北山ゆうきさん(@yuyuyu411)がシェアした投稿 -

BM系アクセラのセダンです。

社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーを装着して、さりげなくもノーマルとの差別化を図っています。

車高も程よくローダウンといった感じで、フェンダーとタイヤの隙間を埋めつつも、最低地上高はギリギリ9cmを確保していそうな合法カスタム仕様です。

ホイールはスポーティーかつ重量の軽そうなタイプがセレクトされ、さらにブラックカラーを選択したことで、ボディー全体の統一感を高めています。

 

kenta® / 🇯🇵さん(@910ken910)がシェアした投稿 -

こちらもBM系アクセラのセダンです。

ボディーカラーは渋いグレーメタリックで、マツダスピードのフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが組み合わされています。

ホイールは社外の17インチ前後サイズの、ブラックスポークとポリッシュリムを組み合わせたものをチョイスしています。さらにピアスボルトがアクセントの役割を果たしており、ホイールが地味な印象になりすぎないよう、配慮されています。

今後は車高のローダウンに着手してほしいですね。

 

TianJiさん(@tian.ji)がシェアした投稿 -

BM系5ドアハッチのアクセラ スポーツです。

ホワイトカラーのボディーにマツダスピードのフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラー、そしてリアアンダースポイラーを組み合わせています。

車高はおそろしく低く、エアロが地面に当たりそうです。

ホイールは19インチ相当サイズで、細身のスポークが特徴的な、高級感とスポーティーさを併せ持ったようなデザインのものをセレクトしています。

車高はエアサスで下げているのではないかと思いますが、ホイールが前後共にフェンダーをギリギリで交わしている様子は、この車のカスタムの完成度の高さを物語っています。

 

monika@joyriderさん(@monika.joyrider)がシェアした投稿 -

5ドアハッチのBM系アクセラ スポーツです。

ボディーカラーはマツダ純正のブルーリフレックスマイカです。

外装はフロントバンパーとグリルがオートエグゼ、サイドステップはマツダスピード、リアルーフスポイラーはオートエグゼが組み合わされています。

さらにヘッドライトはスモーク化された上で、アイラインが装着されたことで、より独特なフロントフェイスになったと思います。

ホイールは18インチ相当サイズで、若干小さくも見えますが、車のイメージに合った、スポーティーなデザインをセレクトしています。

 

黎控控さん(@spoon_li)がシェアした投稿 -

車高ベタベタのスタンス仕様のBM系アクセラ スポーツです。

爽やかなホワイトカラーのボディーには、マツダスピードのフロントアンダースポイラーと社外のサイドステップが組み合わされています。

ホイールは車高を重視するためか、あえて小さめの18インチサイズをチョイスしています。メッキのスポークカラーも車にエレガントさを加えています。

おそらく社外のエアサスを使っていると思いますが、エアロが地面スレスレになるまで車高が下げられている様子は圧巻ですね。

 

ウッチーさん(@uchi.mazda3)がシェアした投稿 -

チューニングカーのような雰囲気が漂う、BM系アクセラセダンです。

BM系では珍しい、大型のダクト付きの社外ボンネットへ交換され、速そうな車の印象を与えています。

エアロは社外のフロントハーフスポイラーとマツダスピードのサイドアンダースポイラーが装着されています。

さらにフロントグリルのブラック化とナンバープレートレス化、アイラインの装着、ルーフ、ドアミラーカバー、ドアノブのブラック化などで、個性的なルックスを手に入れています。

また、フォグランプ上部に取り付けられたLEDデイライトが、車にフレッシュな雰囲気をもたらしています。

 

どぅさん(@syo_toku1012)がシェアした投稿 -

複数のカスタムパーツでスポーティーにまとめられたBM系アクセラ スポーツです。

小振りな社外のフロントハーフスポイラーとマツダスピードのサイドアンダースポイラーを装着しています。

さらにボンネットは小型のダクトが付いた社外品へと交換され、ブラックに塗り分けられたドアミラーカバーとあいまって、スポーティーな雰囲気が高められています。

しかし、ルーフにカーボンシートを貼るなど、現行車のトレンドをもう1点取り入れる事ができていれば、より個性的なルックスになっていたのではないかと思います。

 

Katsumasa Mutoさん(@katsu610axela)がシェアした投稿 -

ブラックカラーのボディーにメッキパーツでドレスアップしたBM系アクセラ スポーツです。

エアロは社外のフロントのリップスポイラーの装着のみというシンプルな仕様。

しかし、そのリップ中央部をメッキ化し、ヘッドライトにメッキアイライン、フォグランプ上にメッキガーニッシュ、さらにフロントドア開口部淵にメッキのドアモールを追加することで、アクセラ スポーツに煌びやかさを与えています。

また、ナンバープレートがユーロプレートと日本のプレートの両方が装着されていて、個性的ではあると思いますが、若干くどい気もするので、ユーロプレート1つに絞り込んだ方が良いのではないでしょうか?

