Jon Dela Cruz Maciasさん(@lsb_f10)がシェアした投稿 -

このE60は、大きく張り出した前後オーバーフェンダー、社外のフロントバンパー&サイドステップ、極太の深リムホイールなど、VIPセダン的なカスタムが施された一台です!

ボディー色も、E60では珍しいブラウンカラーへと変更されています!

ボンネットにはダクトも追加されています!

フロントバンパーは、Mバンパーのデザインを踏襲しつつも、より迫力が出るように、開口部をノーマルよりも大きいものにしているのが特徴です!

 
BMW E60カスタム

こちらのE60は、ボディーがオールペイントされていますが、純正プラスアルファ的なシンプルなカスタム内容にとどめています。

外装色はグレーへと変更され、ホイールもメッキ調のものながら、スポーティーなスポークデザインをセレクトし、車高も程よくローダウンされています!

フロントバンパーは純正のMバンパーですが、社外のリップスポイラーが追加されています!

室内は、珍しいブラウン系色のレザーシートであることも、さりげなく他のE60とは違うことを主張しています!

 

AR MOTORWERKZさん(@ar_motorwerkz)がシェアした投稿 -

車高短のモナコブルーのE60です!

ホイールのスポークデザインもすごいですが、ピタピタのツライチになっている点にも注目です!

フロントのMバンパー下には社外リップスポイラーを追加している他、サイドステップ下にはサイドスポイラーも追加されていて、車高の低さを強調しています!

ホイールのスポークもブロンズカラーを選んでおり、外装色のブルーによく似あっていると思います!

さらに、フロントバンパーがナンバープレートレス化していて、すっきりとした印象に見せていますね!

 

Milos Kujovicさん(@kujovic_motorsport)がシェアした投稿 -

こちらの白いE60もシンプルにまとまった仕様ですね!

リップスポイラー等のエアロは使わず、ホイールと車高の低さだけで勝負している、潔いカスタム内容です!

ホイールはコンケーブ形状で、オーソドックスなシルバーカラーのスポークデザインを選んでいます。

カリフォルニアのナンバープレートとフロントバンパーに装着されているUSオレンジマーカーから、この車は本物のUSスペックかもしれませんね!

シンプルな仕様ですが、夕日のロサンゼルスの街並みが似合いそうな、おしゃれな仕上がりになっていると思います!

 

黄色にオールペンされたE60です!

フロントリップスポイラーが装着されている他、スポーティーなブラックカラーのスポークデザインのホイールをチョイスしています。

フロントグリル、ドアミラー、ルーフを黒く塗り分けているのも、スポーティーな雰囲気を高めていることに貢献しています!

それにしても、黄色は派手ですね。

E60は黒、白、青、シルバーが外装色として多いので、黄色のE60は、一度見ると忘れらない車になっていると思います!

 

Anatolyさん(@tolyz14)がシェアした投稿 -

白と黒の2色にまとめられたE60 !

フロントバンパーは、現行のBMWに用意されているような、Mパフォーマンスパッケージのエアロのようなデザインのものを装着しています!

サイドステップ下には、サイドスポイラーが追加され、車高もローダウンされています!

ホイールは黒一色ですが、ロティフォームのようなオシャレなスポークデザインのものを装着をしています。

シンプルな仕様ながらも、パーツ一つ一つにごだわりが感じられる一台に仕上がっていると思います!

 

Eng Yazan Abusalimさん(@yazanbmw)がシェアした投稿 -

こちらの白いE60も個性的です!

フロントバンパー下には社外のリップスポイラー、リアにはトランクスポイラーを追加しています。

そして、ローダウンされた車高に組みあわされるホイールは、まるでSSRのフォーミュラーメッシュのようなスポークデザインのものをセレクトしています。

しかも、あえて小径サイズを選んでおり、旧車チックな雰囲気に仕上げている点もカッコイイと思います!何インチのホイールを装着しているのか、とても気になります!

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

@bmw_merc_audi_zoneがシェアした投稿 -

こちらも正統派なカスタムが施されたE60です。

フロントリップスポイラーの追加、グリルブラック化、スポーティーなスポークデザインのホイール、ローダウンなどが施されています。

他のE60とは異なるのは、ブレーキキャリパーがイエローにペイントされている点です。

ブレーキキャリパーのカラー変更は意外と見落としがちですが、ここを変えるだけで足元の印象を大きく変えることができます。

この車はありきたりな赤キャリパーではなく、イエローキャリパーにしている点が個性的で良いと思います!

