Okan Arslanさん(@ogy335)がシェアした投稿 -

このE53 X5は、一見するとイカリング以外はノーマルに見えますが、意外と手が込んだカスタムが施されています。

まずフロントバンパーですが、よく見ると樹脂部分がボディー同色に塗装され、モノトーン化されているので、すっきりとした印象になっています。

さらにグリルのブラック化、エンブレムもブラックのモノトーン仕様へ変更、そしてヘッドライトは社外に変更され、イカリングをオレンジ色に光らせるなど、細かい工夫が施されています。

E53の古さを感じさせず、なおかつシンプルに仕上げている点が、オーナーのセンスの良さを感じます。

 

こちらのE53はかなり個性的ですね!そもそもX5でこのようにクロカン仕様にカスタムする人ってあまりいないですよね。

大胆にもフロントバンパーを外し、ラングラーのカスタムに使用するようなフロントバーを追加。

リフトアップもされていて、タイヤもオフロードのイメージに相応しい、武骨なタイプの物が使用されています!

ボディーカラーもミリタリーグリーンに塗装され、さらにルーフキャリアを追加し、その上にスペアタイヤを載せることで、元々あるシティーなイメージから一転、オフロードのイメージを強く押し出した仕様になっています!

 

またも個性的なE53です!SUVとは思えない車高短仕様です!

ブラックカラーのボディー色とゴールドの深リムホイールとの組み合わせが絶妙です!

あと、注目したいのが前後のフェンダーです!叩き出しなのか、それとも溶接なのかはわかりませんが、オーバーフェンダー仕様となっております!

あえてなのか、ヘッドライトにはビニールテープがクロスに貼られ、運転席ドアにはゼッケンが張られているのも、ありきたりなオシャレな仕様ではなく、サーキット走行車のような、独特の雰囲気を出すことに成功していると思います!

 

今度は正統派な感じのE53 X5。

極力、樹脂部分をボディー同色にすることで、すっきりとした印象になっています。

ホイールも赤リム、黒スポークという個性的な組み合わせ。よく見ると、ブレーキキャリパーも赤ですね。車全体を赤黒でまとめた、統一感のある仕様となっています。

さらに、ルーフレールを無くした事によって、スポーティーな雰囲気をより一層高めることができているのではないかと思います。

赤のX5は少数派なので、あえて赤をボディー色に選んだ点も個性的で良いと思います。

 

競技仕様のE53 X5です。

オフロードタイヤ、レーシングデカール、マッドガードなど、ノーマルからは一変した、ラリー仕様となっています。

フロントガラス越しには、両脚レカロシートとロールバーが見えます!

フェンダーが前後ワイド化されている他、左右ドアミラーが純正とは異なる小型のエアロタイプのものへと変更されています。

リアガラスも埋められています。フロントガラスにはディーゼルパワーと書かれたステッカーが貼られているので、おそらくディーゼルエンジン搭載車両なのでしょう!

 

BMW.X5.E70さん(@bmw.x5.e70)がシェアした投稿 -

オレンジに全塗装されたE70 X5です。

すっきりとしたナンバープレートレスのMバンパーに、グリルブラック化というフロントマスクです。派手なカラーリングでありながら、純正のスタイルを崩していない、シンプルな仕様です。

ヘッドライトにはさりげなく社外のリングマーカーを入れてホワイト化。ホイールはスポークが細い、大口径ディープコンケーブタイプをセレクトしています。

よく見るとルーフがブラックに塗り分けられている点も注目です!

 

BMW.X5.E70さん(@bmw.x5.e70)がシェアした投稿 -

シャープな印象を際立てた仕様のE70 X5。

よく見るとフロントのMバンパーの先端にはリップスポイラーが追加されていたり、USオレンジマーカーも装着されています。

純正のMバンパー自体が、通常グレードよりも迫力あるものになっているので、これをベースにアクセントを加えると、下手をすると品を落としかねませんが、この車はMバンパーの良さを残しつつ、さりげなく個性をアピールできていると思います。

ホイールはブロンズカラーのコンケーブタイプが装着されています!

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

BMW.X5.E70さん(@bmw.x5.e70)がシェアした投稿 -

モンテカルロブルーのE70 X5 です!

