@n.s_z33がシェアした投稿 -

4代目セレナのC26です。

グレードはハイウエイスターで、この車は後期モデルになります。

外装は純正オプションのフロントリップスポイラーを付けている以外はほぼノーマルです。

ホイールは赤いセンターキャップのBBS LMです。さすが高級ホイールとあって、車全体がエレガントな雰囲気に包まれています。

車高もローダウンされていて、ホイールとフェンダーの隙間が、前後共にほぼ等間隔で詰められています。

よく見ると、Aピラーの小窓と運転席の窓にゴールドのミラーフィルムが貼られていて、ちょっとヤンチャな要素も組み込んでいます。

 

@akimochanがシェアした投稿 -

着地寸前まで車高が落とされた仕様のC26です。

ブラックカラーのボディーに、インパルのフロントバンパー、社外のサイドアンダーカナード、社外のフロントグリル、AMSのヘッドライトアイラインガーニッシュが装着されています。

ホイールもボディーカラーに合わせるような形で、スポークカラーにブラックをチョイスし、メッシュ系のディスクデザインを採用することで、インパルのバンパーのイメージにピッタリ合った、スポーティーな雰囲気を手に入れています。

 

sunyard サンヤードさん(@sunyard)がシェアした投稿 -

きれいにまとめられた仕様のC26です。

アフターパーツとしては、社外のフロントグリル、フロントハーフスポイラーなどが装着され、ドレスアップされています。

ホイールはポリッシュカラーのすっきりとしたスポークデザインのものを採用しています。この車が持っているオシャレな雰囲気は、このホイールによるものだと思います。

仮に、このホイールがメッキ系のスポークカラーであれば、黒いボディーカラーとあいまって、どちらかというとヤンチャな印象が強まっていたと思います。しかし、あえてポリッシュカラーという落ち着いたスポークカラーを選択したことで、ジェントルなルックスへと仕上げる事ができたと思います。

 

masaya shibasakiさん(@shibacchi_1000)がシェアした投稿 -

過激にカスタムされたC26です。

おそらく、フロントバンパーはインパルをベースに加工したものが装着されていると思います。

さらに社外のサイドステップ、サイドアンダーカナード、フロントフェンダーダクト、グリル、AMSのアイラインガーニッシュが装着されています。

車高はおそらく社外のエアサスでローダウンされていると思いますが、地面とエアロのクリアランスには全く余裕がありません!

ボディーカラーもかなり独特で、あずき色とも呼べるグレーカラーをベースに、フロントボンネット、グリル、バンパーの一部を黒に塗り分けたルックスとなっています。

 

Fumiya Itoさん(@ito.fumiya)がシェアした投稿 -

シルバーカラーのC26 ハイウエイスター前期です。

ホイールは渋い、ワーク エクイップを装着しています。サイズは17インチ前後だと思いますが、こうして見ると、車格に対して少し小さく感じますね。

その分、車高は思ったより下がっていて、リアの社外マフラーと地面のクリアランスを見ると、意外に余裕がないことに気が付かされます。

また、よく見るとフロントバンパー下のリップ先端部に、ゴムモールが追加されていますね。

 

sunyard サンヤードさん(@sunyard)がシェアした投稿 -

こちらも社外のフルエアロをまとったC26です。

装着されているエアロは、ROJAMで、片側4連のLEDデイライトが特徴的なフロントバンパー、サイドステップ、リアバンパーなどが交換されています。

若干ローダウンされた車高に、ゴールドメッシュとポリッシュのリムを組み合わせた社外ホイールを履かせています。

さらにグリルも社外へと交換され、外枠をボディー同色のホワイト、内側の横フィンを黒く塗り分けて、純正とは全く異なるフロントマスクを演出しています。

 

Masaru Ooganeさん(@o_5_masaru)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーで統一されたC26のハイウエイスター後期です。

純正オプションのフロントリップスポイラーが装着されている以外は、ノーマルのエクステリアとなっています。

ローダウンされた車高に、ホワイトカラーのレイズ TE37を組み合わせて、スポーティーなルックスに仕上げています。しかし、この車も車格に対して小さめのインチを選んだせいか、ホイールが小さく見え、フェンダーとタイヤの隙間もあいてしまっているのが少し残念です。

 

