1分で車を60万円値引きする裏技

キャラバンはトランポとしてはどう?使い心地まで解説!

日産の代表的な商用車といえば、そう「キャラバン」です!

2012年にフルモデルチェンジを迎え、「NV350キャラバン」と名前が変わったことでも話題になりましたよね。

「貨物車」を意味する「Carvan」がそのまま名前になった車だけあって、非常に優秀な性能をもっています。

バイクを趣味にしている方なら、キャラバンをトランポをして利用している人も多いことでしょう!

そこで今回は、キャラバンの実用性を「トランポ性能」という観点から分析してみたいと思います。

キャラバンの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

キャラバンはトランポにできるか

キャラバン トランスポーター

キャラバンの登場は1973年ということで、実は販売開始から40年以上も経つ車なんです。

商用バンとして、トヨタ「ハイエース」とライバル車種にあたり、クラスNo.2の人気を誇ります。

2012年にフルモデルチェンジを迎え、現行モデルで5代目を数え、ネームを「NV350キャラバン」へと変更したことで話題となりました!

トランポとしても有名な車ですが、実際のところどれくらい使えるんでしょうか? さまざまな角度から分析していきましょう!

トランポに求められるもの

トランポとは「トランスポーター」を略した呼び方で、ようするに「輸送車」という意味合いを持ちます。

目的によって輸送する物は多岐にわたりますが、一般的には、バイクの輸送として使われる言葉です。

トランポには、以下の3項目が重要とされています。

  • 積載性(荷室空間の広さ)
  • 走行性能(フル積載でも走れる動力性能)
  • 耐久性(ハードな使用にも耐えるタフさ)

バイクを荷室に積み込むわけですから、トランポとして使用する車には、第一に「積載性」が求められますね。

そして、積んでもなお、公道を走れるだけの「走行性能」も必須条件といえます。トランポは、車の使用方法としてかなりハードな部類に入りますから、「耐久性」もある程度確保されていなくはなりません。

キャラバンの積載性

NV350キャラバンの荷室空間は、2017年調べによると「国産小型貨物車No.1」だというのです。これは、トラックや大型バンなどを除けば、実質市販車で一番積載量が多いことを意味します。

具体的な寸法を参考にして、「荷室の広さ」「リアゲートの面積」を見ていきましょう。

荷室の広さ

寸法項目数値(2列目使用時)数値(フルフラット時)
荷室長1,920mm3,050mm
荷室幅1,490mm1,520mm
荷室高1,325mm1,325mm
荷室面積2,860㎡4,636㎡
荷室体積3,790L6,143L

こちらが、メーカーによるキャラバンの荷室寸法です。

数値だけじゃイメージできない方は、「A3段ボールが約100個」または「スーツケースが約50個」が収納できると思い浮かべてください。乗用車では考えられない容量ですよね?

モデルにもよりますが、最大積載量は1tにも達するので、バイクならラクラク2台積み込めます。

トランポとして活躍しないわけがありません!

ゲートの広さ

寸法項目数値
ゲート高1,275mm
ゲート幅1,370mm
フロア地上高640mm

こちらはリアゲートの開口寸法です。小学生くらいのお子さんなら、立ったままリアゲートを移動できます!

リアゲートの開口面積って、実は重要だったりします。乗用車でも、「荷室は広いけど、ハッチが狭いせいで、あまり積めない…」なんてこと、よくありますよね?

キャラバンは、縦横に1m以上のスペースが確保されているので、ゆとりをもって積み下ろしができるんです!もちろん、バイクの積み下ろしだって難なくこなせますよ!

さらに大きなボディとは裏腹に、フロア地上高が640mmと低めなのもうれしいです。荷室までの地上高が低いので、荷物を持ち上げる負担が軽減できます。

ラダーを組んだときの角度が緩やかなので、大型バイクの積み下ろしも慣れれば一人でできます!

ほとんどのバイクが積める!

KAWASAKI Z1000

  • KAWASAKI Z1000ABS
  • HONDA CB1300SF
  • YAMAHA YZF-R1
  • SUZUKI GSX-S1000 ABS

ここにあるような国産のリッターモデルも、後部座席を潰せば2台積み込むことが可能!国産車なら、積めないモデルを探す方が難しいでしょう。

全長2mを超えるモデルはあまりトランポの例を聞きませんが、モデルによってはハーレーも積めるようです。

キャラバンの走行性能

キャラバンには、「2.0Lガソリン」「2.5Lガソリン」「2.5Lディーゼルターボ」の3種類がラインナップされていますが、どのモデルも積載走行が前提とされているので、走っていてストレスがありません。

性能項目2.0Lガソリン2.5Lガソリン2.5Lディーゼル
ターボ
排気量1,998cc2,488cc2,488cc
最高出力130PS/5,600rpm147ps/5,600rpm129ps/3,200rpm
最大トルク18.1kgf・m/
4,400rpm
21.7kgf・m/
4,400rpm
36.3kgf・m/
1,400-2,000rpm
トランスミッション5速MT/5速AT5速AT5速MT/5速AT
駆動方式FRFR/4WDFR/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー軽油

こちらは、NV350キャラバンのエンジン性能の公称値です。フル積載時には3tにも迫る重さになるため、低速域でパワーを発揮できるのが特徴。

ガソリンモデルは登坂でのパワー不足感は否めませんが、信号発信や車線変更など、公道の走行には十分対応しています。

ディーゼルモデルは走行性能の評価が高く、とくに中・高回転域でのトルク感が好評されています!なんと、その数値は4ナンバークラスNo.1。

国産車のディーゼルモデルでも「最大トルク:35kgf・m」というのは珍しくありませんが、ほとんどは回転数が上がると、トルクが物足りなくなるといいます。キャラバンにはそれがないんですね!

