ろむさんさん(@rom.manuda)がシェアした投稿 -

初代アテンザスポーツのGG系です。

社外のサイドステップ、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーを装着して、腰下にインパクトを与えています。

リアスポイラーはランエボ8純正を流用して、迫力ある後ろ姿を演出しています。

よく見ると、ブラックに塗装されてはいますが、ホイールもランエボ9純正を流用していてますね。

さらに、マフラーは砲弾タイプの社外品へ交換されていて、カッコイイ排気音が聞こえてきそうです。

 

Jinya Yasudaさん(@jinya38ms6)がシェアした投稿 -

オレンジ系のボディーカラーへオールペイントされたGG系アテンザスポーツです。

社外のフルエアロを装着していると思いきや、意外にも追加されているのは、フロントのアンダースポイラーのみで、フロントバンパーもサイドステップも純正です。

しかし、アイラインを追加し、フロントグリルを社外品へ交換、さらにフォグランプ廻りのパネルをボディー同色化することで、純正と比較するとかなり顔つきが変わった印象を受けます。

また、前後フェンダーは叩き出され、深リムサイズのホイールがセットされています。

 

RELATIONさん(@relation888)がシェアした投稿 -

こちらはガンメタカラーのGG系アテンザスポーツをベースにカスタムされた車両です。

社外のフロントバンパーとサイドステップを装着して、外装をドレスアップ。

ホイールはツインスポークタイプをブラック塗装し、さらにブレーキキャリパーをゴールドに塗ることで、足元をスポーティーに仕上げています。サイズは17インチだと思いますが、控え目な大きさのせいか、車格に対して小さく見えます。

フェンダーとタイヤの隙間も気になりますので、今後はぜひローダウンに着手してほしいですね。

 

Takuya Matsuzakiさん(@takuya_23s)がシェアした投稿 -

真っ赤GG系アテンザスポーツをご紹介します。

スポーティーなエアダクトが複数設けられたデザインの社外フロントバンパーを装着して、大幅に顔面のイメージを変えています。

リアスポイラーはエボ8純正を流用して、車の存在感がより一層強まっています。

ホイールは走り屋系の車が装着していそうな、スポーティーで重量が軽そうなデザインのものをセレクトし、赤いブレーキキャリパーとあいまって、速そうな車の雰囲気が漂っています。しかし、車高がノーマルな点が非常に残念です。早急にローダウンを行ってほしいですね。

 

I.HIROCHIさん(@cyome7447)がシェアした投稿 -

リアの大型GTウイングが印象的なホワイトカラーのGG系アテンザスポーツです。

フロントバンパーは、スポーティーなダクトデザインが特徴的なオートエグゼのフルバンパータイプへと交換されています。

さらにヘッドライトに社外のアイラインを追加して、鋭い目つきに仕様変更しています。

ホイールはブラックカラーをベースに、センターのみシルバーに塗り分けられた、独特なカラーリングが施された仕様のものをチョイスしています。

よく見ると、運転席の窓越しに、ブリッドのバケットシートが装着されており、走り屋的な雰囲気を感じます。

 

Y.Oさん(@sr1998det)がシェアした投稿 -

マットグレーにオールペイントされたGG系アテンザスポーツです。

エアロは基本的にノーマルですが、トランクに大型のGTウイングを装着しています。

ホイールはブロンズ系の18インチ前後サイズの8本スポークタイプをセレクトして、スポーティーな雰囲気を醸し出しています。

さらにブレーキキャリパーはありがちな赤ではなく、あえて黄色に塗ることで個性を主張しています。

ドレスアップカーとして見ると、いささか物足りなさを感じますが、走り屋仕様と考えれば、このスタイルのままでも良いのかもしれませんね。

 

ピラーからルーフにかけて、黒く塗り分けられた仕様のGG系アテンザスポーツです。

リアは社外のディフューザーが一体式となったタイプが装着され、古いボディーデザインに新鮮さを取り入れています。

テールランプはスモーク化されていますが、なぜか黒く塗られたテールランプカバーも装着されていて、ユニークです。

リアスポイラーはお約束のエボ8純正を流用。

ホイールはブラックカラーに塗られたツインスポークタイプが装着され、車全体が引き締まった印象になっています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Himuro77さん(@hiromu77)がシェアした投稿 -

こちらは2代目アテンザスポーツのGH系です。

フロントグリルをフォグランプカバ―に合わせてハニカムメッシュタイプへと交換したことで、フロントマスクの統一感が高められたと同時に、イメージチェンジも図られています。

