ワゴンにはルーフボックスがよく似合いますね。シンプル&クリーンな雰囲気のスタンスカスタムのA6アバントです。

白いボディーにシルバーのコンケーブホイールがよく似合っています。

車高もリムがギリギリ被らないくらいの絶妙な車高ですね。

さりげないので気付きにくいかもしれませんがディフューザーやマフラー、フロントリップ、サイドステップなども変更されてますね。

シンプルながら抑えるところは抑えてあるハイセンスなカスタムと言えます。

 

オールペイントだと思われますが珍しいイエローのA6です。

ルーフ、グリル、フロントバンパー、ミラーなどところどころブラックアウトされボディーカラーのイエローをさらに引き立てています。

ホイールは詳しくはわかりませんが何かの純正を流用している雰囲気ですね。

車高はエアサスでしょうか、極限までロワードしアウディの綺麗なボディーラインがさらに強調されています。アウディはこういった奇抜はカラーもよく似合いますね。

 

こちらは一見RS6アバントに見えますがフェンダーに注目するとRSではないことがわかります。

本来RSのワイドフェンダーに収めるホイールをナローボディーに合わせることで独特の迫力を生み出しています。

フロントマスクもかなりいかついですね。

ハイパフォーマンスモデルがワイドボディになる車種には効果的なカスタムと言えます。

 

こちらはスタンス系のセッティングですがロールバーのマッチしない感じを逆手にとってインパクトを生み出す上級者のカスタム手法です。

ホイールもあえて走りのイメージが薄いものをチョイスすることで独特なカッコよさを感じます。

走らなそうなのにどこか速そうなイメージをスパイスとして使うのは新鮮ですよね。

コンケーブのディッシュホイールがアウディの美しさを引き立てています。

 

🔘Only VAG 🚗さん(@vag_europe)がシェアした投稿 -

こちらはオーソドックスなモディファイですがオーソドックスだからこそのカッコよさですよね。

レッドのボディにブラックをワンポイントに使うなんてカッコいいに決まってますがやみくもにブラックアウトすればいいというものでもありません。

こちらはグリル、ホイール、ミラー、ルーフレールとしっかりメリハリをつけてブラックアウトされているのでとてもバランスよくまとまっています。

ボディーカラーにマッチするレッドのキャリパーもカッコいいですね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Audi Loversさん(@audiloooovers)がシェアした投稿 -

こちらは有名なアウディ&フォルクスワーゲンチューニングメーカーABTのコンプリートカーです。

かなり速そうかついかついですね。

空力パーツなど実際効きそうなエアロデザインで走りのイメージを最大限に引き出しています。

ボディーカラーのマットグレーもとてもエアロに合っててカッコいいですよね。

コンプリートカーならではのすべてのパーツのまとまり感みたいな雰囲気はまさにならではといったところでしょうか。参考にしたいですね。

 

こちらはオールドクワトロという少しRVチックになっているグレードをベースにRSデザインのホイールを合わせるという個性的なカスタムを施しています。

相反するクロカンとスポーティーをうまく組み合わせているところがオシャレ上級者な雰囲気ですね。

このようにあえて逆のイメージのものをセットにすることでオリジナリティーあるスタイルを構築することができますので参考にしたい一台ですね。

全体的なバランスもとてもシンプルでかっこいいです。

 

noodlecarsさん(@noodle.cars)がシェアした投稿 -

こちらは定番のブラック×ブラックコーデですが色々と小技が効いています。

まずはメッキの使い方ですが窓枠のメッキに合わせてホイールのリム部分をメッキで合わせています。

こうすることで全てが黒より少しアク抜きすることができますよね。

そしてそのホイールですがベントレー純正をセットすることで高級感の演出に成功しています。

アウディやワーゲンにポルシェやベントレーの純正ホイールは定番のカスタムですがやはり絶対にはずさないモディファイと言えるでしょう。

 

Marcus Maierさん(@marcusmai)がシェアした投稿 -

独特なヌメッとした感じのスタンス系モディファイです。

何と言っても特徴的なホイールですね。ただでさえかなり芸術的なデザインなのにそれをボディー色のホワイトとアルマイトで塗り分けしさらにクセの強い足元に仕上げています。

もちろんホイールのクセとバランスを取るかつホイールを主張させるためにボディーパーツには手を出していません。

しかしヘッドライトはスモークを追加しややワイルドな印象に仕上げています。

とてもまとまりのある一台ですね。

 

AutoMotoTourさん(@automototour)がシェアした投稿 -

こちらはフルブラックを利用したかなりいかついカスタムです。

ディフューザーやマフラー形状、スポイラなどがいかにも速そうな雰囲気をかもし出します。

一見全て黒でかなりいかついですがホイールのデザインと車高を控えめにすることでワイルドさの中にもジェントルさが垣間見えます。

何かを足したら何かを引いて全体のバランスをまとめあげるというカスタムする上で大事なことに気づけるカスタムセンスですね。

サンルーフもアクセントになってやはり高級セダンには必須のアイテムでしょうか。

 

今カスタムシーンで大いに流行っているソリッドグレーですね。

ボディーカラーはポルシェやRS3のイメージがあるからか速そうなイメージがありますがそこにかなりおしゃれなホイールを合わせています。

雰囲気的には現行のA8のホイールのような?

ラグジュアリーとスポーティーを組み合わせることによって大人スポーティーな感じを醸し出しています。

流行りのソリッドグレー、みなさんも検討してみては?!

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。