フロントのMバンパーには、さりげなく5連のLEDデイライトが装着されています。

グリルはお約束のブラック化。

ホイールも弱コンケーブの大口径タイプが装着されていますが、あえて渋いガンメタカラーをセレクトすることで、ボディーカラーを引き立てています。

よく見るとブレーキキャリパーも赤に塗装されています!

この車も純正の形を崩さず、シンプルにバランス良くまとめた正統派スタイルです。

 

BMW.X5.E70さん(@bmw.x5.e70)がシェアした投稿 -

このE70は車高が低いですね!

車全体も白と黒の2色のみを使う、シンプルな外観となっています。

Mバンパーにブラックグリルのフロントフェイス。

ホイールはスタンス系の車高短車に履かせるようなスポークデザインのものをチョイスしています。しかも結構深リムなんですよね。

窓はプライバシーガラスではなく、あえてフルクリア仕様になっている点も、さりげなく個性的です!

 

BMW.X5.E70さん(@bmw.x5.e70)がシェアした投稿 -

シンプルできれいにまとまったE70 X5。

ノーマルのフロントバンパーに、アンダースポイラーをさりげなく装着しています。

グリルとボンネットバッジはブラック化され、ヘッドライトにはアイラインを加えることで鋭い顔つきとなったフロントマスク。

ホイールは過激なデザインではないものの、あえてシンプルなものをセレクトしたことにより、ブラックカラーのボディー色にも関わらず、悪っぽさを抑え、爽やかな雰囲気を残すことができていると思います。

 

BMW.X5.E70さん(@bmw.x5.e70)がシェアした投稿 -

かなり過激にカスタムされたE70 X5です。

フロントバンパーはMにも見えますが、社外ですね。

フロントは2段式となったカナード、サイドステップにも長いカナードが装着されています!

さらにボンネットにはダクトが追加されている他、リアドアにもダクトタイプのパネルが装着されています!

内装が赤レザーという点も、攻撃的なエアロの雰囲気とマッチしていてカッコイイです!

ホイールは、コンケーブでもなく、深リムでもない、あえてリムレスのフラットなディスクのものをチョイスしている点が絶妙ですね!

 

ド派手なエアロをまとったF15 X5です!

ボンネット形状も鋭くうねっていて、すごいデザインですね!

前後フェンダーも大きく張り出し、前後ドア下部にはパネルが装着されています。

ホイールもブラック化されているので、車全体的にガンメタと黒の2色で統一されているのが特徴です!

よく見るとフロントバンパー左右の2段構えになっているフィンにはスモークレンズのLEDライトが埋め込まれています!派手なエアロでありつつも、細部にも力を入れて作り込まれていることがわかります!

 

こちらもエアロを装着したF15 X5です!

白と黒の2色を使い分けた外装。

フロント前後にはオーバーフェンダーを装着し、リアバンパーにもディフューザーが装着された、レーシーな印象の後ろ姿です。

さらにリアウイングが2段構えとなっているのも、X5のカスタムでは珍しいかもしれません。

リアゲートスポイラーと、ミニスポイラーの組み合わせは、一昔前のシビックやアコードワゴンのようにも見えて、なんだか懐かしいようにも感じます。でも全然変じゃなく、むしろ似合っているのだから、不思議ですね。

 

黄色にオールペイントされたF15 X5Mを発見!

基本的にはノーマルの外装ですが、黄色と細部のブラック化で、危険カラーな感じの、かなり個性的な外装となっております!

しかもよく見てみるとこの外装色は、ツヤ無しのマットイエローなんですよね。

シンプルないじり方なのですが、かなりこだわりを感じる仕様です!

ホイールも流行りのコンケーブタイプです!

F15のX5Mは、赤以外、ダーク系のボディーカラーしか純正では選ぶことができないので、マットイエローは刺激的で、注目を浴びる事間違いなしです!

 

悪そうなF15 X5Mです。

フロントはMバンパーに社外のリップスポイラーの組み合わせです。

ホイールも黒!ガラスもフルスモ!グリルもブラック!黒一色で統一された外装です。

でもなぜかボンネットバッジはノーマルの青白仕様のままなんですよね。

個人的にはここもブラックのモノトーンバッジに変えたいところですが、ここまで黒にこだわってカスタムしているのにバッジだけノーマルというのは、おそらく、わざとそうしているのでしょうね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。