さらに、従来のモデルは燃費性能に課題がありましたが、5代目のフルモデルチェンジにともない改善されました。これによって「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」に認定されています。

周りと比較すると、悪燃費と評されますが、以前のモデルから見れば大健闘です。

ガソリンモデルは「実燃費:7.5~9km/L」、ディーゼルモデルは「実燃費:8.0~10km/L」で走れるので、トランポとしては及第点は超えてます。

キャラバンの耐久性

耐久性に関しても、まったく問題はありません。

ビジネスで使用すると、毎日100km以上走行することなんてザラですよね?それも、なんらかの荷物を積んだままの走行となるので、一般の乗用車とは比にならないほど消耗します。

そういった環境での使用を前提として40年以上作られてきた車なので、プラットフォームをはじめ、あらゆる箇所がタフなつくりをしています。

さすがにメンテナンスは欠かせませんが、トランポとしてヘビーユースしても長く愛用できるでしょう。

キャラバンのトランポとしての使い心地

これまで解説した内容を踏まえて、実際にトランポとして利用しているオーナーさんの感想をみていきましょう!

Twitterで画像付きの投稿を探してみたところ、いくつか気になるものがあったので紹介したいと思います。

こちらは、荷室をフルフラットにした状態の画像投稿です。運転席から撮影されたのでしょうか?とても広いですよね。

この広さなら、間違いなくトランポとして大活躍しますね!

最近では、トランポ用に「軽キャブバン」を使用するのも流行していますが、やはりトランポとしてベストな選択は大型車です。

キャラバンの荷室空間なら、バイクを積み込むのに2列目を倒す必要がありません。4人乗れる状態でトランポにできるのです。

さらに、大抵のバイクなら「2台載せ」が可能なので、友人と2人でシェアするという使い方も。

この広さなら積み込みも簡単なので、まったくストレスを感じません!

こちらは、実際にバイクを2台積んでいる画像ですね。こちらのオーナーさんはキャラバンのファンのようで、普及の意味で投稿しているようです。

「SUZUKI TL1000R」は2,105mm×1,125mm×740m、「SUZUKI GSF1200」は2,105mm×1,210mm×785mmというボディサイズ。

どちらもスポーツ仕様のモデルということで、バイクとしては大きい部類です。

ところが、キャラバンにかかれば、このとおりすっぽり収まってしまいます!普及したくなるファンの気持ちもわかりますね!

リアゲート側から見るとこんな感じ。バイク一台だけなら、かなりゆとりがあります。

こちらのオーナーさんは、荷室右側にバイクを積んで、右半分にはベッドを設置しているようですね。これなら遠方のサーキットへ出かけても、難なく車中泊が可能。

まさに、「男のロマン」を実現した使い方ですよね!この使い方はキャラバンならでは!

キャラバン以外のトランポの選択肢

キャラバンの性能についてはだいたいこんな感じです。それでは、同クラスには他にどんな車種があるのか検討してみましょう。

トヨタ「ハイエース」

トヨタ ハイエース

小型貨物車として、もっともシェアが高い「ハイエース」は、キャラバンの最大のライバルといえます。ポジション的にはキャラバンの格上ともいえる存在。

最大の特徴は「耐久性」「使い勝手」にあります。その他の性能も弱点という弱点がないので、まさに「最強の商用車」なのです。トランポとしても一番人気の車で、中古でも需要があります。

一方、「荷室の広さ」や「走行中の安定性」「トルク感」はキャラバンの方が優れているので、購入の際は「どこを重視するか」が重要となりそうです。

マツダ「ボンゴ バン」

マツダ ボンゴ バン

キャラバンよりも一回り小さいワンボックスカーです。シェアとしてはキャラバンの方が勝っていますね。

この車は、貨物車としてはボディがコンパクトなことが特徴なので、場面によってはキャラバンやハイエースよりも使えることもあります。

トランポとしても使えますが、「荷室の狭さ」「走行性能」といった点から、キャラバンの方が使い勝手はいいでしょう。

キャラバンはトランポとしてはどうか

というわけで、キャラバンのトランポ性能について解説してまいりました!

弱点となる部分もありますが、キャラバンは「ランポとして優秀な車」といえるでしょう!

ハイエースが強過ぎて埋もれている印象ですが、かなり使える車なのは間違いありません。余暇にバイクを楽しみたい方には、ぜひおすすめしたいところですね。