さらにフロントバンパー下に社外のリップスポイラーを装着して、さりげなくドレスアップしています。

ホイールはボディーカラーとは対照的なブラック系のスポークカラーをチョイスすることで、外観にメリハリがついた印象になっています。よく見ると、前後ともにツライチ状態となっています。

 

こちらもGH系のアテンザスポーツです。

フロントバンパーはオートエグゼのフルバンパータイプへと交換されて、スポーティーな雰囲気を高めています。

ホイールは軽快感を感じるスポークデザインで、リムのアウト側とスポーク表面がポリッシュで、スポーク側面とインナーリムがブラックに塗り分けられた、今時のカラーリングが施されたものをセットしています。

車高が極端に低いわけでもなく、ぎりぎりのツライチ状態でもないにも関わらず、タイヤが妙に薄く、若干引っ張り気味のサイズがセレクトされているのが、なんだか意外です。

 

ろむさんさん(@rom.manuda)がシェアした投稿 -

ブルーカラーのGG系アテンザスポーツです。

フロントバンパーは大型のダクトと前方に延長された一体式のリップを備える社外品へと交換されています。

フロントグリルもエンブレムレスのメッシュタイプへと交換され、フロントバンパーの四角いダクトや青いボディーカラーとあいまって、BNR34スカイラインGT-Rを意識したようなフロントマスクになっています。

トランクにはエボ8純正のリアスポを流用しています。

また、フロントバンパー側面に装着されたオレンジマーカーやメッキのドアノブが、さりげなくも他のGG系アテンザとの違いを主張しています。

 

Jinya Yasudaさん(@jinya38ms6)がシェアした投稿 -

ガンメタカラーとブラックの2色を使い分けた仕様のGG系アテンザスポーツです。

ボンネットは、ラッピングフィルムだと思いますが、マットブラックへとカラー変更されています。

ホイールも純正のままですが、ボンネットと同様にマットブラックに塗装することで、イメージチェンジを行っています。

さらにブレーキキャリパーをゴールドに塗ることで、ローコストでも大きな変化を感じられるよう工夫がされています。

よく見ると、本来はボディー同色のドア側面のモールが黒く塗られています。

 

atenzasanさん(@shinji723)がシェアした投稿 -

走り屋系のカスタムが施された仕様のGH系アテンザスポーツです。

エアロは社外のリップスポイラーと、リアの大型GTウイングの2点が装着されています。

ボンネットは黒く塗り分けられていて、カーボンボンネットを付けているかのようなルックスを演出しています。

フロントバンパーの向かって左側に取り付けられた社外の牽引フックも、小物でありながら、車の雰囲気に影響を及ぼすほどの存在感があります。

写真のアングルと明るさの関係上、ホイールの詳細までは確認できませんが、ブラックカラーのスポークをチョイスして、玄人好みの渋い雰囲気に仕上げています。

 

小山田龍星さん(@ryugg93)がシェアした投稿 -

旧車を彷彿とさせるビス留めオーバーフェンダーが取り付けられたGG系アテンザスポーツです。

ワイド化されたボディーには、極太サイズのTE37をセットして、迫力ある足元に仕上げています。

また、フロントバンパーは社外のフルバンパータイプへと交換されています。ダクト開口部にはフォグランプなどのアクセサリー類は追加せず、アルミネットのみを装着している点が、ワイルドでカッコイイと思います。

さらに、ヘッドライトには社外のイカリングが、片側につき、4個も組み込まれているなど、他のGG系アテンザを寄せ付けないくらい個性的にカスタムされています。

 

Keita Etohさん(@keita_etoh)がシェアした投稿 -

ガンメタカラーのGG系アテンザスポーツです。

社外のフロントハーフスポイラー、フロントアンダースポイラー、そしてサイドアンダースポイラーを追加して外装をドレスアップ。

フロントグリルは枠をブラックに塗り分けたメッシュタイプへと交換して、個性的な顔つきにしています。

ホイールはメッキタイプの7本スポークへと交換して、さらにドアノブもメッキタイプにすることで、元々メッキパーツが少ないGG系アテンザに煌びやかさを補っています。

 

Yuta Takedaさん(@yutakedav36)がシェアした投稿 -

スタンス仕様のGH系アテンザスポーツです。

ホイールはCR Kiwamiだと思いますが、大きく反った、コンケーブ形状のスポークが、シンプルな外観にも関わらず、迫力を感じさせます。

また,、前後ホイール共に鬼キャン状態でセットされている様子も、最高にカッコいいです。

さらに、フロントバンパーはナンバープレートレス化されている他、アンダースポイラーが追加されて、さりげなくもノーマルとは確実に異なる仕様に変更されています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。