K-custom GmbHさん(@k_custom)がシェアした投稿 -

こちらはオールブラックに足元にアクセントとして赤を使った例です。

グリルなども徹底的にブラックアウトしたからこそキャリパーとセンターキャップのみの赤でも一際目立つ訳ですね。

ホイールはコンケーブの5本スポークで大柄なQ7にスポーティーかつラグジュアリーな雰囲気をそえます。

やはり差し色を効果的に魅せるためにはその他の存在感をうまく減らすことがコツと分かるいいお手本と言えますね。

無彩色のボディーカラーのクルマにお乗りの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ホワイトのボディーにブラックのアクセント、ガンメタのホイールでまとめたQ7。

グリルとサイドモールをブラックアウトしサイドにはプレスラインに合わせたブラックのデカールを貼りブラックのルーフボックスを装着。

これがホワイトのボディーとの美しいコントラストを生み出しています。

そこに合わせるホイールはVOSSEN。コンケーブホイールの立役者的存在です。

カラーはガンメタをチョイスしボディーカラーのホワイトとアクセントのブラックをうまく繋ぐような色にすることで全体のバランスを整えています。ホワイトのクルマを作る1つの方法ですね。

 

-さん(@nothing_gshdjdjnd)がシェアした投稿 -

こちらはコンプリートボディーキットを纏ったQ7です!ただでさえ大きいQ7をさらにワイドフェンダーで武装しています。

それに合わせたデザインのサイド、リアバンパー、リアスポイラーを装着しグレーのボディーカラーと共にカタマリ感を強調しています。

マフラーもまたスクエアデザインで全体のシルエットにとてもマッチしています。

セットされたホイールはツインスポークタイプのコンケーブホイール。カラーもマットブラックでこちらもクルマによく合いますね。

全体のまとまり感を前面に強調したカスタムとなっていて落ち着いたデザインのボディーキットではないのにナチュラルでカッコいいですね。

 

こちらはグレーとブラックを駆使したカスタムですね。グレーにブラックもかなり引き締まったスタイルになってカッコいいですよね。

グリルをブラックアウトにそれに加えてサイドのデカールもブラックで合わせます。

先ほどのブラックグリルとは違ってエンブレムはメッキのまま残すなどいかつさの中に上品さも残していてこれはこれでまたカッコいいです。

合わせるホイールはブラックのVOSSEN。デザインも都会的でクルマの雰囲気を高めていますね。

ワイルドな中に隠れる上品さとセンスが光るカスタムになっているかと思います。

 

こちらはオーソドックスながらもお手本になるブラックコーデと言えるQ7です。

オールブラックもいいですがそこまで黒くしなくても、、、という方はこのようにうまくアクを抜いたスタイルもオススメできます。

ヘッドライトやリムなどをブラックアウトせずに残すことでブラックコーデでもどこかスッキリ感を与えることができます。

どこまでブラックアウトしてどこまで残すかというところの駆け引きが難しいですがこれもまたブラックコーデの醍醐味と言えます。

 

こちらはブラックはブラックでもマットブラックのQ7です。

ペイントなのかラッピングなのかは分かりませんがマットブラックのハイエンドカーって少し前にLAあたりで流行ったのがキッカケで日本でも一時期トレンドになっていましたね。

向こうのセレブがよくやっていた手法です。

マットブラックのいいところは写り込みがないのでボディーラインが強調されるというところにあると思います。

RSデザインのホイールをナチュラルに合わせた上でキャリパーをレッドに塗装しさらにハイエンド感を高めています。

ワイルドにアシで使ってます感がとてもカッコいいですよね。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

こちらはホワイトのボディーにどこのかは不明ですがどこかのワイドボディーキットを装着しています。

ホワイトなので開口部の多いエアロだとダクトが強調されてスポーティーな印象になりますね。

フェンダーダクトも嫌味のないデザインでとてもカッコいいです。

ホイールもボディーキットに合わせてピアスボルト付きのマルチスポークデザインをブラックで履いていますが、リムに小技を効かせてボディー色と同じホワイトを入れることによって、まとまり感とクセを抜いていてバランスを整えています。

 

こちらはアウディが今年のトレンドにしたと言っても過言ではないボディーカラー「ナルドグレー」にペイントされたQ7ですね。

ポルシェやアウディで純正採用されたことからカスタム界でもトレンドになりつつあるソリッドのグレーです。

こちらもワイドボディーになっていますがボディーカラーとよくマッチしています。

RSデザインのフロントバンパーもサイドのアンダースポイラーもカッコよくてこの車高によくハマるデザインですね。

ブラックのフォージアートのホイールもよく似合っていて全体的にスポーティーで速そうです。

今年のトレンドになること間違いなしのナルドグレー、皆さんもペイントしてみては?

 

@exclusiveburnoutがシェアした投稿 -

こちらはアウディの名門チューナーであるABTのコンプリートカスタムですね。

大胆なフロントバンパーや張り出したオーバフェンダー、オシャレなフェンダーダクトに洗練されたサイドのデザインがそれぞれとてもカッコいいですね。

ホイールももちろんABTです。コンケーブデザインに程よい車高がやりすぎない絶妙さを醸し出しています。
コンプリートカーならではの全体のバランスの整い方ですよね。

メーカーによってそれぞれ有名チューナーが数多くありますのでチューナーコンプリートカーも1つの手段として考えて見るのもいいかもしれないですね。

 

今回ご紹介する中で初めての有彩色ボディーカラーに塗られたQ7。

外装はほぼノーマルですなそれが逆にシンプルかつラグジュアリーな印象を与えています。

ボディーがシンプルなため合わせるホイールは少しクセのあるrotiform。スタンスカルチャーの影響を大きく受けたアメリカの人気ホイールメーカーです。

ねじりとコンケーブが組み合わさったデザインがシンプルな外装のスパイスになっていますね。

ホイールのイメージにぴったりくる車高はもちろん低車高。

余計なところは触らず足回りのみでキメる上級技、みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

こちらは半分マットブラック半分艶ありブラックという面白いペイントになんと金のアクセントカラーを散りばめたQ7です。

ジャンル的にはセレブ系ラグになるんでしょうか。

とにかくどこに差し色をいれてどこに差し色をいれないかという線引きのセンスが問われるカスタムになっていてかなり上級者向けのテクニックと言えます。

合わせたホイールはフォージアート。独創的かつ芸術的なデザインが特徴のホイールです。

サイズもかなり大きいものをセットしていて金というカラーと相まってかなりの迫力がありますね。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

佐藤茂道
佐藤茂道
某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。