンオイルの交換時期は?おすすめのオイルはこれ!

アルトワークスの故障のしやすさ

アルトワークスには5AGSというマニュアルミッションを自動で変速するシステムが付いています。耐久性はMT並にあるそうですが、ターボエンジンとの組み合わせによって摩耗が早まる可能性は高いです。

その他にもスポーツ系のパーツは制動を良くするためにブレーキパッドが消耗しやすかったりなどと、消耗の頻度が早い傾向がありますので注意が必要です。

アルトワークスの故障・メンテナンスに対する口コミ/評判の傾向

セルモーターの始動不良

エンジン始動時にキュルキュルと普通じゃない音がして、診てもらうとセルモーターの異常だったという話があります。

どうやらセルモーターの不具合があるようですので、音が気になる場合はエンジンが始動しなくなる前に診てもらいましょう。

経年劣化でオイル漏れ

古いアルトワークスはオイル漏れが起こりやすくなっているそうです。パッキン類の劣化が進んでいることが原因なようですが、ロッカーカバーからのオイル漏れであれば白煙を吹くことがありますので注意が必要です。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

現行モデルのアルトワークスですが、約20万キロでタービン交換をされたそうです。軽自動車のエンジンの耐久性は20万キロほどと言われているので、走行距離の多い人は注意が必要です。

なんとメガネの部分のメッキが剥がれてしまっています。フロントのメッキは飛び石などさまざまな悪条件が重なる場所なので特に注意しましょう。

アルトワークスの価格・値段の口コミ/評判

評価
価格・値段
(4.0)

アルトワークスの価格・値段

グレード価格
5MT150.9万円
5AGS154.7万円

アルトワークスはMT150万円からと、もとのベース車両に比べて70万円近く価格がアップしています。

もちろん足回りやボディの補強、エンジン性能の向上からシートまでさまざまな部分で性能の向上が図られているので費用対効果は非常に高いです。

とはいえ普段遣いにはオーバースペックなので、見てくれだけを求める人は素直にベース車両を買ってカスタムしたほうが良いでしょう。

歴代アルトワークスの中古相場

アルトワークスの歴史は長く初代は1988年に登場し、なんと31年もの歴史があります。今でも根強い人気を持っており、中古相場は安いものでは20万円ほどから高いものでは70万円ほどと、当時の新車が買えるような価格帯です。

2代目のアルトワークスは1994年に発売し、古いもので25年ほど経ちます。こちらもまだまだ人気があるので安いものは10万円から、高いものは100万円です。

3代目アルトワークスは1998年に登場し21年が経っています。中古相場も安いものは5万円からありますが、高いものでは100万円ほどとこちらも高額になっています。相場として10万~70万円の個体が多く取引されています。

古い車体はプレミアがついた価格になっているので、価格が高いからといって安心して乗れるわけではありません。実物を実際に見て安心して購入できるかどうかを見極めた上で購入しましょう。

現行モデルは2015年に発売されました。発売から4年程経っていますが非常に人気が高く、下は約80万円から高いものは250万円となかなか高額です。コンプリートモデルなどといったカスタムモデルもあり、アルトワークスの人気の高さが伺えます。

MEMO

なお正しいやり方で値引き交渉をすれば、上記の価格よりも大幅に安くアルトワークスを購入できますよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

アルトワークスの価格・値段に対する口コミ/評判の傾向

お買い得な価格設定

他の軽自動車スポーツに比べると価格設定が安いという意見があります。ベース車両があるのでやすいのは当然ですが、これだけの装備でこの価格というのは確かに破格です。

レカロはオプションにしてほしかった

アルトワークスにはレカロシートが標準で入っています。

こちらはカー用品店などでは1点で10万円を超える価格で販売されているので、オプション設定にしていれば価格が下がったのではないかとのことです。仕入れ値などもあるので単純に20万円も下がるとは思えませんが、多少は安くできたかもしれません。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

アルトワークスは150万円という価格設定で、スイフトスポーツは183万円です。価格差は30万円ですが、その差で乗り心地や安心感が高まると思うと、スイフトスポーツに心が揺れてしまうのもわかります。

アルトワークスのベース車両であるアルトは、安いものでは72万円から存在します。こちらもマニュアル設定がありますので、ただマニュアルがほしいだけという人にはこちらでも良いかもしれません。

アルトワークスの維持費・税金の口コミ/評判

評価
維持費・税金
(5.0)

