@roman.chiefがシェアした投稿 -

涙目タイプのGDB型インプレッサSTIです。

インプレッサでは少し意外な、ワインレッドカラーにオールペイントされているのが特徴で、スポーティーながらも落ち着いた雰囲気が出ています。

エアロは社外のフロントリップスポイラーとサイドアンダースポイラーを装着してドレスアップしています。

また、前後フェンダーがワイド化され、より太いサイズのホイールが履かされています。スポークはブラックカラーのメッシュデザインで、渋い印象の足元となっています。

 

グリーンにオールペイントされたGVB系インプレッサSTIです。

この車の最大の見どころは、ビス留めのオーバーフェンダーで、純正に比べると、かなり幅広なボディーとなっています。

ホイールもワイドフェンダーの恩恵を受けて、深リムサイズが装着されています。

しかし、スポークカラーはボディーカラーとは対照的に、渋めのブロンズカラーがセレクトされています。

また、エアロとしては社外のフロントアンダースポイラーと大型GTウイングの装着に留められていますが、純正フロントバンパーのフォグランプが取り外されてダクト化されているなど、オリジナルのアレンジが加えられています。

 

ホワイトカラーのGDBの涙目タイプです。

エアロは純正のSTIのエクステリアに社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーという小振りなサイズのものを装着しています。

前後フェンダーはワイド化され、深リムサイズのホイールをセット。

スポークはステップリムを備えたメッシュタイプで、ブラックカラーに塗装することで、引き締まった印象の足元となっています。

室内に目を移すと、運転席と助手席共にブリッドのバケットシートへと変更されています。

また、よく見るとインタークーラーが前置きへと変わっていますね。

 

World Rally Teamさん(@needforsubaru)がシェアした投稿 -

こちらはGC8の2ドアクーペのタイプR STIバージョンです。

ガンメタのボディーカラーにオールペイントされたボディーは、ビス留めオーバーフェンダーによってワイドボディー化されています。

エアロは社外のフロントハーフスポイラーとサイドステップを装着していますが、あえてリアスポイラーレスとなっているのが特徴です。

ホイールはかなりワイドなサイズが履かされており、スポークカラーもボディーと同系色のガンメタをセレクトして、車全体の見た目の統一感を高めています。

 

派手な印象のイエローカラーのGVBインプレッサSTIです。

外装はフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラー、ルーフスポイラーを装着してスポーティーなフォルムを手に入れています。

さらに、フロントバンパーカナードと大型のGTウイングを追加して、攻撃的な印象を増しています。

ホイールもスポーティーさを意識してか、ツインスポークタイプのシンプルなデザインのものをチョイスしています。

車高はスタンス仕様といった感じで、極低レベルまで下げられています。

 

FGさん(@dongarcez)がシェアした投稿 -

こちらはGC8系インプレッサSTIセダンです。

エクステリアに関しては、完全に22Bを意識したものとなっており、特にフロントバンパーと前後のブリスターフェンダーの形状は、まさに22Bのルックスを4ドアセダンで再現していると言えます。

また、ボンネットのダクトも純正の縦タイプから社外の横タイプへと変更され、ここにも22Bの特徴的装備をトレースしていることが感じ取れます。

さらに社外の大型リアスポイラーやエアロミラーが、より一層スポーティーな雰囲気を高めています。

 

GunmaCarGuyさん(@gunmacarg)がシェアした投稿 -

WRブルーマイカの涙目(GDB)のSTIです。

外装は、ボディー同色にペイントされたSTIのフロントアンダースポイラー、社外のサイドステップ、社外のトランクスポイラー、そしてGTミラーが装着されています。

そして、一番の特徴は、純正のブリスターフェンダーをさらにワイド化した社外のオーバーフェンダーです。

これにより、ノーマルフェンダーでは絶対に履かせることができなかった、極太の深リムサイズのホイールが装着されています。

よく見ると、フロントバンパーのナンバープレートレス化と純正USヘッドライトが、この車がUSDMを意識してカスタムされていることを物語っています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

LUXURIOUS LIFEさん(@xcarslife)がシェアした投稿 -

涙目タイプのGDB系STIです。

ブルーカラーのボディーに前後ビス留めオーバーフェンダー、サイドステップ、リアアンダースポイラー、そして大型のGTウイングが装着されて、迫力あるフォルムを実現しています。

