1分で車を60万円値引きする裏技

【画像】レクサスIS Fのカスタム例まとめ!改造・ドレスアップする方必見!

AVANTGARDE AUTOさん(@avantgarde_auto)がシェアした投稿

ハードにカスタムされた仕様のIS Fです。

ボディーカラーはIS Fのイメージカラーである、エクシードブルーメタリックです。

一見すると、純正に見えるフロントバンパーは、実は社外で、スピンドルグリルタイプのバンパーを装着しており、さらに社外のアンダースポイラーをフロントとサイドに組み合わせています。

車高はかなり低く、エアサスでローダウンされています。ホイールはメッキカラーですが、スポーティーなスポークデザインで、IS Fのイメージにも似合うタイプをセレクトしていると思います。

 

@suprememodellistaがシェアした投稿

スポーツ走行が楽しめそうな仕様のIS Fです。

エクシードブルーメタリックの外装に、WALDのフロントハーフスポイラー、社外のサイドアンダースポイラー、社外のカーボンボンネットを装着しています。

ホイールはオーソドックスな5本スポークデザインで、タイヤも比較的肉厚のタイプが履かせられており、車高も程よくローダウンといった感じから、スポーツ走行を視野に入れながらカスタムされた仕様だという事がわかります。

よく見ると、フロントフェンダーダクトの開口部に黒いパネル状のものが装着されていますね。

 

cool car wheelsさん(@coolcar_wheels)がシェアした投稿

プレミアムシルバーのIS Fです。

極めてシンプルなカスタム内容となっています。

具体的には、社外のフロントリップスポイラーと19インチクラスの社外ホイールなどです。

車高も若干ですが、ローダウンされています。

IS Fはブルーやホワイトカラーが外装色として人気がありますが、あえてシルバーを選んでいるあたりが渋くて良いと思います。

しかし、この車はカスタム的には少し物足りない気がするので、今後のカスタムに期待したいところです。

 

Lexus Boys RDさん(@lexusboysrd)がシェアした投稿

社外のエアロパーツをまとった仕様のIS Fです。

フロントバンパーはエイムゲインで、社外のサイドステップ、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラー、そしてトムスのリアディフューザーが装着され、ドレスアップされています。

さらに社外のダクト付きエンジンフード、トランクスポイラー、ルーフスポイラーが装着され、ドアバイザーはボディー同色にペイントされています。

こうして見ると、スポーティーというより、VIP的なカスタムが施されている事がわかります。

アクセントのように目立っている黒いフロントフェンダーは、おそらくカーボンではなく、単純にペイントされた仕様なのではないかと思います。

 

@suprememodellistaがシェアした投稿

いかにも速そうな雰囲気を醸し出した後ろ姿のIS Fです。

外装はエクシードブルーメタリックに、社外のサイドアンダースポイラー、WALDのリアディフューザー、社外のルーフスポイラーとトランクスポイラーを組み合わせています。

さらに社外のLEDテールへと交換されている他、6本スポークのスポーティーなホイールがセレクトされています。

写真だとわかりづらいですが、焼き色が美しい社外マフラーが装着されています。ぜひこの車のエグゾーストサウンドを聞いてみたいです。

 

Toshiki Kumagaiさん(@km_performance)がシェアした投稿

渋い感じのIS Fの登場です。

プレミアムシルバーの外装色に、BBSのスーパーRSを組み合わせて、車高を大幅にローダウンさせています。

エアロパーツとしては、純正のエクステリアに、フロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが社外品として追加されています。

高級ホイールと組み合わされてドレスアップされたエクステリアは、まさにプレミアムなルックスへと仕上げられていると言えます。

BBSスーパーRSは昔からあるホイールですが、IS Fにも良く似合っていると思います。

 

DriveFastさん(@drivefast_liveforever)がシェアした投稿

独特なエクステリアカラーが印象的なIS Fです。

ボディーカラーはエメラルドグリーンにも見えなくもない、不思議なカラーリングです。

純正グリルはブラック化され、社外のフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラーを追加して外装をドレスアップ。

ホイールもエッジが効いたスポークデザインをチョイスし、車高を少しだけローダウンさせています。

よく見ると、ヘッドライトには社外のイカリングが埋め込まれていて、個性的な顔つきとなっています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記のたった1分で車を60万円値引きできる裏技ページをご覧ください。

裏技を知って後悔する人たった1分で車を60万円値引きできる裏技!安く購入する秘密のテクニックとは?!

