コチラのAUDI A4はいわゆるエアロレスと呼ばれる仕様で仕上げられ、スッキリした印象を生み出しています。

ナンバー取付け部をスムージングするひと手間を加えているのがポイントです。

バンパーとドアパネルのプレスラインを活かす為の仕様でしょうか。

ホイールハウスに収まる大口径なホイールはBBS製のRSを選択。日本では高級車に装着されるイメージの強さがあり、コチラの車両の高級車感を押し上げているようです。

リアホイールがフェンダーに飲み込まれる程車高を下げるカスタムの為にエアサスを装着しているようです。

 

まさにシンプルカスタムと呼べるエアロレス仕様のAUDI A4ですが、フェンダー内にギリギリ収まるように計算されたオフセットの極太ホイールと、フェンダーをかわすタイヤの引っ張り具合い、そして煮詰められた車高セッティングによりかなりの存在感を感じる1台となっています。

深リムホイールを選択することで、ドッシリ感が生まれているように感じます。

小さなリアスポイラーですが、この車両のバランスには欠かせないアイテムとなっています。

 

AUDI A4はシンプルなカスタムが多い印象があります。

コチラの車両に装着されたホイールは、ツインスポーク形状となった7本スポークの珍しいデザインのホイールが装着され、オリジナリティを発揮して他車との差別化を図っているようです。

フロントグリルはS4用のグリルに換装され、スポーティーさがグッと引き上げられています。

かなりローダウンされていますが、ナチュラルキャンバーで足元が美しく仕上がった1台です。

 

最近話題のオーバーフェンダーですが、その中でも一際目を惹くN2仕様のフェンダーが装着され、ワイド&ローになり大迫力のこちらのAUDI A4は、コンケーブと深リムの合わさったホイールが装着され、迫力満点な仕上がりになっています。

ボディカラーとホイールカラーのマッチングはセンス抜群。RS4グリルに換装し、レーシーな雰囲気も漂っています。

合わせて装着されるカナードもレーシーに仕上げるために必要不可欠なアイテムです。

 

バハマ ブルーに彩られたAUDI A4の脚周りにはairliftperformance製のエアサスを装着し、accuair製のシステムで車高制御がされています。

フェンダーとリムツラを合わせるフラッシュスタイルで仕上げられています。

装着されるホイールはrohana製のrfx5を選択、エッジの効いた個性的なスポークが、弾丸ナットと合わさり迫力満点です。

フロントのアンダーパネルを支えるコネクションロッドがとてもレーシーな雰囲気を生み出しています。

ここには写っていませんが、ボディカラーに合わせてブルーにペイントされたブレンボキャリパーがインストールされているようで、さりげないオシャレにもこだわった1台です。

 

とてもシンプルながら存在感を放ち、クールな仕上がりをみせるコチラのAUDI A4は、真横から見ても分かる強烈なコンケーブ具合いがホイールの太さを強調し、リムまで伸びるスポークが大口径ホイールであることをアピールするアメリカで爆発的な人気を誇るROHNA製ホイールのRC7を装着しています。

このホイールは、デザイン性の高さを残したまま鍛造並みの軽さと強度を実現したロータリーフォーミング製法で作られ、大口径ながら走行性能を犠牲にしたくないカスタムにオススメです。

こちら車両はポルシェ純正のブレーキキャリパーをインストールし、止まる性能が引き上げられています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

AUDIの主力セダンであるA4をベースにUS感漂うカスタムが施されています。

リアガラスをプライバシーガラスから透明な物に換装されていそうです。

コーナリングランプをオレンジにすることでフロントマスクのアクセントになりワイド感を演出しています。

装着されるホイールは高年式車にマッチするメッシュタイプを選択、BBS製のRSのようです。

フロントホイールをもう少しツライチにすると、完成度が高くなりそうです。

 