Kenta Adachiさん(@adaken_style1014)がシェアした投稿 -

こちらはC26のライダーをベースとしたカスタムカーです。

外装は通常のライダーのエクステリアに、オーテックのオプションパーツである、スタイリッシュセットプラスアルファのフロントスポイラーを装着し、さらにフロントアンダーカナードを追加して個性的なフロントフェイスへと仕上げています。

ホイールはポリッシュカラーのものをチョイスし、ブレーキキャリパーを赤く塗り、さらに社外の赤いホイールナットを組み合わせることで、足元をスポーティーに彩っています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Saturninaさん(@saturninamcdowell)がシェアした投稿 -

こちらはC26 ライダーの後期です。

オーテックのオプションのフロントリップスポイラーを装着して、シンプルに外装をドレスアップしています。

ホイールはボディー色に合わせたような、ツヤ有りブラックカラーをチョイスし、ゴールドの貫通式アルミホイールナットで固定しています。

ブレーキキャリパーは、交換されているのか、それともカバーなのかはわかりませんが、大型のものが装着され、足元にインパクトを与えています。

さらに、BピラーとCピラー、そしてドアとウインドウの境目に、メッキモールが追加されています。

 

こちらはC26 ライダーの前期です。

オーテックのスタイリッシュセットプラスアルファのフロントリップスポイラー以外は、基本的にノーマルのエクステリアとなっています。

ホイールは社外品へと交換され、メッキパーツを多用するライダーのイメージに合わせてか、メッキカラーのゴージャスなスポークデザインのものを履かせています。

タイヤとフェンダーのクリアランスを見る限り、おそらく車高はノーマルだと思います。車検対策、もしくは同乗者への配慮のための乗り心地重視によるものでしょうが、せめてダウンサスでもよいので、車高は下げてもらいたいですね。

 

Willy Randiasさん(@willyrandias)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーのC26 ライダー後期です。

この車の面白い点は、フロントグリルをマットブラックへ塗装している点です。

一見、掟破りなライダーグリルブラック化ですが、その分、あまり例を見ないため、カスタムという点においては逆に目立って個性的になるかもしれません。

C26オーナーはぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

さらに、ホイールは、いかにも重量が軽そうなスポーティーなスポーク形状のものをセレクトしています。

 

☆saizo☆さん(@saizo12)がシェアした投稿 -

ブラックカラーのC26前期です。

フロントには、インパルのグリルとハーフスポイラーが装着されています。

さらにアクセントとして、ヘッドライト下にパープルのライトフィルムが貼り付けられて、個性的なルックスに仕上げています。

ホイールは煌びやかな印象のフロントフェイスに合わせるような形で、少し派手なスポークデザインをコーディネートしています。

車高はノーマルからほとんど下げられていませんが、エアロの存在感が強いため、極端にローダウンしなくても、十分カッコいいと思います。

 

後期純正クリアテールが特徴的なブラックカラーのC26セレナです。

インパルのリアハーフスポイラーとサイドステッププロテクターを装着しています。

また、リアハーフスポイラーに関しては、リップ先端部を赤に塗り分けることで、車高を低く見せる視覚的効果を狙っています。

ホイールはブラックカラーのメッシュタイプです。しかし、単調なブラックカラーではなく、ホイールスポークの一部を赤に塗り分けて、足元にアクセントを追加しています。

 

sunyard サンヤードさん(@sunyard)がシェアした投稿 -

一通りのカスタムが施された仕様のC26 ハイウエイスター前期です。

フロントは社外のフロントハーフスポイラーとメッキグリルが装着されています。

ホイールはゴージャスな雰囲気が漂う社外品をセレクトすることで、車全体の品格も向上させています。

おそらく、車高はノーマルだと思いますが、比較的インチの大きいサイズのホイールを履いているせいか、あまりフェンダーとタイヤのクリアランスは気になりません。

また、車体側面にデコラインが貼り付けてあるのが、渋くてカッコイイです。

 

sunyard サンヤードさん(@sunyard)がシェアした投稿 -

カスタム仕様のC26前期です。

ROJAMのフロントバンパー、サイドステップ、フロントグリルを装着してエクステリアをドレスアップ。

車高は社外のエアサスで下げたような落ち方をしています。その証拠に、リアタイヤはリアフェンダーをギリギリにかわしてツラウチ状態でセットされています。

よく見ると、フロントバンパーの左右リップ先端や、LEDデイライトのカバーなどがブロンズカラーに塗り分けられるなどの細かい処理が施されています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。