Kacchanさん(@kacchan_mz3)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーの2代目アクセラ スポーツです。

社外のハーフタイプのエアロ装着して、社外のエアサスで地面スレスレまで車高をローダウンさせています。

ホイールはクレンツェでしょうか?メッキ系の派手なスポークデザインのものが装着されています。

また、この車のポイントがフロントバンパーのナンバープレートレス化です。

これにより、フロントバンパーのダクトデザインが強調され、本来、ナンバープレートで隠れてしまっていた部分が見えるようになったことで、フロントマスクに新鮮さを与えています。

 

やつた67さん(@yatsuta67)がシェアした投稿 -

3代目アクセラ スポーツです。

社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着してさりげなくドレスアップしています。

ホイールは赤いボディーに映える、ホワイトカラーのスポーティーなデザインのものをセレクトしています。さらに、前後共にぴったりツライチ状態に合わせており、妥協のない足回りになっています。

さらに、フロントバンパーをナンバープレートレス化したことで、アクセラ本来のシャープなフロントフェイスを披露しています。

 

なかもんさん(@nakamon7007)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーの3代目アクセラ スポーツです。

エアロは小振りな社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが装着されています。

ヘッドライトには、社外のアイラインとオレンジのカラーフィルムが貼られ、目力をアップしています。

ローダウンされた車高には、ポリッシュカラーのホイールがセットされており、白いボディーとあいまって、車全体が爽やかなルックスに仕上げられています。

また、この車もホイールがツライチ状態で装着されています。

 

takuyaさん(@taxela_1991)がシェアした投稿 -

車高がベタベタにローダウンされた2代目アクセラ スポーツです。

ボディーのカラーリングも独特で、ブロンズメタリックのような重厚感ある外観に仕上げられています。

フロントバンパーはオートエグゼのフルバンパータイプで、サイドステップは社外、さらに社外のアンダースポイラーをフロントとサイドに組み合わせてドレスアップしています。

ホイールはボディーカラーに合わせた、ガンメタ系のスポークカラーをチョイスして、外装の統一感を高めています。

 

かりーなさん(@goldrush4917)がシェアした投稿 -

3代目のアクセラ スポーツです。

旧車感覚でカスタムされた、渋い仕様ですね。

前後にビス留めオーバーフェンダーを装着して、深リムサイズのワタナベ Rタイプを履かせています。おそらく15インチサイズだと思いますが、新しい世代の車にも関わらず、意外に似合っています。

エアロは極力、小振りなサイズのものがセレクトされ、社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが追加されて、さりげなくノーマルとの差別化を図っています。

フロントバンパーもナンバープレートレス化され、すっきりとした印象になっています。

 

Kensukeさん(@kensuke_1106)がシェアした投稿 -

ナイトスポーツのデモカーである、3代目アクセラ スポーツです。

赤いボディーに、ナイトスポーツのフロントバンパー、サイドステップ、そしてルーフスポイラーを装着してドレスアップしています。

渋いガンメタカラーのホイールは、19インチのアドバンレーシングRS2がチョイスされ、スポーティーなエアロのイメージにピッタリです。

車高は着地するほどの低さではないですが、ちゃんとサスペンションをストロークさせることを念頭に置いた地上高がキープされています。

 

なかもんさん(@nakamon7007)がシェアした投稿 -

シンプル車高短仕様の3代目アクセラ スポーツです。

エアロは一切付けていない、潔い仕様です。

その代わり、車高は強烈に低く、うっかりすると、駐車場の車止めにバンパーやマフラーが当たってしまうくらい、低くローダウンされています。

ホイールは、スポーツ系ハッチの車には少し意外な組み合わせにも思える、ポリッシュカラーのディッシュ系をチョイスしています。

タイヤとフェンダーのクリアランスも絶妙で、前後共に、ほぼ等間隔を実現している様子は圧巻です。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Inoue Yoshihiroさん(@cx3gaia)がシェアした投稿 -

