1分で車を60万円値引きする裏技

何枚必要?何に使う?中古車購入で使う印鑑証明に関するよくある疑問14つ!

「中古車購入の必要書類に『印鑑証明』ってあるけど、何につかうものなの?」

「印鑑証明はどのタイミングで用意すればいい?ないと中古車って買えないの?」

中古車を購入するとき、ほぼかならず販売店から印鑑証明を用意するようにいわれます。

ふだん聞き慣れないものなので、何につかうのかよくわからないですよね。

実印に関するものだし、なんとなくで提出するのはとても不安です。

そんな印鑑証明についての、よくある疑問・質問に1つずつ答えます。

軽自動車には必要なし! 中古車購入でつかう印鑑証明に関するよくある質問14

印鑑証明

それではさっそく答えていきます。

Q.印鑑証明は何につかう?

印鑑証明は、中古車購入時の名義変更につかわれます。中古車販売店で購入する場合、名義変更手続きは販売店がやってくれますが、手続きを代行してもらうために委任状に押印する必要があります。

押印した印鑑が実印であることを証明するために、印鑑証明が必要です。個人売買で購入する場合は、名義変更手続きを自分でやることになり、委任状に押印することはありません。

しかし、名義変更自体に実印と印鑑証明が必要なので、やはり用意することになります。

Q.印鑑証明は絶対必要?いらないケースもある?

普通車を購入する場合は絶対必要です。軽自動車を購入する場合は必要ありません。ですが、例外もあります。

普通車を購入する場合でもローンを組んだ場合、ローンの支払いが終わるまではその車の「所有者」はローン会社です。

支払いが終わって所有者の名義が自分になるときまで、印鑑証明は必要ありません。 

Q.印鑑証明はいつつかう?どのタイミングで持っていく?

中古車購入を決めて正式契約したあと、委任状に押印するように販売店からいわれるので、そのタイミングで持っていきます。

委任状を提出しないと名義変更できず、名義変更手続きが済むまで納車されません。

Q.印鑑証明を持っていなかったらどうなる?車は買えない?

ローンを組まずに普通車を購入するには、印鑑証明が必要です。ないと買えません。

ローンを組む場合は、印鑑証明を持っていなくても買うことはできます。ただし、ローンの支払いが終わって名義変更するタイミングで印鑑証明が必要になります。

支払いが終わっても印鑑証明がないと名義変更できないので、車を売りたくなっても売ることができず、また、廃車にすることもできません。

Q.印鑑証明の取得方法は?

役所

運転免許証と実印を持って役所にいけば、その場で発行してくれます。

Q.実印なんて持ってないんだけどどうしたらいい?

実印も役所ですぐに登録できます。あたらしい印鑑を持っていって登録してもらいましょう。古くてもべつに問題はありませんが、すでに誰かが実印登録している印鑑は登録できないので、あたらしいのを買うほうが無難です。

実印登録する印鑑は、とくに高級なものを用意する必要はありません。ただし、変形してしまいやすいゴム印は登録できないので注意してください。 

Q.実印登録してから印鑑証明の発行まで何日かかる?

実印登録と印鑑証明の発行は、おなじ日に済ませられます。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。

このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技のページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

Q.印鑑証明って何枚必要?

中古車の購入だけなら1枚。いままで乗っていた車を下取りに出す場合は、ぜんぶで4枚必要です。内訳は以下のとおりです。

  • これから購入する中古車の名義変更用1枚(下取りがなくても必要)
  • 下取りに出す車の名義変更用1
  • 下取りに出す車の自動車税還付用1
  • 下取りに出す車の自賠責保険解約用1 
自動車税還付というのは、すでに納めてある「下取りに出す車」の自動車税が、のこり月数分かえってくることです。

かえしてもらう手続きに印鑑証明が必要になります。

自賠責保険の解約もおなじで、すでに払ってある保険料をのこり月数分かえしてもらうために、印鑑証明が必要になります。

Q.印鑑証明の有効期限は?

中古車の購入につかう印鑑証明は、発行から3ヶ月が有効期限です。

Q.印鑑証明の名義が親など他人の場合はどうなる?

中古車購入時の印鑑証明は、車の「所有者」になるひとの名義のものを用意しなければいけません。

親の印鑑証明が有効なのは、親の名義で中古車を購入する場合だけです。自分の名義で中古車を購入するなら、自分の印鑑証明を用意する必要があります。 

Q.印鑑証明は住んでる地域じゃなくても取得できる?

印鑑証明を取得できるのは、住民登録している市区町村だけです。 

Q.印鑑証明は本人じゃないと取得できない?

印鑑証明は、実印登録したときにもらった「印鑑登録証」か「印鑑登録カード」を持って役所にいけば、本人じゃなくても取得できます。

窓口で申請する場合は本人の住所・氏名を聞かれるので、代理をたのむなら正確な住所を教えておきましょう。

窓口ではなく機械で発行することもできますが、そちらは印鑑登録カードの暗証番号が必要です。

Q.実印登録は本人じゃないとできない?

実印登録は本人じゃなくてもできます。代理人にたのむ場合は、以下の流れで手続きしてもらいます。

 実印登録したい印鑑を持って代理人が役所に行く

「照会文書」と「代理権授与通知書」が郵送されてくるので本人が記入する

記入した2つの書類と以下の3つのものを持って代理人が役所に行く

  • 本人の免許証
  • 代理人の免許証
  • 代理人の印鑑

登録手続き完了

印鑑証明の発行とちがって用意するものが多くて大変ですが、平日どうしても休めない場合はこの手順で知り合いにやってもらいましょう。

Q.印鑑証明の発行にはいくらかかる?

印鑑証明の発行費用は、1通につき300円です。

ここまで書いてきましたが、印鑑証明に関する疑問は解決できましたでしょうか? 私自身が中古車を購入したときも、販売店からいわれてよくわからないまま用意しました。

この記事を読んだことで、安心して中古車を買える手助けになれれば幸いです。