@junjun0100がシェアした投稿 -

完璧と言えそうな程のツライチ具合いで存在感を放つコチラのAUDI A4はプロドライブ製ホイールのgc0100を装着しています。

対抗6ポッドの大型ブレンボキャリパーをインストールすることで、足元の迫力も素晴らしい仕上がりです。

ナンバー取付け部分をスムージングして、スッキリさせてクリーンな魅せ方をしています。

残念ながらエアサスなのか車高調かはわかりませんが、素晴らしい車高の低さで魅せつけてくれる1台です。

AUDI A4 カスタム 黒
無骨な印象を与えるビス留めフェンダーが硬派なスタイリングを実現しているコチラのAUDI A4を紹介します。

オーバーフェンダーの後方部分をリアバンパーに流れるようにデザインせず、切り立たたせることで、ビス留めフェンダーの迫力を増すように仕上げられています。

極太ホイールを履くためではなく、深リムホイールを履くためのオーバーフェンダーとして装着されていそうです。

ちらっと見える社外品マフラーが良い音しそうです。

 

こちらのAUDI A4は、おそらく車高調でローダウンされています。

ボンネットにはボンピンを装着しているのは軽量ボンネットを装着しているからでしょうか。

ボディ同色に塗装して、みる人が見れば分かる仕様にしていることに、強いこだわりを感じます。

小さなフロントリップが隠し味的な存在にとなり、「いかにも速そう」ではなく、速そうなオーラを纏った仕上がりで魅せています。

太いホイールにムッチリとタイヤを履かせ、速くてかっこいいトラックスタンス仕様と呼べそうな1台です。

 

こちらの車両はAUDI A4 QUATTRO TOURING CARのレプリカ…では無く本物のようです。

ブリティッシュツーリングカー選手権参戦車両唯一の4輪駆動車としてデビューし、翌年度からの4輪駆動車禁止になるほどの無類の速さを見せつけていました。

日本で数多く売られている主力セダンの外観上の面影は残しながら、かなりの軽量化と鋭い吹け上がりのエンジンを搭載し、市販車の中身とはまるで別物。

勝利を得るためだけのコンペティションマシンです。

 

VAG Retroさん(@vag.retro)がシェアした投稿 -

メタリックグリーンが美しいこちらのAUDI A4には、小柄なボディサイズに対してかなり径の大きいホイールが装着されています。

装着されるホイールは、なんとベントレーコンチネンタルGT純正のホイール。

ノーマルホイールと比べてかなり太く、大径化されているにもかかわらず、フェンダー内に収めるために、どれほどのカスタムが加えられているのでしょうか。

ハイパフォーマンスカーの純正ホイールを見事に履きこなす仕上がりに驚かされる1台です。

 

Hypestanceさん(@hypestance)がシェアした投稿 -

air_lift_performance製エアサスをaccuair製のマネジメントシステムで制御することで、見事なスラムドスタイルで魅せつけてくれるコチラのAUDI A4にはagwheels製ホイールのF133をカスタムカラーを選択して装着しています。

フロントアンダースポイラーとカナードがとてもレーシーな雰囲気を感じさせます。

軽量ボンネットに換装されているようで、安全のためにボンピンが装着されています。

縦にインストールされたデイライトがワイド感を演出するのに一役かっています。

 

Ricky Silvaさん(@ricky.b8)がシェアした投稿 -

エアサスを装着することで、ロティフォーム製ホイールのCCVをフェンダーとツライチで魅せるこちらのAUDI A4は、大きく張り出したフロントリップを装着し、ヘッドライトのインナーの一部をレッドにペイントすることで攻撃的なフロントマスクへと仕上げています。

トランクが開けられていることから、エアサスのタンクが鎮座しているはずで、タンクとパイプの魅せ方にどのような工夫がなされているのか、とても気になります。

 

とてもシンプルでクールな印象に仕上がったこちらのAUDI A4には大口径ホイールが装着され、シルバーのボディとマッチしたホイールが選択されています。

TSUYA design wheelsというホイールメーカーの製品で、Rodas Esportivas Tsuya Adventusというモデル。

なかなかのコンケーブ具合いが素晴らしく、リムまで伸びたスポークがさらに大口径ホイールのように見せる凝ったデザインです。

装着サイズは20インチ10J+35のようです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

SSパパ
SSパパ
学生時代にスポーツカーに憧れ、モータースポーツ系の専門学校へ進学。卒業後にレースメカニックになる。レースよりカスタムの方が好きだと感じ退社。その後、国産ハイパワー4WD車を購入し、サーキットを走っていたが、更にカスタムに興味を持ち、stancenationお台場やwekfestなどのイベントにエントリーし、展示したことも。stancenation大阪の選考も通過経験もあり。