1分で車を60万円値引きする裏技

これなら購入OK!!買いの過走行車の見分け方のポイント4つ!

中古車を見ていると「過走行車」という車を見かけますが、値段はほかより安くても何が問題があるのかってよくわかりませんよね。

今回は過走行車ご説明します。

過走行車とは

「過走行車」という言葉を聞くと、「走行距離がとっても多い車かな?」と思ってしまいますが、実はそうではありません。

過走行車には次の様な一般的な基準があり、例え走行距離がそこまで多くない車でも過走行車として認定されることがあります。

・過走行車:年間走行距離が10,000km以上の車

その為、例えば年式が5年経過した車で走行距離が70,000kmとなっていた場合、この車は過走行車と見なされます。

また反対に10年落ちの車であっても、走行距離が50,000kmだったら、過走行車とはみなされません。

なお走行距離が100,000kmを越えた車が過走行車と呼ばれることもあるのですが、一般的に言われる定義とは間違っています。

しかし車が古くなっているという意味ではあっています。

さて一般的に過走行車には次のような特徴があり、デメリットも多いですが悪い点ばかりでもないのです。

過走行車は値段が安い

過走行車

過走行車は走行距離が多いため、一般的には車としては使いすぎとしてみなされます。

その為買い取り査定が低くなるため、中古車市場での価格も必然的にさがっているのです。

どのぐらいの過走行車で価格がどれぐらい下がるかは、その車のクオリティ次第ではあります。

しかし一般的に言って買い取り額は同じ車種の半額以下、走行距離が多いものについては0円査定などということもあり得ます。

その分中古車市場で売られる時には安くなっているので、買い易い中古車ではあります。

車の部品が劣化している可能性がある

ひとえに過走行車だからといって車がボロボロというわけではありませんが、走行距離自体が多い車は部品が劣化している可能性があります。

たとえば過走行車でも走行距離70,000kmぐらいまでなら問題ありませんが、80,000kmを超えたあたりからエンジン部品の一部は交換が必要な場合が出てきます。

特にエンジンのタイミングベルトや補器類などが、80,000km100,000kmで交換時期に入ります。

過走行車は走行距離が結構進んでいることが多いので、そういう車を購入する場合には部品交換のことも考えておきましょう。

エンジンの状態はよいこともある

過走行車は走行距離が多いからボロボロ、と一概には言えず、エンジンの状態でいえば過走行車のほうが良いこともあります。

車のエンジンというのは長い距離を走っていれば少しずつ各部が劣化していきますが、じつはあまり動かさない場合でも状態が悪くなるのです。

エンジンの内部にはたくさんの部分に部品同士がこすれあう部分があり、代表的なものにはピストンがあります。

ピストンとこすれる部分はエンジンオイルで潤滑して焼き付かないようになっているのですが、あまりエンジンを動かしていないとオイルが固まってしまって抵抗となります。

抵抗の大きいエンジンでたまにしか車に乗らないと、その抵抗のせいで燃費が悪くなったり、エンジン全体の性能が落ちていくのです。

逆に過走行車などでエンジンを頻繁に動かしていると、エンジンオイルは良い状態を保ったままになり、エンジンが本来の性能を発揮できています。

またトランスミッションやその他回転部を持つ部品全般が、同じような傾向になります。

過走行車だからといってすべてが悪いわけではなく、車の性能が引き出されている場合もあるのです。

低年式過走行車はさすがに問題が多い

過走行車の中でも年式が古い車はやはり問題が多いことがよくあります。

当然と言えば当然ですが、走行距離も多く年式も古いとなると、エンジンだけではなく車体やその他の部品にもいろいろなトラブル、故障が発生します。

過走行車の場合、販売価格をそんなに高くできないので修理が可能な部分とそうでない部分がでてきてしまい、車体のキズや凹みなど走るのに問題が無い箇所は現状渡しとなる子事が多いです。

