Auditographyさん(@auditography)がシェアした投稿 -

アウディらしいソリッドグレーのR8です。グリルなどはブラックアウトしていますがボディーカラーとの相性がとてもいいですね。

ホイールも大人っぽいデザイン、サイズでまとめていますし小ぶりな空力パーツで大人スポーティーを演出しています。

しかしそこに普通のスーパーカーの使い方とはかけ離れたルーフボックスを積むことによってアクティブ感を醸し出していて大人なカスタムと絶妙なバランスが取れていますね。

カスタムにはこういったギャップも効果的です。

 

Audi R8さん(@jdrifts)がシェアした投稿 -

こちらはシンプルながら車高の低さが目立つR8です。

おそらくエアサスだと思いますがスーパーカーもシャコタンにするとやはりカッコいいですね。

ボディーパーツに手をつけていないためホイールと車高が強調されメリハリのあるスタイルに仕上がっていますね。

ホイールも流行りのねじれデザインのコンケーブホイールをチョイスしてトレンドも意識しています。

キャリパーの黄緑もアクセントになって足元をいっそうオシャレに仕上げていますね。

 

John mcleanさん(@storm_e63)がシェアした投稿 -

こちらはTHE正統派ユーロモディファイといった感じのR8です。

高級感とスポーティーさをうまくミックスした仕上がりです。

デザインからして高級鍛造と一目で分かりますがそのホイールをさらにゴールドにペイントし高級感を加速させています。

ゴージャスに飾った足元とバランスを取るように小ぶりなウィングを装着しスポーティーさとの融合を見事にこなしていますね。非常にまとまりのあるカスタムといえます。

 

Kevin Estevez 🇦🇷さん(@over_r8ted)がシェアした投稿 -

こちらはボディーカラーがとても派手なR8。

スーパーカーはやはり奇抜なカラーもなんなく似合いますね。

鮮やかなミントブルーとバランスをとるように派手目なエアロパーツを装着しています。

本来R8はサイドプレートやダクト周りは塗り分けたりカーボンにするのが主流ですがボディーカラーを強調させるために同色でペイントしています。

ホイールもボディーカラーに合わせてスカイブルーで塗装しとにかく派手に仕上げています。これは目立ちますね!

 

Speed and Motionさん(@speedandmotion)がシェアした投稿 -

こちらはカラーワークが秀逸なR8。

ボディーカラーが無彩色なことを利用してホイールにアクセントカラーを使用しています。

アクセントカラーが何色でも似合ってしまうのは無彩色の強みと言えるでしょう。

ホイール以外には有彩色は使わず他はシンプルにまとめることでまずホイールに目線がいきますね。

控えめなフロントリップとウィングでスーパーカーらしいスポーツイメージも忘れずに追加しているあたりが素晴らしいですね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

Amazing Supercarsさん(@exoticnooky)がシェアした投稿 -

なんとも奇抜なエアロパーツを装着したR8ですね。

リアバンパーを大胆にカットしディフューザーをセット。かなりスパルタンな印象を受けます。

これに加え変わった形でのリアウィングは最近のスーパーカーカスタムでチラホラ見る形状ですがかなり新鮮です。これからスーパーカー以外のカスタムでも流行るかもしれない形状ですから先取りするのもいいかもしれないですね。

ホイールは落ち着きあるゴールドで履きこなしなんとも言えないバランス感を生み出しています。

 

TOMOcameraさん(@spc_tomocamera)がシェアした投稿 -

サラッと速そうな雰囲気がカッコいいスポーティーイメージ全開のR8です。

ブラックのボディーにグレーのエアロパーツを装着することでエアロパーツを主張させてスポーティーさを強調しています。

フロントリップ、サイドアンダー、ウィングが程よく目立っている中にシルバーのワンピースホイールをチョイスする事で軽やかな印象を作り出しています。

スーパーカーにはこういったスタイルがやはり似合いますね。

 

Audi Loversさん(@audiloversinsta)がシェアした投稿 -

こちらもアクセントカラーの使い方がカッコいいですね。

ボディーカラーの白に赤いアクセントを使い引き締め効果としてブラックも入れていて3色でまとめあげています。

それもクルマの下半分に集中的にアクセントカラーを使用する事で目線を下に下に持っていき視覚的にドシっと見せる効果がありますね。

ただでさえ低いクルマをさらに視覚効果で低く見せることによってかなりR8の良さを引き出しているカスタムといえます。

 

レーシー×シャコタンという不思議ならバランス感のR8ですがよくよく考えるとレーシングカーはシャコタンなんですよね。

タイヤのホワイトレターやガツンと張り出したフロントリップがかなりレーシーですがホイールはいたってラグジュアリーな印象のものをセットしています。

ボディーカラーのグレーとブロンズのリムがよく似合っていますね。

アウディのせいか最近この色めちゃめちゃ流行ってますよね。トレンドになりつつあるのでオールペン検討中の方是非候補の1つにしてみては。

 

こちらは定番のオールブラックスタイルでまとめたR8ですね。

全てブラックでまとめるのは口で言えば簡単ですが単調になりやすいため素材や形状でメリハリをつける必要があるため上級カスタムといえます。

こちらのR8もところどころカーボンを使うことでただブラックにしました感を軽減させとてもカッコよくまとまっています。

ダクト付きのフロントリップやリアウィング、軽量感のあるデザインのホイールでとても重厚感あるスポーティーカスタムに仕上がっていますね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。