Kensukeさん(@kensuke_1106)がシェアした投稿 -

DADブランドで固めた、ギャルソンのデモカーの80系ヴォクシーです。

かつての起伏に富んだ派手なデザインのエアロとは異なり、シンプルで小振りなアンダースポイラータイプが採用されています。

ホイールもDADで、ユニークなディッシュデザインのタイプをセレクトし、ブルーのロングホイールナットで固定しています。

車高もきっちりと落とされ、タイヤがフェンダーに少し被るくらいまでに落とされ、スタイリッシュなローフォルムを実現しています。

 

エアーフォースジャパンのエアサスキットが組み込まれた80系ヴォクシーです。

車高調では実現できないような前後ホイールのツラウチや着地状態と呼べるくらい低い地上高は、エアサスだからこそ成しえるスタイルだと思います。

外装はシンプルにまとめつつも、社外のアンダースポイラー、サイドステップ、リアアンダースポイラーを装着することで、ボディーの腰下廻りのボリューム感が増しています。

ホイールも細いスポークの19インチ前後サイズが履かされており、エレガントな印象の足元となっています。

 

Noah_Voxy_VDKさん(@noah_voxy_vdk)がシェアした投稿 -

ROWENのボディーキットをフルで装着した80系ヴォクシーです。

具体的にはフロントハーフスポイラー、サイドアンダースポイラー、リアハーフスポイラー、ルーフスポイラー、リアダクトなどが追加され、かなり迫力のある後ろ姿となっています。

車高も低くローダウンされていますが、比較的厚みのあるエアロの分、車高がより低く見える視覚的効果が得られています。

一方、ホイールはポリッシュカラーのメッシュタイプが装着されていて、爽やかな足元に仕上げられています。

 

シンさん(@s1h0i0n1)がシェアした投稿 -

ホワイトカラーのボディーに赤いアクセントを各所に散りばめられたルックスの80系ヴォクシーです。

外装に関しては基本的にはノーマルで、ステッカーチューンを中心として外観のイメージチェンジを施しています。

具体的にはヘッドライトガーニッシュを赤にして目つきを変えてみたり、ボディー側面とフロントフェンダー側面にデコラインが貼られています。

一方、ドアミラーカバーには赤いシートとドア下には赤いデカールが貼られるなど、強烈に主張するところと控え目な箇所を上手く使い分けています。

 

シンさん(@s1h0i0n1)がシェアした投稿 -

シンプル系カスタム仕様の80系ヴォクシーです。

エアロはフロントとリアのハーフスポイラーに留め、サイドは純正のままという、純正プラスアルファのドレスアップとなっています。

細かく見ていくと、フロントグリル、ヘッドライトガーニッシュ、ドアミラーカバーがブラックに塗装され、ノーマルとは一味違った雰囲気が演出されています。

車高は程よくローダウンといったレベルで、組み合わされるホイールは19インチ前後のポリッシュカラーのメッシュタイプで、カスタムしつつも派手になり過ぎないように配慮されています。

 

Takahiro Iwasawaさん(@takabouke)がシェアした投稿 -

こちらもシンプルなカスタム仕様の80系ヴォクシーです。

エアロに関しては、フロントのハーフスポイラーのみの装着に留められていますが、先ほどの車と異なるのは、フォグランプ横に片側5連のLEDデイライトが装着されている点です。

さりげない違いですが、灯火類が加わることで、若干フロントマスクの迫力が増しています。

また、グリルとドアミラーカバーがブラックに塗装され、ホワイトカラーのボディーを引き締めます。

一方、車高はノーマルといった感じで、かなり地上高が高く見えます。

ホイールは18インチのブラックカラーのメッシュタイプがセレクトされています。

 

シンさん(@s1h0i0n1)がシェアした投稿 -

スポーティー路線でカスタムされた印象を受ける80系ヴォクシーです。

一番の特徴はリアに設置された、大型のGTウイングです。

ミニバンで装着している車はあまり見かけないので、目立ちますね。

エアロは、フロントハーフスポイラーとフロントアンダースポイラーが組み合わされ、リアにもハーフスポイラーが装着されていることで、腰下に迫力を持たせています。

ボンネット中央にはピンクのラッピングシートを貼ってアクセントにしています。

また、ホイールはボディーカラーとは対照的に、少し派手目なゴールドカラーのメッシュスポークタイプを履かせています。

これから車の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。このやり方を知っているだけで数十万円は違ってきます。詳しく知りたい方は下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法ページをご覧ください。

あわせて読みたい

 

ホワイトカラーとメッキでまとめた、爽やかなルックスが特徴の80系ヴォクシーです。

この車も定番のフロントハーフスポイラーとリアハーフスポイラーの装着で、さりげなく下廻りのインパクトを増しています。

車高もほどほどレベルでローダウンされつつも、19インチクラスのメッシュスポークタイプのホイールを履かせることで、フェンダーとタイヤの隙間を埋め、スタイリッシュなフォルムを実現しています。

強烈なインパクトを受けるわけではありませんが、場所を選ばず乗っていける、好印象なルックスに仕上がっていると思います。

 