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Ykiiiiさん(@ykiiii3399)がシェアした投稿 -

白と黒を使い分けたカラーリングのBM系アクセラ スポーツです。

エアロはマツダスピードのフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーで、リアスポイラーはオートエグゼが装着されています。

ホイールは18インチ相当サイズのメッシュ系で、ボディーカラーと対照的であるがゆえに、足元が引き締まった印象になっています。

しかし、フォグランプ上部には社外のメッキガーニッシュが装着されていたり、ドアノブがノーマルのままだったりと、中途半端にメッキが残ってしまっていて、車全体の統一感が低くなってしまっているのが残念です。

 

h.ayata.kさん(@h.ayatoka0331)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーのBM系アクセラ スポーツです。

フロントグリルはエンブレムごとブラック塗装され、ナンバープレートがフロントバンパーダクト開口部に移設されたことにより、ノーマルと異なる、すっきりとした印象のフロントマスクに仕上がっています。

エアロはマツダスピードのフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーでドレスアップしています。

また、ホイールは18インチ前後サイズのホワイトカラーの5本スポークをチョイスしています。

 

大嶋一基さん(@shimao666)がシェアした投稿 -

プレミアムコンパクトハッチの雰囲気が漂うBM系アクセラ スポーツです。

ホイールは高級感漂う、19インチのBBS LM-Rで、車高もちゃんとローダウンされ、エアロレスのエクステリアでも十分カッコいいフォルムを表現しています。

気になるのはヘッドライトで、純正USライトに交換されているのか、オレンジサイドマーカーが点灯しています。さりげないですが、アクセラオーナー達からの注目の的になるのではないでしょうか?

 

Akihiro Okedaさん(@akihiro1000)がシェアした投稿 -

スポーティ―な仕様のBM系アクセラ スポーツです。

エアロパーツとしては、マツダスピードのフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースカートが装着されています。

車高はきっちりと落とされ、ホイールは19インチクラスのポリッシュカラーのツインスポークタイプが装着され、プレミアムスポーツハッチのイメージを崩すことなくドレスアップしています。

マフラーもチタン製なのか、開口部がきれいに青く焼きが入った社外品が装着されているなど、要所をきっちりと抑えたカスタムが施されています。

 

藤原 拓さん(@taku_fujiwara)がシェアした投稿 -

競技仕様にカスタムされたBM系アクセラ スポーツです。

赤いボディーカラーがBM系アクセラ スポーツの雰囲気をかろうじて残してくれていますが、あとはノーマルとは大きく異なるカスタムが施されています。

フロントバンパーはエッジが効いた大型ダクトを備える社外品へと交換され、フロントフェンダーはサメエラタイプのダクトが設けられたワイドフェンダーが装着され、さらに前後にフェンダーアーチモールが追加されてワイドボディー化が施されています。

ホイールはブロンズのTE37に交換され、ボディーのデカールとあいまって、完ぺきな競技仕様へと変貌しています。

 

デモカーのような高い完成度を誇っているBM系アクセラスポーツです。

フロントバンパーはナイトスポーツのタイプ2で、サイドアンダースポイラーはマツダスピードが装着されています。

ホイールはワークの戦 02Cで、攻撃的なフロントバンパーのダクトデザインのイメージにもよく似合っています。

また、ドアミラーカバーが黒く塗り分けられているなど、細かい部分のカスタムにも抜かりはありません。

車高も極端にローダウンされていないところが、逆にスポーツ走行を念頭に置いた、チューニングカーのような雰囲気を演出できていると思います。

 

竜也さん(@58ryu)がシェアした投稿 -

こちらはセダンのBM系アクセラです。

エクステリアは、社外のフロントハーフスポイラー、サイドステップ、アイラインの装着、そしてフロントグリルのナンバープレート移設などでノーマルとの差別化を図っています。

ホイールは控え目な17インチサイズで、ガンメタカラーのメッシュタイプをセレクトしています。

車高はノーマルのままで、ディーラーへの入庫を念頭に入れてカスタムしていることが伺えます。

派手な印象はありませんが、場所を選ばず乗っていけるカスタム仕様と言えます。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。