1分で車を60万円値引きする裏技

N-BOXの給油口の開け方を画像付きで解説!開かない場合の対処法も!

ホンダ N-BOXはホンダの軽自動車のスーパーハイトワゴンで、圧倒的な車内の広さが特徴です。

今回はN-BOXの給油口についてご紹介します。

N-BOXの給油口の位置

ホンダ N-BOX参考:www.honda.co.jp

ホンダ N-BOXは国内の軽自動車の中でも最も人気のある車と言っても過言ではなく、非常に利便性の高い車です。

N-BOXはスーパーハイトワゴンというタイプの軽自動車で、現在の軽自動車のトレンドとなっているタイプです。

スーパーハイトワゴンは軽自動車の制限の厳しい枠内で比較的ゆるい車高を高くした車で、上下に長いスタイルが特徴的となっています。

N-BOXはその車高の高さから車の車内の天井が非常に高くなっており、シートに座ったときに実に快適な解放感を感じることができます。

またN-BOXにはハイブリッドシステムなども組み込まれて環境性能も高く、さまざまな部分が高いレベルでバランスされていてさすがに国内販売台数で1位を何度も獲得する車です。

N-BOX リア参考:www.honda.co.jp

そんなN-BOXの給油口は車の左側面にあるのですが、左側面のリアドアのすぐ後ろにある丸いフタが給油口の位置です。

この給油口はリアタイヤやリアの電動スライドドアのレールの真上にあるのですが、非常に狭い位置に配置されており目立たないデザインとなっています。

この給油口は単純なフタとなっている平面のパネルですが、この給油口を開けるとその内側には燃料口が位置しており、そこから車の床下にある燃料タンクまでパイプが繋がっています。

位置関係的には電動スライドドアの動作範囲内にあり、左の電動スライドドアを全開にすると給油口の上に位置します。

なおN-BOXには派生モデルとしてラゲッジルームの使い勝手を高めたN-BOX+というモデルもあるのですが、N-BOXとN-BOX+は基本的なデザインやコンポーネントの配置は共通であり給油口も同一なので共有の説明となります。

N-BOXの給油口の開け方

給油口

次にN-BOXの給油口の開き方や給油の方法をご紹介します。

なお給油の前にはN-BOXのドアやウインドウをしっかり閉めておき、さらにパーキングブレーキをかけてエンジンも切っておきましょう。

N-BOXの給油口の開き方

N-BOXの給油口の開き方はプッシュ式というタイプであり、国内の車の給油口の機構としては珍しいタイプです。

MEMO

昔の車では給油口の開閉機構としては鍵穴式が標準的で、車の給油口の近くに設けた鍵穴に車のキーを差し込んで回すことで給油口を開く方式です。

この方式は構造がシンプルである一方で車の外に出てキーを回して開けるという作業が多少煩雑であり、そのうちもっと楽な方式としてレバー式が登場しました。

レバー式では車の車内に設けたレバーを操作して車内から簡単に開ける方式として現在の主流であり、国産車の多くはレバー式の給油口です。

ですが海外の車ではプッシュ式という方式もかなり一般的で、こちらはさらに楽な方式で給油口のフタをぐっと押し込むだけで給油口が開けます。

ポイント

N-BOXは国内の車種では珍しくプッシュ式の給油口を採用しており、給油口の車でいう後側を手で押し込むとロックが解除されます。

ロックが解除されると給油口のフタが自動的に少しだけ開くので、あとは手動で給油口のフタを全開まで引き上げて開くと燃料口が出てきます。

なおプッシュ式というと押すだけで誰でも開けて防犯的に不安だと考えるかもしれませんが、プッシュ式のロックは車のドアロックと連動するような構造になっており、N-BOXのドアが閉まっているときにはいくら給油口をプッシュしても開くことはありません。

このプッシュ式はレバー式よりもさらに開ける手順が減少しており、普通に給油を行うときに自然な手順で給油口に触れればロックを解除できるということでとても楽な方式です。

N-BOXの給油の方法

N-BOXの給油口がプッシュ式で開きましたら、次は燃料口を開放して給油を実施しましょう。

N-BOXの給油口を開くとその内側に燃料口が出てくるのですが、燃料口のパイプにはフタになる燃料口キャップがかぶさっており、まずはこれを取り外します。

燃料口キャップはねじ込み式で給油口にはまっていますので、燃料口キャップを左回しに回していくと簡単に燃料口キャップを取り外すことができます。

燃料口キャップは取り外しても車のボディとひもで繋がっているのでなくしてしまうことはありませんが、ブラブラしていると車体のキズや汚れのもとになります。

ですが給油口のフタの裏に燃料口キャップを固定しておけるホルダーが設けられていますので、ここに固定しておけば邪魔になりません。その後はガソリンスタンドの給油機のプロープを燃料口に差し込み給油を実施します。

給油が完了したらまずプロープを抜き出してから燃料口や給油口を閉める作業に移りますが、まず燃料口キャップを燃料口にねじ込んで固定します。

MEMO

外したときと逆の右回しねじ込んでいくと途中で「カチッカチッ」という音がするのですが、この音がしたらしっかり固定できたという合図です。

その後は給油口を閉めますが、N-BOXのプッシュ式給油口は手で押し込んでもう一度グッとプッシュすることでロックがかかるようになっており、給油口を開く時と同じ場所を押して閉めましょう。

なお給油口を閉めるときに燃料口キャップが給油口のフタの裏に差し込んであると邪魔になって給油口が閉まらないのですが、これが燃料口キャップの閉め忘れ防止になっていますので、給油口が閉まらないときには内側を一度確認しましょう。