また経年劣化で固くなるゴム部品なども問題で、エンジンなどのゴムホースや、ドアのパッキンに使われているゴムなどは交換が必要な状態になります。

これも部品交換が必要ですが、値段の安い過走行車ではどこまでメンテナンスが行き届いているか微妙なところです。

安く車を手に入れたとしても。その後にトラブルが多かったり、修理にお金がかかったりしてしまっては意味がありません。

過走行車を購入する時に気を付けなければいけないことです。

買いの過走行車の見分け方

過走行車の中でも、しっかりみわけていけば良い状態の車を見つけることが出来ます。

しかも値段は過走行車なので安く、こういう車なら十分買いと言えるでしょう。そんな「買い」な過走行車のポイントは次の4つです。

高年式過走行車を狙う

まず最初のポイントは、過走行車でも出来るだけ高年式の車を選ぶことです。 過走行車でも、6年落ち80,000kmなどになっている車は年式は比較的新しいです。

車の部品の中には経年劣化で交換しないといけない部品も多数あり、高年式を狙うことでまだ劣化していない部品が多数ある状態になります。

たとえばゴム部品などは交換の目安が10年と言われており、それより新しい車であれば過走行車と言えども良い状態であると言えます。

高年式だと過走行車と言えども多少値段は高くなりますが、部品交換がまだまだ先であることを考えればお得な買い物になるでしょう。

なお、正しいやり方で値引き交渉をすれば普通より安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

メンテナンスが行き届いているかどうか

オーナーのメンテナンス

過走行車が良い状態を保っているには、前のオーナーがどれだけこまめにメンテナンスをしていたかにかかっています。

過走行車に乗っていた人は運転が好きな人が多く、車に対する知識も豊富です。

その為トラブルを未然に防ぐためにも、定期的なオイル交換やバッテリー交換、その他故障した部品の交換などを頻繁に行っているでしょう。

こういったメンテナンスが行き届いている車であれば、過走行車といえども比較的良い状態を保てています。

また前述したエンジンの状態も良いことが予想されますので、過走行車として古くなっているところは仕方ないにしても、車としては良い状態の過走行車を選ぶべきです。

つい最近まで運転されていたかどうか

過走行車のポイントの一つに頻繁に運転されていたかどうか、ということがありましたが、その過走行車が中古車屋さんに最近入ってきたのであれば、買いと言えるでしょう。

最近入ってきたということは、その車が買い取りに出されたのもそこまで期間が経っていないということです。

逆にずっと中古車屋で動かさずに眠っているような状態の車だと、いくら前のオーナーがしっかりメンテナンスをしていても、エンジンのオイルは固まり動きは悪くなってしまうでしょう。

特に過走行車は売れ残ることも多い商品ですので、長い間動かさないままということも考えられます。

また中古車は業者間同士でもやりとりされているので、どこかで売れ残った車が流れてきているとも考えられます。

その為最良の状態としては、その車が同じ中古車店で買取に出され、しかも買い取られてからあまり月日が経っていない車がよいでしょう。

そのあたりは自分で見ても中々わかりませんから、中古車店の店員さんなどに聞いてみましょう。

車体にサビの発生はないか

車の錆

過走行車で低年式の場合、エンジンやトランスミッションなどの激しく動く部分以外にも、車体本体にサビが発生していることがあります。

年式が古い車では仕方ありませんが、車体にサビが出て拡大してしまうと、そこに穴が出来てしまったり、車体の強度が弱くなってしまします。

また一度穴が開いてしまうと、そこからサビがどんどん拡大してしまい、車体の状態はどんどん悪くなるのです。

確認するポイントとしては、車体の床下のパネル部分や、大きな力がかかるサスペンションの取り付け部などです。

多少サビが浮いている程度なら問題ありませんが、広範囲でサビが出てしまっている場合には注意してください。

車体のサビは落とせますし、穴もいろいろな塞ぐ方法があるので、修理すれば車として使えます。

しかしそもそも安い過走行車を買ったのに修理費がかかってしまっては、あまりうれしくありませんよね。

過走行車といえども車の寿命はまだまだ先

一般的に過走行車と呼ばれる車や走行距離が100,000kmを超える車は、古い車、寿命の誓い車とみられがちです。

しかし実際には過走行車が本当の寿命に達するのはまだまだ先で、100,000km程度ではそこまで至らないのです。

良い例の一つがタクシーですが、タクシーは走行距離が200,000km400,000kmという車も珍しくありません。

タクシーに使われる車も普通のセダンですので普通車と変わりませんが、しっかりしたメンテナンスと、毎日の走行のおかげで車体もエンジンも良い状態を保てています。

タクシーはまぎれもない過走行車ですが、車がまだまだ使えることの証の一つです。

また日本で売れ残った過走行車の大半は海外に輸出されています。

中国、ロシアのみならずヨーロッパやアジア各国、中東に至るまで、日本の中古車は世界中で活躍しています。

これらの車は日本よりも環境が良くない場所で、メンテナンスもあまり行き届きませんが、100,000kmどころか200,000kmでも問題なく乗れている場合が多いです。

当然故障やトラブルもあり、修理も必要でしょうが、過走行というだけで車がつかえなくなることはほとんどありません。

過走行車を購入しようと考えるときは、メンテナンスなどをしっかりやってあげれば、長い間その車と付き合うことが出来るはずです。