 

Nidal Mostafaさん(@nidalmaestro)がシェアした投稿 -

このE60もボディー色はブルーですが、純正のモナコブルーのような紺色に近い色とは違い、どちらかというと、ホンダのフェニックスブルーのような、紺色よりも少し明るい青にオールペイントされているのが特徴です。

お約束のグリルブラック化とフロントリップスポイラー追加。

ローダウンされた車高に、20インチクラスのコンケーブ形状のホイールを組み合わせています。

もう一つ特徴的なポイントとしては、タイヤに施されたホワイトのレタリングです。これがあるだけで、スポーティーなE60がさらにレーシーな雰囲気にまで高められています!

 

この黒いE60はスポーツ走行もできそうな仕様ですね!

車高はローダウンされていますが、極低というレベルまでは低くないので、走りには支障がなさそうです。

フロントにはリップスポイラーが追加済み。

ホイールは19インチ、または20インチ相当のサイズで、ガンメタ色のようなコンケーブのスポーク形状にポリッシュのステップリムの組み合わせで、赤いセンターキャップがアクセントになっています!走り屋にもウケそうなデザインのホイールですね!

 

BMWAUTOさん(@bmwauto3322)がシェアした投稿 -

今度は珍しい、赤いE60の登場です!

どちらかというと、キャンディーレッドに近いような外装色ですね!

フロントグリルとリップスポイラーが黒く塗り分けられています。

ボンネットバッチはあえて外され、取り付け穴もキレイにスムージングされています。

ホイールも白で、赤いボディー色との組み合わせにピッタリだと思います。よく見ると、ホイールのピアスボルトも黒く塗り分けられています。

細部までこだわったカスタムが施された一台ですね!

 

BMWさん(@turkiyempower)がシェアした投稿 -

このE60は純正パーツを上手く活かしつつ、カスタムされています!

エアロ類は純正のまま、着地するくらい低くされた車高。

フロントのMバンパーには、さりげなく純正USオレンジマーカーが追加され、グリルもブラック化の他、よく見ると左側のグリルの3本のフィンがトリコロールに塗り分けられています。

ホイールはE65/66の純正オプションの21インチをセレクトし、タイヤを純正よりもあえて幅の狭いサイズを選ぶことで、リムの大きさがさらに強調されています!

 

M5avage 🏁さん(@m5avage)がシェアした投稿 -

こちらのE60もスポーティーに仕上げられています!

20インチクラスのメッシュ形状のホイールを選び、フロントリップスポイラー、サイドスポイラー、リアバンパーダクトなどが追加されています!

その他、社外のホワイトリングマーカー、グリルブラック化などが追加され、さらにリップスポイラーにはコネクションロッドが装着されており、レーシーな雰囲気を醸し出しています!

往年のBMWのツーリングカーを意識してカスタムされたような一台です!

 

AUTOFLARE MEDIAさん(@autoflaremedia)がシェアした投稿 -

このE60は渋くカスタムされています!

外装色はシルバーで各部パーツがブラック化され、シルバーとブラックの2色で統一されています!

グリル、フロントリップスポイラー、サイドスポイラー、左右ドアミラー、ルーフ、ホイール等が黒く塗り分けられています!

ヘッドライトには社外のリングマーカーにより、イカリングがホワイト化されています!

よく見てみると、リアがオーバーフェンダーになっており、横に大きく張り出しています!

シンプルな外観ですが、手の込んだカスタムが施された車です!

 

こちらのE60も個性的なカスタムが施されています!

まず、E46のM3のリアスポを彷彿とさせる、リアトランク一体型の中央が盛り上がった形状のリアスポイラーが装着されています!

リアバンパーは社外が装着され、しかもリアバンパー下部のマフラー出口付近は完全ブラック化せず、あえて白く塗り分けられているのが特徴です!

前後フェンダーもオーバーフェンダーとなっており、コンケーブ形状のスポークデザインのホイールをチョイスし、タイヤのレタリングもホワイト化されています!

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。