1分で車を60万円値引きする裏技

【画像/写真】プリウスPHVの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!

「トヨタのプリウスPHVを買おうと思ってるんだけど、内装はどんな感じ?」

「プリウスPHVの内装を、メーカーサイトに載ってない細かいところまで見たい!」

車を購入するとき、見た目や走行性能も大事ですが、内装がかっこいいかどうかも気になりますよね。

そこで、トヨタ・プリウスPHVのすみずみまで写した内装写真を紹介します。

プリウスPHVのフロント

ハンドルやメーターまわりはもちろん、乗車口ドアやシートの質感といった細かいところまで、徹底的にお見せします。

なおこのレビューは「メガウェブ」というトヨタの大型ショールームにて取材を行いました。詳細は以下の記事で解説しているので、トヨタ車を試乗したい方や展示を見たい方はこちらも参考にしてみてください。

メガウェブの建物メガウェブライドワンの試乗レポート!駐車場や料金を調査してきました!

プリウスPHVの内装:前部座席(運転席/助手席周り)

それではさっそく紹介していきます。グレードはA”レザーパッケージ”です。

運転席周り

プリウスPHVの全体の様子

コックピット全体の様子です。内装色はクールグレーで、ダッシュボード部分がグレーになっています。

まずは運転席から見ていきましょう。

プリウスPHVの運転席からのコックピット

運転席から見えるコックピットの全体です。カーナビやエアコン設定パネルの役割をしている、センターディスプレイが目立っています。

ハンドルは本革巻き3本スポークステアリングホイールです。プリウスPHVにはステアリングヒーターがついていて、寒い冬の運転でも温かいさわりごこちのハンドルで運転できます。

プリウスPHVのステアリングスイッチ

ハンドル右側の、ステアリングスイッチです。

マルチインフォメーションディスプレイの表示変更や、レーンディパーチャーアラート(ウィンカーを出さずに車線をはみ出してしまいそうなときに鳴る警告)のON・OFFをこれで切り替えます。

そのほか、先ほど解説したステアリングヒーターのON・OFFや、レーダークルーズコントロール(先行車と適切な車間距離をたもってくれる機能)の希望車間距離の設定も、このスイッチで切り替えます。

プリウスPHVのレーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロールのON・OFFスイッチです。右側のステアリングスイッチのすぐ下にあります。

プリウスPHVのステアリングスイッチ

ハンドル左側の、ステアリングスイッチです。

オーディオの音量変更や、ハンズフリーで電話をかけたり受けたりするのに、この左側のスイッチを使います。

プリウスPHVのウィンカーレバー

ウィンカーレバーです。ウィンカー点滅のほか、フォグライトの点灯・ヘッドライトの点灯・ハイビーム・ロービームの切り替えを行います。

オートモードにすると、対向車のヘッドライトを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

プリウスPHVのワイパーコントロールスイッチ

ワイパーのコントロールスイッチです。ウィンドーウォッシャー液による窓清掃もこのレバーで行います。

プリウスPHVのマルチインフォーメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイです。電源が入るとスピード・駆動用バッテリーの残量・エネルギーの使用状況・実燃費といったさまざまなことが表示されます。

プリウスPHVのマルチインフォーメーションディスプレイ

電源が入ってるときはこのようになります(※この写真は私が運転しているときに同乗者が撮影したものです)。

プリウスPHVは、運転しているとふつうのハイブリッドカーと変わらない感覚なので、このように電気エネルギーの流れを液晶表示しているのを見ると、「プラグインハイブリッド車に乗ってるんだなぁ」と感じられて良いです。

※実際に試乗した感想は以下の記事でまとめているので、詳細が知りたい方はこちらもあわせてご参照ください。

プリウスPHVの外観トヨタプリウスPHVの試乗レビュー!乗り心地の感想・インプレッション!

個人的には昔ながらのアナログメーターが好きなんですが、スピードが液晶表示されるのも、この車には合っている気がします。

センターコンソールやスイッチ関連

プリウスPHVのセンターディスプレイ

センターディスプレイです。エアコンの温度設定やオーディオ操作・カーナビの画面がここに表示されます(※この写真ももちろん同乗者が撮影したものです)。

タブレットのようなタッチパネルになっていて、11.6インチの大画面で非常に操作しやすいのが特徴です。

また、iPodやiPhoneをUSB接続すれば、直接端末を操作しなくてもセンターディスプレイ上で操作ができます。

カタログで見ていたときはこのセンターディスプレイがあまり好きではなかったんですが、実際に電源を入れてタッチパネル操作してみると、「最新式の車」という感じがしてすっかり気に入ってしまいました。

プリウスPHVのエアコン

センターディスプレイ右側のエアコン吹き出し口です。

プリウスPHVのエアコンは、「上部には低湿度な外気を取り入れて窓のくもりを防止し、足元には暖かい空気を循環させる」という2層式のヒーターユニットを採用しています。