青空と橋の背景に映える、ホワイトカラーのアクセラ スポーツです。

エアロはフロントハーフスポイラーとリアアンダースポイラーが追加されています。

車高は程よくローダウンといった感じで、過激な低さではないものの、タイヤとフェンダーの隙間はきっちりと詰められています。

ホイールは18インチ前後サイズのツインタイプの5本スポークで、黒いインナーリムにシルバーのピアスボルトが組み合わされた、凝ったデザインのものが装着されています。

 

大津亨介さん(@k.11_14)がシェアした投稿 -

こちらは3代目アクセラ スポーツです。

赤いボディーをベースに、社外のアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが追加され、スポーティーな雰囲気がより一層高められています。

ホイールはボディーカラーと対照的に、ブラックカラーの細いスポークデザインのものを選び、渋い雰囲気を演出しています。

また、タイヤのレタリングがホワイトに塗られていたり、ブレーキキャリパーがゴールドに塗られていたりと、アクセントを加えることも忘れていません。

 

コワダさん(@oldwada)がシェアした投稿 -

純正のブルーカラーの3代目アクセラ スポーツです。

純正のフロントバンパーの下に、黒いリップスポイラーを追加してさりげなくドレスアップしています。

ホイールはスタンス系のポリッシュカラーのメッシュホイールで、爽やかさと新鮮さを両立させたようなデザインで、車を引き立てています。

また、車高はもしかするとノーマルかもしれません。タイヤとフェンダーの隙間が若干広くあいてしまっているのが残念です。

今後のカスタムに期待したいですね。

 

@horror099がシェアした投稿 -

赤い3代目のアクセラ スポーツです。

社外のフロントバンパーと社外のグリルを装着して、ノーマルから大きく印象が変わった顔つきになっています。

また、ヘッドライトがスモーク化されている点も、純正とは異なります。

ホイールは黒のTE37を履かせており、スポーツ走行を意識せざるを得ないような外観に仕上げられています。

さらに3代目アクセラ スポーツでは少し珍しい、リアゲートスポイラーが装着され、個性的な後ろ姿になっています。

 

Takaさん(@takanori_kmk)がシェアした投稿 -

こちらは初代アクセラ スポーツです。

社外のフロントハーフスポイラー以外は、エアロレスの仕様です。

また、アメリカのナンバープレートやノーズブラが装着されるなど、USDMを意識したカスタムが施されています。

ホイールは真っ白なグラムライツのようなスポーティーなホイールがセットされています。

決してド派手なカスタムカーではありませんが、逆にやりすぎていないところが、USDM系のカスタムには合っているのかもしれません。

 

yu-yaさん(@y.ishi04)がシェアした投稿 -

少し地味な印象を受ける、真っ黒な仕様の3代目アクセラ スポーツです。

社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを追加してイメージチェンジを図っています。

さらにエンブレムをブラック化、ヘッドライトにアイラインを追加することで、化粧直しも行っています。

ホイールもブラックカラーの細いスポークタイプをセレクトして、無難にまとめています。

「カスタムはしたいけれども目立ちたくない」というコンセプトであれば、この仕様もありかもしれませんね。

 

トランクにオーディオカスタムが施された黒い3代目アクセラ スポーツです。

ホイールは丸い穴が開いたメッキのディッシュホイールで、かなり個性的なルックスになっています。

エアロは車高の低さを重視するため、小振りなフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着しています。

車高は社外のエアサスで下げていると思いますが、前後共にホイールがツラウチ状態になっています。

このままでも十分カッコイイですが、デコラインを入れるなどして、ワンポイント、アクセントがあると面白みのあるルックスに仕上げられると思います。

 

USDMを意識してカスタムされた、ホワイトカラーの3代目アクセラ スポーツです。

フロントエンブレムのブラック化、ナンバープレートレス加工、ヘッドライトにオレンジフィルムを貼るなど、フロントマスクのイメージチェンジを図っている他、フロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着してドレスアップしています。

ホイールはエモーションのCR kiwamiだと思いますが、ブラックカラーのコンケーブ形状のスポークが、足元に引き締まった印象を与えています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。