BMW XDrive 91161さん(@top1ranked)がシェアした投稿 -

初代X4のF26です。

こちらは全てハーマンのパーツで固められた、ハーマンのデモカーです。

外装はMスポーツをベースに、フロントリップスポイラー、エアインテークカバー、リアスポイラー、リアバンパーパネル、前後フェンダーアーチモールなどが装着されています。

もちろんホイールもハーマン製になります。

フルバンパータイプのエアロを付けているわけではないのに、ノーマルとは全く違った印象へと変わるのだから、ハーマンのエアロデザインがいかに優れているかがわかりますね。

 

The Bernieさん(@carshowbernie)がシェアした投稿 -

ちょっと異色な雰囲気のF26です。

外装はフルノーマルのMスポーツパッケージで、ホイールですらノーマルです。

しかし、ボディーラッピングが施されており、ピンクメッキとも言える、メッキカラーへと外装色が変更されています。

メッキカラーですので、車体には完全に周りの風景が写り込んでいますね。止まっている時だけでなく、街中を走っていても目立つ仕様であることは間違いありませんね。

そして、わざとなのかわかりませんが、ドアミラーとドアノブがあえてつや消しブラックへと塗装されています。

 

W-PCさん(@wpc.fm)がシェアした投稿 -

こちらもボディーラッピングのカスタムが施されたF26です。

外装はMスポーツパッケージにグリル、ドアミラー、ホイールのブラック化という組み合わせです。

基本的にはフルノーマルの仕様で、カラーリングで勝負している仕様ですね。カラーリングは赤を基調とし、ゴールドと黒の模様が描かれた、不思議なデザインです。

X4はSUVの新ジャンルといも言うべき、SAVというジャンルに属する車です。ゆえに、X3やX5とは異なり、奇抜なカラーのボディーラッピングを施すカスタム事例があるのも、不思議ではありませんね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

AutoTuningさん(@mr.avtotuner)がシェアした投稿 -

こちらは3DデザインのデモカーのF26です。

具体的なカスタム箇所は、リアディフューザー、カーボントランクスポイラー、リアルーフスポイラー、ホイールなどです。

純正のMスポーツパッケージがベースとなっており、ハードにカスタムされた仕様ではないにもかかわらず、しっかりノーマルとは差別化されているので、確実にカッコよくなっていると思います。

ホイールもスポーク表面はシルバーで、スポーク側面やインナーリムが黒くなっていて、ボディーの赤と黒を基調とした外観を引き締める役割を果たしています。

 

マット系のガンメタカラーへと変更されたF26です。

外装はMスポーツパッケージにグリルブラックとドアミラーをブラック化させることで、黒とガンメタに統一された見た目に仕上がっています。

ホイールはピアスボルト以外、スポークもインナーリムも全て黒く塗られたものを装着。

それにしても、サンルーフをチルトアップした姿が様になっていますね。通常のSUVとは違い、クーペのようなボディー形状をしているX4は、美しいボディーデザインを崩さぬようカスタムすることがポイントになります。

 

Platonさん(@platon2304)がシェアした投稿 -

オシャレにカスタムされたF26です。

外装はMスポーツパッケージに、トランクスポイラーを追加しています。

さらに、グリルとドアミラーのブラック化とサイドデカールを追加して、白いボディーにアクセントを加えています。

ホイールはかなりの大口径サイズで、22インチくらいありそうです。スポーティーなメッシュ形状で、スポーク側面とインナーリムが黒に塗り分けているというこだわりようです。

欲を言えば、マフラーは両側4本出しであればもっとよかったですね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。