1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】レクサス IS250のカスタム例まとめ!改造・ドレスアップする方必見!

このIS250はカスタムカーのお手本のような1台で、大径ホイール+鬼キャン+車高調の3点セットがしっかりキマっていますね。

ホイールはENKEIあたりだと思いますが、少々見えづらいのではっきりわかりません。

IS250にはバンパーなどの大きなエアロパーツは少ないのでこの車もバンパーはノーマルのようです。

しかしそこにスポーティなフロントスポイラーが入っているので、車高に合った低いシルエットがうまく作られています。

IS250は純正でもグッとくるようなスポーティなシルエットをしているので、ほんの少し手を加えるだけでもカッコよくなります。

これにさらにリアスポイラーのスタイリッシュなのが入るとより一層よくなりそうですね。

 

AXCENTのフロントスポイラーやサイドサイドスポイラーを身にまとった1台で、ガンメタ気味のボディカラーととてもマッチしていてかっこいいですね。

IS250のドレスアップはなんといってもフロントスポイラーがキモとなるのですが、このAXCENTのスポイラーは真ん中で曲線を描く独特のデザインをしています。

割合直線基調のデザインのフロントスポイラーが多い中で、なかなかオシャレな一品ではないでしょうか。

ホイールはよく見えませんが、WORKの5本スポイラーのホイールのようにも見えます。

この車もしっかり鬼キャン+ツライチにしてあっていいのですが、IS250はそもそも前と後ろのタイヤハウスの径が違うようで、前後で多少違う見え方をしますね。

でもこの車のように後ろによりキャンバー角をつけることで、メリハリが出来て面白いです。

 

このIS250はどうやら海外のオーナーさんの1台のようですが、ボディはオールペイントしてあるらしく、珍しいゴールドの鮮やかなカラーです。

やはりバンパーなどは純正のままでスポイラー類でドレスアップしてありますが、エアインテークのようなフロントスポイラーはがかっこいいですね。

光の当たり方もあるのですが、グリルの黒いメッシュがゴールドのボディと対比されて、ゴージャスな雰囲気を出しています。

ホイールはメーカーはわかりませんがホワイトのスポークホイールで、これもゴールドの車体と色がよくマッチしてます。

しかし海外でも大径ホイール+鬼キャン+ツライチというのはしっかり根付いているのですね。

たぶんアメリカだと思うのですが、とにかくまっすぐなアメリカの道を走るのにこのISは最高のカッコよさでしょうね。

 

このIS250にはAIMGAINの出しているカスタムエアロキットが搭載されており、グリル、フロント&リアバンパー、スポイラーなどのエアロパーツがセットになっており、追加でマフラーなども購入できます。

このキットでの一番の目玉はやはりフロントバンパーのデザインで、現在レクサスで主流になっているスピンドルグリルを模したラインが使われています。

それでいてIS250本来のラインも残してあるので、両方のデザインを崩すことなく上手に融合されているのが素晴らしいですね。

またバンパーに仕込まれている4連の小さなフォグがアクセントとなっていて、夜なんかはかなりのアピール度ではないでしょうか。

全体的に迫力のある顔つきなので、IS250の持つどことなくおとなしいイメージも一変させることが出来ます。

AIMGAIN、かなりカッコイイです。

 

これは数少ないIS250のカスタムバンパーをラインナップしているJATSのデモカーです。

こちらもレクサスのスピンドルグリルに似たデザインのグリルを採用していますが、AIMGAINとは違ってIS250のグリル形状でメッキが入っているのが目を引きますね。

ヘッドライトは後期用が装着されていて、ライトの下側に並ぶLEDのラインがきらびやかです。

写真では見えませんが、リアもちゃんとLEDテールをおごってあるそうです。

ホイールはワークエモーションのホワイトをはかせてあり、目立つワインレッドのボディカラーとの相性はばっちりです。

車高調とツライチセッティングでローダウンも完璧ですね。

ボンネットもブラックのカーボンボンネット風で、車全体が引き締まった印象を与えてくれます。

ブラックがそのままグリルまでつながるので一体感もばっちりです。

 