N-BOXの給油口が開かない場合の対処法

N-BOXの給油口はシンプルな構造で信頼性も高いのですが、もし故障してしまうと対処が結構大変なものとなります。

またN-BOXのように電動スライドドアを持っている車種は電動スライドドアと給油口の関係でトラブルが起こることがあり、これに関してもご紹介しましょう。

N-BOXの給油口の故障

N-BOXの給油口はプッシュ式としてシンプルな構造を取っており故障も少ないのですが、それでも故障する可能性はあり故障すると個人での対処は難しい状況となります。

N-BOXの給油口の開閉方式であるプッシュ式は非常に故障に強い構造であり、レバー式が操作するためのワイヤーなどが切れてしまうと給油口が開かなくなるのに比べると、そういった構造がなく給油口周りだけでロックができているプッシュ式は故障箇所が少ないです。

しかしプッシュ式でのウィークポイントは給油口のロックを行うアクチュエーターにあり、電子制御のアクチュエーターが経年劣化などで故障すると給油口を開くことができなくなります。

このロックは給油口ロックをN-BOXのドアのロックと連動させるための機能で、ドアロックを掛けるときに同時に給油口もロックさせるのでアクチュエーターが動かなくなると給油口はロックがかかったままになります。

この状態ではいくら給油口をプッシュしても給油口が開くことはなく、修理による対応が必要です。

しかし給油口が開かないということは給油ができないということであり、もしガソリンスタンドで故障に気づいたりすると残りの燃料では長い距離を走行できなくなる場合があります。

MEMO

給油口を開けるためにはディーラーや自動車修理工場での修理が必要となりますが、修理しようにもそこまで車を自走して持っていくことができません。

もしディーラーや自動車修理工場までの距離が長かったり遠出したり旅行先で故障に気づいた場合には、陸送など別の手段による移動も考えないといけないでしょう。

なお自動車修理工場であれば給油口のロックを応急的に開けることは不可能ではないので、もし遠出している先で自動車修理工場が近くにあればそこで応急処置をしてもらうことも出来るでしょう。

N-BOXの電動スライドドアと給油口の関係

N-BOXは軽自動車ながら車の左右に電動スライドドアがあるのですが、電動スライドドアと給油口は状況によって故障のような状態になることがあります。

ポイント

電動スライドドアはスイッチひとつで自動で開閉できるドアですが、N-BOXでは電動スライドドアの動作範囲に給油口が位置しており、電動スライドドアを全開にすると給油口にかぶさります。

このときもしレバー式なら給油口をレバーで開くとスライドドアに給油口がぶつかる心配が出てきますが、N-BOXのようなプッシュ式ではこの心配はなく、むしろ電動スライドドアが空いているときには給油口に触れないのでどうやっても開くことはできません。この点に関しては安全面でレバー式よりメリットが一つあると言えます。

ですが逆の状況で給油口が開いている状態で電動スライドドアを操作した場合には、給油口と電動スライドドアがぶつからないように車のシステムが電動スライドドアの機能をストップします。

電動スライドドアは切り替えると手動でも動くのですが、手動であっても給油口が開いていると途中までしか電動スライドドアをスライドできず、機能的に電動スライドドアと給油口のフタがぶつかることを防いでいる安全なシステムとなっています。

ですがこの機能を知らない人からすると突然スライドドアが動かなくなったようにも見え、ちょっとしたトラブルになることがあるでしょう。

もしこの状態になっても給油口のフタを閉め直してから電動スライドドアを操作すればまた開くようになりますので、電動スライドドアが急に動かなくなったときには給油口が開いていないかどうかを確認しましょう。

N-BOXの給油口が壊れた場合の対処法

N-BOXの給油口のロックが外れなくなってしまったときなどはなんとか応急的にでも給油口を開けられないか考えますが、基本的に個人での対応やガソリンスタンドのスタッフでの対応では給油口を開けることはできません。

N-BOXのようなプッシュ式の給油口が開かなくなったときはほとんどが電動アクチュエータの故障であり、その電動アクチュエータにアクセスできないと応急的にロックを解除することもできません。

しかし電動アクチュエータはN-BOXのボディの奥に入っており、車の外や車内から簡単にアクセスできないどころか、さまざまな部品を取り外さなければ作業ができない場所にあります。

ディーラーや自動車修理工場であれば車内のパネルやリアコンビランプなどを取り外して電動アクチュエータを修理するのですが、応急処置ではそういった対策もできないでしょう。

なお一部の車種にはこういった給油口のトラブルのためにフェールセーフのアクセスホールがある車があり、緊急時に簡単な作業で給油口のロックを車内から解除できる車はあります。

ですがN-BOXにはそういった構造は設けられていませんので、給油口の電動アクチュエータの故障は大きなトラブルとなります。

ですがそもそも電動アクチュエータが故障する確率は非常に低いものであり、車の生涯で1度あるかないかというレベルです。ですので普段N-BOXに乗っている間に給油口のことなどは心配するほどのことはありません。

N-BOXの給油口カバー・ステッカーおすすめ

では最後にN-BOXの給油口のフタをドレスアップするためのアフターパーツをご紹介しましょう。

こちらのドレスアップパーツはN-BOXの給油口に貼り付けるタイプのリングタイプのアクセサリーで、給油口のフタの外周を飾るメッキパーツとなっています。

N-BOXはエクステリアデザインが比較的シンプルなので、給油口のフタにワンポイントが入ると結構印象が変わります。

またこのリングはシール式で簡単に取り付けができますので、個人でも十分取り付けができます。

こちらのドレスアップパーツも給油口のフタをメッキ調にするパーツですが、こちらは給油口のフタ全体をメッキにするのでかなり派手になるドレスアップパーツとなっています。

大きく丸形で特徴的な形状の給油口なので、ここが強調されると車のイメージが大きく変わります。このパーツもシール式で取り付けができますので簡単です。