1分で車を60万円値引きする裏技

中古車は普通は値切れる?私がいつもやる値切り方を教えます!!

新車を買う時には値下げ交渉によって結構な額を値切れるものですが、中古車を買う時にでもできれば値切って安く買いたいですよね。

今回は中古車購入時の値切りについてご説明します。

中古車は普通値切れるのか

値切り

中古車を売っている販売店さんは中古車の多くをオートオークションというところで取引しており、そこでの仕入れ価格をもとに販売価格を決めています。

新車の場合であればディーラーにはあらかじめ値引き枠が決められており、そこから数十万単位で値引きを行うことができますが、中古車の場合にはそうはいきません。

中古車販売店が1台の中古車にかける利益分はせいぜいが100,000円~300,000円の間で。そこには人件費や諸経費もかかりますので、そもそも値引きに応じられる余裕は少ないのです。

ですので新車のレベルで値引きを期待しても厳しいのですが、次のような場合には多少の値引きは可能となるでしょう。

諸経費を見直す

まず値引きを行う前に、車の本体代金以外の諸経費を見直してみましょう。

例えば車の自宅までの納車にかかる「納車費用」などが見積書に書かれますが、自分で車を取りに行った場合には納車費用はかかりません。

その場合、中古車屋さんにその旨を告げて納車費用分を安くしてもらうことができます。

納車費用は10,000円~15,000円が相場ですので、そのぐらいの値引きは可能です。

キズや凹みの分を値引きしてもらう

購入前に中古車を実際に見に行った際に、キズや凹みなどを重点的にチェックして、キズや凹みの分で多少値引きできないかを交渉してみましょう。

あまり大きな値引き額は期待できませんが、数千円単位であれば応じてくれることもありす。

またキズや凹みの修理で応じてくれることもあるでしょう。

購入を決める為の最後の一押し

値引きになかなか応じてもらえない場合には、「あと少し値引きしてもらえば購入を決める」と伝えれば、多少の値引きには応じてくれるかもしれません。

中古車屋さんとしてはすぐ売れるのであれば売りたいはずですので、10,000円程度であれば値引きに応じてくれることもあるでしょう。

なお、さらにこのコツを知り値引き交渉をすればもう少し安い価格で購入できます。

このやり方を知っているだけで数十万円は違います。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

私なりの値切り方

それでは実際に私が行ってきた値切り方をいくつかご紹介しましょう。

車の破損部分を見つける

車のへこみ

中古車を実際に見に行くときに、車の破損している部分をみつけてその修理費分を値引きしてもらう方法です。

事例1:フロントグリルの破損

私が実際に購入したトヨタ アルファードの場合では、フロントグリルのプラスチック部分に一部ヒビ割れがあるのを発見して、その修理費ということで10,000円値引きしてもらいました。

この破損部分はネットに掲載された写真ではわからない箇所であり、それ故に値引きに応じてもらえました。

もし事前に破損個所が知らされている状態であれば、値引きに応じてはくれなかったと思います。

事例2:フロントガラスの破損

別の車を買ったときには、やはり事前に知らされていなかったフロントガラスのヒビ割れを発見しました。

これも写真では判別することができず、実際の車の運転席に座って初めて見つけた破損個所です。

もし車を外から見ているだけでは見つけられなかったと思います。

この時にはフロントガラスということで交換にも部品にも費用が掛かるため、50,000円の値引きで話がまとまりました。

その後実際にフロントガラスを修理して35,000円ほどかかったので、実際には15,000円の値引きとなったわけです。

納車手続きを自分で行う

納車手続き

諸経費を抑える手段の一つとして私が行ったのは、納車に必要な名妓変更の手続きを自分で手続きすることです。

納車の際に名義変更は必須ですが、一般的には中古車屋さんに代行してもらうために、必要経費に代行費用として10,000円~15,000円の代行費用が積まれています

そこで自分で名義変を行うこととして、その代行費用を諸経費から引いてもらいました。

名妓変更の手続きは個人でもできますし、慣れない最初こそ手間取りますが手続き自体は難しいものではありません。

実際私もこれが初めての事でしたが、難なく進められました。

名妓変更には購入した車を管轄の陸運局へ持っていかなくてはいけませんので、車は車検の残った自走可能な車でなくてはいけません。

また場合によっては車に掛けられた保険がきかないなどの理由で、中古車屋さんからストップがかかることもあります。

最低限で自賠責保険はかかっていますが、任意保険などが無い場合にはリスクが伴いますので、事前に中古車屋さんに確認してください。

中古車の値引きはほどほどに

車を買うときに値引き交渉するのは、新車であれ中古車であれ正当な行為ではありますが、中古車の場合はやりすぎて中古車屋さんとの関係が悪くならないよう配慮しましょう。

中古車屋さんはディーラーよりもひくい利益率で中古車を販売しているところが多く、少ない利益の中から値引きしなければならないため、中古車店さんとして厳しい場合があります。

大きな問題が車になければ、せいぜい値切れても20,000円~30,000円というところが限界で、それ以上求めると中古車屋さんとの関係も悪化していきます。

特に個人経営の中古車屋さんでは値引きはギリギリの線で応じてくれますので、あまり限界を求めずほどほどの値引き額で決着させましょう。