また、エコドライブモード中にエアコンのみ通常モードにしたり、逆にエアコンのみをエコモードにするといった、燃費向上と快適さのバランスをお好みで調整できます。

プリウスPHVのエアコン

センターディスプレイ左側のエアコン吹き出し口です。

プリウスPHVのオーディオ操作パネル

センターディスプレイ右側のオーディオ操作パネルです。先ほどのようなタッチパネルだけでなく、スイッチで操作することもできます。

プリウスPHVのエアコン操作パネル

センターディスプレイ左側のエアコン操作パネルです。こちらもタッチパネルだけでなくスイッチ操作ができます。

エアコンの設定温度変更や、フロントガラス・リアガラスのくもり止めのON・OFFのほか、メニュー操作もこのスイッチでします。

プリウスPHVのシフトレバー

シフトレバーです。ほかの車種とくらべるとかなり小さく、指先でつまんでちょこちょこっと操作する感覚です。

操作感は正直イマイチで、PからDに切り替えてもあまり手ごたえがなく、本当に切り替わったのかどうか不安になりました。

ふつうの車はレバーを動かしてDに入れたらそのまま動きませんが、プリウスPHVのシフトレバーは手を離すともとの位置に戻ってしまうので、違和感があります。

プリウスPHVのスイッチ

シフトレバーの左どなりには、「車両接近通報一時停止スイッチ」・「ドライブモードスイッチ」・「EV/HVモード切り替えスイッチ」があります。

「車両接近通報一時停止スイッチ」とは、「エンジンが停止した状態で静かに走行している際に、音を発生させて周囲に車がいることを知らせるシステム」を、OFFにするスイッチです。

ドライブモードはノーマルモード・エコモード・パワーモードの3つから選べます。

「EV/HVモード切り替えスイッチ」を押すことで、電気を温存しながら走行するか、電気のみで走行するかが選択できます。

これらのスイッチは運転席から少しとおく、走行中にドライブモードを切り替えたいときは一瞬目を逸らして腕を伸ばさないといけないので、やや押しにくいです。

プリウスPHVのスイッチ

シフトレバーの右側には電動パーキングブレーキスイッチ。

プリウスPHVのシートヒーターのスイッチ

シフトレバーから下に下がると、シートヒーターの強弱切り替えスイッチがあります。

プリウスPHVのスマホの充電

スマホの充電器、「おくだけ充電」です。ケーブルを差さなくても、四角い充電エリアにスマホを置くだけで充電できます。充電エリアの寸法はタテ153mm、ヨコ83mmです。

プリウスPHVのドリンクホルダー

おくだけ充電の手前には、ドリンクホルダー。

プリウスPHVの肘掛け

ドリンクホルダーの手前にはヒジ掛けがあります。このヒジ掛けは表面が合成皮革で、感触が良く、プリウスPHVの乗り心地の良さを上げています。

プリウスPHVのエアコン

運転席の窓側のエアコン吹き出し口です。エアコンをONにすると、ナノイーが出ます。

プリウスPHVのスイッチ

エアコン吹き出し口の下には、「イグニッションスイッチ(スタートボタン)」・「IPAスイッチ」・「S-VSCオフスイッチ」・「オートマチックハイビームスイッチ」があります。

IPAとは、車庫入れや縦列駐車・出庫のときに、周囲の障害物を検知して、ステアリング操作を自動アシストしてくれる機能のことです。

駐車したいスペースの正面でIPAスイッチを押すことで、システムが作動します。

S-VSCとは、車両の挙動を安定させるシステムのことで、ONにしているとカーブを曲がるときや右左折時にスムーズなステアリング操作をアシストしてくれます。

オートマチックハイビームスイッチとは、対向車のライトを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるスイッチで、先ほどのウィンカーレバーでオートモード(もしくはハイビーム)にした状態でONにすると機能します。