IS250のライトなカスタマイズを一つご紹介しましょう。

いわゆるノーズマスクやノーズブラと呼ばれるカスタムパーツでで、ボンネットの前側にゴム製の薄い膜をかぶせるパーツです。

このパーツはもともとアメリカで人気のもので、車に飛んで来る跳ね石などからボディを守るためにつけます。

特にカリフォルニアなど、乾燥していて直線道路が続く場所などではしょっちゅう前の車からや対向車からの跳ね石が飛んできます。それを防ぐためにアメリカでは有効なパーツなのです。

日本ではそこまで跳ね石が多い環境ではないので機能的にはあまり意味がありませんが、それでもドレスアップパーツとして簡単にアメリカ風のデザインを手に入れられるので、高級車やSUVなどではやっています。

ボンネット全体を覆うフルブラジャーなどもありますが、それだと見た目が艶消し塗装とあんまりかわらないので、ハーフぐらいがちょうどいいのでしょう。

 

このIS250はグリルを現行IS風に仕上げたカスタムカーで、バンパーごとカスタムパーツに交換してあります。

現行ISは現在のレクサスのブランドアイコンでもあるスピンドルグリルという特徴的なグリルを採用しており、これがレクサス車の高級感と力強さを際立たせるアイテムになっています。

前型であるIS250は純正ではスピンドルグリルはなかったのですが、このスピンドルグリル化できるバンパーキットが各所で販売されており、IS250も精悍な顔つきを手に入れることができるのです。

ブラックのボデイには特徴的なスピンドルグリルがベストマッチで、元のIS250がかなりおとなしい車だったということがわかりますよね。

この1台はさらにカールソンの19インチをはかせてあり、よりスポーティに仕上がっています。

キャンバーは標準ですが、これはこれでスポーツカールックが際立つので良いですね。

 

このIS250にはGOD PARTSのヘッドライトとテールライトが装着されており、それ以外は純正の1台です。

このヘッドライトはライトの下側にL字型のLEDラインが敷かれており、転倒させると現行のGSやLS、ISなどのヘッドライトを彷彿とさせるデザインになります。

レクサスのLともかけてあるかもしれませんね。

またテールライトもクリアタイプで内部はL字型にLEDが配置されており、後ろからの見た目もシャープになります。

エアロやスポイラーがなくてもヘッドライトを変えるだけで結構高級感がでることがよくわかりますよね。

IS250の純正のスタイルをキープしたいけど、少しおしゃれにカスタマイズしたい人にはこういった方向性もオススメです。

 

こちらのIS250はいわゆるUS VIPというスタイルに仕上げられた1台で、高級感とスポーティさが同居しているカッコよい仕上げです。

VIPとは日本ではやっているいわゆる国産車のカスタムのことを指しますが、その文化がアメリカに浸透したあとに日本に逆輸入されたスタイルをUS VIPといいます。

今では専門の雑誌も出ているほどでカスタムカーの一つのジャンルになっていますね。

このIS250はまさにUS VIPのカッコよさがよくわかる1台で、シンプルな仕上げながらもうまく流線形を描くフォルムを演出してあり、日本の派手なカスタムカーとは少々方向性の違うデザインです。

いかにもアメリカ西海岸の海岸道路なんかで走っていそうなデザインで、どこかさわやかにも見えませんか?

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

 

田中レーシングとなっているので日本のメーカーかと思いきや、どうやらアメリカのカスタムメーカーのようですね。

きっと日系人のタナカさんがおーなーだったりするのでしょう。

このIS250はそのタナカレーシングのコンプリートカーのようで、カーボンボンネットから大型のフロントスポイラー、GTウイングに至るまで、まさしく正統派のレーシングカーに仕上がっていますね。

日本ではIS250をここまでレーシーに改造することは珍しいので、なかなか面白い1台です。

写真だけではわかりませんが、ボンネットに排熱用ダクトがあるところを見るとエンジンもかなり強化されていそうですね。

それにしてもボンネットに書かれたやっつけ感のある「田中」の文字がしっかりしたコンプリートカーについているのがミスマッチで、思わず笑ってしまいますね。

 