また、よく見ると、ルーフには鷹目(F型/G型)用の純正ルーフスポイラーが追加されています。

ホイールは深リムのメッシュ系ホイールで、前後ともにピタピタのツライチ状態でセットされています。

ホワイトに塗られたタイヤのレタリングも、レーシーでカッコイイですね。

 

こちらは5ドアハッチタイプのGRB系インプレッサSTIです。

この車もスタンス系のカスタムが施されています。

純正のSTIの外装に、社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着し、社外のエアサスを組んで地面スレスレまで車高をローダウンさせています。

リアスポイラーはバリスが装着され、迫力あるスタイルを演出しています。

また、室内を見てみると、インプレッサでは少し意外な、赤いレカロシートが運転席と助手席ともに装着されています。

 

Joshua Ramplingさん(@joshyboy84)がシェアした投稿 -

こちらは、今となっては希少なGGB系インプレッサスポーツワゴンのSTIです。

セダンのSTIとは異なり、ブリスターフェンダーを持たないナローボディー(5ナンバーサイズ)のため、少しもの足りなくも感じるサイドビューですが、かえってそれが新鮮に感じたりもします。

そんなワゴンをベースに車高をローダウンし、BBS スーパーRSのような細かいメッシュスポークのホイールを装着して、エレガントな雰囲気を出しています。

よく見ると、フロントフェンダー先端に取り付けられている、純正のオレンジマーカーがスモーク化されています。

 

Falken Tireさん(@falkentire)がシェアした投稿 -

真っ赤なGRB系STIです。

ボンネットが取り外され、エンジンルームがアピールされていますが、何か凄そうなチューニングが施されていそうですね。インタークーラーが前置きへ移設されているのを見ても、ただならぬ雰囲気を感じます。

ホイールはワーク マイスターを履かせて、JDMカスタムの王道を極めています。

また、社外のフロントアンダースポイラー、サイドステップ、エアロミラーを装着して、エクステリアの迫力を増しています。

 

ソニックブルーマイカのGC8 タイプRのSTIバージョンです。

エアロはフロントハーフスポイラーとサイドステップを装着し、さらに社外のメッシュグリルとエアロミラーへ交換することで、純正とは一味異なるルックスを表現しています。

ホイールはコンケーブ形状のガンメタカラーのタイプを、社外の赤いロングホイールナットと組み合わせて、前後ツライチ状態でセットされています。

さりげないですが、フロントのコーナーレンズがオレンジ塗装されています。

 

Subaru Enthusiastさん(@subiemobb)がシェアした投稿 -

こちらは涙目タイプのGDB系STIです。

フロントは、純正バンパー下にコネクションロッドを介して社外のアンダースポイラーを装着し、さらにサイドアンダースポイラーとGTウイングを追加して、外装のイメージチェンジを図っています。

また、前後ワイド化されたオーバーフェンダーには、極太サイズのTE37がセットされ、迫力あるフォルムを披露しています。

ヘッドライトは社外品へと交換され、プロジェクター、イカリング、インナーブラック化という盛りだくさんな内容により、目力がアップしています。

 

@picsofwhipsがシェアした投稿 -

こちらはGDBの後期型モデルにあたる、鷹目タイプのSTIです。

WRブルーマイカのボディーには、社外のフロントバンパー、フロントアンダースポイラー、そして大型のGTウイングが装着されてドレスアップされています。

さらに、前後オーバーフェンダー、社外のボンネットダクト、GTミラーが追加され、スポーツ走行を意識したパーツが複数、組み込まれています。

また、ヘッドライトがスモーク化され、インタークーラーが前置きに変更されているなど、迫力あるフロントマスクとなっています。

 

WIDE BODY SUBIESさん(@widebodysubies)がシェアした投稿 -

こちらも鷹目タイプのGDB系STIです。

ボディーカラーは明るい色調のマジョーラカラーで、派手な印象の外観となっています。

ヘッドライトには、VAB系STI(WRX)を彷彿とさせる、逆コの字型のLEDデイライトが埋め込まれ、フレッシュな印象を与えています。

また、前後ビス留めオーバーフェンダーにより、メッキの深リムホイールが装着されて、迫力ある足元に仕上げられています。

これだけ過激で派手な外装にも関わらず、USスバル純正のバグガードが装着されているのは、意外性があって面白いと思います。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。