 

Mai Sue Xiongさん(@mai_isf)がシェアした投稿

スピンドルグリル付きのフロントバンパーへと変更された仕様のIS Fです。

オレンジマーカーが組み込まれた純正USヘッドライトには、社外のアイラインが装着され、スピンドルグリルとあいまって、迫力あるフロントフェイスとなっています。

ホイールはボディーカラーに合わせたブラックカラーで、ワーク マイスターのようなピアスボルト付きの5スポークデザインをチョイスしています。しかし、あえてピアスボルトを黒に塗らない事で、ダークカラーの足元にアクセントを与えています。

よく見ると、ホイールナットも突き刺さりそうなくらい鋭く尖った社外品へと交換されています。

 

サーキット走行会仕様のようなルックスのIS Fです。

ラッピングフィルムによってボディーカラーを複数に分け、賑やかな印象のエクステリアへと仕上げています。

32のゼッケンを貼り付けたことで、より一層サーキット走行のイメージが高められていると言えます。

ホイールもいかにもスポーツ走行用といった雰囲気の、6本スポークのガンメタカラーをチョイスしています。

エアロは、フロントのアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、そしてリアのトランクスポイラーが追加されています。

 

Slammed Lifeさん(@slammedlife.rd)がシェアした投稿

こちらはIS Fの後期型です。

IS Fのイメージカラーでもある、エクシードブルーメタリックの外装色に、社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを組わせ、さらに車高を地面スレスレまでローダウンさせています。

ホイールも、ブルーカラーのIS Fにピッタリ似合う、渋いガンメタカラーの6本スポークをチョイスしています。さらにスポークの隙間から、黄色に塗られたブレーキキャリパーが覗いている様子が、より一層スポーティーな雰囲気を高めています。

 

Lexus Boys RDさん(@lexusboysrd)がシェアした投稿

現行レクサスのような新しいルックスを手に入れた仕様のIS Fです。

一番の特徴はフロントバンパーで、ハニカムメッシュのスピンドルグリルと、RC Fのようにつりあがった形状の左右バンパーダクトなど、現行レクサスのデザインを違和感なく取り入れています。

もちろん、フロントフェイスだけでなく、車高も抜かりはありません。他のカスタム仕様のIS Fとは異なり、アンダースポイラー等は装着されていませんが、車高は十分低い状態を実現しています。

ホイールもブラックの螺旋状のスポークデザインで、少し古い世代の車になりつつあるIS Fの外装に、フレッシュな印象を与えています。」

シルバーとブラックの2色に分けられた仕様のIS Fです。

ボンネットとフロントフェンダーはカーボンに変更されているのか、ボディー色とは異なるルックスとなっています。

さらに社外のフロントリップスポイラーと社外のサイドアンダースポイラーが追加されている他、ルーフと純正トランクスポイラーが黒に塗り分けられています。

ホイールはエンケイのRPF1だと思いますが、メッキカラーをチョイスし、レタリングがホワイトに塗られたタイヤと組み合わされて、スポーティーな足元になっています。

 

ChicagoF_Clubさん(@chicagof_club)がシェアした投稿

グレーカラーへとオールペイントされたIS Fです。

フロントバンパーはエイムゲインのフルバンパータイプで、リップ部分を黒に塗り分けています。

さらにドアミラーカバーとドアノブを黒く塗り分けて、社外のダクト付きカーボンボンネットを組み合わせることで、黒とグレーを使い分けるルックスへと仕上げています。

車高もかなり低く落とされていて、フロントバンパーのリップ部は地面スレスレの状態です。

ホイールはボディーの雰囲気に合わせたガンメタカラーで、螺旋状になった5本スポークのデザインのタイプを履かせています。

 

Josh Smithさん(@dcguy_)がシェアした投稿

ブラックカラーのホイールに、ゴールドキャリパーが映える仕様のIS Fです。

ホワイトカラーを基調としたボディーに、車外のアンダースポイラーとトムスの大型リアディフューザーを組み合わせ、さらにWALDのトランクスポイラーと社外のルーフスポイラーを追加することで、ドレスアップしています。

マフラーも青色に焼きが入った社外品へと交換されたことで、迫力あるエグゾーストサウンドを奏でてくれそうです。

リアフェンダーのホイールの被さり具合が、車高の落ち具合を物語っています。

 

Francis Caluraさん(@is_fr0nce)がシェアした投稿

爽やかなホワイトカラーのIS Fです。

エアロとしては、WALDのフロントハーフスポイラーと社外のサイドアンダースポイラーが装着されています。

ホイールはメッシュタイプをセレクトして、車全体に高級感をもたらしています。

さらにフロントフェンダーダクト開口部を黒く塗り分けて、スポーティーなアクセントを追加しています。

おそらく社外のエアサスが装着されていると思いますが、リアフェンダーがホイールに被さってしまうくらい、車高がローダウンされています。