この1台はAIMGAINのエアロキットにWORKのホイールを組み合わせた1台です。

AIMGAINエアロのカッコよさは前述したとおりですが、改めて見てもブラックのIS250には本当にぴったりのエアロですよね。

しかもそこに真ん中がブラックでシルバーの縁取りのあるWORKのホイールを組み合わせるという非常にオシャレなカスタムがしてあって、この車の魅力が一段と上がっています。

やはりブラックの車にはピンポイントにあるシルバーの加飾がよくマッチしますね。

キャンバー角はほぼ標準のようで、デザインよりも走りを重視したスタイルにも好感が持てます。

誰が見ても思わず「カッコイイ!」と言ってしまいそうな仕上がりです。

 

これはアメリカのIS250カスタムカーですが、海外のカスタムパーツはかなりスパルタンでスポーティなものが多いですね。

このカスタムもボンネットに大型の排熱ダクトがあったり、フロントフェンダーがかなり複雑な造形になっていたりと、日本ではまずお目にかかれないカスタムです。

ボンネットの排熱ダクトはたぶんダミーだと思いますが、エンジンにハードチューンが施されていたらダクトが必要なほど排熱が増えていることも考えられます。

フロントバンパーはスピンドルグリルに似たデザインになっていますが、一体化されているフェンダーの張り出しが強いので、レクサスというよりはマッスルカーに近い印象を受けます。

日本では少し浮いてしまうかもしれないデザインでも、アメリカであれば全く違和感がないあたり、クルマ文化の違いを感じますね。

 

このIS250もアメリカの1台ですが、現行ISと横並びになっている面白い写真ですね。

IS250と現行ISのデザインの違いがよくわかる1枚で、現行よりIS250のほうがアクが少なくシンプルでスマートな車なことがわかります。

それに比べて現行ISのなんと派手なことか…、青いボディカラーが一層際立たせていますね。

IS250のほうはカスタムも純正のスタイルを崩さない程度に抑えられていて、非常に好感が持てます。

フロントフェンダーに大径ホイール、あとたぶん車高調も入っていますが、キャンバー角がノーマルなのでとってもスマートですよね。

正統派のスポーツセダンという雰囲気をしっかり持たせてあるので、乗っていて楽しい1台なのではないでしょうか。

 

#lexus #lexus_is_official#lexusisf#lexusis250

Lexus_is_さん(@lexus_is_official)がシェアした投稿 –

こちらのIS250はリアのボリュームが凄く充実している車ですね。

リアフェンダーはメーカーは不明ですが床下からの風を整流するフィンがついていますし、マフラー周りにはシルバーの装飾があって見た目もカッコイイです。

そこにトランク上についている小型のウイングが組み合わさることで、ボリューミーながらスポーティなフォルムとなっていますよね。

この車もツライチ+ネガキャンの設定にはなっていますが、このスマートな車を見ているとどうもデザインだけでなく、直進安定性にも一役買ってそうですね。

まっすぐ走るのが得意な直線番長のイメージを受けます。

ここまで徹底してスポーティにカスタムしてあると、IS250おとなしいセダンだったことなんて全く意識の外になっちゃいますね。

これはアメリカの車なのですが日本にもこれぐらいのコンプリートカーがほしいものです。

 

このIS250もスポーティなコンプリートカー仕上げの1台で、やはりボンネットは排気ダクトがついたカーボンですね。

しかしボディカラーがホワイトなので、ブラックのボンネットとのツートーンカラーがスタイリッシュです。

スピンドルグリル風のグリルのせいもあるのか、どことなく最新のレクサスのような雰囲気があり、それでいてローダウンしたスタイルであるのがたまらなくかっこいいです。

たくさんメーカーのロゴステッカーが入っているところを見るとカスタムカーショップのデモカーのようですが、ステッカーが入るとレーシングカーのような雰囲気が出るので簡単にスポーティにできる便利なアイテムです。

見た感じ大型のウイングがないのもポイントで、レーシングカーのごつさをなくしてスマートな1台に仕上げてあります。

スポーティさとスマートな感じを両立するのは結構難しいのですが、このIS250は上手にバランスが取れていますね。