Kakei Yasuhiroさん(@170motoring)がシェアした投稿 -

シンプル車高短仕様の80系ヴォクシーです。

純正のエアロスタイルをベースに、フロント、リア、サイドそれぞれに小振りなデザインの社外のアンダースポイラーを装着することで、ボディースタイルに変化を持たせつつも、車高短に対応できるようになっています。

また、フェンダーのタイヤに対する被さり具合を見ると、おそらくエアサスを使用して車高をローダウンしていると思いますが、ノーマルから比較すると大幅に下げられていることがわかります。

ホイールも角ばった独特のスポークデザインで、個性的ですね。

 

スポーティーにまとめられた80系ヴォクシーです。

ホイールは19インチクラスのステップリムを備えた、ガンメタカラーの5本スポークタイプが履かせられていて、カッコイイです。

エアロは社外のフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラーが組み合わされ、さりげなくドレスアップされています。

フロントグリルはお約束のブラック化で、精悍な印象の顔つきとなっています。

車高はリアがツライチ、フロントもハンドルがぎりぎり切れるくらいの絶妙な低さが実現されています。

シンプルですが、レベルの高いカスタムが施されていると思います。

 

Mihoさん(@mihozamu)がシェアした投稿 -

ブラックカラーとメッキでまとめられた80系ヴォクシーです。

モデリスタのエアロをフルで装着して、迫力がアップされています。

具体的には、フロントハーフスポイラー、リアハーフスポイラー、ドアパネルのメッキモール、ヘッドライト下の青いLEDデイライトが挙げられます。

また、よく見ると、ボンネット先端にもメッキのフードトップモールとフロントフェンダー横にメッキのガーニッシュが追加され、煌びやかな印象が強まっています。

ホイールはエッジの効いたスポークデザインで、攻撃的な印象の足元を演出しています。

 

maiさん(@mai2.s2.1027)がシェアした投稿 -

こちらもブラックカラーの80系ヴォクシーです。

エアロは、フロントハーフスポイラーのみのシンプルな仕様。

一方、ヘッドライトガーニッシュとフォグランプ廻りのフィンをメッキ化し、さらにドアミラーカバーにもメッキを採用することで、車全体の煌びやかさを高めています。

またヘッドライト下にオレンジ色のライトフィルムやフロントエンブレム内側を赤く縁取ったりするなど、細かいところにアクセントを追加することで飽きのこないルックスとなっています。

 

ホワイトカラーの車高短80系ヴォクシーの登場です。

フロントグリルはノーマルをベースとしつつも、エンブレムがトヨタになっていたり、センターガーニッシュの上部がメッキからブラックへと変更したりと、さりげなく個性的な仕様へと変えています。

また、エアロ類は基本的にノーマルですが、フロントバンパーのメッキリップと、リアゲートのメッキガーニッシュがマットブラックに塗装され、引き締まった印象の外観となっています。

ホイールもスポーティーなスポークデザインで、ヴォクシーのボディーデザインにもよく似合っています。

 

こちらは社外のフルエアロで大きく外装の印象が変わった80系ヴォクシーです。

フロントバンパーはナンバープレートから下がブラックに塗り分けられ、バンパーがハの字型に大きく開いたようなルックスとなったフルバンパータイプが装着され、またサイドとリアには黒く塗られたアンダースポイラーが追加されたことで、迫力あるフォルムが実現されています。

ホイールもボディーとのコントラストとなるよう、ブラックのスポークカラーを採用し、車高もローダウンさせることで、スポーティーかつ引き締まった雰囲気の足回りとなっています。

 

ROWENのエアロを装着した80系ヴォクシーです。

具体的には、フロントグリル、フードトップモール、フロントとリアにハーフスポイラーが組み合わされていますが、あえてサイドアンダースポイラーは追加されていません。

ホイールは19インチ前後サイズのクリムソンCVを履かせて、今時のスタンス的な雰囲気も取り入れています。

タイヤも偏平率の低い、サイドウォールが薄いタイプが組み合わされていて、スタイリッシュな足元になっています。

車を確実に値引きし安く購入する方法!

これから車を買おうと思っている方、値引き交渉の正しいやり方はご存知ですか?

この値引き交渉のやり方を知らないと、車を買う際に最大で50万円以上の損をする可能性があります。

「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。「この客はバカだな(笑)」と足元を見られ、最低限の値引きしかしてくれないでしょう。

確実に最大限まで値引きするには、このやり方を知っておく必要があります。詳しくは下記の車を確実に値引きして安く購入する二つの方法のページをご覧ください。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

Nobupu
Nobupu
JDMスポーツカーやUS系並行輸入車の中古車販売店と、HIDやLEDなどの社外灯火類を扱うカー用品店での勤務経験有り。仕事上、旧車から現行車、国産車から輸入車、軽自動車からミニバン、SUV、トラック(24V車)など、ほぼ全てのジャンルのカスタムパーツを取り扱ったことで、オールジャンルのカスタムに対応できる幅広い知識を習得。プライベートでは、R32スカイラインGTS、10ソアラ後期、A31セフィーロ、C33ローレル、AE86×3台を乗り継ぐなど、FRのMT車を信条とした車選びを貫き通している。