こちらのGクラスのゲレンデヴァーゲンはブラバスG700と呼ばれるモデルで、ブラバスが内外装を手掛けるカスタムカーで、搭載されるエンジンはV型12気筒のハイパフォーマンスエンジン。

国産スポーツカーを蹴散らすほどの強烈な加速力を秘めています。

角ばったボディパネルからオフロードが似合いそうな無骨な印象を受けますが、外装は白と黒で統一され、とてもオシャレな仕上がりをしています。

ブラバスが手掛けたことで、内装は標準車以上に豪華な仕様になっている1台です。

 

Ken.さん(@kenmsaito)がシェアした投稿 -

こちらのGクラス、G63AMGゲレンデヴァーゲンはなんと6輪にカスタムされています。

チューニングショップがG63AMGをベースに6輪にカスタムしたのではなく、メルセデスベンツ自らが6輪駆動化して発売したG63AMG6×6と言う特別仕様の限定車です。

日本では限定5台の発売が行われ、お値段は驚異の8000万円だとか。

6輪駆動となり、その走破性能は格段に跳ね上がります。

急勾配や岩場、そしてスイッチ操作で6輪全てのタイヤ空気圧を調整できるシステムが搭載され、砂地などの柔らかい地面に沈み込まないように出来るとのこと。

まさにオフロードモンスターの名に相応しい1台です。

 

こちらのゲレンデヴァーゲンはグレーとブラックのウッドランドパターンに彩られ、まさにオフロードマシンという印象を受けます。

赤いブレーキキャリパーが目を惹く差し色になり、カッコ良さを引き上げています。

エンブレムは伝統のシルバーアローではなくブラバスのエンブレムになっていることから、ブラバスが手掛けたカスタムカーのようです。

とてもワイルドな外観からは想像できない内装の豪華さになっていそうです。強烈な存在感を放つのは流石と言える1台です。

 

こちらのG63は高級車やスーパーカーのカスタムを専門に行うドイツの名門チューナー「マンソリー」が手掛けた1台です。

綺麗なブルーのボディを大胆にも迷彩柄へとカスタムし、ルーフのアシストランプがオフロード走行をするマシンであると強調しています。

フロントグリルやバンパーダクトにフィンが追加され、迫力を増しています。そしてフェンダーやバンパーの一部にカーボンを追加して、オシャレと機能を両立しています。

流石マンソリーが手掛けた車両だと感じる1台です。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

こちらのG63はブラックのボディに赤い加飾が入りワイルドさが際立つ1台です。

フロントリップとフロントグリルに赤いラインを入れ、エッジ部分を強調して迫力を増しています。

ボディのサイドに赤いラインを入れて、視線が重心より下に集まることで、車高が下がったような錯覚を生み出し、色を合わせてフロントとの統一感を持たせています。

ホイールのリムを赤く塗装し、足元のバランスを合わせることも忘れていません。

ブラックとレッドは定番の合わせ方ですが、バランス良く配色することでワイルドさが強調されています。

 

可愛い!そう感じてしまうNaked(ネイキッド)スタイルのG class G63。ノーマル状態のG63はワイルドな外観からは想像できない変貌ぶりです。

Naked(ネイキッド)とは「剥き出しの」という意味があります。

フロントバンパーが外され、オイルクーラーとインタークーラーが露出しています。オフロード走行には不向きですね。

ヘッドライトの周りも外され、まん丸おメメがとてもキュートな外観へと変貌させるポイントです。

 

こちらのゲレンデヴァーゲンは無骨なデザインを残しながら、オシャレさが強調されたカスタムが施されています。

フロントバンパーダクトのフィンにデイライトが埋め込まれ、ボディのワイドさを強調し、車高が下がったような錯覚を生み出しています。

ホイールはリムまでスポークが伸び、より大口径に見せるデザインで、エッジの効いた細いスポークが、角ばったボディととてもマッチしています。

そして、フェンダーとタイヤのクリアランスが少し狭いように見えます。少しローダウンされているのかも知れません。

 

高級車のカスタムで有名なマンソリーが手掛けたG63 ゲレンデヴァーゲンのボディカラーはなんとゴールド。

まさにオフロードマシンという印象が薄れ、高級車であることを思い出させるオシャレな印象を受けます。

バランス良くブラックで塗り分けられ、ホイールのリムがボディ同色のゴールドに塗装され、統一感を忘れないのは流石です。

マンソリーが手掛けているということは、内装にはノーマルより上質な革製品が使われていそうです。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

SSパパ
SSパパ
学生時代にスポーツカーに憧れ、モータースポーツ系の専門学校へ進学。卒業後にレースメカニックになる。レースよりカスタムの方が好きだと感じ退社。その後、国産ハイパワー4WD車を購入し、サーキットを走っていたが、更にカスタムに興味を持ち、stancenationお台場やwekfestなどのイベントにエントリーし、展示したことも。stancenation大阪の選考も通過経験もあり。