アルトワークスの維持費・税金の特徴

車 維持費

アルトワークスの維持費を下記の条件で計算します。

  • 年間走行距離約1万キロ程度
  • 旅行で1000キロほど高速をつかう
  • 車検及び整備の見込み費用として12万円

アルトワークスは軽自動車なので、自動車税、自賠責、重量税を計算すると、年間で26,635円が強制的にかかる費用になります。

税金以外でかかる費用はガソリン代、高速代や整備費そして任意保険です。これらを計算すると202,900円ほどになります。先程の税金と合わせると年間維持費は229,535円です。

ここに駐車場やローンの場合は車両の価格が上乗せされる形になります。MTモデルは60回ローンで支払いをすると月々おおよそ32,800円となります。

ですから維持費と合わせると月々が約52,000円で維持することが可能です。

軽自動車らしからぬ軽快な走りと十分な実用性を持ち合わせたアルトワークス。燃費性能も非常に高く、ドライブのお供だけでなく日常の足としても使えるのでコストパフォーマンスは最高に良い車です。

アルトワークスの維持費・税金に対する口コミ/評判の傾向

とてもコスパが良い

アルトワークスは軽自動車の維持費でありながら走りも楽しめる非常にコスパの良い車だという意見があります。

アフターパーツや自動車保険も軽自動車らしい価格なので、手軽なスポーツカーが欲しい人にはぴったりです。

燃料代が安い

アルトワークスはコンスタントに20km/Lの燃費を出してくれるので、通勤などに普通に使うにしても燃料代が安いとのことです。ガソリンもレギュラーですし燃費も良いので普通に使う車としても最適です。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

アルトワークスは抜群な実用性と経済性を持つスポーツカーです。車にそこまでお金をかけられないけど走って楽しい車がほしいという人にはぴったりですね。

レカロシートやターボエンジンなど車好きにはたまらない装備ですが、軽自動車なので維持費は安いです。普通車の維持に疲れた人にも良いでしょう。

なお維持費については以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

スズキ アルトワークスアルトワークスの月、年間の維持費を計算!高いのか安いのか比較して解説!

アルトワークスのグレード・仕様の口コミ/評判

評価
グレード・仕様
(3.0)

アルトワークスのグレード・仕様の特徴

アルトワークス グレード

アルトワークスはミッションがMTと5AGSの2つから選ぶことができます。パワートレインは660ccターボエンジンのみで、それぞれ4WD設定がありますのでシンプルなグレード構成と言えるでしょう。

MTモデルは特に難しい装置もなく、思い通りに動かしやすいモデルです。5AGSモデルは緊急ブレーキなどの予防安全装備も採用されており、安全性が高いモデルです。

ただ独特の変速タイミングは慣れないと違和感があり、運転しにくいかもしれません。

アルトワークスのグレード・仕様に対する口コミ/評判の傾向

アルトワークスの販売比率はなんとMT仕様が9割となっており、昨今の自動化の波を打ち消す勢いです。

カスタムベースとして購入されることを考えると変な電子制御の少ないMTのほうが扱いやすいのかもしれませんね。

アルトワークスユーザーの実際の口コミ

5AGS仕様は全体の1割程度ということで非常に貴重です。スポーツカーらしいフィーリングだけ感じたいという人にはちょうどよいでしょう。

アルトワークスの外観はアルトRSとそれほど外観的に違いがないそうです。ワークスらしい特別感がほしいという人には物足りないかもしれませんね。

総評

ここでアルトワークスの総評をしていきます。

アルトワークスの評価
外装(エクステリア)
(3.0)
内装(インテリア)
(3.0)
走行性能(走破性・安全性)
(5.0)
燃費
(4.0)
乗り心地
(3.0)
広さ・居住性
(3.0)
実用性
(3.0)
故障・メンテナンス
(3.0)
価格・値段
(4.0)
維持費・税金
(5.0)
グレード・仕様
(3.0)
総合評価
(4.0)

アルトワークスは軽自動車らしからぬ走行性能の高さと非常に安い維持費が魅力的な車です。

最高速の伸びはありませんが、エンジンパワーを使い切って軽快に走り抜ける気持ちよさは何者にも代えがたいです。

さらに普通に運転すれば燃費も非常によく、人や荷物ものりますので実用性もしっかり兼ね備えたスポーツカーです。

ポイント

とはいえベース車両からそれほど変わらない外観や内装で特別感がないことや、純正の乗り心地の悪さで評判がよくありません。気に入らないところは自分で変えていくという意気込みがないとだめなようです。

最高速が出ないので高速道路を頻繁に乗る人や車に特別感を求める人にはおすすめできる車ではありません。

しかし軽自動車ならでは圧倒的に優れたコストパフォーマンスと走行性能の高さ、そして実用性を兼ね備えた車がほしいという人には非常におすすめできる車です。