プリウスPHVのスイッチとETCカード挿入口

さらに下に下がるとタイマー充電スイッチ・給油口のオープンスイッチ・ETCカード挿入口です。

タイマー充電スイッチは充電開始時刻を予約したり、くりかえし充電の曜日設定をするためのスイッチです。

プリウスPHVのボンネット解除スイッチ

給油口オープンスイッチの下には、ボンネットのロック解除スイッチがあります。

プリウスPHVのペダル

ブレーキペダルとアクセルペダルです。

プリウスPHVのフロアマットとロゴ

フロアマットにプリウスPHVのロゴがあります。

前部座席のドア周り

プリウスPHVの運転席のドアトリム

運転席のドアトリムです。

プリウスPHVの運転席のインナーハンドル

運転席ドアのインナーハンドルです。

プリウスPHVのドアポケット

運転席ドアにはドアポケットがあります。

プリウスPHVのドアトリム

ドアトリムのアップ。表面はシボ加工されています。

プリウスPHVのスイッチ

運転席ドアのパワーウィンドウスイッチ・ミラー調節スイッチ・サイドミラー格納スイッチです。

プリウスPHVのドアスピーカー

運転席ドアのスピーカー。

プリウスPHVのドアトリム

助手席のドアトリムです。

プリウスPHVのドアポケット

助手席ドアトリムにもドアポケットがついています。

プリウスPHVのパワーウィンドウスイッチ

助手席ドアのパワーウィンドウスイッチです。

プリウスPHVの助手席ドアのスピーカー

助手席ドアのスピーカー。

シートの質感とその他の内装

プリウスPHVのコックピット全体

助手席ドア側から見たコックピット全体です。写真の内装色はクールグレーですが、ブラックを選べばダッシュボードの色が黒になります。

プリウスPHVのエアコン

助手席窓側のエアコン吹き出し口です。

プリウスPHVの前部座席

運転席ドア側から見た前部座席の様子です。シート表皮は「本革(ブラック)」になっていますが、このほかに「本革(クールグレー)」と「ファブリック(ブラック)」が選べます。

プリウスPHVの前部座席

助手席ドア側から見た前部座席の様子です。前部座席には、電動リクライニング機能と快適温熱シート(シートヒーター)がついています。

シート自体のすわりごこちは可もなく不可もなくといったところですが、シートヒーターはとても温かくて快適でした。

プリウスPHVのヘッドレスト

前部座席のヘッドレスト。

プリウスPHVの前部座席の室内灯

前部座席の室内灯です。

プリウスPHVの室内灯のスイッチ

室内灯にはヘルプネットスイッチパネルがついています。事故や急病といった緊急時にこのスイッチを押すと、ヘルプネットセンターに電話がつながり、警察や消防に通報してくれます。

プリウスPHVのルームミラー

プリウスPHVのルームミラーです。

プリウスPHVのサンバイザー

助手席のサンバイザー(日よけ)です。

プリウスPHVのミラー

ミラーのふたを開けると、ライトが点灯します。

プリウスPHVのサンバイザー

運転席のサンバイザーです。運転席側も、ミラーのふたを開けるとライトが点灯します。

MEMO

もしプリウスPHVを買おうと考えているなら、あわせて正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。

このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。詳しく知りたい方は、下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技』のページをご覧ください。 裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

プリウスPHVの内装:後部座席(2列目)

プリウスPHVの後部座席のドアトリム

後部座席に行ってみましょう。こちらは後部座席のドアトリムです。

プリウスPHVのドアポケット

後部座席ドアにもドアポケットがついています。

プリウスPHVのパワーウィンドウスイッチ

後部座席ドアの、パワーウィンドウスイッチです。

プリウスPHVのスピーカー

後部座席ドアのスピーカー。

プリウスPHVの後部座席

後部ドア側から見た、後部座席の全体です。

プリウスPHVのドリンクホルダー

後部座席のまんなかには、ドリンクホルダーがついています。

プリウスPHVの後部座席の天井

後部座席天井の室内灯です。「点灯」・「ドアオープン時のみ点灯」の2パターン使えます。

プリウスPHVの荷室(トランク/ラゲッジ)

プリウスPHVの荷室

最後は荷室を見てみましょう。プリウスPHVのバックドアは、このように開きます。

プリウスPHVの荷室内

プリウスPHVはタイプがセダンになっていますが、このように荷室と車内がつながっています。

プリウスPHVの荷室のトランク

右側のみライトが点灯。

プリウスPHVのコンセント

左側の壁面には1,500WのAC100Vコンセントがついていて、ここからつなげば電気製品が使えます。

なおプリウスPHVについては以下の記事でも批評しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

プリウスPHVのフロントプリウスPHVの辛口レビュー/評価!欠点/短所と魅力/長所をすべて暴露!

プリウスPHVの内装/インテリアの総評

プリウスPHVの内装全体を見た総評としては、やはり最大の特徴はセンターディスプレイで、一度操作してみれば偏見を打ち壊すだけの良さがあります。

コックピットはものすごい高級車とまでは言いませんが、「いい車」だと感じるぐらいのデザインではあり、走行性能が素晴らしいので、それと照らし合わせて見ると満足のいく内装です。

電気モーターの音を聞きながらマルチインフォメーションディスプレイに表示される「エネルギーの流れ」を見れば、特別な車に乗っている感じがして、きっと気持ちよくなれるはずです。

この記事を読んだことで、プリウスPHVを購入するかどうかの判断材料のひとつになれることを願っています。

ミライ以外の車種の内装についての記事もございますので、興味のある方はこちらもご参照いただき購入の参考にしてみてください。

MIRAIのフロント【画像/写真】MIRAI(ミライ)の内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介! アクアのフロント【画像/写真】アクアの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!